FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2015-05-06 #11 END  旅の終わり  〔香川県~京都府〕

06 29, 2015 | デンシャ旅 -関西(JR)

2 Comments
150506-183.jpg
2015年5月6日(水)、GW5年ぶりの四国旅最終回
実質、屋島山上駅が今回の旅のゴール あとは帰るだけだ
屋島山上から15:05のシャトルバスで琴電屋島駅へ戻り、15:21のことでん志度線上り1056列車へ

150506-184.jpg

150506-185.jpg
琴電屋島駅から望む屋島ケーブル廃線跡と屋島山上駅
さっきまであんなところに僕はいたんだ

150506-186.jpg
さらば屋島

150506-187.jpg
15:35到着の瓦町駅で15:38の琴平線上り44列車に乗り換え、15:43、高松築港駅へ戻る

150506-188.jpg
JR高松駅まで歩く

150506-189.jpg
JR高松駅エントランス

150506-190.jpg
ホームに、JR四国21年ぶりの新製特急車両8600系の姿が
昨年6月にデビューしたばかりで1日1往復しか運行されず、高松発は朝6:00のハズなのだが

150506-191.jpg
16:10発の瀬戸大橋線上り3146M快速マリンライナー46号岡山行きに乗車

150506-192.jpg
往きも還りも混んでいて、分かってはいるが腹が立つ
発車前にはグリーン/指定席も満席というアナウンスも

150506-193.jpg
瀬戸大橋を渡る 5年ぶりの四国の旅が終わった

150506-194.jpg
17:03、岡山着 17:08の山陽本線上り1328M姫路行きに乗り換え

150506-195.jpg
18:42、姫路着

150506-196.jpg
喫煙コーナー目当てで駅前へ出る

150506-197.jpg
久しぶりに訪れたが駅前も駅ビルも新しくなっていて驚く

150506-198.jpg
平成の大修理を終えた姫路城がライトアップされている

150506-199.jpg
18:56の山陽本線/東海道線上り3322M新快速米原行きが今回の旅のアンカー

150506-200.jpg
20:29、京都に帰着


一ヶ月以上も長々と、お付き合いいただいた方には心から感謝したい。

(終)

撮影日:2015年5月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



ことでん・琴平線 #END 羽床・栗熊・岡田・羽間・榎井駅 〔香川県〕

01 05, 2010 | 高松琴平電鉄(ことでん)

8 Comments
ことでん=高松琴平電鉄・全駅下車の旅。
都合で終点の琴電琴平駅は先に記事にしてしまったので、
琴平線の滝宮駅から先、残り5駅を一気にご紹介。

kotohira-72 羽床(はゆか)駅 1927(昭和2)年開業。
kotohira-73
▲ ホームがひとつ、そして待合室があるだけの小さな無人駅です。
kotohira-74
▲ ホームから讃岐七富士のひとつ、羽床富士こと堤山(つつまやま)が見えます。

kotohira-75 栗熊(くりくま)駅 1927(昭和2)年開業。
kotohira-76
▲ 国道32号線沿いにある、長いホームと待合室があるだけの無人駅。
kotohira-77
▲ 踏切から先ほどの羽床方面を見たところ。右手に堤山。

kotohira-78 岡田(おかだ)駅
1927(昭和2)年開業、1991(平成3)年に現在の場所へ移転。
kotohira-79
▲ 駅舎もあって列車の行き違いもできる大きな駅なんですが無人駅です。
kotohira-80
▲ この駅は経営破綻で2000年に閉園した遊園地を別の複数の企業がリニューアルした
ニューレオマワールド」の最寄り駅です。が、徒歩ではちょっと遠そうです。

kotohira-81 羽間(はざま)駅 1927(昭和2)年開業。
kotohira-82
▲ 列車の行き違いのできる、ホームも2面ある無人駅です。
kotohira-83
▲ 岡本駅と同じく、ホームのすぐ脇に大池というため池があります。

kotohira-84 榎井(えない)駅 1927(昭和2)年開業。
kotohira-85
▲ ホームひとつと待合室だけの無人駅。古いホーム跡も向かいに残ってます。
kotohira-86
▲ 次はもう終点の琴電琴平駅。
こんぴらさん門前町の大きなホテルがデンシャの向こうに見えます。


これにて琴平線の全駅を制覇(したからといって何ということもありませんが)。
ことでん全52駅のうち、半数近い21駅をご紹介できたことになります。
続けてあと2つの路線、志度線と長尾線も、と思ったのですが
さすがに毎回、駅の写真ばかり見せられてもみなさんお困りだと思うので、
別の旅の記事を挟んでまた別の機会に、ということにさせていただきます。
ことでん琴平線の旅、11回にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました。

★コメントのお返事ができてなくてすいません…。

撮影日:09年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (最後の写真のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

ことでん・琴平線 #10  琴電琴平駅  〔香川県〕

01 02, 2010 | 高松琴平電鉄(ことでん)

3 Comments
kotohira-66
ことでん=高松琴平電鉄・全駅下車の旅の続きです。
お正月ということで初詣の参拝客も多そうな「こんぴらさん」、
金刀比羅宮(ことひらぐう)をご紹介したいので
10回目はちょっと順番を無視して琴平線の終着駅、琴電琴平(ことでんことひら)駅です。

kotohira-71
1927(昭和2)年、前身の琴平電鉄「琴平駅」として開業。
1942(昭和17)年、現在の駅名に改称。

kotohira-67
1988(昭和63)年に改築されたという和風の駅舎に合わせて
正面に駅名の立派な扁額が。

kotohira-68
和風というか和洋折衷ですね。駅舎の中は大正ロマンの香り的な洋風の造りで
外観の2階に見える部分は吹き抜けになっています。

kotohira-69
ホーム。奥が駅舎で、左手の高さ日本一の灯篭という「高燈篭」が目を引きます。

kotohira-70
ホームと上屋(うわや=支柱と屋根の部分)は古そうです。
駅名標もこの広告付きのレトロな書体のものが似合ってると思います。

次回、本題の金刀比羅宮をご紹介します。



撮影日:09年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

ことでん・琴平線 #9  滝宮駅  〔香川県〕

12 30, 2009 | 高松琴平電鉄(ことでん)

5 Comments
kotohira-60
ことでん=高松琴平電鉄・全駅下車の旅、第9回。
琴平線、滝宮(たきのみや)駅です。

kotohira-65 1926(大正15)年開業の有人駅です。

kotohira-61
古い駅舎がほとんど残っていない「ことでん」の中では超貴重な、
前身の琴平電鉄開業当時の木造駅舎です。当時はここが終着駅だったそう。

kotohira-62
残ってくれてるだけで嬉しいんですけど、外観も内部も近年の再塗装で
80年代のファンシーショップ(死語)のようなのがヒジョーに残念です…。

kotohira-63
ホームへの階段が古そうな石段なのはイイですね。これも開業当時のものでしょうか。

kotohira-64
ファンシーな滝宮駅とのコントラストが激しすぎる駅前の佇まい。
都会の整備された駅前しか知らない人は「汚ねぇ!」と
思うのかもしれませんが、ローカル線沿線ではよくある光景です。
コンビニはおろか商店があればいい方で、あっても閉まっていたり潰れていたり。



撮影日:09年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

ことでん・琴平線 #8 挿頭丘・畑田・陶駅  〔香川県〕

12 29, 2009 | 高松琴平電鉄(ことでん)

2 Comments
ことでん=高松琴平電鉄・全駅下車の旅、第8回。
琴平線、岡本駅から先の3駅です。

● 挿頭丘(かざしがおか)駅
kotohira-52 1926(大正15)年開業の無人駅です。
kotohira-51
小高い丘の切り通しにある駅。切り通しは大した高さじゃないんですけど
ホームに立つと深い谷底にいるような気分になります。

● 畑田(はただ)駅
kotohira-56 1926(大正15)年開業の無人駅。
kotohira-53
この駅もホームひとつだけの簡素な造り。円座駅のように古いホームも残っています。

kotohira-54
ことでんの小さな駅は傘が置いてあることが多かったんですが、
ここには「畑田駅」の文字の入った杖が。お遍路さんテイストを感じます。

kotohira-55
ホームの脇に、京極夏彦の小説 『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』 に出てくる
匣館(はこやかた)を彷彿とさせる不気味な建物が!(怖)
現在は使用されていませんが、旧琴平電鉄の畑田変電所だそうです。

● 陶(すえ)駅
kotohira-59 1926(大正15)年開業の無人駅です。
kotohira-57
窓口もあって、かつては駅員さんのいる賑やかな駅だったんじゃないかと思われる、
規模としては大き目の駅で、僕が何度か行き来してた時間帯は毎回列車交換がありました。

kotohira-58
鄙びたイイ感じの集落にある駅で、高松市内では「町のデンシャ」だった「ことでん」も
このあたりでは「ローカル線」な味わいを感じます。



撮影日:11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (最後の写真のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »