FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

(雪の)わ鐵の旅 #END  終点・間藤駅  〔栃木県〕

04 20, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

9 Comments
110212-49.jpg
2011年2月12日。
終点の間藤(まとう)駅に到着。

110212-50.jpg
「旅客終着の」とあるのは、まだ1.9km先に足尾本山(あしおほんざん)という
貨物駅が存在したため。現在は廃駅。

110212-51.jpg
その足尾本山駅へ伸びていた線路も終点の車止めも、深い雪と草むらに覆われて。
こんな雪じゃなかったら今も残るというこの先の廃線跡を訪ねたかったんですが…。

110212-52.jpg
新しくて小奇麗だけど終着駅の味わいも歴史の重みも希薄で、
個人的には残念なタイプの駅舎…。

110212-53.jpg
駅前通りの風景。

110212-54.jpg
通りの民家の軒先で。

110212-55.jpg
駅の待合室の窓に、「ここは間藤『時刻表2万キロ』の終着駅」の文字。
鉄道紀行作家の草分け、故・宮脇俊三氏が昭和52(1977)年当時の国鉄2万km全線完乗を
この路線(当時は足尾線)で達成、「時刻表2万キロ」という作品に著したことで
ここは氏の信奉者にとっては聖地ともいえる場所なのです。僕もその一人ですが。

110212-56.jpg
処女作にして最高傑作ともいえる「時刻表2万キロ」、足尾線の章の全文を
窓に貼られた角川文庫版のコピーで味わうことができます。
(77年)5月28日14:25、間藤着とあります。

110212-57.jpg
実際はこの日3番目に訪問した駅でしたが、
僕のわ鐵の旅記事も、ここで終えることにします。
お付き合いありがとうございました。
(おわり)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



(雪の)わ鐵の旅 #8  足尾駅  〔栃木県〕

04 19, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

4 Comments
110212-42.jpg
2011年2月12日。
通洞駅のお隣、足尾(あしお)駅。

110212-43.jpg

110212-44.jpg
駅全体の佇まいはここが一番気に入りました。

110212-45.jpg
駅舎北側の大正時代の貨物上屋とホームの横に、キハ30系が。

110212-46.jpg
色違いが2両繋がってて、窓に「NPO足尾歴史館の保存車です」の張り紙。

110212-47.jpg
ふらっと駅前も散策してみると、板塀の連なる昭和な集落が。
駅前の商店で昼食を買った際に聞いてみると、足尾銅山を開発した
古河鉱業(現・古河機械金属株式会社)の古い社宅なのだそう。

110212-48.jpg
保存車両のイメージに引きずられてる感もなきにしもあらずですが、
ここ足尾駅が一番、国鉄足尾線時代の「ニオイ」が残ってる気がしました。
(つづく)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

(雪の)わ鐵の旅 #7  通洞 足尾銅山観光  〔栃木県〕

04 18, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

4 Comments
110212-34.jpg
2011年2月12日。
神戸(ごうど)からさらに3駅先の通洞(つうどう)駅。
ここはもう栃木県。

110212-35.jpg
僕自身は、わ鐵の駅舎の中で最も気に入りました。

110212-36.jpg
通洞駅から徒歩数分のところにある「足尾銅山観光」へ。
昭和48(1973)年の閉山まで約400年間も栄えた足尾銅山。
その通洞坑跡が観光用に整備され、トロッコに乗って坑内見学が出来ます。

110212-37.jpg
狭い車内に押し込められて坑夫になった気分ですが、ちょっとワクワク。

110212-38.jpg
いよいよ坑内へ。

110212-39.jpg
実はトロッコで進めるのはほんの入り口まで(苦笑)。
そこからはかつての坑道を歩いて見て周ることになります。夏は涼しそう。
迷ったりしないようにはなってますが、足尾銅山の坑道の総延長は
地中を縦横無尽に何と1,200kmあまり、東京~博多間に匹敵する長さだそうです。

110212-40.jpg
随所に、やたらリアルな等身大の人形で当時の坑内作業の様子が再現されてます(笑)。
このパートは江戸時代。幕府直轄の銅山として幕を開けた頃。

110212-41.jpg
こちらは近代。他にも製錬所のジオラマ模型や鉱石の展示などもあって、
ここから産出される鉱石輸送のために敷かれた足尾鉄道から発展した国鉄足尾線、
ひいては「わ鐵」のバックグラウンドをより一層理解できた気がします。
(つづく)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

(雪の)わ鐵の旅 #6  神戸駅  〔群馬県〕

04 16, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

0 Comments
110212-29.jpg
2011年2月12日。
花輪から3駅進んで、神戸(ごうど)駅。
国鉄時代からのものということで、ここも訪問を楽しみにしていた駅舎です。

110212-30.jpg
国鉄足尾線の頃は兵庫県の神戸(こうべ)駅と混同されないように「神土」と
記されていたそうですが、「戸」の書体が違うのもその名残りのようです。

110212-31.jpg
「皇太子殿下妃殿下わたらせ渓谷鐵道乗車記念 1994.8.23」
と刻まれたモニュメント(右)も。

110212-32.jpg
駅舎の向かいのホームに、東武鉄道の廃車両を利用したレストランがあることでも有名。

110212-33.jpg
車体の色を最近オリジナルのものに戻したそうで、どのみち僕は初めて目にしたのですが
雪と相まって旅情を誘ういい色だと思いました。
(つづく)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

(雪の)わ鐵の旅 #5  花輪駅  〔群馬県〕

04 15, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

2 Comments
110212-24.jpg
ふたたび時間を巻き戻して、2011年2月12日、雪のわたらせ渓谷鐵道の旅。
名称の通り、デンシャは渡良瀬川沿いに進んで行きます。

110212-25.jpg
前回の上神梅から3駅先の花輪(はなわ)駅。
このあたりは足尾銅山の銅街道宿場町だそうで、駅もそれっぽく仕立ててありますね。

110212-26.jpg
車内の沿線案内パンフで見た、登録有形文化財の旧花輪小学校記念館へ。
駅から徒歩数分、土日の10~16時に無料で拝観させてもらえます。

110212-27.jpg
たまたま「わ鐵今昔展」が催されてて、昔の貴重な資料が多数展示されてましたが
撮影禁止だったので常設の写真パネルでその雰囲気だけでも。
(昭和30年代・斉藤利江さん撮影)

110212-28.jpg
この記念館、平成13(2001)年まで現役の小学校だった(開校は明治6年!)ということで、
子供たちの声が聞こえてきそうな、まだ「生きている」感じがありました。
(つづく)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »