FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-12-23 #4  流鉄 幸谷駅  〔千葉県〕

02 02, 2013 | 流鉄

0 Comments
121223_33.jpg
2012年12月23日。
ニューシャトルを乗り終え、共にJRの京浜東北線と武蔵野線を乗り継いで千葉県へ。
次に訪問したのは、流鉄 流山線(りゅうてつ ながれやません)。
馬橋(まばし)~流山のわずか5.7kmを結ぶ、公式HPすら持たない小さな小さな私鉄です。

121223_34.jpg
初訪問の路線は起点から乗りたいところなんですが、JR武蔵野線で出向いたため、
新松戸(しんまつど)駅のそばの幸谷駅からの乗車となりました。起点は隣の馬橋。

121223_35.jpg
JR武蔵野線の高架下の踏切を渡り、流鉄の経営するマンションの1階が幸谷駅。

121223_36.jpg
最初、間違って入り口のない駅の北側に行っちゃったんですが(汗)、
木製の踏切渡り板に遭遇、流鉄のローカルムードを早々に体感することに。

121223_37.jpg
フリー切符類の販売はないので、窓口でフツーに乗車券を購入。硬券(厚紙の切符)!

121223_38.jpg
いざ出発。単線で生活感あふれる風景の中をゴトゴト走る、僕の最も好むタイプの路線。

121223_39.jpg
車内の光景も完全に、沿線にお住まいの方々の足、といった趣き。

121223_40.jpg
まずは一気に終点の流山まで乗り通してみます。
(つづく)

撮影日:2012年12月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #END いすみ鉄道 西大原駅 〔千葉県〕

03 03, 2011 | いすみ鉄道

2 Comments
110109-93.jpg
2011年1月9日。
五井から小湊・いすみの両鉄道を経て大原へ、房総半島横断も果たしたので
翌日の京都までの長距離移動に備えて早めに切り上げる予定ではあったんですが、
宿のある千葉へ戻るJR外房線の待ち時間がまだたっぷりあったので、
フリー切符もあることだし、もう一度いすみ鉄道で一駅隣まで行ってみることにしました。

110109-94.jpg
大原16:14発の下り列車。

110109-95.jpg
たった4分で到着。西日を浴びて去っていく列車。

110109-96.jpg
着いたのは西大原駅。昭和35(1960)年6月に国鉄木原線の駅として開業したんだそう。

110109-97.jpg
ホームと待合室しかない駅です。
房総デンシャ旅の最後の訪問駅が駅舎もないこんな場所というのも、まぁ逆に悪くないかも。

110109-98.jpg
駅の西側、先ほど列車が去って行った方には撮影場所としても良さそうな風景が。
(線路脇の小径からの撮影)

110109-99.jpg
西大原から16:32の上りで再び大原へ、そして16:41のJR外房線普通列車で千葉に戻り、
2日間で半島のすべての路線を乗り尽くした僕の房総デンシャ旅は幕を降ろしました。
(おわり)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #23 いすみ鉄道 大原駅 〔千葉県〕

03 02, 2011 | いすみ鉄道

2 Comments
110109-87.jpg
2011年1月9日。
15:34、大多喜駅から再びいすみ鉄道に乗車。

110109-88.jpg
16:02、上総中野からの上り列車の終点、大原(おおはら)駅に到着。

110109-89.jpg
いすみ鉄道、完乗です。こちらこそ楽しい思い出をありがとうございました。

110109-90.jpg
いすみ鉄道、大原駅。
左に見えてるのが先ほどのホームで、駅舎内にはグッズや土産品売り場もありました。

110109-91.jpg
そしてそのまま視線を右に移すと、JR外房線の大原駅。
改札とホームは別ですが駅舎内でも繋がってます。

110109-92.jpg
かつて国鉄/JR木原線だった いすみ鉄道とJR外房線特急との邂逅。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #22  大多喜の町  〔千葉県〕

03 01, 2011 | デンシャ旅 -関東(私鉄・三セク)

6 Comments
110109-77.jpg
2011年1月9日。
キハ52との出会いがなくても、もともと大多喜駅で途中下車する予定でした。
本田忠勝が築城した大多喜城…は戦国時代ファンではないので半分どうでもいいのですが
その城下町が「房総の小江戸」と謳われてイイ感じっぽいので訪れてみたかったんです。
(写真はその大多喜城、中は博物館になっている模擬天主)

110109-78.jpg
いすみ鉄道・大多喜駅の向かいにある、大多喜町観光本陣(案内所)。

110109-79.jpg
そこでレンタサイクルを300円で借ります(冬季は午後4時まで)。
ひと時とはいえ相棒なので命名。大多喜にちなんで「ヒデジ」に決定!
(大多喜→大滝→名優・大滝 秀治=おおたき ひでじさんゴメンなさい)

110109-80.jpg
手軽に3分!ククレカレー。ハウスのマークも古っ!イイ、いいぞこの町は間違いなく。

110109-81.jpg
夷隅(いすみ)神社の鳥居脇に、重厚な構えの大屋旅館(国登録文化財)。
江戸時代から旅籠として創業、現役で営業中なのも素晴らしい…。
あの つげ義春(マンガ家)も訪れたそう。

110109-82.jpg
その向かいには、もう何屋さんだったのか知る由もありませんが看板建築の建物が。
たまらん…。

110109-83.jpg
こちらは江戸時代から続く造り酒屋、豊乃鶴酒造(国登録文化財)。
僕ぁ酒が飲めないのでよく分かりませんが銘酒「大多喜城」の蔵元なんだそうです。

110109-84.jpg
土蔵造りの商家で質屋・金物屋を営んでいた「釜屋」、と観光マップにあった建物。

110109-85.jpg
重要文化財の渡辺家住宅。嘉永2年築、江戸後期の町屋なんだそう。
やっぱ屋根とか、京都の町屋とはまた違いますね。

110109-86.jpg
14:20分頃に大多喜駅に着いてキハ52でちょっと時間費やして、
15:34の列車で去るまでの1時間弱ぐらいをヒデジと駆け足で巡ったワケですが、
そんなモンじゃ全然足りない想像以上に素晴らしく味わい深い場所でしたね。
この何倍も写真撮ってるんですけど、今度は歩きながらもっと丁寧にカメラに収めたい、
名前の通り「大多喜」な町でした。←前回も言った
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #21 いすみ鉄道 大多喜駅のキハ52 〔千葉県〕

02 28, 2011 | いすみ鉄道

4 Comments
110109-69.jpg
2011年1月9日。
いすみ鉄道の旅の途中、大多喜(おおたき)駅で思いがけない出会いに恵まれました。
正確にはネーミングライツにより歯科企業の名が冠された「デンタルサポート大多喜駅」。
この駅は関東の駅100選にも認定されてるそうです。

110109-70.jpg
思いがけない嬉しい出会いのひとつが、駅を去る列車に手を振るこちらのお方。

110109-71.jpg
いすみ鉄道の鳥塚亮(とりづかあきら)社長!
快く撮影に応じて下さって、掲載の許可もいただきました。
いすみ鉄道の「いま」をご自身で綴られている「いすみ鉄道 社長ブログ」もあります。

110109-72.jpg
そしてもうひとつの出会いがこの、キハ52!
車両自体にそれほど執着心のない僕も、コレはグッときます。

110109-73.jpg
いすみ鉄道HPのトップにも記されているように、
昭和40年生まれの国鉄型車両で、昨年(10年)引退が決まるまで
JR大糸線(おおいとせん)で活躍。

110109-74.jpg
いすみ鉄道の存続・再生の目玉として鳥塚社長さんの熱意でこの
いすみ鉄道へやって来ました。

110109-75.jpg
まだスノープラウ(除雪板)が付いた雪国の大糸線仕様のままです。

110109-76.jpg
このキハ52、今春から観光列車として運用されるそうで
それは耳にしていたものの本来なら出会えるはずもないと思ってたんですけど、
この日は何と「キハ52車両オーナー/サポーター」限定の「お色直し撮影会」が催され、
終了後車庫へ戻るまでのタイミングに運良く大多喜駅で目にすることができたというワケです。
(キハ52の写真はすべて駅の傍の道路からの撮影)

下調べしてなかったことが珍しく良い方に作用した、駅名のごとく「大多喜」なひと時でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« Prev Page Next Page »