FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2010-03-22 #02  中山道 奈良井宿  〔長野県〕

04 15, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
100322-16.jpg
2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅3日目、第2回
奈良井宿を訪問

100322-17.jpg

100322-18.jpg

100322-19.jpg

100322-20.jpg

100322-21.jpg

100322-22.jpg

100322-23.jpg

100322-24.jpg

100322-25.jpg

100322-26.jpg

100322-27.jpg

100322-28.jpg

100322-29.jpg

100322-30.jpg

100322-31.jpg


中央西線上り便で7:15到着の奈良井駅。次の上りが来る8:38までの時間で駅前から続く中山道・奈良井宿を散策。詳しい情報などは観光協会のHPを見ていただくとして、さすがにこんな時間ではお店も開いていなければ他にすれ違う人の姿もなく、好きに写真を撮り歩けるのは嬉しいのだけれど、ふと何だか現実感のない、時代劇のセットの中にいるような気になったりもした。
中山道・木曽路十一宿の中で最も標高が高いというのもうなずけるほど、空気が冷たかったのは肌で覚えている。

(つづく)

撮影日:2010年3月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2010-03-22 #01  中央本線 奈良井駅  〔長野県〕

04 12, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
100322-1.jpg
2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅3日目、第1回
ホテルの部屋からの松本の朝

100322-2.jpg

100322-3.jpg

100322-4.jpg

100322-5.jpg
6:30ごろ、中央本線(西線)上り822M中津川(なかつがわ)行きに乗車

100322-6.jpg

100322-7.jpg

100322-8.jpg
7:15、奈良井駅で下車

100322-9.jpg

100322-10.jpg

100322-11.jpg

100322-12.jpg

100322-13.jpg
奈良井駅舎

100322-14.jpg
1909年(明治42年)12月1日、 国鉄の駅として開業

100322-15.jpg


2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅最終日。
松本駅から朝6:30ごろの中央西線上り始発列車に乗り、奈良井宿へ向かう。また塩尻方面へ戻るから、松本で泊まる意味は全くないのだが、好きな松本で清々しい朝を迎えられたので後悔はない。

7:15、奈良井駅に到着。奈良井宿は中山道六十九次34番目の宿場町。駅前からすぐ古い町並みが続いている。このころ既に中央西線は何度か乗車済みの路線で、かねがね奈良井宿を歩いてみたいと思った末の訪問だったが、さすがにこんな早朝から宿場町を観光に訪れる客は他にはなかった。

(つづく)

撮影日:2010年3月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #04 END  松本  〔長野県〕

04 08, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
100321-63.jpg
2010年3月21日(日)、5年前の春の青春18きっぷ旅2日目、最終回
辰野から16:47の飯田線下り245Mで再び岡谷、17:03の中央本線/篠ノ井(しののい)線下り441M松本行きに乗り換え

100321-64.jpg
前回書いたのは誤り 飯田線119系デンシャとの別れはこのときだった

100321-65.jpg
17:31、松本に到着

100321-66.jpg

100321-67.jpg

100321-68.jpg

100321-69.jpg
松本駅西口(アルプス口)

100321-70.jpg
東西自由通路

100321-71.jpg
松本駅東口(お城口)

100321-72.jpg
東口駅前風景

100321-73.jpg

100321-74.jpg

100321-75.jpg
松本城

100321-76.jpg

100321-77.jpg


ミニエコーを乗り終えた辰野駅から飯田線の列車で再び岡谷駅へ。これで辰野支線を乗り通したことになる。2日目の旅程としてはあとは松本まで行くだけだったので、岡谷から中央本線/篠ノ井線の列車に乗った。3年後の引退が分かっていたらミニエコーで塩尻へ引き返したかもしれないが、もちろんこの時の僕がそんなことを知る由もなかった。

岡谷から30分で松本に到着。いつも観光客でごった返しているイメージだが夕暮れ時の松本駅ホームは静かだった。橋上駅は好きではないのに、松本駅だけはナゼか許せる。ガラス張りの橋上部から北アルプスの山々や中央本線特急が並ぶさま、大糸線や松本電鉄(現・アルピコ交通上高地線)の列車が発着するのを眺めるのは楽しい。というか、2008年の初訪問以来、僕は松本という土地そのものが好きなのだ。
駅前のホテルにチェックインするより先に、その象徴のような存在の松本城まで歩いた。日も暮れて誰もいない。城にも特別興味はないのに、松本城だけは本当に美しいなと見る度に思う。

(3日目の旅につづく)


撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #03  ミニエコーで辰野支線  〔長野県〕

04 07, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
100321-45.jpg
2010年3月21日(日)、5年前の春の青春18きっぷ旅2日目、第3回
JR中央本線・岡谷駅

100321-46.jpg
岡谷からは15:33の中央本線下り1543Mへ

100321-47.jpg

100321-48.jpg
2日間世話になった飯田線119系デンシャともお別れ

100321-49.jpg
上りの特急「あずさ」24号とすれ違う

100321-50.jpg
15:44、塩尻(しおじり)駅

100321-51.jpg

100321-52.jpg
辰野(たつの)支線上り162M 「ミニエコー」ことクモハ123

100321-53.jpg
16:17発

100321-54.jpg
先ほど通った岡谷からの中央本線「新線」と分岐、「旧線」の辰野支線へ

100321-55.jpg
辰野支線から見た「新線」

100321-56.jpg
辰野までの途中駅は2つ 小野駅

100321-57.jpg
信濃川島駅

100321-58.jpg
左義長(関西では「どんど焼き」)の類かと思ったが、御柱祭のリハーサルのようだ

100321-59.jpg
16:37、162Mの終点・辰野駅

100321-60.jpg
飯田線の戸籍上の終点でもある

100321-61.jpg
辰野駅舎
1906年(明治39年)6月11日、官設鉄道の駅として開業
飯田線の前身・伊那電気鉄道(当時は電車軌道)が乗り入れたのは1916年(大正5年)11月23日

100321-62.jpg
駅前風景


飯田線の旅を終え、岡谷駅からはJR中央本線の未乗区間へ。と言ってもこの2010年の時点では俗に言う中央東線も確か未乗だったが、その前に少しややこしい「辰野支線」というのをやっつけておこうと考えたのだった。何がややこしいかといえば、元々は本線だったのがバイパスの新線が通ったために支線扱いを受け、列車の運行もまったく別系統となったことで、いわゆる「乗りつぶし」の手間が要るといった類の路線なのだ。

そんなワケで岡谷からまずは普通に「中央本線」として乗るとイヤでも通る「新線」を経由して塩尻まで赴き、1~2時間に1本の、別立ての辰野支線の列車に乗り換える。 「ミニエコー」の愛称の付いた、クモハ123という、僕は初めて見る車両だった。2013年に引退してしまったので現在はもう乗れない。塩尻~辰野間の20kmほどの短い距離を1両でピストン運転しているから「ミニ」な「エコー」なのかもしれないが、この個性的な車両のおかげでわずか20分間のショートトリップは存外に記憶に残るものとなった。この旅の本編を差し置いて、2013年の引退直後にミニエコーだけの記事化も済ませている。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D、Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #02  飯田線、完乗  〔長野県〕

04 06, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

8 Comments
100321-25.jpg
2010年3月21日(日)、5年前のJR飯田線の旅2日目、第2回
飯田駅から11:30の1427Mで飯田線の旅を再開

100321-26.jpg

100321-27.jpg
11:39、元善光寺

100321-28.jpg
市田(いちだ)~下平(しもだいら)

100321-29.jpg
山吹(やまぶき)~伊那大島(いなおおしま)

100321-30.jpg
伊那大島駅付近

100321-31.jpg
上片桐(かみかたぎり)~伊那田島(いなたじま)

100321-32.jpg
12:17、七久保駅

100321-33.jpg
伊那本郷~飯島(いいじま)

100321-34.jpg
13:04到着の伊那市(いなし)駅で下車

100321-35.jpg
伊那市駅
1912年(明治45年)5月14日、伊那電気鉄道の伊那町駅として開業

100321-36.jpg
高校駅伝みたいなのが開催されていた

100321-37.jpg
伊那市駅から14:07の1431Mで伊那北駅 列車交換待ち時間での訪問

100321-38.jpg
14:33ごろ、伊那松島駅

100321-39.jpg
伊那松島~沢  天竜川

100321-40.jpg
14:37ごろ、沢駅

100321-41.jpg
沢~羽場(はば)

100321-42.jpg
14:47ごろ、飯田線終点の辰野(たつの)駅に到着

100321-43.jpg
15:00ごろ、1431Mの終点、岡谷(おかや)駅

100321-44.jpg
岡谷駅跨線橋から 雪が舞っている


飯田の町歩きの間に霧によるダイヤの乱れも解消されたようで、飯田駅から11:30の下り1427Mで飯田線の旅を再開。ひたすら南信地方、伊那谷とも呼ばれる天竜川沿いを北上する。途中、伊那市駅で下車して1時間ほど過ごしているのだが、不本意に乗り継ぎ待ちが生じるような運転系統の変わる駅でもないし、いまとなっては動機は不明。駅前からアーケード商店街がひろがる昭和な町の雰囲気を当時何かで見て、寄ってみたいと思ったのかもしれない。もっとも、町は高校駅伝(いま調べてみたら「春の高校伊那駅伝」という、かなり知られた大会らしい)で大賑わいで、ゆっくり町歩きを楽しめるような状況ではなかったのだけれど。

伊那市駅から次の下り1431Mで再び飯田線の旅に戻る。この1431Mは、理由は不明だが撮影データと当時の時刻表が合致しないので遅れていたと思われる。何れにせよそれから1時間もしないうちに飯田線の終点・辰野駅に辿り着き、あっさりと飯田線の旅は終わりを告げた。列車自体、ほぼすべての便が中央本線に乗り入れて岡谷まで直通しており、僕もそのまま岡谷まで乗ったものだから、心の区切りをつけたり達成感を味わう間もなく、余計にそう感じた。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

Next Page »