FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-06 #1  日高本線 苫小牧に戻る 〔北海道〕

07 19, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120506_1.jpg
2012年5月6日。
GW北海道の旅もついに最終日を迎えてしまいました。
一週間も過ごすと去り難い思いはいつもの旅以上で寂しさもひとしおですが、
まだ旅が終わったワケではありません。
まずは日高本線を静内(しずない)から苫小牧(とまこまい)へ折り返します。

120506_2.jpg
静内駅ホームの水たまりに映った車体とミラー。

120506_3.jpg
朝から快晴。

120506_4.jpg
前日、苫小牧に着いた時から好天で迎えてくれた日高本線は、
僕の中でめちゃめちゃ好印象です。

120506_5.jpg
それにしてもホントにスゴい場所走ってるよなぁ。

120506_6.jpg
海も、そしてやっぱり馬も見飽きません。

120506_7.jpg
ちょっと他では味わえない光景を心ゆくまで堪能できる、日高本線の旅でした。

120506_8.jpg
苫小牧に戻ってきました。
ここから室蘭本線の旅の続きへ。
JR北海道全線制覇も残すところあとわずかとなりました。
(つづく)

撮影日:2012年5月6日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

スポンサーサイト



2012-05-05 #7 END  日高本線 終点・様似へ 〔北海道〕

07 12, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120505_49.jpg
2012年5月5日、GW北海道・フリーパスの旅6日目最終回。
静内(しずない)駅で16:00から30分もの長時間停車の後、
日高本線の列車は終点の様似(さまに)へ向け再び走り出します。

120505_50.jpg
またしばらくギリギリの海沿いを。

120505_51.jpg
やがていくぶん内陸部を走るようになり、本桐駅では列車交換も。

120505_52.jpg
そしてやはり馬。

120505_53.jpg
馬。馬。

120505_54.jpg
浦河(うらかわ)を過ぎたあたりからまた海。刻一刻と表情が変わり、飽きません。

120505_55.jpg
Jamさんからお聞きしていた、線路沿いで昆布を干す光景が見られるのは、
この辺りの集落でしょうか。そんな季節にまた訪れてみたいです。

120505_56.jpg
18:00ちょうど、終点の様似に到着。日高本線の旅が終わりました。
運転席の窓に映る、北海道で見る最後の夕空。
明日のいまごろは、帰りの飛行機であの雲の上にいるんだな…。
(最終日の旅につづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

2012-05-05 #6  日高本線 苫小牧~静内 〔北海道〕

07 10, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120505_41.jpg
2012年5月5日、GW北海道・フリーパスの旅6日目。
苫小牧(とまこまい)で室蘭本線の旅はしばし中断。
襟裳(えりも)岬へ向けて伸びる全長146.5kmの盲腸線、
日高本線(ひだかほんせん)へ。

120505_42.jpg
列車にも「優駿浪漫」とロゴが入ってるぐらい、沿線は競走馬の産地として知られ、
牧場が次々と車窓に展開します。

120505_43.jpg
それ以上にインパクトが強かったのが、海。 ザッブーン!

120505_44.jpg
バッシャーン!

もうエエわ! Σ(゚Д゚;)

ってぐらい波しぶきを浴びながら海岸ギリのところを走るんですよ。

120505_45.jpg
あの崖の上なら分かるんですが、裾の海岸線に沿って線路が敷かれてるんです。

120505_46.jpg
ここまで海を堪能できる路線はちょっとないですねぇ。

120505_47.jpg
水たまりができちゃったりしてます。もっと荒れたらエラいことになるんでしょうね。

120505_48.jpg
苫小牧から約2時間、まだ中間地点の静内(しずない)です。
(つづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »