FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

JR因美線 #5  終点・鳥取へ  〔岡山県~鳥取県〕

02 27, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
100110-62
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
16:58、美作滝尾駅を去る頃はもう夕暮れ時。
JR因美線を終点の鳥取へと向かうことにします。
写真はこの日(行ったり来たりしてるので)三度目の美作加茂駅と、家路を急ぐ人たち。

100110-63
知和(ちわ)駅ふたたび。秘境駅然としたこの駅も、やはり利用客がおられました!

100110-64
美作河井(みまさかかわい)駅のホームは一面の雪。
この先の物見トンネルを抜けるともう岡山県ともお別れです。

100110-65
17:46、鳥取県の智頭(ちず)駅に到着。ここで18:13発の鳥取行きの列車に乗り換え。

100110-66
鳥取行きの列車は右の、因美線にも乗り入れている智頭急行の車両でした。
智頭急行は上郡~智頭を結ぶ第3セクター鉄道ですが、
因美線の区間は青春18きっぷで乗車できます。

100110-67
19:07、終点の鳥取駅・4番ホームに到着。因美線の旅も終わりです。

100110-68
2日目の夜は鳥取に宿をとりました。
やっぱり冬の山陰、道路脇に雪の塊なんかも残っててちょっと寒い!
(3日目へつづく)


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



JR因美線 #4  美作滝尾駅  〔岡山県〕

02 26, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

8 Comments
100110-54
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
JR因美線、美作加茂駅15:52発の列車で16:02、美作滝尾(みまさかたきお)駅に到着。
以前からずっと来てみたいと思っていた駅で、乗降客は僕以外になく、
次の智頭行き16:58の便まで1時間近くこの素晴らしい駅舎を独り占めできて幸せでした。

100110-61
1928(昭和3)年開業。駅舎は登録有形文化財第33-0169号。

100110-55

100110-56

100110-57

100110-58
(※駅の向かいの土手まで回り道してから望遠で撮影した写真です)

100110-59

整備が行き届いてキレイ過ぎるという向きもあるかもしれませんが、
地元の方々が誇りに思って大切にされてるのが強く感じられて
僕はやっぱりとても愛すべき駅舎だと思いました。

映画『男はつらいよ』最終作「寅次郎紅の花」のロケ地でもあり、
駅舎内に当時の撮影風景の写真パネルとともに、監督の山田洋次さんの
97年2月22日に記されたメッセージも掲示されていたので最後にそちらを。

100110-60
「寅さんと共に日本中の駅を見てきましたが、美作滝尾駅ほど美しい駅は、
もう日本のどこにもありません。『故郷』の香りが立ちこめるような、
消えようとしている日本の良き時代のシンボルのようなこの駅が、
永遠にそのままであってくれることを、寅さんと共に心から願ってやみません。」





撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (6、7枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

JR因美線 #3  美作加茂駅  〔岡山県〕

02 25, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

2 Comments
100110-46
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
JR因美(いんび)線、知和(ちわ)駅から徒歩で辿り着いた美作加茂(みまさかかも)駅。
重い旅の荷物とカメラを抱えて45分歩き続けた僕にはこの左右対称の端正な駅舎が
まるで仏サマが鎮座されている神々しい姿にすら見えました(苦笑)。

100110-51 1928(昭和3)年開業。

100110-47
周囲が広々してて、のんびりした雰囲気の居心地のいい駅でした。

100110-48
待合室は畳張りの木製ベンチなんかもあって、地域の憩いの場も兼ねてる雰囲気です。
簡易委託駅だそうですが、僕の訪れた時は無人でした。

100110-49
この美作加茂駅で折り返して津山へ戻って行く、15:52発の列車が来ました。
これに乗ってあの美作滝尾駅へ行こうと思います。
駅間を45分も歩いたり、バカみたいな行程ですが(笑)、
これで運転本数の極めて少ない因美線の駅を3つも訪問できます。

100110-50
部活帰りの学生さんが降りてきます。
ローカル線ではおなじみの風景ですが、知らない土地の日常は
僕にはたまらなく旅情を誘われる光景なのでやっぱりカメラを向けてしまいます。




美作加茂駅の待合室には写真パネルがたくさんあって、
中から駅舎の変貌をうかがえる2枚を複写させていただきました。
(問題があればお知らせください)
100110-52
かつての美作加茂駅。

100110-53
2003年に改築された時の晴れやかな姿。


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (タテの1枚のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

JR因美線 #2  知和駅  〔岡山県〕

02 24, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

10 Comments
100110-38
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
津山からのJR因美(いんび)線、14:30。途中下車したのは
鳥取県境もほど近い、知和(ちわ)駅でした。

100110-43 1931(昭和6)年開業。

100110-39
秘境駅としても知られているようですが、一応周囲に民家数軒と工場があって
存在意義を疑うほどではありません。でもこの時の乗降客は僕だけ(苦笑)。

100110-40
木製の改札口と、雪の残るホーム。
ここもまだ岡山ですが、もう山陽ではなく山陰地方の気配を感じます。

100110-41
無人駅で有形文化財登録などもされてないみたいですが、
開業当時のままだという駅舎は荒れることなくキレイに保たれています。

100110-42
ストーブの煙突。




さて、知和駅で降りたはいいものの、このまま待ってても次の列車は上り下りとも
17:00台まで3時間近くやってきません。
で、どうするのかというと。
100110-44
こんな道を、津山方面へ一駅となりの美作加茂(みまさかかも)駅まで
歩くことにしたのでした。そこまで辿り着けば、
15:52発の津山行きの列車があるので
知和駅で3時間ちかくただデンシャを待つよりはマシです。
駅間距離 3.8km、デンシャなら5分なので
大したことないと思ったのですが、45分ぐらいかかりました(アホ)。


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

JR因美線  〔岡山県〕

02 23, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

2 Comments
100110-31
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
津山の町を散策したあと、津山駅13:54発・智頭(ちず)行きの
JR因美(いんび)線の列車に乗ります。

JR因美線は鳥取と津山を結ぶ路線で、名称もそれにちなんでいるのですが、
幡(いなば=鳥取)と作(みまさか=岡山県北東部)という旧国名を知らないと
どこを走るのかピンと来ない上に響きだけ「淫靡」な、ちょっと困った路線です(?)。

100110-32
路線としての正式な区分は起点が鳥取駅、終点は一駅となりの東津山なのですが、
実際は津山まで乗り入れているので、僕も津山駅から因美線の旅を始めます。
(※発車前の停車している車両を撮影したものです)

100110-33
2両編成のキハ40系ディーゼルカー。

100110-34
姫新線とは打って変わって閑散とした車内。

100110-35
NHK「にっぽん木造駅舎の旅」でも紹介されてた名駅舎のある美作滝尾(みまさかたきお)駅。
いまここで降りると次の列車まで1時間半ほど、津山へ戻る列車だと2時間待ちです…(泣)。

100110-36
列車は加茂川に沿って中国山地へ分け入っていきます。

100110-37
そしていよいよ鳥取県へと突入、という段になって運転本数の少ない因美線で
美作滝尾をスルーしたというのに、ある駅で途中下車を決行しました。
(つづく)


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (7枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます