FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-09-17 #6  室蘭本線/石勝線 追分駅  〔北海道〕

11 05, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

6 Comments
120917_46.jpg
2012年9月17日、三連休北海道の旅3日目。
夕張から乗った2634D列車が石勝線用切り欠きホームに到着。
室蘭本線と接続する追分(おいわけ)駅です。

120917_47.jpg
追分駅舎。時間的にもこの旅最後の寄り道先となってしまいました。

120917_48.jpg
室蘭本線と石勝線がクロス、双方に分岐する、「追分」の名に相応しい駅。

120917_49.jpg
駅前にSLの動輪(本物)。昭和51年の車庫火災で焼失した機体の遺物らしいですが、
ここ追分は石炭輸送の拠点として機関区を擁し、SLの煙の絶えない場所だったそう。

120917_50.jpg
その機関区は、現在では見る影もなく広大な空き地へと変わり果てています。
全盛期はさぞ壮観だったでしょうね…。

120917_51.jpg
機関区跡の一番西寄りに、いまだ剥がされずに残る線路と車庫が。

120917_52.jpg
駅員さんにそれが安平(あびら)町鉄道資料館と聞いて訪問したんですが、
駅の案内板には17時までとあったのに、14時で終了していて何も見れませんでした…。

120917_53.jpg
そのかわりと言っては何ですが、追分駅に着いた時、僕は初めて目にする
「ノースレインボーエクスプレス」っていうジョイフルトレインが停車してたんですけど、
時刻表で該当する列車を見つけられず、いまだに何だったのか僕には不明です…。
(※追記 Jamさんからいただいたコメントによると、団体臨時列車だそうです)

(つづく)

撮影日:2012年9月17日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト



2012-05-06 #2  室蘭本線 終点・岩見沢へ 〔北海道〕

07 21, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120506_9.jpg
2012年5月6日、GW北海道・フリーパスの旅最終日。
苫小牧から室蘭本線の旅の続きを再開、終点の岩見沢(いわみざわ)へ。

120506_10.jpg
お隣の沼ノ端(ぬまのはた)は、北海道初日に訪れた駅。
何といったことのない駅ですが、僕の中では丸一週間かけて戻ってきたという感慨が。

120506_11.jpg
まだ終わりじゃないんですけど、もういよいよなんだな、
という気持ちが大きくなってきました。

120506_12.jpg
フリーパス初日の最初に乗った石勝線と交差する追分駅。

120506_13.jpg
志文駅。
室蘭本線も札幌へ行き来する特急は千歳線経由となるため、
この苫小牧~岩見沢は普通列車のみのローカル色の濃い区間に。

120506_14.jpg
函館本線と合流、室蘭本線終点の岩見沢駅に到着。
残るは札沼線(学園都市線)と石勝線夕張支線の2路線に。
(つづく)

撮影日:2012年5月6日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

2012-05-05 #5  室蘭本線 室蘭~苫小牧 〔北海道〕

07 09, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

0 Comments
120505_33.jpg
2012年5月5日、GW北海道・フリーパスの旅6日目。
支線の終端にある室蘭駅。
ここからまた東室蘭へ折り返し、室蘭本線を東へ向かいます。

120505_34.jpg
その支線で、母恋駅の他にもうひとつ途中下車した駅がありました。

120505_35.jpg
味のあるホームの佇まいに魅かれた、輪西(わにし)駅。

120505_36.jpg
駅舎も国道沿いにあるのに寂しげな感じで好みです。

120505_37.jpg
さて、室蘭からは特急「すずらん」5号に乗車。
支線区間は普通列車としても運用されています。

120505_38.jpg
再び東室蘭。支線の旅の終わり。

120505_39.jpg
登別(のぼりべつ)などを経て太平洋岸を東進。

120505_40.jpg
王子製紙の巨大な煙突が突如現れ、苫小牧(とまこまい)に到着。
(つづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

2012-05-05 #4  母恋駅と地球岬  〔北海道〕

07 08, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120505_26.jpg
2012年5月5日、GW北海道・フリーパスの旅6日目。
室蘭本線の室蘭駅は、妙なことに東室蘭から分岐する短い支線の終端にあります。
その支線の途中でちょっと寄り道。

120505_27.jpg
訪れたのは母恋(ぼこい)駅。駅弁「母恋めし」や入場券の人気が高いみたいですが。

120505_28.jpg
今年(2012年)開駅75周年を迎えるという古い駅舎に魅かれての途中下車。

120505_29.jpg
委託の方ですが窓口に人もいらっしゃって、
手書きの列車案内が掲げられてたりする温かみのある駅でした。

120505_30.jpg
その母恋駅の2.5kmほど南にあるのが地球岬(チキウ岬)。

120505_31.jpg
旅の予定になかったのに、駅で近いと聞いて急遽タクシーで馳せ参じてみました。

120505_32.jpg
雨も上がって眺めも気持ちイイ~。やっぱ「観光」もイイもんですなぁ(笑)。
(つづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

2012-05-05 #3  函館から藤城線、そして室蘭本線へ 〔北海道〕

07 06, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120505_18.jpg
2012年5月5日、GW北海道・フリーパスの旅6日目。
三たび函館。

120505_19.jpg
8:30発の特急「スーパー北斗」3号で函館本線を北上、
長万部からは室蘭本線(むろらんほんせん)の旅へ移行します。

120505_20.jpg
8:54発の期間限定観光列車「SL函館大沼号」も出発の時を待っていました。
SLはまだ連結されてなかったので最後尾のディーゼル機関車、DE10を。

120505_21.jpg
???

120505_22.jpg
さて、特急「スーパー北斗」は函館を出発。
七飯(ななえ)から分岐する高架の支線、通称「藤城線(ふじしろせん)」を通り、
これで函館本線乗りつくしもようやく全線クリア。

120504s_39.jpg
この「藤城線」は札幌方面行きの下り列車しか通りません。
(写真は前日の上り列車内からの撮影)
また、ナゼか営業キロの設定がないため、
乗車キロ数に基づいた「完全乗車」には影響しないので
ここを通らなくても函館本線完乗になるみたいですが、
僕自身はやっぱ、そこからしか見れない景色があるならぜひ見たかったワケです。

120505_23.jpg
「スーパー北斗」は内浦湾を右に望みながらなおも北上。
長万部からそのまま室蘭本線へと入ります。

120505_24.jpg
やがて室蘭市へ。
車窓にコンビナートやタンク車の群れなどが次々あらわれます。
予備知識がなく恥ずかしい限りですが、室蘭って工業地帯だったんですね。

120505_25.jpg
10:29、東室蘭(ひがしむろらん)駅に到着。
(つづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »