FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-09-27  川瀬巴水と梅小路市電ひろば  〔京都府〕

09 28, 2014 | 京都

4 Comments
140927-1.jpg
2014年9月27日(土)。
京都・四条のタカシマヤに『川瀬巴水(かわせ はすい)展 ~郷愁の日本風景』を見に行ってきました。
「大正から昭和にかけて活躍し、生誕130年を迎える版画家・川瀬巴水(1883−1957)の回顧展」(タカシマヤWebサイトより)です。

hasui-1.jpg
hasui-2.jpg
hasui-3.jpg
京都新聞の告知で「これは!!」と駆けつけたんですが、版画というと江戸時代の浮世絵みたいなのしか知らなかったので、この現代にも全然通じるセンスとモチーフの素晴らしさに、一目で虜になってしまいました。
面白かったのは、線画だけの一つの主版(おもはん)が、摺りの色を変えるだけで夕景にも雪景色にもなる、版画ならではの表現法。とはいえ、原画のスケッチや水彩などからも伝わる、確かな描写力やイメージがあった上での話。
それにつけても、巴水さんが旅された時代は美しい日本の風景がたくさん残ってたんやなぁ…。

140927-2.jpg
会場の、河原町(かわらまち)通りと四条通りの南西カドにある京都タカシマヤ。

140927-3.jpg
四条大橋から、鴨川河川敷を。9月も終わるっていうのにまだ床(ゆか=納涼床)出てたんや。

140927-4.jpg
帰りに、ちょっと梅小路(うめこうじ)公園へ。今年の春に「市電ひろば」ができたと聞いてたのに、まだ行ってなかったんです。

140927-5.jpg
京都に要る、要らないで訴訟問題にまで発展した末、梅小路公園内に2012年開館した京都水族館。

140927-6.jpg
その脇にこの春お目見えしたのが市電ひろば。うーん、役所の発想というか、ありがち…。

140927-7.jpg
しかも、こんなことになってるし!

140927-8.jpg
別の車両の中はグッズ売り場。子供向けの鉄道オモチャ系ばっかで、肝心の市電アイテムや関連書籍などは皆無。なに考えとんねん…。

140927-9.jpg
4両あるうちの奥の残り2両は辛うじてオリジナルの内部が公開されてました。

140927-10.jpg

140927-11.jpg

140927-12.jpg
ひろばに4両、ほかに2両の計6両の貴重な京都市電車両を集めて静態保存してもらえるのは嬉しいけど、何かあんまりリスペクトが感じられないし、どうにもなかなか足が向かなかった自分の直感は正しかったんだな、とか思いました。

140927-13.jpg
走行できる、N電と呼ばれた初代の市電が梅小路蒸気機関車館の方から市電ひろばまで路線延長したみたいですが、営業時間終わってたみたいでした。

140927-14.jpg
梅小路公園沿いの山陰本線(嵯峨野線)を特急列車が通り過ぎて行きました。京都鉄道博物館建設に併せて新駅つくれ、っていう話も浮上してますけど、梅小路公園はまだまだ変わりそうです。


撮影日:2014年9月27日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)
           + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2011-12-25  写真展『京都を走った市電・蒸気機関車』

12 25, 2011 | 京都

2 Comments
111225_1.jpg
京都七条にある「集酉楽 Syu-Yu-Raku サカタニ」さんで開かれていた、
『廣庭基介・福田静二 二人展/京都を走った市電・蒸気機関車』を見に行ってきました。
京都新聞の記事にも出ていたのでご存知の方も多いと思います。

111225_2.jpg
09年の写真展で僕が大ファンになった福田静二さん。
今回は廣庭基介さんとの「二人展」とのことでしたが、
廣庭さんには残念ながらお会いできませんでした。

今回も素晴らしい作品の複写を快くお許しいただけたので、
ほんの一部ですがご紹介したいと思います。

111225_3.jpg
朝焼けの七条通。

111225_4.jpg
雨の夜のワンシーン。
こんな叙情的なカットも福田さんの真骨頂だと思います。

111225_5.jpg
新幹線がオーバークロスする大宮通の陸橋。
どちらももう見ることのできない、0系新幹線と市電の饗宴。

111225_6.jpg
車内の木の床にも打ち水、という珍しい光景(笑)。

111225_7.jpg
そこはかとなくユーモラスなショットも。
もちろん記録としても素晴らしいんですが、それだけにとどまらない点が
福田さんのお写真に僕が強く魅かれる所以だと思います。

他にも廣庭さんのN電や、山陰本線(嵯峨野線)にSLが走っていた頃の貴重なお写真なども
多数展示されていたんですが、僕の心のデンシャが昭和50年代の京都市電ということで
ご紹介の写真が偏ってしまったことをお詫びします。

30日(金)まで開催中 入場無料


疲労が溜まりに溜まって眩暈が再発、ここ2、3日寝込んでしまってましたが、
これだけは!と一念発起して出かけた甲斐があって、とても良い時間が過ごせました。

撮影日:2011年12月25日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

福田静二さんの写真展 『京都市電 "6" 物語』

09 27, 2009 | 京都

4 Comments
route6-1
僕の心のデンシャ、大好きなのに今はもう乗ることの叶わない京都市電。
その昭和53(1978)年に全廃になる最後まで走り続けた「6」系統に焦点を当てた
福田静二(ふくだせいじ)さんの市電写真展を、京阪七条駅からすぐのところにある
集酉楽(Syu-Yu-Raku)サカタニまで見に行ってきました。
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

route6-2
福田静二さん。
JTBキャンブックス『京都市電が走った街 今昔』も出版されている方です。
ぜひブログでご紹介させて下さい、とお願いしたら、快く撮影に応じてくださったばかりか
作品の複写まで許可してくださいました!
以下は30点の展示作品の中から抜粋して複写させていただいたものです。
Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D

route6-3
「生活のある街」 烏丸車庫前

route6-4
「初詣」 祇園

route6-5
「クルマに囲まれて」 五条坂

route6-6
「雪の日の交換」 東山七条

route6-7
「電車を待つ」 東山七条

作品はすべて昭和52年から市電廃止日の昭和53年9月30日までに撮影されたものだそうです。
とにかく、市電そのものだけじゃなく当時の京都の街と人々を織り込んだ情景の素晴らしさに
時間を忘れて見入ってしまいました。モノクロプリントの美しさにも魅了されました。

route6-8
写真と共に、当時市電に掲げられていた系統板なども展示されています。
Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D

route6-9
集酉楽(Syu-Yu-Raku)サカタニさんのイベントスペースは
七条通をのぞむ落ち着いた空間で、コーヒーなんかも飲めて余計長居してしまいます。
Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

route6-10
貴重な、市電最後の日の6号系統終電に掲げられていた系統板だそうです。
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

★入場無料、9月30日まで開催されています。

集酉楽(Syu-Yu-Raku)サカタニ
京都市東山区七条通本町西入日吉町222
(京阪電鉄七条駅東入る南側 徒歩1分)
電話 075-561-7974



撮影日:9月26日
カメラ:Nikon D700

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

山陽デンシャ旅 #5  広島電鉄の旧京都市電  〔広島県〕

05 28, 2009 | 広島電鉄

6 Comments
sanyou21

広島市内を走る路面電車、広島電鉄には1978年に廃止されてしまった京都市電の車両が、
今もほぼ当時のままの姿で元気に活躍しています。
広島を1日目の宿泊地に決めたのも、僕の心のデンシャである旧京都市電に会いたかったからでした。

sanyou22
下半分が緑、というカラーリングの路面電車は結構ありますが、オレンジの帯が京都市電ならでは。
京都にいた頃はドアは全面、車体上部と同じクリーム色でした。

sanyou23
こんなブログをやっていながら鉄道車両自体にそれほど執着心はない僕なんですが、
この京都市電だけは別。見てるだけで泣きそうになるし、飛びつきたいぐらい愛しいです。

sanyou24
広島電鉄に旧京都市電の車両は現在15両ほど在籍しているそうで、
それぞれに一般公募で採用された愛称を付けてもらってます。
この1911号車は「祇園」。この日、ほかに1枚目の「金閣」と、「桃山」に会えました。

sanyou25
京都市交通局のマークもそのままです。

あまり時間がなかったのですぐにでも旧京都市電に会いたいと思い、
広島駅前の広電の切符売り場の方にこの日はどの路線を走っているか訪ねてみたところ、
わざわざ本社かどこかに電話で確認して快く教えてくださいました。
広島電鉄を訪れたのは実は2度目ですが、広島の街も広電もホントに大好きです。

撮影日:3月20日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

大宮交通公園の京都市電 1860号車  〔京都府〕

05 30, 2008 | 京都

6 Comments
18601


京都市北区に大宮交通公園というのがあって、京都市電の車両が1両、
動くことはありませんが誰でもいつでも触れられる状態で保存されています。

18602


18603


18604


18605


多分、僕のデンシャ好きのルーツはこの京都市電です。市電末期の、幼かった頃に乗っただけで特別な思い出があるワケでもないのに、この姿を見ると安心するし、愛しい気持ちになります。
昨年夏に広島へ今も現役の元京都市電に会いに行きましたが、感無量でした。

1枚目=「昭和52年10月1日、河原町線の廃止を記念してここに展示」と案内板にあります。右手に少し見えていますが、旧京都市電と、京都府北部を走っていた加悦(かや)鉄道のSLも並んでいます。
2枚目=車内は子供向けの図書室として開放されています(公園開園時)。
3、4枚目=止まったまま、あるいは積み重なった時間というものに思いを馳せてしまいます。
5枚目=あの頃、90円で乗れたんですね…。

市バス「大宮交通公園前」下車
開園時間 9:00~16:30 火曜定休 入園無料

撮影日:5月18日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)  1、3枚目
          + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM  2、3、4枚目
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 2位/263サイト中(29日現在)
まだ2位のままです ウソみたいです 本当にありがとうございます