FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2013-09-21 #04  仙石線 矢本~石巻ふたたび  〔宮城県〕

10 08, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
130921_35.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・第4回。
JR仙石線、代行バス終点の矢本(やもと)駅からデンシャ旅の再開。11:33発の石巻(いしのまき)行きに乗車。昨年11月訪問時と同様、「奥の細道」ロゴの陸羽東線/西線用車両でした。

130921_36.jpg
2両編成で、代行バスから乗り継いだ人と地元の利用客が半々、といった感じも変わりません。

130921_37.jpg
車両連結部。この車両たちが本来の陸羽東線/西線の運用に戻れるのはいつになるんでしょうか。

130921_38.jpg
幼稚園でしょうか、チビっ子たちの運動会が行われていました。これからの石巻を支える頼もしい存在です。…なんて、余所者が気楽に過剰な期待を口にするのはおこがましいんですけど、そんな風に感じました。

130921_39.jpg
矢本からわずか10分ほどで石巻の中心地へ至り、間もなく終点の石巻駅へ。

130921_41.jpg
11:47、石巻駅に到着。

130921_40.jpg
石巻の駅舎。震災の年の秋以来、3度目の訪問です。
石巻沿岸部や被災から復活した石ノ森萬画館なども見たかったんですが、時間の都合でこの後は石巻線へ。

(つづく)

撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2013-09-21 #03  仙石線代行バス区間ふたたび  〔宮城県〕

10 07, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

10 Comments
130921_21.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・第3回。
松島海岸駅からはJR仙石線の不通区間を連絡する代行バスに乗車。
不通区間は昨年訪問時と変わらず高城町(たかぎまち)駅~陸前小野(りくぜんおの)駅間ですが、バスが実質的に運行されているのは松島海岸駅~矢本(やもと)駅間。JRの代行バスなので、今回利用している「三連休乗車券」で乗車が可能です。

130921_22.jpg
先ほどのバス写真の2台ともに代行バスで、どちらも10:42の発車時間までには席が埋まるほどの乗車率でしたが、僕は居住性の良さそうな大きい方に乗りました。

130921_23.jpg
発車するとすぐに松島湾の定期観光遊覧船乗り場をかすめて行きます。

130921_24.jpg
遊覧船桟橋も五大堂(左手の屋根)もなかなかの賑わいで、観光客が戻ってきてることが実感できて喜ばしい限りです。

130921_25.jpg
仙石線が最も海沿いを走っていた陸前富山(りくぜんとみやま)駅~陸前大塚(りくぜんおおつか)駅間。

130921_26.jpg
昨年11月の訪問時は何も手がつけられていないように見えましたが、この区間は震災前と同じルートで復旧させるんでしょうか、工事が盛んな様子が見受けられました!

130921_27.jpg
が、その高揚した気分も東名(とうな)駅~野蒜(のびる)駅間に差し掛かるとしぼんでしまいました…。

130921_28.jpg
震災から2年半も経ったとは思えない光景がまだそのまま残っていたからです。

130921_29.jpg

130921_30.jpg
そして野蒜(のびる)駅。

130921_31.jpg
野蒜駅舎。

130921_32.jpg
野蒜駅の脇の、コンビニだったと思われる建物。とにかく昨年訪問時とも何も変わっておらず、まるで復旧を諦めたかのようです。

130921_33.jpg
それもそのはず、東名~野蒜駅を含めた約3.5kmの区間を、写真のような山側に移設して復旧する計画なのです。街そのものも高台に、そして線路は高架になるのか、橋脚工事の様子も見受けられます(写真右手)。

ともあれ、仙石線は再来年2015年の全線復旧が予定されているそうです。もちろん、その際にはまた訪問するつもりです。

130921_34.jpg
やがてバスは、時刻表通り11:24、矢本(やもと)駅に到着。
ここからは再びデンシャで石巻へと向かいます。

(つづく)

撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2013-09-21 #02  仙石線ふたたび  〔宮城県〕

10 06, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
130921_11.jpg
2013年9月21日(土)、みちのく9月の三連休旅・第2回。
仙台駅でほんのわずかな時間お付き合い下さった「かくさん」と名残りを惜しみつつお別れし、いよいよ本題の、もはや完全復興を遂げる日までライフワークにしたいとすら思っている、震災後の東北を訪ねる旅路へ。
まずは昨年11月以来2度目のJR仙石線(せんせきせん)。10:08の快速高城町(たかぎまち)行きに乗車。

130921_12.jpg
仙台近郊の生活路線で、鉄路で松島へ赴く観光客も加わるため、前回同様賑わっている車内。

130921_13.jpg
空いている席に座って写真を撮る雰囲気でもないので、やっぱり前回同様先頭部に立って沿線を眺めます。

130921_14.jpg
多賀城(たがじょう)を過ぎ、塩釜港を望む本塩釜(ほんしおがま)駅からの光景。昨年より一層活気が感じられたような気がしました。

130921_15.jpg
が、対岸の様子はほとんど昨年と変わってない気も…。

130921_16.jpg
陸前浜田(りくぜんはまだ)駅付近。沿岸の整地などは進んでいるみたいです。

130921_17.jpg
「松島」な風情とともに松島湾エリアへと至り、松島海岸駅が近付いてきました。

130921_18.jpg
ちょっとした半島部分をトンネルで抜けると、松島海岸駅。

130921_19.jpg
10:35、松島海岸駅に到着。

130921_20.jpg
日本三景・松島の観光拠点駅で、仙石線不通区間(昨年と変わらず高城町~陸前小野間)の代行バス乗り換え推奨駅でもあるので、かなりごった返す松島海岸駅。
昨年は高城町駅まで行ってしまって失敗しましたが(苦笑)、今回はちゃんとここで代行バスに乗り換えます。

(つづく)

撮影日:2013年9月21日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2012-11-23 #7 END 仙石線から石巻線、女川へ 〔宮城県〕

12 12, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

10 Comments
121123_61.jpg
2012年11月23日、東北被災路線を巡る旅 初日の最終回。
JR仙石線、代行バス終点の矢本駅からデンシャ旅の再開ですが、車両は気動車。
陸前小野~石巻の区間は変電所の被災などもあり、このような運用になっているようです。
「奥の細道」ロゴの陸羽東線/西線専用車両がここにいるのも奇異な感があります。

121123_62.jpg
代行バスから乗り継ぐ方や近隣の利用客で結構賑わっていて、
やはり仙石線が沿線の方々の重要な足になっていると感じます。
僕が代行バスで乗り合わせた方も、石巻へ帰るんだとおっしゃってました。

121123_63.jpg
わずか15分の乗車で15:50、仙石線終点の石巻に到着。
ここからは石巻線に乗り換えて石巻線終点の女川(おながわ)を目指します。

121123_64.jpg
15:55発の列車で石巻を発ち、旧北上川(きゅうきたかみがわ)を渡っているところ。

121123_65.jpg
16:06、わずか10分たらずで現時点での石巻線の終点、渡波(わたのは)駅。

121123_66.jpg
簡易的な車止めが、ここから先、本来の終点・女川まで
不通区間であることを静かに告げています。

121123_67.jpg
暮れなずむ渡波駅舎。晩秋の、東北の日暮れは本当に早い。

121123_68.jpg
渡波駅前からは16:11発の代行バス709便に。
仙石線とは違い、列車から乗り継ぐお客さんはほとんどいない寂しい状況でした。

121123_69.jpg
ところが、バス車内からの光景は対照的に、希望の感じられる明るいものでした。
線路を直している!石巻線の復旧作業が、確かにいまこの目の前で!

121123_70.jpg
新しいバラスト、新しいPC枕木(特製コンクリートの枕木)。
レールこそまだの部分は多かったですが、帰ってから調べてみると
2013年度の運転再開が見込まれているそうで、なおさら頼もしい光景です。

121123_71.jpg
穏やかな万石浦(まんごくうら)。もう二度と牙をむくことがありませんように。

121123_72.jpg
しかし…。
終点の女川は、更地がひろがり津波で横倒しになった建築物がまだそのままの、
駅舎も含め町が丸ごと消えた壊滅的な被害を十分感じさせる状況でした。
先ほどの運転再開計画には、この女川は含まれていないそうです…。

121123_73.jpg
16:37ごろに到着したバスの終点も、高台にある仮設住宅の近傍でした。
女川駅舎があったかつての町の中心部は遠く暗く、また仮設でも営業されている
飲食店でもあれば利用して微力でも役立ちたいと考えていたのですがそれも叶わず、
この日の午前中の東京で過ごした時間など夢のことだったように思い返したりしながら
17:20の折り返しのバスをただ待ち続けたのでした。
(2日目の旅につづく)

撮影日:2012年11月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

2012-11-23 #6  仙石線 代行バス区間 〔宮城県〕

12 11, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
121123_50.jpg
2012年11月23日、東北被災路線を巡る旅。
JR仙石線、高城町(たかぎまち)駅。
ここから先、陸前小野(りくぜんおの)駅までは震災による不通区間です。
勝手な判断で、松島海岸駅から乗るべき代行バス乗車の機会を失いそうなピンチに!

121123_51.jpg
が、高城町駅前に待機しているタクシーに飛び乗って乗り場へ急ぎ、間一髪セーフ。
県道沿いの乗り場までは歩けない距離ではないものの、やはり駅からは離れてました。
(写真は降車時のものです)

121123_52.jpg
素直に松島海岸駅前から乗車されてるお客さんで座席はすべて埋まっていて、
代行バスの利用率の高さがうかがえました。
ちなみに当バスはJRの列車代行なので、スリーデーパスでの乗車となりました。

121123_53.jpg
こんな感じで休止している駅の代わりに停留所が設けられ、
可能な限り本来の駅に近い位置が設置場所となっているようですが、
バスを停めるスペースや道路事情の関係で高城町駅のようなパターンもあるワケです。

121123_54.jpg
先ほどの、陸前大塚(りくぜんおおつか)付近の車窓。
松島湾と、そのほとりに仙石線の線路と架線が見えます。
あぁ、こんないい景色を間近に望んで走っていたんですね…。

121123_55.jpg
ところが、すぐに風景が一変しました。

1211_2.jpg
地震による地盤沈下に、満潮時間が重なってでもいるのでしょうか。
津波で浸水した直後のような光景が、1年半以上経ったいまも広がってるんです。

121123_56.jpg
海側だけでなく、いまバスが走っている道路を挟んで内陸部の民家も、
津波の痕跡を残したまま置き去りにされています…。

121123_57.jpg
そしてバスは、駅名標も残る野蒜(のびる)駅だった場所に到着。

121123_58.jpg
これでもずいぶん片付けられた状態だと思うんですが、
右手のひしゃげた架線柱らしき構造物に衝撃を受けました。

121123_59.jpg
野蒜駅前の川に架かる橋の欄干は変形・消失、道路灯も捻じ曲がり倒れたまま…。
奥の松林の並ぶあたりが海岸線のようですが、ニュース映像などで何度も見たはずの
津波の威力、恐怖をこの不通区間で本当に身をもって感じました…。

121123_60.jpg
代行バス時刻表通りの15:25ごろ、矢本(やもと)駅に到着です。
一応、不通区間は二駅手前の陸前小野までなんですが、
代行バスはここが終点になっており、悪しき前例を反省して
今度は大人しく従うことにしました。
ここからは石巻まで運行されている列車の旅の再開です。

ちなみにこの不通区間は路線をさらに内陸部へ移設する方向で
2015年度内の全線復旧を目指しているとのことです。
その日を、信じて待ちたいと思います。
(つづく)

撮影日:2012年11月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »