FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2009-10-12 #08 END  豊肥本線完乗、日豊本線で帰路に就く  〔大分県〕

11 23, 2014 | デンシャ旅 -九州(JR)

2 Comments
091012-103.jpg
2009年10月12日(月)。5年前の九州「西日本パス」の旅最終日、最終回。
豊後竹田駅からは15:15発の下り4453Dに乗車。この大分行きの列車が僕らの豊肥本線の旅の最終ランナー。

091012-104.jpg
2両編成のキハ220。

091012-105.jpg
15:47ごろ、三重町(みえまち)駅。対向列車との列車交換待ちで15:54まで停車。

091012-106.jpg
大野川に沿って大分平野へと下って行きます。

091012-107.jpg
16:22ごろ、中判田(なかはんだ)駅。対向列車との交換待ちで16:27まで停車。5分もあれば余裕で駅舎を見に行けるのに、三重町でもここでもホーム写真しかない。何考えてたんだ?馬鹿ですねぇ、この時の僕ときたら…。

091012-108.jpg
日豊本線(にっぽうほんせん)と並走しながら大分川橋梁を渡ると、いよいよ豊肥本線終点の大分駅。

091012-109.jpg
16:44、大分駅に到着。豊肥本線完乗。

091012-110.jpg
この2009年の時点ではまだ高架化工事中の大分駅。先行して高架化済みの豊肥本線/久大本線(きゅうだいほんせん)ホームから地上の日豊本線ホームのある駅舎までは少し距離があって、地下通路を通じて連絡していました。
全面高架化完成は2012年3月17日のことでした。

091012-111.jpg
JR大分駅、府内中央口(北口)。2015年春、新駅ビル「JRおおいたシティ」に生まれ変わるそうで、現在は工事の真っ最中。国鉄時代からのこの駅舎はもう過去のものとなってしまいました。

091012-112.jpg
北口の駅前風景。

091012-113.jpg
山陽新幹線駅の小倉(こくら)へ向かうため日豊本線ホームに出ると、宮崎空港駅発の上り485系特急「にちりん」18号の到着。

091012-114.jpg
向かいのホームには下りの「にちりん」21号。2011年春、783/787系に後進の道を譲った485系「にちりん」と、この大分駅地上ホームは、現在はもう見ることのできない光景。

091012-115.jpg
さて、僕らが乗るのは17:14発の日豊本線上り3048M、特急「ソニック」48号。水戸岡さんデザインの883系。

091012-116.jpg
小倉まで1時間強ですけど、グリーン車版「西日本パス」のパワーでもちろんグリーン席を確保済み(笑)。

091012-117.jpg
暮れなずむ別府(べっぷ)湾。

091012-118.jpg
別府駅付近から望む鶴見岳。今宵は別府温泉に投宿、といきたい時間帯ですが…。名残惜しい。

091012-119.jpg
18:31、小倉駅に到着。あわただしく新幹線ホームへ。

091012-120.jpg
お、懐かしい100系新幹線。2012年春に引退してしまいました。でも僕らが乗るのは18:41の山陽/東海道新幹線上り「のぞみ」56号、N700系でした。

091012-121.jpg
帰りの新幹線も、もちろんグリーン席。グリーン車版「西日本パス」といえど、結局、設定のない列車もあったりして往復の新幹線ぐらいしか威力を発揮できませんでしたけど(苦笑)。

というワケで、実質2日間の駆け足九州旅でした。初回で述べた通り「西日本パス」もこの2009年だけの販売で、僕自身の利用もこの3回目で最後だったので、グリーン車や観光列車を乗り回るような旅は以来してませんし、もう多分、今後も無いんじゃないかと思います。
今回のプランは同行者のため、とか言いつつ、結局はいつものごとく観光らしい観光もせずデンシャばかり乗ってたせいか、同行者とのデンシャ旅もこのとき限り、というオチまでつきましたけども(苦笑)。

ともあれ、5年前の旅行記に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

(おしまい)

撮影日:2009年10月12日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2009-10-12 #07  豊後竹田駅から竹田散策  〔大分県〕

11 22, 2014 | デンシャ旅 -九州(JR)

2 Comments
091012-86.jpg
2009年10月12日(月)。5年前の九州「西日本パス」の旅最終日、第7回。
宮地駅から豊肥本線下り2423Dで13:53着の豊後竹田(ぶんごたけた)駅。

091012-87.jpg
1924年(大正13年)10月15日、豊肥本線・大分側の前身の犬飼線(いぬかいせん)の駅として開業。
さて、すぐの連絡の13:57発大分行きという乗り継ぎ便もあったんですけど、せっかくなので岡藩の城下町・竹田をレンタサイクルでしばし散策。

091012-88.jpg
…とは言いつつ、観光案内マップか何か見ながら周ったとは思うんですが、もう5年も経ってしまってどこをどう巡ったか忘れてしまってるので(汗)、写真で町の雰囲気を感じていただけたら。

091012-89.jpg
でもその肝心の写真も雑なんですよね…。左のスペース要らんやろ(泣)。

091012-90.jpg
土壁の武家屋敷とか残ってるあたり。

091012-91.jpg

091012-92.jpg

091012-93.jpg

091012-94.jpg
作曲家の瀧廉太郎が12歳から14歳まで過ごした居宅の一部が記念館として公開されてます。

091012-95.jpg
瀧廉太郎といえば「荒城の月」。ここ竹田の岡城址で曲の着想を得たと云われてます。
竹田に来たらぜひとも行きたかったんですけどねぇ、岡城址。距離も時間的にも微妙で結局諦めたんです(泣)。

091012-96.jpg

091012-97.jpg

091012-98.jpg

091012-99.jpg

091012-100.jpg
レンタサイクルを借りた、駅近くの竹田温泉「花水月」さんで。水曜どうでしょうファンなら原付西日本制覇でおなじみ、姫だるま(笑)。竹田の特産工芸品なんですよね。

091012-101.jpg
再び豊後竹田駅に戻ってきました。

091012-102.jpg
大分駅へ向け、豊肥本線のラストスパート。

(つづく)

撮影日:2009年10月12日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2009-10-12 #06  豊肥本線 2423D  〔熊本県~大分県〕

11 21, 2014 | デンシャ旅 -九州(JR)

0 Comments
091012-73.jpg
2009年10月12日(月)。5年前の九州「西日本パス」の旅最終日、第6回。
観光列車「あそ1962」の終点・宮地駅からは、13:10発の下り普通列車2423Dに乗り継ぎ。

091012-74.jpg
これから乗る宮地~豊後竹田(ぶんごたけた)間は、県境で運転本数が激減する区間。単行のキハ220で事足りるというワケで、乗客も数えるほど。
この3年後、2012年7月の九州北部豪雨で豊肥本線が寸断された際、最も復旧が遅かったのもこの区間です。

091012-75.jpg
それはともかく、ガラガラの鈍行列車はサンクチュアリ-と呼びたいほど僕が最も好むデンシャ。同行人のために観光列車を乗り回るような、本来とかけ離れた旅のスタイルから解放された喜びを密かにかみしめたものでした(苦笑)。

091012-76.jpg
山中に分け入り、阿蘇外輪山を登っていきます。

091012-77.jpg
登り切ると、さっきまでいた阿蘇カルデラが眼下に。極端に言うと外輪山というのは火口のフチみたいなもので、そこからの眺めがこれでも全景じゃないんだから阿蘇のカルデラがどんだけ巨大なんだ、って実感。

091012-78.jpg
13:23頃、波野(なみの)駅に到着。対向列車との交換待ちで数分停車。

091012-79.jpg
駅前に出てみるも駅舎もなく、あるのは数軒の民家と「九州で一番高い駅」の看板ぐらい…。ちなみに「一番高い」のはもちろん標高のことで、間違っても地価の類じゃないハズ。

091012-80.jpg
対向列車は上り1073D、九州横断特急3号でした。

091012-81.jpg
列車交換を終え、波野駅を13:26に出発。

091012-82.jpg
13:32、滝水(たきみず)駅。隣の波野駅と並んで豊肥本線で列車停車本数が最も少ない駅。駅舎は良さ気。
この駅で熊本県ともお別れ。

091012-83.jpg
滝水駅の先で大分県へと入り、竹田盆地へと下って行きます。

091012-84.jpg
13:49着の玉来(たまらい)駅。
宮地駅からこの玉来駅間が1928年(昭和3年)12月2日、豊肥本線で一番最後に開通した区間。

091012-85.jpg
13:53、当列車の終点・豊後竹田駅に到着。

(つづく)

撮影日:2009年10月12日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

09-08-01 #06  日田彦山線 香春~大鶴  〔福岡県~大分県〕

08 24, 2013 | デンシャ旅 -九州(JR)

4 Comments
090801_52.jpg
2009年8月1日(土)、4年前の九州蔵出し旅行記・第6回。
いま思えば日田彦山線に丸一日を費やしてもよかった、と強く感じるんですが、この時は一泊二日で欲張った行程を組んでいたので、夜明駅を折り返して次の路線の訪問へと移行してしまいました。
ということで日田彦山線の旅、最後は前回までにこぼれた車窓風景などを。

090801_53.jpg
香春(かわら)駅のそばの日本セメント香春工場を車内から。

090801_54.jpg
「石炭記念公園」から見た香春岳。石灰石採掘で平らになった一ノ岳も、左手の二ノ岳・三ノ岳と同様の山容だったそうです。

090801_55.jpg
かつて香春駅から分岐していた添田線(そえだせん)の終点、添田駅。名残りの、無駄に広い構内に寂寥感が漂ってました。

090801_56.jpg
添田駅から南は、筑豊炭田の風景から一変して大分県への山越え区間に。

090801_57.jpg
修験道の山、英彦山(ひこさん)の登山口、彦山(ひこさん)駅。昭和17年開業時の名駅舎も訪問してみたかったんですが…。

090801_58.jpg
日田彦山線の撮影名所でもある、筑前岩屋(ちくぜんいわや)駅~大行司(だいぎょうじ)駅間の通称「めがね橋」も、デンシャに乗ってる限りは「え?あ、これがそうか?」と慌てて写真におさめようとしてもワケも分からず一瞬で通り過ぎるだけ。

090801_59.jpg
大行司駅での列車交換。ここからイイ木造駅舎が3つ連続するんですが、田川後藤寺(たがわごとうじ)駅以南は列車本数が極端に少ないので諦めちゃったんですよね…。

090801_61.jpg
宝珠山(ほうしゅやま)駅。平成10年に建て替えられてはいるそうですが、雰囲気はあります。ホームが県境をまたいでいるそうです。

090801_60.jpg
身切れした残念な写真ですが大鶴(おおつる)駅。本当に残念なのは、ここも夜明駅と同じくこの翌年(2010年)に駅舎が建て替えられてしまったこと。このボロっちさと雑に手の入った中途半端感をじっくり味わってみたかった…。
そしてこの2駅先が終点の夜明駅です。

(つづく)

撮影日:2009年8月1日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED (3枚目はトリミング写真)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

09-08-01 #05  日田彦山線終点 夜明駅  〔大分県〕

08 22, 2013 | デンシャ旅 -九州(JR)

9 Comments
090801_40.jpg
2009年8月1日(土)、4年前の九州蔵出し旅行記。
第5回は、前回の田川伊田駅から一気に日田彦山線の終点、夜明駅へ。
この年の6月にも通り過ぎる形では訪れていて、(きちんとした)再訪を楽しみにしていた駅でした。

090801_41.jpg
ホーム側から見た夜明駅舎。
昭和7年、国鉄の駅として開業。分岐するJR久大本線(きゅうだいほんせん)の駅でもあります。

090801_42.jpg
夜明駅舎。味のある素晴らしい木造駅舎なんですが、この翌年(2010年)3月に建て替えられてしまいました…。

090801_43.jpg
駅舎内。無人駅で、窓口も塞がれています。

090801_44.jpg
駅前に引きのスペースがなく撮りづらいせいもありますが、思ったより写真が残ってないんですよね…。建て替えを知ってたらもっと必死に撮ってたのに(泣)。

090801_45.jpg
駅舎とホームは少し高台にあるので、階段を上り下りしないといけません。

090801_46.jpg
駅前、道路を挟んで向かいに一軒の商店があります。

090801_47.jpg
坂本商店さん。無人の夜明駅、JRの委託を受けて乗車券類の販売をされていました。お店のおばあちゃんがまた気さくで可愛らしい。

090801_48.jpg
1981年公開の『男はつらいよ 寅次郎紙風船』のロケがこちらで行われたそうで、渥美清さんのサインや当時の写真などがお店の壁に。

090801_49.jpg
筑後川を望めるいいロケーションなので、かつては食堂としても営業されてたそうです。

090801_50.jpg
いま(2013年)この記事を作成するにあたってWikipedia等を参照してみると、切符の委託販売どころか商店そのものも廃業されたとあり、かなりショックを受けてます…。せめておばあちゃんがお元気だといいのですが。

090801_51.jpg
味わい深い木造駅舎も人情味のあるお店も失くなってしまった今となっては、僕が夜明駅を再訪することはもう多分ないでしょう。

(つづく)

撮影日:2009年8月1日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »