FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

12-08-15 #1 JR佐世保線/大村線 早岐駅 〔長崎県〕

09 30, 2012 | デンシャ旅 -九州(JR)

2 Comments
120815_1.jpg
2012年8月15日、お盆の旅4日目の朝です。
2晩お世話になった佐世保を去って次の目的地へ向かうんですが、
時間をつくって、前々日に一瞬降り立っただけの早岐(はいき)駅を再訪してみました。

120815_2.jpg
JR佐世保線とここから分岐するJR大村線の駅で、
松浦鉄道の一部の列車も乗り入れる要衝駅。
風格のある大きな駅舎は、ここまで引いても全景が収まりませんでした(汗)。

120815_3.jpg
駅舎の建物財産標には明治30年11月11日の竣工と記されています。
前身の九州鉄道の駅として開業した当時とほぼ変わらぬ姿なんだそうです。

120815_4.jpg
駅舎内の天井のレトロな意匠もきっとその頃のものなんでしょうね。

120815_5.jpg
元国鉄職員だった歌手の藤井フミヤさんが勤務されてた駅でもあるんだそうです(笑)。

120815_6.jpg
ホームの駅舎の脇に、一見ちょっと意味不明なスペースが。
昔の駅にはよくあった(らしい)枯池、ミニ庭園のようです。
大村湾の名所でかつて東洋一のアーチ橋だった西海橋を模してあるみたいですが、
何か書いてあったっぽい看板も失せてかなり残念な姿に(苦笑)。

120815_7.jpg
早岐=はいき、つくづく不思議な響きの駅名です。
30分弱の滞在でしたが、寄り道し甲斐のあったいい駅でした。
(つづく)

撮影日:2012年8月15日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

スポンサーサイト



12-08-14 #6 JR佐世保線 上有田駅と永尾駅 〔佐賀県〕

09 13, 2012 | デンシャ旅 -九州(JR)

0 Comments
120814_45.jpg
2012年8月14日、お盆の旅3日目。
松浦鉄道の旅を終え、有田駅でLMさん&Kさんと合流。
駅舎好きの僕のためにお二人がまず案内して下さったのは、上有田(かみありた)駅

120814_46.jpg
有田駅の2.5kmほど東にあるJR佐世保線の駅で、
GWの有田陶器市開催中はこの小さな駅がとんでもなく賑わうそうです。

120814_47.jpg
駅舎の竣工日を記す建物財産標には明治30年7月10日とあり、
前々回の大正2年改築の松浦鉄道・蔵宿駅より古いことになりますが…。

120814_48.jpg
「んなワケない!」ってぐらいすべてがキレイです。雰囲気を残しつつ改装されてるんですね。
元の姿が想像つかないようなのに建て替わるよりイイけど、かと言って胸に迫る感動もない。
古駅舎好きには一番ビミョーで悩ましいタイプの駅ですが(笑)、
その辺はLMさんたちも心得てる方で、まずは肩慣らし的な寄り道です。


120814_49.jpg
お次もJR佐世保線、永尾(ながお)駅
ここは個人的にもかねがね訪問したいと思っていた駅なので超ラッキー!

120814_50.jpg
駅舎の出入り口に角度がついてるのが面白いなぁ。
建物財産標によれば昭和22年3月の建築のようです。

120814_51.jpg
前日、列車の交換待ちの際にホーム側から見た時も寸詰まりな駅舎だと感じましたが、
待合室部分を残して駅事務室側の半分を断ち切った形になってました。
固定資産税対策なのか何なのか(笑)、以前、久大本線の善導寺駅にも同様の駅舎が。

120814_52.jpg
出入り口のドアこそサッシに替わってるものの、窓はすべて木枠なのがまたイイです。

120814_53.jpg
フツーの利用者にとっては上有田駅みたいな方がイイに決まってますが、
やっぱりこの湿っぽさというか暗さが日本の古い駅舎には不可欠と申しましょうか。

120814_54.jpg
特急の行き交う佐世保線も普通列車での駅舎訪問となると苦労する路線なので、
LMさんとKさんの案内によって松浦鉄道の旅の終わりからわずか30分ほどで
既に2駅も堪能できているなんて、本当にありがたい話です。
(つづく)

撮影日:2012年8月14日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-08-13 #7 END 佐世保線で佐世保へ 〔佐賀県~長崎県〕

09 06, 2012 | デンシャ旅 -九州(JR)

4 Comments
120813_57.jpg
2012年8月13日、お盆の青春18きっぷ旅2日目は今回でおしまい。
肥前七浦駅から長崎本線上り2870M列車で肥前山口(ひぜんやまぐち)駅まで戻り、
佐世保線(させぼせん)に乗り換えて本日の最終目的地、佐世保へ。
(佐世保線にしたのは大村線経由より佐世保到着が若干早いので)

120813_58.jpg
肥前山口17:58発の佐世保線下り941M、交換待ちの永尾(ながお)駅で。
佐世保線もイイ駅舎が結構あるんですが、もう立ち寄る時間がないのが残念…。

120813_59.jpg
18:52到着の早岐(はいき)駅で長崎発・大村線経由の3242D、
快速シーサイドライナーに乗り換え。ここはもう長崎県です。

120813_60.jpg
18:56の発車なので時間はなかったけど駅前に飛び出して駅舎をパチリ。
こんな形での訪問が惜しまれるイイ駅舎です…。

120813_61.jpg
佐世保到着目前の大塔(だいとう)~日宇(ひう)間の風景。
結構稀な、行き止まりの終点に向けひらけて来るところと、
どちらも坂の町という点で佐世保は長崎に似てる気がします。

120813_62.jpg
19:08、高架の佐世保駅に到着。JRの日本最西端の駅でもあります。

120813_63.jpg
デンシャ旅での佐世保訪問は2度目。
ホームの飾り窓からこんな風に港が見えるって知らなかったな。

120813_64.jpg
本日の全行程は終了。
…なんですが、当ブログともリンクさせていただいていつもお世話になっている、
こちら方面にお住まいのLMさんが、旅の直前に連絡を差し上げたにも関わらず
まずは晩メシでも、と快く会って下さることになったのです!

ネットで接するLMさんの、常に紳士で超がつくほど丁寧な物腰から、
最近ハマった、奇しくも佐世保を舞台にしたマンガ
『坂道のアポロン』の主人公 ↓ みたいな、
saka.jpg
メガネきらーん☆ちょっと神経質、な方だったらどうしよ(笑)、
とか若干ドキドキしてたんですが、実際にお会いしたLMさんは
全然真逆の、「おぉ、正に九州男児」といった感じのナイスガイでした。
さらに、LMさんのご相棒で車を出していただいたKさんもこれまたいい方で、
お二人には晩ごはんをご馳走になったばかりか、
次の日のベストな旅プランを自分のことのように熱心に考えて下さったり
夜の佐世保の街を(ヘンな意味じゃないですよ)案内して下さったりと、
これだけでも佐世保に来た甲斐があった!とジーンとしてしまうような、
素晴らしい時間をプレゼントしていただけたのでした。
(翌日の旅につづく)


撮影日:2012年8月13日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます