FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

10-09-04 #07   名鉄谷汲駅跡   〔岐阜県〕

09 27, 2013 | 名鉄(名古屋鉄道)

10 Comments
100904_56.jpg
2010年9月4日(土)、3年前の蔵出し近県私鉄散歩旅、第7回。
樽見鉄道の谷汲口駅からバスで向かった先には赤いデンシャが待ってくれていました。
名鉄(めいてつ=名古屋鉄道)のデンシャです。

100904_57.jpg
谷汲山華厳寺へ向かうバスを一つ手前の停留所で降りると、そこに名鉄谷汲線の終点・谷汲(たにぐみ)駅があります。

100904_58.jpg
ただ…もう既に現役ではなく、2001年の谷汲線廃止で廃駅となったものが保存されている、時が止まった場所なのです…。
2007年からデンシャの旅を始めた僕には逆立ちしたって乗れなかった鉄路と駅の面影をせめて、と足を運んでみたというワケです。

100904_59.jpg
ホームには車両も、もちろん動くハズもありませんがキレイな状態で保存されています。こちらは大正15年製、モ514。

100904_60.jpg
車内にも入れます。先頭部も天井もラウンドしていて奇妙な未来感というかレトロモダンな感覚。

100904_61.jpg
そしてこちらが冒頭の赤いデンシャ、昭和3年製のモ755。谷汲線で最後まで活躍した車両だそうです。

100904_62.jpg
こちらも同様に車内へ入ることが可能。

100904_63.jpg
木の床に、何か郷愁めいた感覚を呼び起こされるのはナゼなんでしょうね…。

100904_64.jpg
駅窓口に往時のままだと思われる路線図と運賃表示。谷汲線は図の左手上部の黒野(くろの)~谷汲を結んでいた路線。
中心の直線部分、忠節(ちゅうせつ)~本揖斐(ほんいび)間は揖斐線、右下部の岐阜駅前から忠節までは岐阜市内線の一部。共に2005年に廃線になっていて、どのみち僕には乗る機会がありませんでした…。

100904_65.jpg
こうして見ていると、いまにもまた発車して行きそうな気がしてきます。

(つづく)

撮影日:2010年9月4日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



名鉄リベンジ #7  津島線  〔愛知県〕

04 16, 2010 | 名鉄(名古屋鉄道)

3 Comments
名鉄リベンジの旅、第7回。
弥富駅から尾西線を折り返し、途中の津島(つしま)駅から分岐する
須ヶ口(すかぐち)へと至る津島線へ。

100220-31
津島駅。コンクリ駅舎の意匠がどこか「昭和」な感じで僕は好きです。

100220-32
津島駅を出てしばらくは高架を走ります。のどかだった尾西線と打って変わって
家も建て込んできて、遠く(中央)に名古屋駅のセントラルタワーズの姿も。

100220-33
名前と駅前の風情にひかれて途中下車した「甚目寺(じもくじ)」駅の駅前。
ここ気に入りました僕。

100220-34
津島線の起点、そして名古屋本線と合流する須ヶ口駅。

100220-35
名古屋方面行きのデンシャを待つ人で賑わう須ヶ口駅ホーム。
竹鼻や玉ノ井、弥富が懐かしくなるくらい、もう「都会」です。


撮影日:2010年2月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

名鉄リベンジ #6  尾西線 弥富駅で  〔愛知県〕

04 14, 2010 | 名鉄(名古屋鉄道)

5 Comments
名鉄リベンジの旅、第6回。
萩原駅からさらに南下、津島を経て、もうすぐ隣は三重県という
弥富(やとみ)駅に到着。尾西(びさい)線の旅も終わりです。

100220-26
赤くないステンレス車両で弥富駅に到着。結構大きい駅だなぁ、と思ったんですが…

100220-27
JR東海のデンシャ!?
そうなんです、JR関西本線・弥富駅の3番ホームが名鉄の乗り場といった感じで
相互の連絡はバツグンですけどちょっと肩身が狭い印象。

100220-28
駅舎も表札というか正面には「JR弥富駅」としか表示されてません(苦笑)。
関係ないけど駅出入り口のド真ん前に駐車してるこのクルマの持ち主の神経を疑う…。

100220-29
営業中かどうかも判然としないお店が歯抜けの状態で並ぶ駅前の光景。
特別うらぶれた土地でもないんですけど寂しい印象は拭えません。

100220-30
電柱にこんな看板が。金魚もなか!?しかも元祖。
この目で確かめる時間がなかったんですが、コチラのブログを発見。
これなら食べてみたかったかも。


撮影日:2010年2月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

名鉄リベンジ #5  尾西線 萩原駅で  〔愛知県〕

04 13, 2010 | 名鉄(名古屋鉄道)

5 Comments
名鉄リベンジの旅、第5回。
玉ノ井から折り返して再び名鉄一宮駅から
今度は尾西(びさい)線を南へ津島方面に向かう便に乗車。
途中の萩原(はぎわら)駅が何だか賑わっていたので思わず途中下車しました。

100220-21
萩原駅で(列車交換待ち停車中の構内踏切からの撮影です)。

100220-22
こくふぐう?大鏡餅??何だかよく分かりませんが
駅付近にこんな幟(のぼり)がたくさん連なっていて興味をひかれたワケです。

100220-23
駅前で会ったおばあちゃんに聞いて「会場」らしき場所へ辿り着くと
何だかよく分かりませんが大盛況。

100220-24
テントの向こうで実況付きの何かスゴイことが行われているようなんですが
遠くて近寄れないので何だかよく分かりません。

100220-25
結局、異邦人の僕にはまったく歯が立たないのでお話を伺ったところ、
名鉄名古屋本線の駅名にもなっている「国府宮(こうのみや)」の大祭、
儺追(なおい)神事の「はだか祭り」に奉納する大鏡餅を
準備してるところだったみたいです。
出来上がったところや実際の祭りも見てみたかったですが
思いがけずその片鱗に触れられただけでも僕には楽しいひと時でした。


撮影日:2010年2月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (4枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

名鉄リベンジ #4  尾西線 名鉄一宮~玉ノ井  〔愛知県〕

04 12, 2010 | 名鉄(名古屋鉄道)

3 Comments
名鉄リベンジの旅、第4回。
名鉄一宮駅から尾西(びさい)線に乗り換えます。
まずは玉ノ井(たまのい)へ向かう便に乗車。

100220-16

100220-17

100220-18

100220-19

100220-20

ひとつの路線で「まずは」というのも妙な話なんですが、
尾西線は区分としては弥富(やとみ)を起点に津島(つしま)と名鉄一宮を経由して
玉ノ井(たまのい)へ至る路線ということらしいですが、
路線図を一見しても旅の者にはよく分からないルートな上に
運転系統も3つほどに分かれているので、「まずは」その一つに乗ったという具合です。

1枚目=名鉄一宮駅で。
2枚目=車両先頭部からの沿線風景。
3枚目=奥町(おくちょう)駅で。
4枚目=終点・玉ノ井駅。
5枚目=この時は何だか分からなかったんですが、調べたところ
 ノコギリ屋根の繊維工場だそう。

撮影日:2010年2月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »