FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

【archive'07】  三木鉄道終点、三木駅  〔兵庫県〕

02 14, 2010 | 三木鉄道

0 Comments
★【archive'07】は、このブログを開設する以前の2007年、
僕がデンシャ旅をはじめた頃を振り返る記事です。
カメラはまだコンパクトデジカメしか持ってませんでした。

070430-19
2007年4月30日の三木鉄道訪問記、
最後は終点の三木駅です。

070430-20 1917(大正6)年、播州鉄道の駅として開業。

070430-21
なかなか立派な駅舎でした。

070430-22
有人駅で、味のある出札窓口があるんですが、
「普通乗車券は発売しておりません。降車される際、運賃を運賃箱へお入れください」
との張り紙。定期券と回数券、グッズ類の販売はしてたみたいですが運賃は車内精算。

070430-23
この当時は何だか分からずに撮ってたんですが、安全な運行のための通票収受の様子。
行き止まりの単線を1つの列車が往復していただけの三木鉄道では
物理的に他の列車と衝突する恐れはないようなものですが、
スタフ(通票)閉塞式をとってこの輪っかのようなものを持たない列車は
出発できないような仕組みになっていました。

070430-24
次の発車を待って三木駅にたたずむミキ300-103。

070430-25
駅の待合室の片隅に、地元の少年のものと思われる手作りのメッセージが。
大きくなっても故郷を走っていたこの鉄道のことを忘れないでいてほしいと思います。


撮影日:2007年4月30日
カメラ:Canon IXY 800IS

※ 2008年の廃線後、ひと月経った三木駅を訪問した記事もありますので
よかったらこちらもご覧ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



【archive'07】  三木鉄道の駅  〔兵庫県〕

02 13, 2010 | 三木鉄道

2 Comments
★【archive'07】は、このブログを開設する以前の2007年、
僕がデンシャ旅をはじめた頃を振り返る記事です。
カメラはまだコンパクトデジカメしか持ってませんでした。

070430-9
2007年4月30日の三木鉄道の続きです。
この日途中下車した駅の写真を、記念というか
ささやかでも記録になれば、とUPしておくことにします。
まずは上の写真も含め、石野駅。
070430-10
1916(大正5)年、播州(ばんしゅう)鉄道の駅として開業。

070430-11
無人の改札口の向こうには、のどかな田園風景がひろがっていました。

070430-12
古い廃ホームから見た石野駅の駅舎。


070430-13
別所駅。石野駅と同じく播州鉄道の駅として1916(大正5)年開業。

070430-14
ホームの屋根が印象的でした。

070430-15
使わなくなった枕木を再利用したっぽい、ホームの柵。

070430-16
別所駅を出て三木駅方面へ去っていくミキ300-103。


070430-17
高木駅。1986(昭和61)年、前身の高木神前駅から復活開業/改称。

070430-18
ホームとちょっとした屋根しかない駅です。

起終点駅を含め、三木鉄道の駅はたった6.6kmの間に9つしかなかったんですから、
いま考えたらどうして全部訪問しなかったんだろうと後悔してます…。
次回は最後に終点の三木駅を。


撮影日:2007年4月30日
カメラ:Canon IXY 800IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

【archive'07】  三木鉄道  〔兵庫県〕

02 12, 2010 | 三木鉄道

3 Comments
★【archive'07】は、このブログを開設する以前の2007年、
僕がデンシャ旅をはじめた頃を振り返る記事です。
カメラはまだコンパクトデジカメしか持ってませんでした。

070430-1
2007年4月30日の兵庫県、JR加古川(かこがわ)線の厄神(やくじん)駅。
3番線に、三木(みき)鉄道の列車がやってきました。
この日僕は、この翌春に廃線となってしまった三木鉄道を初めて訪問したのでした。

070430-2
三木鉄道は、かつての国鉄・三木線を第3セクター化した鉄道で、
路線は厄神から行き止まりの終点・三木までのたった6.6kmしかありません。

070430-3
全線がまったくの単線で行き違いもないので、この日は
2010年現在 茨城県の「ひたちなか海浜鉄道」さんで第2の人生を送っている
ミキ300形103が起点から終点まで行ったり来たりを繰り返していました。

070430-4
先頭部から見た車窓風景。ずっとこんな感じの、のどかな風景です。

070430-5
途中の別所(べっしょ)駅。終点の三木駅以外は無人駅ですが、
こんな国鉄時代を偲ばせる古い駅舎の残る駅もありました。

070430-6
一日乗車券の販売などはなかったと記憶しているので、
そんな駅をめぐる度に整理券を取って乗車していました。

070430-7
この時は廃線まで1年あったのでまだ大騒ぎにはなってなくて、
沿線の方と思わしき年配の方が三木鉄道の在りし日をカメラにおさめておられました。

070430-8
終点の三木駅で。


撮影日:2007年4月30日
カメラ:Canon IXY 800IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

【archive'07】  くりはら田園鉄道  〔宮城県〕

01 30, 2010 | くりはら田園鉄道

3 Comments
★【archive'07】は、このブログを開設する以前の2007年、
僕がデンシャ旅をはじめた頃を振り返る記事です。
カメラはまだコンパクトデジカメしか持ってませんでした。

070310-8
2007年3月10日。
寝台急行「銀河」で東京へ、そして東北新幹線と東北本線を乗り継いで向かった先は、
この年の3月いっぱいで廃線になってしまった宮城県の第3セクター鉄道、
"くりでん"こと「くりはら田園鉄道」でした。

070310-9
JR東北本線・石越(いしこし)駅のすぐ目の前にある、くりでんの起点、石越駅。
くりでんの路線はここから25.7km西の「細倉(ほそくら)マインパーク前」までを結んでいました。
2010年現在、この駅舎は撤去されて跡形もないそうです…。

070310-10
廃線間際ということで、石越駅のホームはご覧の人だかり。

070310-11
普段は1両でのんびり走ってたみたいですが、2両編成で対応しても追いつかないほど
混雑していました。往路では旅行会社のツアータグを付けた団体さんも。

070310-12
車窓風景は名前の通り、のどかな田園風景。

070310-13
終点まで乗り通した復路、数少ない有人駅のひとつ、
沢辺(さわべ)駅で下車してみました。

070310-14
今の僕のカメラシステムでもう一度撮影に来たいほど味のある、沢辺の木造駅舎。
しかし、この駅舎も昨年(2009年)12月に解体されてしまったそうです…。

070310-15
それでもまだ線路はほぼ全線にわたって残っているそうで、
若柳(わかやなぎ)駅を拠点に車両などを含め、
保存活動が具体化しているみたいです。

→参照させていただいたサイト、ブログ:
「続・くりでんな風景」
「歩鉄の達人/廃線探索 くりはら田園鉄道


この時点で3回目のデンシャ旅ということで、まだ鉄道の楽しみ方も旅の要領も
全然わかってなくて、この時も午前中を中尊寺など平泉の観光にあてるという、
今じゃ考えられない行程を組み、最初で最後だというのに存分に堪能したとはいえない
くりでん訪問でしたが、それでも「遠いから」とあきらめずに出かけて
在りし日のくりでんを肌で感じることができたのはよかったと思ってます。


撮影日:2007年3月10日
カメラ:Canon IXY 800IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

【archive'07】  寝台急行 銀河  〔京都府~東京都〕

01 28, 2010 | デンシャ旅 -関東(JR)

7 Comments
★【archive'07】は、このブログを開設する以前の2007年、
僕がデンシャ旅をはじめた頃を振り返る記事です。
カメラはまだコンパクトデジカメしか持ってませんでした。

070310-1
時は2007年3月。
この1年後、2008年3月15日のダイヤ改正で廃止され、
姿を消してしまった寝台急行『銀河』。
この旅の目的地は東北だったんですが、そういう事情もあって
東京までは生まれて初めての寝台列車での移動を試みてみました。

070310-2
3月9日金曜の夜、22:58。京都駅0番ホームから乗車しました。
「銀河」はJR東海道本線の東京~大阪間を深夜に走っていた寝台急行。
僕の乗った上り列車は大阪駅を22:22に発ち、翌朝6:42に東京へ着きます。
上り列車の途中の停車駅は、新大阪、京都、大津、米原、名古屋、
富士、沼津、熱海、小田原、大船、横浜、品川。

070310-3
僕の人生初の夜行列車の寝台。一番安いB寝台でしたが、
それでも15,540円(!)の出費。
内訳は、京都~東京の運賃=7,980円、急行料金=1,260円、
寝台料金B寝台=6,300円ナリ。
最初は不安な気もしましたが、レールのリズムが心地よくて熟睡できました。

070310-4
3月10日、翌朝の車内通路の光景。
廃止までまだ1年あったからかファンが詰めかけて
フィーバー(死語)してる感もなく寝台に空きもあるぐらいで穏やかな朝でした。

070310-5
朝陽を浴びて京浜急行と併走しながら多摩川を渡ります。
「赤い電車(byくるり)」を見たのもこの時が初めて。

070310-6
写真のExif情報を見ると6:44となっていて、仮にカメラの時刻が正しかったとしても
概ね定刻通りに東京へ到着。

070310-7
東海道線の東京駅へ降り立ったのも多分、この時が初めてだったと思います。
ホントに東京まで寝てただけで写真もほとんど撮ってないという、
今となってはもったいない時間の過ごし方だった気もしますが、
「寝台列車の旅ってイイもんだなぁ」という記憶だけはしっかり残っています。


撮影日:2007年3月9~10日
カメラ:Canon IXY 800IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »