FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

12-07-16 #06 END  三連休旅の終わり  〔新潟県~東京都〕

08 11, 2013 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
120716_53.jpg
2012年7月16日(月)。昨年7月3連休の蔵出し旅行記、今回が最終回。
村上駅から17:13の特急「いなほ」12号に乗車、再び羽越本線の旅に戻ります。

120716_54.jpg
戻るといっても、ほどなく新発田(しばた)からは白新線(はくしんせん)経由で新潟駅へ。阿賀野川横断中。特急列車は羽越線起点駅の新津(にいつ)へは向かわないのです。

120716_55.jpg
18:06、上りの特急「いなほ」終点、新潟駅に到着。

120716_56.jpg
新潟駅からは、18:39発の上越新幹線「とき」346号に乗車。この日、そして今回の三連休旅の最終ランナーは、この翌年(2013年)3月に引退してしまった200系。

120716_57.jpg
上越新幹線開業の1982年から走り始めてちょうど30年というメモリアルな車両で旅を締めくくるというのは、非・車両マニアでもちろん狙ったワケじゃない僕だって悪い気はしません。

120716_58.jpg
信濃川越しの弥彦山(やひこさん)の向こうに沈んでいく夕陽。連日冴えなかった天気も帳消しにして、やっぱ今回もイイ旅だったなぁ、という満たされた思いに変えてくれる光景でした。

120716_59.jpg
21:00ちょうど、東京駅到着。

120716_60.jpg
初日の朝、長野新幹線で出発した今回の旅のスタート地点がこの旅のゴール。
…という記事構成ではありますが、実際はこのあとまだ夜行バスで京都まで帰らねばならないのでした(泣)。

丸々1年前の旅行記を、例の如くとりとめなく続けてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また、この旅で訪れた上越・東北地方の各所でここ最近著しい豪雨災害が発生し心を痛めておりますが、被害に遭われた方に謹んでお見舞い申し上げます。

(おわり)

撮影日:2012年7月16日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



さらば200系、117系

03 21, 2013 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
200-117_1.jpg
2013年3月のダイヤ改定で姿を消した車両シリーズ最終回。
当ブログでこんなに車両だけを取り上げたことはかつて無かったと思うんですが、
普段、さほど車両に興味のない僕でも、この春の引退劇はさすがに見過ごせない、
名残惜しいメンツばかりな気がするのです…。

そんなワケで、京阪旧3000系以外もホントは惜別乗車に赴きたかったぐらいなんですが、
今回も過去の在庫写真から、まずは200系新幹線。

200-117_2.jpg
以上、2012年7月16日、上越新幹線 新潟駅での撮影。

200-117_3.jpg
こちらは同日の東京駅で。
ブログ未掲載のこの旅の終わりに新潟から乗ったのが最後になっちゃったのか…。
団子っ鼻が0系をほうふつとさせる、国鉄時代の新幹線でした。

200-117_4.jpg
かわって、JR東海 117系電車。
写真は2009年11月1日の東海道本線 豊橋(とよはし)駅で。

200-117_5.jpg
2010年8月13日、同線 米原(まいばら)駅。

200-117_6.jpg
青春18きっぷで東海道線を利用して東へ向かう際、
必ず乗り換えの発生する米原で117系にあたると嬉しかったものです。

110813_2.jpg
117系のシート。

4回連続で後ろ向きな記事になって、正直、スマンカッタ。
まぁでも、ハマる時代を間違えて21世紀にデンシャ旅に目覚めてしまった僕が求めるのは
「昭和」とか「国鉄」なイメージなので、こうなるのは致し方ありません(苦笑)。
しかし、これで旅先で列車に乗る楽しみがまた減って、ますます車両に対する興味が…。


カメラ:Nikon D3s(1~3枚目)、Nikon D700(4枚目)、Nikon D300
レンズデータ省略

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2012-12-23 #2  ガーラ湯沢駅で  〔新潟県〕

01 30, 2013 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
121223_10.jpg
2012年12月23日、冬季限定営業の臨時駅・ガーラ湯沢。
越後湯沢~ガーラ湯沢間の乗りつぶしのためだけに訪れた僕。

121223a.jpg
ホームの越後湯沢方の端の喫煙スペースでぼんやりタバコを喫っていると、
列車の到着アナウンスと共に一斉に融雪スプリンクラーが稼動、
トンネルから9:41着のMaxたにがわ403号がヌメっと顔を出しました。

121223_11.jpg
普段、自分の乗る(乗った)車両ぐらいしか撮影しない僕も、
他ではなかなかお目にかかれないこの入線シーンにはちょっとエキサイト。

121223_12.jpg
こうした工夫が滅多に止まらない「雪に強い上越新幹線」のイメージを支えてたんですね。
まぁこの12月アタマに停電で立ち往生したりもしてましたけど(苦笑)。

121223_13.jpg
2線しかないホームに、僕が乗ってきた列車(左)と仲良く納まりました。

121223_14.jpg
駅というより、もう完全にスキー場のエントランスの様相の駅舎内。
カメラを手にウロつく僕は完全に浮いてます。いや沈んでるのか。要するにヘンな人。

121223_15.jpg
列車だけでなく、シャトルバスからも続々とスキー客が押し寄せます。
ちなみにこのシャトルバス、無料で越後湯沢~ガーラ湯沢間を結んでるそうで、
乗りテツの裏ワザとして片道はこれを利用する人も多いようです。

121223_16.jpg
そんなシャトルバス利用も考えましたが、ウィンタースポーツと縁のない僕は
もうきっと二度とこの区間を乗ることもないだろうからと、復路も列車へ。
10:23発のMaxたにがわ408号。この時間に帰る人もいないので、座席は選び放題です。

121223_17.jpg
東京方面へ戻ります。再び上毛高原駅付近。新潟を去ると雪の「ゆ」の字もなし。
ホントに越後湯沢~ガーラ湯沢間1.8kmを乗りに来ただけの傍目にはバカらしい旅でしたが、
そんなミクロな区間の乗り残しが消化できた僕は清々しい気分でさえありました。

121223_18.jpg
11:34、埼玉県は大宮駅で下車。
新幹線利用で浮いた時間で、次なるターゲットへ。
(つづく)

撮影日:2012年12月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
          SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(1、5枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2012-12-23 #1  冬しか行けないあの場所へ 〔東京都~新潟県〕

01 29, 2013 | デンシャ旅 -信越(JR)

6 Comments
121223_1.jpg
2012年12月23日(日)、クリスマス三連休の中日。
初日は東急を乗りまわり、今回の旅の基本は首都圏の私鉄めぐりの腹づもりでしたが、
2日目は少し趣向を変えて、関東甲信越のJR路線で唯一乗り残しているあの路線へ。

鈍行だと一日仕事になるため、時間を買うことにして東京駅から
朝8時ちょうどの上越新幹線、Maxたにがわ87号に。

121223_2.jpg
並走する埼京線のデンシャなど眺めつつ、関東平野を北上。

121223_3.jpg
上毛高原(じょうもうこうげん)駅付近。

121223_4.jpg
国境の長いトンネルを抜けると…そこはホントに雪国でした。
大清水トンネル内で新潟県に入り、トンネルを抜けると越後湯沢(えちごゆざわ)駅。
そこから分岐する支線がターゲットの未乗区間なのです。

121223_5.jpg
9:29、ミッション完遂。
越後湯沢駅からわずか1.8km、たったの3分で乗り終えてしまう、
冗談みたいな支線を乗り残していた理由は…。

121223_6.jpg
支線の終着駅の名はガーラ湯沢。
スキー場直結の、冬季スキーシーズンしか営業しない臨時駅。
ゆえに、この越後湯沢~ガーラ湯沢を結ぶ支線も、冬しか乗りに来れないワケなのです。
今冬も、前日の22日から営業が始まったばかり。

121223_7.jpg
2つ前の写真で下車して行った人たちはみんなスキー・スノボのお客さんばかり。
かように乗りにくい路線なので、他にも乗りテツの人がいるかと思ったけど僕ひとり。
たったこれだけのことで新幹線ではるばる訪れたオレってホンマ、
アホやなぁ、と一瞬虚しさも感じた瞬間でした。

121223_8.jpg
路線の終端部にも融雪用の温水スプリンクラー。
上越新幹線でしかここには来れませんが、扱いは在来線の上越線の支線だそうで、
越後湯沢からは運賃100円+特急料金140円でOK(青春18きっぷは不可)。

121223_9.jpg
ガーラ湯沢駅舎。
(つづく)

撮影日:2012年12月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
          SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE(7枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます