FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2010-03-20 #03  飯田線 新城、本長篠  〔愛知県〕

03 27, 2015 | デンシャ旅 -東海(JR)

4 Comments
100320-40.jpg
2010年3月20日(土)
5年前のJR飯田線の旅、第3回

100320-41.jpg
10:48、新城(しんしろ)駅

100320-42.jpg
1898年(明治31年)4月25日、豊川鉄道の駅として開業。

100320-43.jpg

100320-44.jpg
駅前通り

100320-45.jpg

100320-46.jpg

100320-47.jpg

100320-48.jpg

100320-49.jpg

100320-50.jpg
新城駅から11:25の519Mへ

100320-51.jpg
11:42、長篠城駅 1997年まで木造駅舎があったそうだ
市街地なら橋上駅、ローカル線だとこうした残念な待合室に建て替わるのが最近の通例

100320-52.jpg
11:45、本長篠(ほんながしの)駅

100320-53.jpg
1923年(大正12年)2月1日、鳳来寺鉄道の鳳来寺駅として開業

100320-54.jpg

100320-55.jpg
対向の22M、特急「ワイドビュー伊那路」2号

100320-56.jpg

100320-57.jpg
12:35、東栄(とうえい)駅 この先は静岡県

100320-58.jpg

100320-59.jpg
12:48、中部天竜駅 構内にある佐久間レールパーク
この前年、2009年11月に閉館

100320-60.jpg


10:48、野田城駅から乗った下り517Mの運行上の終点、新城駅へ。豊橋からここまでは比較的運転本数が多い。牛久保駅に似たイイ駅舎が目当てで元々訪問するつもりだったが、先へ進むには11:25まで待たねばならない。駅周辺を散策して過ごした。新城市の中心市街地だそうだが町はイイ感じに古く、逆に時間が足りなく感じるくらいだった。

519Mで新城をあとにする。11:45着の本長篠駅で13分間、特急列車との交換待ち。鬼気迫る車両の画一化やリニア推進などJR東海は僕には合理主義の権化みたいな印象なのだけど、そんな鉄道会社が飯田線のようなローカル線にも特急を走らせてるのかと驚いたが、このときも現在も一日2往復のみの運行のようだ。

再び湯谷温泉駅を経て、東栄駅を最後に愛知県から静岡県へ。12:48、中部天竜駅まで辿り着く。この旅の前年に閉園した佐久間レールパークが併設されていた駅で、まだ看板なども残る施設の雰囲気だけでも味わってみたかったが、本長篠からは運転本数が激減、ここで降りてしまうと次は15:42まで便がないから諦めた。ちなみに当園に展示されていた車両群は名古屋市港区の「リニア・鉄道館」に移されたそうだ。

(つづく)

撮影日:2010年3月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2010-03-20 #02  飯田線 湯谷温泉、野田城  〔愛知県〕

03 25, 2015 | デンシャ旅 -東海(JR)

6 Comments
100320-21.jpg
2010年3月20日(土)。
5年前のJR飯田線の旅、第2回。

100320-22.jpg
9:31、湯谷温泉(ゆやおんせん)駅。

100320-23.jpg
1923年(大正12年)2月1日、私鉄の鳳来寺(ほうらいじ)鉄道により湯谷停留場として開業。昭和18年の国有化を経てJR化後の1991年(平成3年)12月14日、現駅名に改称。

100320-24.jpg

100320-25.jpg
駅前の、営業してなさそうだったホテル。この翌年(2011年)に解体されたらしい。

100320-26.jpg
豊川(とよがわ)水系の宇連川(うれがわ)。

100320-27.jpg

100320-28.jpg
10:01、上り528M。

100320-29.jpg
119系電車内のドア開閉ボタン。

100320-30.jpg
鳥居~長篠城(ながしのじょう)間、豊川を渡る。

100320-31.jpg
10:29、東新町駅停車中。

100320-32.jpg
10:38、野田城(のだじょう)駅。

100320-33.jpg
1918年(大正7年)1月1日、豊川鉄道の駅として開業。

100320-34.jpg

100320-35.jpg

100320-36.jpg
駅前風景。

100320-37.jpg

100320-38.jpg

100320-39.jpg
下り517Mが到着、無人駅のため車掌さんが集札業務を行う。


新城駅での列車交換の後、奥三河と呼ばれる山間部にある3つ目の訪問駅、湯谷温泉に到着。線内の名駅舎として割と知られた駅なので楽しみにしていた。が、実際に目にしてみると全面板張りの誰が見ても古い木造駅舎なのに、武骨で何とも捉えどころがない。というか、そもそも駅舎に見えない。私鉄の鳳来寺鉄道が開業した当時は直営の宿として営業していたらしいが、車寄せがあったと思わしき部分が雑にトタンで覆われているのと、窓という窓が全部閉まっているのが建築物としてのバランスを壊しているのかもしれない。とにかく僕は何だかモヤモヤした感覚だけが残った。

駅舎はあまり熱心に撮らず、残り時間は周辺を散策した。宇連川沿いに宿が建ち並び、昭和な温泉郷の風情を感じさせるけれど、どこも廃墟のようにしか見えない。特急「伊那路」の停車駅なので現在も温泉地としてそれなりの名目を保っているんだと思うが。
10:01、上りの列車で豊橋方面へ引き返す。同じ時間で一つでも多く駅を巡ろうと思ったら上りと下りの便をうまく組み合わせるしかない。同じところを何度も行ったり来たりすることになるが、そのぶん路線の記憶は濃くなる。

4つ目の訪問駅、野田城は10:38着。この駅舎は一目で気に入った。

(つづく)

前回「2010年1月号のコンパス時刻表を参照」と記したが湯谷温泉駅からの528Mのダイヤが合致しない。3月のダイヤ改定で変化しているようだ。そういえばこの旅の最初、豊橋駅で中部版の小さな時刻表を買ったのだった。捨ててはいないハズだが見当たらないので止むを得ず2011年10月号のコンパス時刻表を代用する。


撮影日:2010年3月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D、Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-20 #01  飯田線 牛久保、三河一宮  〔愛知県〕

03 24, 2015 | デンシャ旅 -東海(JR)

6 Comments
100320-1.jpg
2010年3月20日(土)。
お蔵入りになっていた5年前のJR飯田線(いいだせん)の旅、第1回。

100320-2.jpg
起点の豊橋駅、8:04発の3407M。

100320-3.jpg

100320-4.jpg
8:14、牛久保駅。

100320-5.jpg

100320-6.jpg
牛久保駅舎。1897年(明治30年)7月15日、私鉄の豊橋鉄道の駅として開業。

100320-7.jpg

100320-8.jpg

100320-9.jpg
やりたいことだけやり散らかすバカはどこにでもいる。僕も喫煙者だがこういうのは本当に腹が立つ。写真を撮ったあと毒づきながらも全部片付けた。

100320-10.jpg
8:21、511M。

100320-11.jpg

100320-12.jpg
8:24、豊川駅。

100320-13.jpg
8:30ごろ、三河一宮(みかわいちのみや)駅。8:37まで列車交換待ち。

100320-14.jpg

100320-15.jpg
三河一宮駅舎。1897年(明治30年)7月22日、豊川鉄道の一ノ宮駅として開業。1916年(大正5年)1月1日、現駅名に改称。

100320-16.jpg

100320-17.jpg
東上(とうじょう)駅での列車交換待ち。

100320-18.jpg
駅舎がない駅なのでホームで梅など撮って暇を持て余している。

100320-19.jpg
野田城駅付近の車窓。

100320-20.jpg
新城(しんしろ)駅でも列車交換。


2010年3月20日、いまからちょうど5年前のJR飯田線、青春18きっぷ旅。
飯田線は豊橋~辰野(たつの)間195.7kmを愛知・静岡・長野の三県にまたがって結ぶローカル線。秘境駅が数多く点在することでも知られている。このときが初めての訪問で、目的は全線走破と駅めぐり。ただ後者は、予め断わっておくが秘境駅目当てではない。僕にとっての駅めぐり=駅舎を愛でに行くこと。

起点の豊橋駅から朝8:04のスタートだったが、京都からは時間を買って新幹線で豊橋入りしている。飯田線に乗車して僅か10分で最初の訪問駅、牛久保駅に。昭和18年改築時のものという大柄な木造モルタル駅舎にいきなり好感触。

次の列車で豊川を経て三河一宮駅。もちろん計画に織り込み済みの、列車交換待ち時間を利用しての駅舎訪問。フリー切符利用の単線の駅めぐりでは常套手段だが、先を急ぎたい人や日々の利用客には憂鬱な待ち時間だろう。三河国一宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)の参宮駅ということで寺社建築風の駅舎。

そのあと、東上、新城とこまめに駅での列車交換待ちが続く。まだこのあたりは運転本数が多いためだ。

(つづく)

なお、列車番号・時刻等の情報はこの旅で使用した2010年1月号のコンパス時刻表(交通新聞社刊)を参照している。


撮影日:2010年3月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-08-14 #01  2014年のお盆の旅  〔京都府~長野県〕

09 09, 2014 | デンシャ旅 -東海(JR)

0 Comments
140814-1.jpg
2014年8月14日(木)。
ついこの間、5年前のお盆の旅を掘り返したばかりですが、今度は最新、今年2014年の、でもやっぱりお盆の旅。終始、天気に悩まされた3泊4日の青春18きっぷ旅を振り返っていきます。
出発はもちろん、JR京都駅。まずは東海道線で東へ向かいますが、0番ホームからの発車とは珍しい。

140814-2.jpg
京都7:32の東海道本線(琵琶湖線)上り3404M、新快速米原行きでスタート。JR各社は概ね年末年始を除いてカレンダー通りの運行。よってお盆休み期間でも木曜のこの日は平日ダイヤなのです。
デンシャがブレてますが(汗)、右手のお互いに撮り合いっこしてる微笑ましい親子に意識がいっちゃったんですね。

140814-3.jpg
瀬田川を渡るこの一瞬しか琵琶湖が見えない琵琶湖線を東へ。まだこの時点では曇り空。

140814-4.jpg
国宝・彦根城が見えてきたら終点の米原はもうすぐ。

140814-5.jpg
8:30、米原に到着。JR東海にバトンタッチ、8:33発の東海道本線上り202F、大垣行き普通列車に乗り換えて9:05大垣着。短編成にメチャ混みでずっと立ってたので写真は一枚も撮らず。

140814-6.jpg
大垣9:11発、東海道本線上り2318F、新快速豊橋行きに乗り換え、9:43着の名古屋で下車。中央本線(中央西線)の列車に乗り換えるためです。

140814-7.jpg
名古屋から乗ったのは10:00ちょうど発の中央本線下り1007M、特急「ワイドビューしなの」7号。

140814-8.jpg
昨秋の家族デンシャ旅で利用したのと同じ便です。今回は自由席でしたが、お盆休みだというのに空席が目立つ、全然余裕の乗車率。

140814-9.jpg
もちろん特急は青春18きっぷでは乗車不可なので、発車前に車掌さんから乗車券&自由席特急券を発券してもらいました。この日最初の目的地、南木曽(なぎそ)まで、しめて2,840円。
普通列車で行くと途中の中津川(なかつがわ)で乗り継ぎ便を1時間近く待たされるので、その分を南木曽訪問に回そうと、時間を買うことにしたんです。

140814-10.jpg
名古屋駅を発って金山(かなやま)で東海道線と別れ、塩尻を目指して北東へ向かう中央西線。写真は鶴舞(つるまい)駅付近。

140814-11.jpg
岐阜県に入って多治見(たじみ)を過ぎたころ、心配していた雨が落ち始めてきました…。

140814-12.jpg
木曽の山中へ分け入るほどに、山の稜線も見えないくらいの雲行きに。

(つづく)

撮影日:2014年8月14日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-04-06 #03 END  京都まで帰る旅、ついに幕  〔静岡県~京都府〕

06 12, 2014 | デンシャ旅 -東海(JR)

6 Comments
140406-34.jpg
2014年4月6日(日)、函館から京都まで青春18きっぷで帰る旅の2日目・第3回。
13:07到着の熱海で昼食をとったあと、13:34発の445M、JR東海道本線下り島田(しまだ)行きに乗車。

140406-35.jpg
富士~富士川(ふじかわ)駅間あたりでエラい雨…っていうかヒョウみたいのに降られました。当然、富士山なんか全然見えず。やっぱキホン的に僕は富士山と相性が悪い(泣)。

140406-36.jpg
14:32、興津駅で下車。

140406-37.jpg
往路でも降りた、興津駅です。

140406-38.jpg
興津駅で14:45発の787M、浜松行きに乗り換え。

140406-39.jpg
興津で降りたのはもう一度再訪したい駅だったとかいうんじゃなく、787Mの始発駅なのでガッツリ座席を確保できるから。実際、車内はほぼ空っぽの状態で発車。

140406-40.jpg
清水(しみず)駅~草薙(くさなぎ)駅間、巴川を静岡鉄道と一緒に渡りました。

140406-41.jpg
はい、15:02着の静岡駅でもうこの状態(苦笑)。熱海からの445Mを島田で乗り換えてたら絶対に座ることなどできなかったでしょう。弥次さん喜多さんの頃の東海道は箱根が難所でしたが、現代の東海道デンシャ旅では必ず混む静岡~浜松間がそうなのです。

140406-42.jpg
16:15着の浜松駅で16:20発の957M、豊橋(とよはし)行きに乗り換え。

140406-43.jpg
桜色の装いの豊橋鉄道も待つ豊橋駅に16:56到着。

140406-44.jpg
豊橋からは17:02発の5347F、東海道本線下り新快速・米原(まいばら)行きに乗り換え。ホームで待ってるお客さん、結構多いですけど編成も長いし席にあぶれることはまずありません。鈍行旅の座席確保のキモは、目当ての列車の始発駅から乗る、に尽きます。

140406-45.jpg
名古屋到着前、笠寺(かさでら)~熱田(あつた)間。もう夕暮れ時、いよいよ今回の旅も終わりやなぁ。

140406-46.jpg
17:58着、18:00発の名古屋駅。朝、福島を出発してから丸12時間で名古屋。移動量もさることながら、乗り続けてることがスゴイな、と自分で可笑しくなってきます(苦笑)。名古屋まで辿り着いたらもう帰って来たも同然な感覚で、さすがに疲れもあってこのあと爆睡モードに。

140406-47.jpg
19:10、米原に到着。最後の乗り換え、19:18発の3327M、東海道本線下り新快速・姫路行きに乗車。
…ですが、写真がドイヒー。寝起き&メモ代わりに撮ったにしてもこれはない。

140406-48.jpg
20:12、ついに、ついに京都へ帰着。

140406-49.jpg
旅の趣旨としては、このあと5月11日に廃線となったJR江差線への惜別訪問でしたが、その往復を鈍行だけで(特例などもありましたが)飽きずにやり切ったという今回の経験は、僕の中で結構大きな財産になった気がします。
みなさんにはぜひ、「へぇ~、こんなバカげたことが可能なら人間、なんだってできる。よし、これからも真っ当に生きよう!」などと感じていただけたら幸いです(何だこれ)。

とにもかくにも、また一ヶ月近くにわたって続いた今回の旅記事、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。

(おしまい)

撮影日:2014年4月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »