FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2013-09-23 #01  最終日の朝  〔秋田県〕

11 01, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
130923_1.jpg
2013年9月23日(月)、みちのく9月の三連休旅も最終日の朝を迎えました。
朝日を浴びるJR大館駅。この日も好天に恵まれました。

130923_2.jpg
ひと晩過ごした大館の街を離れます。ハチ公にも、さよなら。

130923_3.jpg
大館が始発駅の6:32発JR奥羽本線(おううほんせん)上り列車に乗車。前日の花輪線の旅をもってJR全線訪問を果たしたため、もうJRではどこへ行こうと未知の路線へのワクワク感を味わえないと思うと若干寂しさが。

130923_4.jpg
大館駅~早口(はやぐち)駅の間は単線。「本線」といいつつ、輸送需要と建設費用の兼ね合いで複線化されずに残ってしまっている単線区間が奥羽本線には結構点在するのです。

130923_5.jpg
まぁ、そんなことはフツーに乗ってる限りは関係ないんですけども。ともあれ列車は西へ。

130923_6.jpg
糠沢(ぬかざわ)駅に停車中、ふと目をやると太鼓のカタチの駅舎というか待合室が。奥羽本線は一度往復してるのに目にした覚えがないし、できれば今も見なかったことにしたい…。

130923_7.jpg
6:50、鷹ノ巣(たかのす)駅で下車。

130923_8.jpg
ホームに、こんなものが。あー、それでさっきの糠沢駅も太鼓か!

130923_9.jpg
何でも、ギネスブックにも認定された世界一の大太鼓、綴子大太鼓(つづれこおおだいこ)がこちら北秋田市の伝統芸能なのだそう。

130923_10.jpg
機会があればそれも見てみたいですが、この日鷹ノ巣駅を訪れたのは他でもありません。ここを起点とする第3セクター鉄道、秋田内陸縦貫鉄道に乗るためです。

(つづく)

撮影日:2013年9月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



12-07-16 #03  つがる4号で秋田へ  〔青森県~秋田県〕

08 07, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
120716_19.jpg
2012年7月16日(月)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。3日目第3回。
津軽線を往復し終えたのは9:43、再び青森駅。
ここからは10:04発の「つがる」4号で秋田へ。前日鈍行で来た道(奥羽本線)を、今度は特急で戻る形です。

120716_20.jpg
JR東日本「スリーデーパス」は特急料金だけで特急利用も可能。念のため指定席をとっておいたんですが、終点秋田まで全席が埋まることはありませんでした。

120716_21.jpg
最初の停車駅は東北新幹線駅の新青森(しんあおもり)。一気に増える乗客。人の流れが青森駅からこちらへシフトしたんだなと実感した瞬間でした。

120716_22.jpg
弘前(ひろさき)付近。雨は上がりそうな気配ですが、岩木山は厚い雲に覆われたまま。

120716_23.jpg
石川駅通過後、弘南鉄道大鰐線(こうなんてつどうおおわにせん)のデンシャと遭遇。

120716_24.jpg
秋田県に入って陣場(じんば)駅を過ぎ、上り下りの線路が互いに離れる区間で、青森方面へ向かう寝台特急にも遭遇。11時頃にここ通るのって何ですか?(無知)

120716_25.jpg
矢立(やたて)峠という難所付近だからか、またも雨が強くなってきました。

120716_26.jpg
川もヤバいことになってます。

120716_27.jpg
大館(おおだて)、東能代(ひがしのしろ)を経て八郎潟(はちろうがた)駅付近。川のように見えるのが八郎潟。巨大な湖だったのが干拓されて承水路となった部分。

120716_28.jpg
12:49、つがる4号の終点・秋田に到着。

(つづく)

撮影日:2012年7月16日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-07-15 #07 END  奥羽本線 、終点青森へ  〔秋田県~青森県〕

08 01, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
120715_56.jpg
2012年7月15日(日)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記、2日目最終回。
男鹿線を折り返し、奥羽本線との分岐駅・追分(おいわけ)で下車。
再び奥羽本線の旅に戻って、終点の青森を目指します。

120715_57.jpg
16:35、男鹿線の起点駅でもある追分駅。なかなかイイ駅舎。この時が一番雨がヒドくて、こんな写真撮るだけで結構濡れました。

120715_58.jpg
16:48、僕の奥羽本線の旅の最終ランナー、青森行き普通列車に乗車。ってやっぱりこのデンシャなんやね…。

120715_59.jpg
秋田駅発の3両編成。座れませんでした(泣)。

120715_60.jpg
大館(おおだて)駅で18:22から5分間停車。下り線ホームから「回送」のブルートレインが出て行きました。寝台特急「あけぼの」?
かつては全国の幹線でこんな光景が当たり前だったんでしょうね。

120715_61.jpg
駅に停車する度に乗客が減りましたが、大館でごっそり降りてしまい、その先はご覧の有様。

120715_62.jpg
18:58、大鰐温泉(おおわにおんせん)駅。ここはもう青森県。この半年前に訪れた弘南(こうなん)鉄道大鰐線への連絡跨線橋が夕闇の中、辛うじて確認できて懐かしい気持ちに。

120715_63.jpg
19:09、弘前(ひろさき)駅。ここから先、青森までの区間は既に乗ったことがあるので、これで奥羽本線完乗、旅も終了~、ってことにしてもイイんですけど、今宵の宿は青森だし乗り通します。19:13の発車とはいえ何でデンシャを離れてるかというと、喫煙コーナーがこの位置だから(爆)。

120715_64.jpg
19:21、川部(かわべ)駅。五能線(ごのうせん)との分岐駅で、向かいのホームの五能線の列車に乗り換える乗客も。

120715_65.jpg
そして20:00ジャスト、ついに青森駅に到着。奥羽本線全線完乗!

120715_66.jpg
途中、山形新幹線を利用したり男鹿線に寄り道したりしましたが、起点の福島駅から12時間かけて終点の青森駅まで辿り着きました。オレ乙。

120715_67.jpg
いまやほとんど、東北本線を3セク化した「青い森鉄道」の駅と化して寂寥感すら漂う青森駅。駅前に出るのは3年ぶりですが、駅前ロータリーも整備されてキレイにはなってますね。

120715_68.jpg
青森の街に使徒来襲!…って感じで不気味に浮かび上がる青森県観光物産館アスパム。今宵の宿が駅から結構離れてたので夜の青森を楽しみつつ2日目の旅を終えたのでした。

(最終日の旅につづく)

撮影日:2012年7月15日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-07-15 #04  奥羽本線 新庄~秋田  〔山形県~秋田県〕

07 28, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
120715_28.jpg
2012年7月15日(日)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。
2日目第4回は、新庄駅から再び普通列車でJR奥羽本線をさらに北上します。
11:23発の秋田行きに乗車。

120715_29.jpg
何度か旅するうち、東北北部の「電車」はこの701系という車両ばっかり、なイメージが僕の中で定着してしまいました。ロングシートで旅情もないし、正直、好きなデンシャではありません。これで秋田までロングドライブかぁ…(鬱)

120715_30.jpg
身体を捻って眺めにくい車窓に目をやると、奥羽山中の風景は天気も手伝ってまるで水墨画のよう。

120715_31.jpg
多少の雨ならそんな風情に感じ入るような余裕もありますが、この記事を作成中の現在(2013年7月末)、東北地方はとんでもない豪雨に見舞われてるみたいで心配です。

120715_32.jpg
難読・珍駅名で知られる「及位(のぞき)」駅。この先、院内(いんない)駅との間で山形県から秋田県へと入ります。

120715_33.jpg
時間があれば降りてみたかった、イイ雰囲気の湯沢(ゆざわ)駅。

120715_34.jpg
北上線との接続駅・横手(よこて)を経て、田沢湖線との接続駅・大曲(おおまがり)を過ぎると、とてもレアな三線軌条(左手のレール3本線)が出現。
大曲~秋田間は線路幅の異なる秋田新幹線が通り優遇される関係でこんな区間もあるワケなんですが、何にせよ奥羽本線は近年イジられまくって、全線直通の優等列車が存在した国鉄時代を知る方にとっては別物と言っていい路線になってしまったんじゃないでしょうか。

120715_35.jpg
その秋田新幹線がドヤ顔で鎮座する秋田駅に、14:01到着。新庄から2時間半、起点の福島からは途中、山形新幹線を利用しても6時間!これでも終点青森まではまだ道半ば…。

120715_36.jpg
秋田駅ホームには他に、五能線(ごのうせん)の観光列車「リゾートしらかみ」も雨にうたれながら発車の時を待っていました。

120715_37.jpg
秋田駅。この3年前の旅以来2度目の訪問。ホントは人の往来が盛んな駅前なんですけど、激しさを増した雨を避けて屋外のひと気が失せ、潰れかけのショッピングセンターみたいな光景に(苦笑)。

(つづく)

撮影日:2012年7月15日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-07-15 #03  奥羽本線 米沢~新庄  〔山形県〕

07 25, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
120715_18.jpg
2012年7月15日(日)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。
2日目第3回、JR奥羽本線を福島から北上し始めたばかりですが、米沢からは9:29の山形新幹線「つばさ」123号で若干ピッチを上げときます。後々の行程の都合と、米沢~新庄(しんじょう)間は以前、普通列車で乗ったことがあるので。

120715_19.jpg
1992年の東京(東北新幹線経由)~山形間直通運転開始から20周年(2012年現在)。山形新幹線乗車にこの上ないアニバーサリーなタイミング。とか言って、実は山形の友人の結婚式の帰りに一度乗ってるんです。往復ヒコーキのチケット用意してくれてたのに、往路で味わった恐怖(注※ 飛行機恐怖症です)に耐え切れず、帰りは新幹線に替えてもらったという(爆)。まだデンシャ旅に興味のなかった頃の話です。

120715_20.jpg
さて。車両は新幹線ですが走っているのはまったくの奥羽本線上。ただ、この「つばさ」123号は山形までの途中駅はすっ飛ばして行きます。赤湯(あかゆ)駅通過中、前年秋に訪問した山形鉄道の車両が停まってるのが見えました。

120715_21.jpg
ついに、雨が降り出してきました…。

120715_22.jpg
10:03、山形駅。ここで満席に近かった車内の乗客がごっそり降りていきました。

120715_23.jpg
山形駅を発ってすぐ、左沢線(あてらざわせん)と並走しながら山形城址の堀の脇を通ります。

120715_24.jpg
山形から先は天童(てんどう)などを経ながら田園地帯をほぼ一直線に縦断。

120715_25.jpg
ガラ空きの車内を、気分にまかせて右へ左へと座席を移りますが、どちらの車窓もあまり変化はありません(苦笑)。

120715_26.jpg
10:49、山形新幹線の終点でもある新庄駅に到着。新幹線規格の線路幅(標準軌=1,435mm)なのは福島からここ新庄までなので、在来線のデンシャもここで運転系統が大きく変わります。

120715_27.jpg
そんな乗り継ぎデンシャの時間待ちで、駅前へ。新庄駅舎。
前年の陸羽東線/西線の旅では時間がなかったので、駅舎を見るのはこれが初めてかな。

(つづく)

撮影日:2012年7月15日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »