FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2010-11-22 #3  只見線-3 ~終点、小出 〔福島県~新潟県〕

11 17, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
101122_18.jpg
2010年11月22日、東北旅2日目のJR只見線。
8:10、会津川口駅を出発。

※ 2012年11月現在、ここから只見駅までは昨年の豪雨災害により
不通区間となっており、バス代行輸送が行われています。

101122_19.jpg
学生さんたちが会津川口でみんな降りてしまって閑散とする車内。

101122_20.jpg
本名(ほんな)ダムの目の前に架かる第6只見川橋梁を通過中。
この翌年の豪雨災害でこの橋梁が流失しているニュース映像を見た時はショックでした。
2012年11月現在もまだ復旧していません…。

101122_21.jpg
同じくここも流失してしまった、第7只見川橋梁に差しかかろうとしているところ。

101122_22.jpg
8:53、只見駅に到着。列車行き違いもなく3分間の停車ですぐ発車。

101122_23.jpg
只見駅から先、田子倉(たごくら)、六十里越(ろくじゅうりごえ)と
計1万メートルにもおよぶ2つの長いトンネルを抜けますが、
途中の田子倉駅手前で一瞬顔をのぞかせる田子倉湖(ダム)。

101122_24.jpg
その2つのトンネルの途中にある、秘境駅として有名な田子倉(たごくら)駅。
冬季は閉鎖される臨時駅でしたが、豪雨災害から復旧した現在も列車は停車せず、
先日(2012年9月)、ついに廃止が発表されてしまいました…。

101122_25.jpg
六十里越トンネルの中で只見川と福島県ともお別れ、新潟県へ。
トンネルを抜け山を降りてくると、風景も奥会津とはどこか違って見えます。

101122_26.jpg
信濃川の支流・魚野(うおの)川を渡ってJR上越線(じょうえつせん)と合流すると、
終点の小出(こいで)駅はもうすぐそこ。

101122_27.jpg
10:13、終点・小出駅に到着。
会津若松から135.2km、4時間14分の只見線の旅が終わりました。
特別 何がどうというワケでもないのに旅人を惹き付けて止まないこの路線の
人気の秘密が、たっぷり乗り通してみて初めて何となく分かった気がします。

末筆ながら、豪雨災害で被災された方へのお見舞いと、
只見線の一日も早い全線復旧をお祈り申し上げます。
(つづく)

撮影日:2010年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2010-11-22 #2  只見線-2 ~会津川口  〔福島県〕

11 15, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
101122_9.jpg
2010年11月22日、東北旅2日目のJR只見線。
6:43に会津坂下(あいづばんげ)駅を発ち、会津盆地を離れて列車は山間部へ。
霧が晴れてきたと思ったらこんな絶景が!(電線ジャマだけど)

101122_10.jpg
第一只見川橋梁を渡っているところ。
このあたりからほとんどの区間、路線名の由来である只見川に寄り添って走ります。

101122_11.jpg
7:30、会津宮下(あいづみやした)駅で2度目の列車行き違い。
ここでもタブレット交換が行われました。

101122_12.jpg
会津宮下駅。7:35、列車に戻って旅を再開。

101122_13.jpg
今度は第三只見川橋梁を通過中。

101122_14.jpg
沿線は有数の豪雪地帯だそうで、民家の屋根や建築様式もやはり雪国のそれですね。

101122_15.jpg
只見川に寄り添うにもほどがある!とビビるぐらいギリの川岸まで降りてきたと思ったら、
そこが只見線のほぼ中間地点、会津川口(あいづかわぐち)駅でした。

101122_16.jpg
8:03ごろの到着。会津若松~会津坂下間から乗車してた学生さんたちが一斉に降ります。
早朝の始発便で2時間もかけて通学してるんや!エライなぁ…。

101122_17.jpg
ここで3度目の列車行き違い&タブレット交換。
(つづく)

撮影日:2010年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ←只見線効果なのか(笑)1位になれました!ありがとうございます

2010-11-22 #1  JR只見線  〔福島県〕

11 14, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

6 Comments
101122_1.jpg
2年前の2010年11月22日(月)、晩秋の東北旅2日目。
まだ夜明け前の会津若松から、JR只見線(ただみせん)へ。

只見線はこの翌年、2011年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害に見舞われ、
2012年11月現在も会津川口~只見間が不通となっています。
不謹慎かもしれませんが、いつも間の悪い僕としては珍しく
何かヒドイことが起こる前に訪問できていた稀有な例です(苦笑)。

101122_2.jpg
風景の美しさや秘境駅で人気の高い只見線ですが、非常に運転本数が少なく、
このとき会津若松から明るい内に乗り通せるのは5:59発の始発列車しかありませんでした。

101122_3.jpg
6:37ごろ、上り列車との行き違い待ちで会津坂下(あいづばんげ)駅に停車。
ようやく明るくなりましたが霧がすごい。

101122_4.jpg
只見線では数少ない有人駅の会津坂下駅。大正15年開業。

101122_5.jpg
会津若松行きの上り列車が到着、学生さんたちが次々と車両に吸い込まれていきます。

101122_6.jpg
タブレット交換。単線で行き違うための通行手形のようなものです。
この「儀式」も今年2012年に廃止(JR線では最後の路線だった)となってしまったそうで、
いま思えばこれをここで見ておくことができたのはラッキーでした。

101122_7.jpg
駅間でタブレットをやり取りする装置(通票閉塞機)がホームに。
これはもうこの時すでに使われていなかった展示/イベント用のものらしいです。

101122_8.jpg
上り列車が去ると構内踏切用の階段を手動でオープン(笑)。
駅員さんたちがひとつひとつ手作業で丁寧に運行業務を担う、
ある意味豊かで幸せな時代の鉄道風景がこのときの只見線には残っていました。
(つづく)

撮影日:2010年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます