FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-04-05 #03  京都まで帰る旅 八戸~仙台  〔青森県~宮城県〕

06 08, 2014 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
140405-36.jpg
2014年4月5日(土)、函館から京都まで青春18きっぷで帰る旅・第3回。
12:05到着の青森県・八戸(はちのへ)駅。ホームで次の乗り継ぎ列車を待っていると、ナゼか新幹線によく似た列車が滑り込んできました。

…っていうのはウソです。乗り場が違うのでありえません。

140405-37.jpg
八戸から先、盛岡までは18きっぷ不可の区間、というのは往路で痛感してましたが、八戸に至る道中で閃いたんです。どうせ不可なら新幹線もアリじゃないかと。並行在来線(青い森鉄道+IGRいわて銀河鉄道)3,040円に対して東北新幹線(自由席)は3,500円と、差額はわずか460円。
ということで迷わず新幹線の切符を買って乗り込んだというワケです。

140405-38.jpg
東北新幹線「はやぶさ」18号東京行き。八戸12:16発、盛岡12:45着と、並行在来線だと1時間47分もかかるところを、わずか30分で。たった数百円でこれほどの差があるとは、こうして見捨てた分際で言うのも何ですが、並行在来線の未来に大いなる不安を覚えます…。

140405-39.jpg
盛岡駅では5分間の停車で秋田新幹線から合流してくる「こまち」18号を連結、その瞬間を見ようと人だかりができてます。

140405-40.jpg
僕は18きっぷの旅に戻って在来線ホームへ向かうため連結を見届けるのは諦めたので、別のホームのスーパーこまちの写真でお茶を濁しておきます。

140405-41.jpg
そんなこんなで、新幹線ルートに気づかなかったら14:27到着だった岩手県・盛岡駅。

140405-42.jpg
ということで、2時間も早い13:01発の便、JR東北本線上り1540Mで18きっぷの旅を再開です。

140405-43.jpg
が、何だか楽な手段を選択した戒めのように天気が急変、吹雪です。どうもこの日の東北は天気が不安定。

140405-44.jpg
14:28、往路で町をプチ散策した一ノ関駅に到着。

140405-45.jpg
一ノ関駅からは14:41発の538M、小牛田(こごた)行きに乗車。

140405-46.jpg
右手が北なんですが、どうも暗雲に追いかけられてるような気が…(苦笑)。

140405-47.jpg
15:28、小牛田駅。

140405-48.jpg
小牛田から15:49発の2554Mに乗り継ぎ、仙台へ。宮城県まで来ると暗雲も諦めたのか松島湾には青空が。

140405-49.jpg
16:35、仙台駅に到着。

140405-50.jpg
仙台駅からは17:01発の588M、東北本線上り福島行きに乗車。

140405-51.jpg
仙台~長町(ながまち)間の震災仮設住宅、一向に解消される気配がありません…。復興、ってどこの国のお伽話なんでしょうか…。

140405-52.jpg
そうこうするうちに、また今日も夕暮れ時が迫ってきました。

(つづく)

撮影日:2014年4月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2014-04-03 #01  江差まで鈍行旅 福島~一ノ関 〔福島県~岩手県〕

05 17, 2014 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
140403-1.jpg
2014年4月3日(木)。
青春18きっぷで京都から江差まで鈍行の旅、2日目の朝です。
到底一日では北海道に達することはできず、初日は福島県でピリオドを打ちました。ということで、2日目のスタートは福島駅から。果たして今日こそは津軽海峡を超えることができるのでしょうか!?

あ、ちなみに福島で一晩過ごしましたが鼻血などは出てませんのでw

140403-2.jpg
本日最初に乗車するのは、福島駅6:16発のJR東北本線下り571M列車、仙台行き。

140403-3.jpg
阿武隈川(あぶくまがわ)水系の松川(まつかわ)を照らす朝日、右手は信夫山(しのぶやま)。

140403-4.jpg
11県目の宮城県に入って東白石(ひがししろいし)駅付近、白石川と蔵王(ざおう)連峰。この先の船岡(ふなおか)駅のあたりは川沿いの「一目千本桜」で有名ですが、満開の関西~関東と違って開花はまだまだ先のようでした。

140403-5.jpg
7:39、仙台駅に到着。「平成28年3月まで大規模な駅の改良工事を行っております」とのことで、ホームの至るところ工事のフェンスだらけでした。

140403-6.jpg
仙台駅からは7:46発の2529M、小牛田(こごた)行きに乗車。でも11分後に途中下車してその列車を見送ってます。

140403-8.jpg
降りたのは陸前山王(りくぜんさんのう)駅。昭和8年(1933年)開業、仙台からたった3つ先の駅って信じられます?この駅舎(笑)。

140403-7.jpg
ネットの乗り換え案内だと仙台駅で22分も待ち時間が生じるような検索結果でしたが、本の時刻表を見るとその間に2本、中途半端な駅止まりの列車が走ってて、それを利用すれば2駅寄り道できると判明。その一つ目がこの陸前山王駅というワケなのでした。

140403-9.jpg
ただ時間的には当然厳しく、わずか7分後の8:04、227M列車に飛び乗って次の寄り道駅へ(苦笑)。

140403-10.jpg
「松島や!」「ああ松島や」「松島や…」(関西人の会話)
東海道線などと違い、さっきの蔵王連峰しかり、やっぱ東北は愛でたい風景が目白押しで鈍行旅こそが相応しい、とさえ思えます。

140403-11.jpg
8:17、227M列車の終点でもある松島駅に到着。観光地としての松島には仙石線(せんせきせん)の「松島海岸駅」の方が近く、駅舎もキレイなだけで特筆すべきものはないんですけど(苦笑)、何度もここを通ってるのに降りたことがなかったので一度見てみたかったんです。

140403-12.jpg
ホームは結構味があると思います。今度はぜひ、現在は松島町健康館デイサービスセンターとして再利用されているという初代松島駅舎を見に行ってみたいです。

140403-13.jpg
プチ駅めぐりはこれにて終了、松島駅からは8:26の525M、一ノ関(いちのせき)行きに乗車。ネット乗り換え案内の、22分待ちで仙台駅から乗ることになっていた便です。

140403-14.jpg
2両編成でビビりましたが、仙台から北上する下り列車なので通勤ラッシュもなく、フツーに空いてました(笑)。あともう一駅ぶん時間の余裕があれば、この可愛らしい駅舎の品井沼(しないぬま)駅にも寄ってみたかったなぁ…。

140403-15.jpg
8:46ごろ到着の小牛田(こごた)駅。陸羽東線(りくうとうせん)、石巻線(いしのまきせん)との接続待ちか3分間ほど停車。さすがに首都圏などとは違って、ホームの端っこですが喫煙コーナーがあるので、わずかな時間でも一服できてありがたい(涙)。

140403-16.jpg
9:15ごろ、石越駅。くりでん廃線跡訪問に半年ほど前の昨年9月に訪問したんですそういえば。

140403-17.jpg
その時よりブルーシートの位置が北寄りに移ってましたが何なんでしょうね…。結局、くりでんの石越駅ホーム跡はただの駐車場になってましたし…。

140403-18.jpg
石越の先で12県目の岩手県に入り、9:36、525M終点の一ノ関に到着。「ようこそ一関」って書いてありますけど、駅名は「一ノ関」なんですよ。

140403-19.jpg
一ノ関駅舎。さて、困ったことに次に乗り継げる列車は10:21までないんですよ(泣)。45分間、どうしましょう。

(つづく)

撮影日:2014年4月3日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2013-09-21 #08 END  今年2度目の盛岡へ  〔宮城県~岩手県〕

10 14, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

6 Comments
130921_87.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・初日の最終回。
くりでん廃線跡の訪問を終え、再び石越駅からJR東北本線の列車へ。と言っても時間的にもう今夜の宿泊地へ向かうだけですが、まずは16:01の一ノ関(いちのせき)行きに乗車。

130921_88.jpg
JRの車内から、くりでん廃線跡にさよならを。

130921_89.jpg
16:23、一ノ関駅に到着。16:28発の盛岡行き列車に乗り換え。

130921_90.jpg

130921_91.jpg

130921_92.jpg
秋の東北の、田園風景と広い空を堪能。

それはいいんですけど、車内ではちょっとした事件が。途中の駅で、白い杖を手にした視覚障碍があるらしき男性が乗って来られたんですが、そのままドアの脇に仏頂面で立っておられるので、ロングシートは空いてる部分もあるんですけど、声をかけてもし「放っておいてくれ」って言われたら、とかちょっと躊躇する雰囲気だったんですね。で、そのまましばらく何駅かやり過ごしてしまったんですが、この列車の終点の盛岡まで乗られるんだったらまだまだ先だし、えーい、ままよ、と思い切って「席、空いてますよ」って声をかけてみたら、「あ、ありがとうございます」ってすごく真っ当な返答が。僕の隣のスペースに案内して、何か話そうかな、と思ったけど何にも話題が思い浮かばなくて、車内には一ノ関からずっとケータイで通話してるみたいに独り言を話し続ける女性の声だけが響き続けてるっていう、何かシュールな時間が流れてたんです。
そして、盛岡の手前で、その白い杖の男性は「ご親切にありがとうございました」って降りて行かれましたが、やっぱり声をかけてよかった、とか、人は見かけで判断しちゃいけないな、っていう思いと共に、結局終点まで続いた女性の独り言を耳にしながら、つくづくデンシャは色んな人を運んでるんだなぁ、と妙な感慨にふけることになったひと時でした。

130921_93.jpg
今年1月の釜石線(かまいしせん)訪問のため訪れた花巻(はなまき)駅を経て、17:24、花巻空港駅に停車中。駅の傍のこのJA施設の宮沢賢治を目にするたび、岩手に来たなぁ、と感じます。

130921_94.jpg
18:00ちょうど、初日の最終目的地、盛岡に到着。

130921_95.jpg
突然体調を崩し、ここ盛岡で旅を断念した今年1月以来、8ヶ月ぶりに戻ってきました。翌日からはそのリベンジ旅。ひとまず今宵は盛岡駅前に投宿します。

(つづく)

撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2013-09-21 #07  くりでん若柳駅跡  〔宮城県〕

10 13, 2013 | くりはら田園鉄道

4 Comments
130921_72.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・第7回。
くりはら田園鉄道の廃線跡を、起点の石越駅から辿りながら歩くこと約3km。
懐かしい車両が待つ、若柳(わかやなぎ)駅へと到達しました。

130921_73.jpg
前回最後の写真より一すじ駅寄りの踏切からの撮影。
くりでん本社と車両基地のあった駅だけに、かなり大がかりな保存整備が施されているようです。

130921_74.jpg
若柳駅舎。6年ぶりの対面に涙…どころか何の感慨も湧かないので変だと思ったんですが、廃線後に一度解体され、同様に取り壊された沢辺(さわべ)駅の部材を利用して再建された、復元駅舎だったのです!

070310-18
6年前の訪問時の若柳駅舎写真。どうりで…(苦笑)。

130921_75.jpg
駅舎の脇には、開業から廃線までの経緯を簡単に記した記念碑。
この若柳駅跡は平成22(2010)年に栗原市によって鉄道公園として整備され、碑もその際に建立されたものだそうです。

130921_76.jpg
6年前のくりでんの主力&僕が乗ったのはこのタイプの車両。雨避けの屋根を付けてもらってその下で静かにたたずんでいます。

130921_77.jpg
くりでんの前身・栗原電鉄時代の車両の姿も。新車のようにキレイにお色直しされています。

130921_78.jpg
左手の名鉄から来た車両など、くりでん廃線前は当駅構内に雑然と留置されていた車両たちが手厚く保存されていました。

130921_79.jpg
しかし、駅全体がフェンスで覆われていて(駅舎も入り口に鍵)、どれも遠目に眺めることしかできないのが残念でした。イベント時には開放されるみたいで、何と!短い区間ですが車両を動かして乗車体験のできる日もあるようです(この記事をしたためている10/13が正にその日だそうです!)。

130921_80.jpg
駅西側の本来車庫だった場所は道路で寸断され、当時を知らない人には意味不明な孤立した物件に成り果ててましたが、車庫内にはちゃんと くりでんの車両が。

130921_81.jpg
くりでん本社屋も、もちろん使用されてはいませんが健在でした。

130921_82.jpg
いつもほとんど下調べをせずに旅に出るため、今回、残念ながら駅構内に立ち入ることはできませんでしたが、これだけ色々残ってることが分かると、今度また再訪する楽しみがモリモリ湧いてきました。

130921_83.jpg
徒歩移動ということで、くりでん廃線跡訪問は一応2時間ほどみていたのですが、そろそろ石越駅へ戻らないといけません。帰路は気を散らさず黙々と歩きに専念できるよう、車道(県道4号線)を選択。

130921_84.jpg
…ですが、町が古くご覧の写真館のような味のある建物が結構点在していて、やはり歩く足がついつい止まりがちに(苦笑)。

130921_85.jpg
次のJR東北本線のデンシャの時間まで残りあと僅か!とピンチを迎えた時、渡りに船、とばかり石越駅行きの路線バスに遭遇、迷わず飛び乗りました。
写真はバス車内から後方、若柳駅方面を「危なかった~…」と見送っているところ。

130921_86.jpg
ミヤコー(宮城交通)バスさんのお陰で、余裕で石越駅前に帰還。
当初は くりでん廃線後の代替バス的な位置づけのこちらのバスでの廃線跡めぐりも考えていたのに、休日ダイヤで時間が合わず、使えねぇ~とか思ってたんですが、最後に助けられました。感謝!

結局、路線全長26km弱のうち、たった3kmほどの若柳駅までしか辿ることのできなかったくりでん廃線跡探訪でしたが、6年前に十分堪能できなかった後悔の念を払拭するような実りある時間を過ごせた感がありましたし、廃線となった事実もようやく受け入れられた気がしました。

(つづく)

撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2013-09-21 #06  石越へ くりでん廃線跡  〔宮城県〕

10 11, 2013 | くりはら田園鉄道

0 Comments
130921_57.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・第6回。
石巻線の浦宿駅から折り返し便でそのまま起点の小牛田(こごた)駅まで、そして小牛田から東北本線の列車に乗り換え、14:11、次なる目的地に到着。

130921_58.jpg
やって来たのは、もう岩手との県境にほど近い、石越(いしこし)駅。
ここからは、震災の被災路線からは離れて私的な思い出の路線を辿る旅。と言っても、それは「くりはら田園鉄道(以下、くりでん)」という、廃線になって6年も経つ、いまはもう存在しない幻なのですが…。

6年前の2007年、僕は廃線直前のくりでんを訪れました。デンシャ旅を始めたばかりで、当然、廃線の実感や機微など何も分かってなかったんですけど、それゆえ、もっとちゃんと乗っておきたかったとか、キチンとお別れできてない、というような後悔というかモヤモヤした思いがずっと残っていて、廃線跡と分かっていてもいつか再訪したいと思い続けていたのでした。

130921_59.jpg
さすがに6年も経ってしまうと色々変わってるんだろうなとは予想してましたが、先の写真のJR石越駅の駅舎は建て替わっていたものの、駅前風景は記憶のままでした。

130921_60.jpg
しかし、肝心のくりでんの石越駅が、敷地の空白だけを残して跡形もなく消えていました…。

130921_61.jpg
JR石越駅舎脇の駅周辺絵図には、くりでんの前身・栗原電鉄の頃からのものと思われる表示が残っていましたが、くりでんとJRの位置関係は正にこのようなものでした。

130921_62.jpg
くりでん石越駅のホームがあった場所。整地され、コンクリートの枕木が駐車場の車止めのように並んでいたりもして、何らかの形で跡地利用が進められているようですが…。

130921_63.jpg
しばらく先へ進むと、あっ!ありました、線路が。昨年秋に東北本線の車内から線路跡が見えていたのでついに剥がされたのかと思いましたが、ひと安心。写真は先ほどのホーム跡の方を振り返ったもの。

130921_64.jpg
平行していた東北本線と別れる形で西へとカーブしていく地点。いまにも向こうから くりでんの車両がやって来そうな気がしました。

130921_65.jpg
でも、やっぱり廃線なんですよね…。

130921_66.jpg
線路脇の色んな鉄道標識も、妙にリアルに残ってます。「D」って何だ?と調べてみたら、軌道の下に排水管などが通してあることを示すDrain post(ドレインポスト)だそうです。

130921_67.jpg
踏切があった場所からこんな風に撮ると、車両先頭部からの眺めを楽しんでいるような気になれます。

130921_68.jpg
線路脇では老夫婦が農作業にいそしんでおられました。多分、くりでんが走っていた頃から変わらない光景。

130921_69.jpg
踏切跡は、このようにガードレールで完全に鉄路と遮断され、元から道路だったような顔をしている場所も見受けられました。
線路跡は、特に「立ち入り禁止」などの注意書きや柵は見当たりませんが、何かとすぐ問題になるご時世なので、線路上を歩いたりはせず、脇に道があればそこを、このようなガードレールを乗り越えるのが憚られるような場合は道路を迂回して辿りました。

130921_70.jpg
線路脇を歩きながら稲刈りの終わった田んぼなどを眺めていると、くりでんに乗ってもう一度この風景の中を旅したかったなぁ、という思いが強くなっていきます…。

130921_71.jpg
そうこうしているうちに、何やら腕木式信号機や車両の姿が見えてきました!どうやら、ひとまずの目標としていた若柳(わかやなぎ)駅跡に辿り着いたようです。
(写真は踏切跡からの撮影。この辺りから「立ち入り禁止」の札が添えられていました。)

(つづく)


撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »