FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

名鉄デンシャ旅【5】  各務原線・犬山線  〔岐阜県・愛知県〕

04 15, 2008 | 名鉄(名古屋鉄道)

4 Comments
ki1
かつてはクルマと併用だったという犬山橋 (※踏み切りから撮影)

名鉄デンシャ旅のつづきは、岐阜県の各務原(かかみがはら)線と、再び愛知に戻る犬山線。

ki2
市民公園前あたりの車窓から

ki3
名鉄岐阜駅で

ki4


ki5
犬山駅で

各務原線では、ちょっと寂しい光景に出会ってしまいました。
ひとつは、若いサラリーマンが補助座席を降ろした際に、肘が当たった電気が走った外へ出ろ、と大声で怒鳴り散らすオヤジ。
もうひとつは、孫ふたりを連れた壮年の夫婦。僕が座っていた席の隣が中途半端に空いていて、ダンナの方が孫に「座ったらエエねん」と言うので僕は席を譲って立ったのだけれど、ご夫人だけが礼を述べられてダンナの方は当然といった顔で知らんぷり。
こういった、やたら偉そうなクセに器の小さい人たちを見るのは、ひどく気が滅入ります。

犬山城が見えたので何となく降りてみた犬山線・犬山遊園駅の桜と
夕暮れの雰囲気が、そんな気持ちをすっかり和らげてくれたのでした。

撮影日:4月5日
■Nikon D40 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト