FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-04-05 #01  京都まで帰る旅 函館~青森  〔北海道~青森県〕

06 04, 2014 | デンシャ旅 -北海道(JR)

10 Comments
140405-1.jpg
2014年4月5日(土)。
JR江差線廃止区間・惜別訪問の翌朝。悩んだ挙句、やっぱり帰ることにします。訪問できてない駅も4つあるし、二度と乗れなくなる路線だからまだまだ別れを惜しむべきだと思ったんですが、本来なら叶わなかったはずの再訪を果たせただけで幸せだったし、未練を残すぐらいの方が記憶にも残るはず、というような心境でした。

ということで、前日と同じく函館6:53発の江差線上り120D列車に乗車。車両まで同じキハ40-1793でしたが、この日は+1812の2両編成。週末で増えそうな惜別訪問客への対応でしょうか。写真は江差線起点の五稜郭(ごりょうかく)駅停車中。

140405-2.jpg
五稜郭停車中、カメラを手にした乗客が隣のホームのこの機関車にみんな群がるので、僕もワケも分からず撮ってみましたが、何でも、もうすぐ引退するんだというようなことを親切な方が教えて下さいました。何かの記録になれば、とアップしておきます。

140405-3.jpg
さよなら函館。次回この光景を眺めるとき乗っているのは、3セク後の江差線か、はたまた北海道新幹線か…。

140405-4.jpg
7:54、木古内(きこない)駅に到着。天気も回復してるし、「やっぱ江差線の旅を続けるか!?」と心はグラグラ揺れます。

140405-5.jpg
が、結局大人しく8:03の津軽海峡線上り4014M、特急「スーパー白鳥」14号・新青森行きに青春18きっぷの特例にならって乗車。

140405-6.jpg
海峡線から右手に離れていくJR江差線廃止区間。さよなら。さようなら。

140405-7.jpg
さよなら、北の大地。

140405-8.jpg
青函トンネルを抜け、本州に戻ってきました。車窓には奥津軽(仮称)駅付近の北海道新幹線工事の様子が。

140405-9.jpg
8:52、特例区間の終わり、JR津軽線の蟹田(かにた)駅で特急「スーパー白鳥」14号を下車。

140405-10.jpg
蟹田駅からは8:57発の津軽線上り332M、青森行きに乗車。

140405-11.jpg
下りの時のような蟹田での40分待ちなんてのがウソのように、上りは接続がスムース。

140405-12.jpg
ただ、下りの時はなかった、中沢駅での7分間の停車がありましたが。

140405-13.jpg
この時の時刻表を見ても該当する列車が見当たらないので、貨物列車との交換待ちだったのか何だったか忘れましたが、時間があれば駅舎が見たい僕は例のごとく駅の外へ。が、駅舎はなく、長いホームとここに写ってるのがすべてという、簡素な中沢駅でした(苦笑)。

140405-14.jpg
9:43、332Mの終点・青森駅に到着。JR奥羽本線(おううほんせん)特急「つがる」4号が9:51の発車を待ってました。

140405-15.jpg
青森駅。18きっぷの旅なので、もちろん「つがる」には乗りませんが、その奥羽本線か、往路と同じ青い森鉄道か、問題はこの先のルートです。

(つづく)

撮影日:2014年4月5日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



2014-04-03 #04 END  江差まで鈍行旅 ついに北海道へ 〔青森県~北海道〕

05 20, 2014 | デンシャ旅 -北海道(JR)

10 Comments
140403-57.jpg
2014年4月3日(木)、青春18きっぷで京都から江差まで鈍行の旅2日目、第4回。
いよいよ本州最北のターミナル駅、青森までやってきました。
ここからは16:20発のJR津軽線(つがるせん)下り339M、蟹田(かにた)行きに乗車。ついに津軽海峡を越え北海道へと渡るセクションに!

140403-58.jpg
ただ、そうして函館へ至る一連の路線の総称、「津軽海峡線」の一部ではあるものの、津軽線そのものは津軽半島北端部の三厩(みんまや)駅へと続くちょっと寂しいローカル線。

140403-59.jpg
途中の奥内(おくない)駅で、その三厩から来た340D列車と行き違い。

140403-60.jpg
16:57、339Mの終点・蟹田駅に到着。

140403-61.jpg
蟹田駅舎。津軽線の乗りつぶしに訪れたとき以来、2度目の訪問。

140403-62.jpg
乗り継ぎ列車まで時間があるので、駅からすぐの浜へ。前回同様、凪いだ海。
太宰治の小説『津軽』に「蟹田つてのは、風の町だね。」という一節があり、蟹田駅ホームにもそれを刻んだ銘板が設置されてますが、どうも早合点か、またカッコつけて言ったんだ、という気がしてきました(苦笑)。

140403-63.jpg
っていうか印象も前回と変わらないどうにも寂しい海で、これから青函トンネルで北海道へ渡るんだ、という高揚感もすっかりしぼんでしまったような気が…。

140403-64.jpg
さて、蟹田駅に戻って17:37、海峡線下り4021M、特急「スーパー白鳥」21号に乗車。
え?いや、違うんです!ここまで来ておきながらついに鈍行旅にくじけたとかじゃないんですってば!

この先、津軽線から分岐して青函トンネルへ至る海峡線へと入るんですが、何とその海峡線は普通列車が走ってないんです。そのため、蟹田~木古内(きこない)間は乗車券のみで特急の自由席に乗れる特例が設けられ、青春18きっぷにも適用されているというワケなんです。

140403-65.jpg
幸い自由席は空いていて、鈍行旅を続けてきた身には極上のプレミアム体験とでも呼びたくなるような状況で北海道へのショートトリップを満喫できる運びとなりました。ただ、うっかり眠って特例区間を乗り過ごしたりすると代金(運賃+特急料金)をキッチリ請求されるそうなのでご注意を。

140403-66.jpg
来年2015年度開業(新青森~新函館間)に向け、北海道新幹線の工事が進んでいる様子がうかがえました。

140403-67.jpg
車内の電光掲示板が青函トンネルに入ったことを知らせてくれます。
「ぼく、野球部に入りました!!」とか、何のメッセージやねんそれ!な表示だったりしたらビビりますけど。

140403-68.jpg
25分ほどで青函トンネルを抜けると、北海道は夕闇の中でした。

140403-69.jpg
18:25、特例区間のおわり、木古内(きこない)駅に到着。

140403-70.jpg
このあと函館へと向かう特急「スーパー白鳥」21号を見送ります。

140403-71.jpg
2年ぶりに降り立った木古内駅。新幹線駅部分もほぼ完成状態、ずいぶん変わっちゃったもんだ…。

140403-72.jpg
さて、ここからはついに、というかようやく今回の旅の主題、江差線(えさしせん)です。単行のキハ40が静かにたたずんでますが、出発時間はまだ先のようです。

140403-74.jpg
なので、駅の外へ。木古内駅、元々は中央部の橋上駅舎部分だけでしたが、北海道新幹線駅として生まれ変わろうとしている現在、これだけ引いても全景が収められません。

140403-73.jpg
そして橋上駅舎の壁面には、この悲しい事実を告げる垂れ幕が…。

140403-75.jpg
でも僕は来たんです、はるばる、惜別の情を抱いてこの江差線へ!
さぁ乗車です。木古内18:57発、江差線下り135D、函館行きに(あれ?)。

140403-76.jpg
20:10、函館駅に到着。
いや、木古内~函館(正確には五稜郭)間も江差線なんですよ。若干、タイトルに偽りあり、な感じがしないでもないですけど、江差まで鈍行で行くのはウソじゃないですよ。ただ、それは明日、ということで、安くて予約の取りやすい宿があった都合で、今宵は函館にて旅を終了。

ともあれ、京都から1,414km、鈍行で2日間かけてついに北海道は函館に辿り着きました。いやー、乗り倒した。そして日本は広かった…。

(3日目、本題の江差線の旅につづく)

撮影日:2014年4月3日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-07-16 #02  津軽線 三厩駅  〔青森県〕

08 06, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

0 Comments
120716_9.jpg
2012年7月16日(月)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。3日目第2回。
7:46、JR津軽線の終着駅、三厩(みんまや)に到着。
終点まで乗り通したのは、僕のようないわゆる「乗りテツ」なヒトたち数名だけだったと思います。

120716_10.jpg
昭和33年開業時から平成3年までは「みうまや」と読んでいたそうです。

120716_11.jpg
行き止まりの終着駅。計画では現在の津軽鉄道と繋いで五所川原(ごしょがわら)まで、津軽半島を半周する路線となるハズでした。ここ三厩まで開通したのは昭和33年と比較的近年のこと。

120716_12.jpg
駅前風景。下車した何名かは竜飛岬(たっぴみさき)行きの循環バスへ。

120716_13.jpg
7:53発の折り返し便に乗るためホームへ戻ります。わずか7分の滞在、駅舎と駅前を眺める他は何もかも諦めましたが、何を隠そう蟹田~三厩間は一日たった5往復しか便がなく、次の列車となると12:42…。

120716_14.jpg
往路は側面の窓ガラスが曇りまくって何も見えないに等しかったので、復路で車窓を楽しみます。津軽浜名(つがるはまな)駅付近の港町。

120716_15.jpg
上り(青森行き)列車は地元の利用客の姿が見られました。これを逃すとお昼まで便がありませんから、駅舎から駆け込む気持ちも分かります。

120716_16.jpg
津軽二股(つがるふたまた)駅付近。高架は海峡線ですが北海道新幹線のルートとなり、このあたりに新駅ができるらしく、工事が既に始まっていました。1年経ったいまではかなり進捗しているのでは。

120716_17.jpg
8:33、再び蟹田駅に戻ってきました。

120716_18.jpg
8:57発の青森行きの発車まで、駅からすぐの海辺へ赴いてみました。太宰が「風の町」と感じたワケが、この遮るもののない光景から何となく判った気がしました。

(つづく)

撮影日:2012年7月16日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

12-07-16 #01  JR津軽線  〔青森県〕

08 05, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
120716_1.jpg
2012年7月16日(月)、昨年7月3連休の蔵出し旅行記。
3日目第1回は、雨の青森駅から。
津軽半島の北端・三厩(みんまや)駅までを結ぶ、未乗路線のJR津軽線(つがるせん)の旅。
6:16発の下り始発列車でスタートです。

120716_2.jpg
青森を発ってしばらくは建設中の北海道新幹線を左に、やがて陸奥湾を右に見ながら北上。

120716_3.jpg
6:55、蟹田(かにた)駅でこの気動車に乗り換え。

120716_4.jpg
7:07の発車まで蟹田駅舎を見に外へ出てみます。太宰治は小説『津軽』で「蟹田つてのは、風の町だね。」などとのたまってるけど、この日はただ雨が降りしきるのみ。

120716_5.jpg
天気の悪い三連休でした。

120716_6.jpg
蟹田から最初の停車駅、中小国(なかおぐに)。津軽線と、青函トンネルへと向かう海峡線との分岐駅。

120716_7.jpg
実際に分岐するのは中小国駅の先の、新中小国(しんなかおぐに)信号場。右手に分かれていくのが海峡線。
青函トンネル経由で函館へと向かう特急・寝台特急・貨物列車はみんな海峡線へ。路線の管轄も、まだ青森なのにこの先からJR北海道。

120716_8.jpg
さて、先の信号場で分岐した当の津軽線の方は、電化もされていない単線に。

(つづく)

撮影日:2012年7月16日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

3連休パスの旅 day-2 #1 JR津軽海峡線で函館へ 〔青森県~北海道〕

10 16, 2009 | デンシャ旅 -北海道(JR)

5 Comments
9月21日(月)。
JR東日本の企画切符「3連休パス」の旅、2日目。
この切符で自由に乗り降りできるエリアの北限は、何と本州から津軽海峡を渡った函館まで。
というワケで、デンシャ旅に関わらず生まれてこの方
まだ足を踏み入れたことのない北海道へと足を伸ばしてみることにしました。

090921-1
とか言いつつ、事前にちゃっかり青森駅7:30発の特急「白鳥」41号の
指定席はリザーブしておいたんですけどね(笑)。
函館までは特急でも約2時間かかります。

090921-2
ちなみにこれが青森駅の駅舎です。

090921-3
青森から中小国(なかおぐに)までは津軽半島の東岸沿いにJR津軽線を走行します。
風景もまだ「青森」な感じがします。

090921-4
新中小国信号場で分岐する海峡線で津軽今別(つがるいまべつ)駅を経て、
いよいよ青函トンネルへ。30分ほどかけてトンネルを抜けると…

090921-5
もうそこは北海道!
…ですが、劇的に景色が変わるワケでもないし、それほど実感はありません(苦笑)。
でも駅名が「きこない(木古内)」「さつかり(札苅)」「しりうち(知内)」なんて
京都人の僕にはまるで異国の響きで、じわっと感動が。
(注※ちなみにこの木古内から分岐する江差(えさし)線は3連休パスエリア外です)

090921-6
葛登支(かっとし)岬越しに、ついに函館山の姿が。
このあと、進行方向右手にずっと函館山を望みながら函館湾沿いを走ります。

090921-7
9:25、函館駅8番ホームに到着。
閑散として見えますが、大量の乗客をやり過ごした後の撮影です。
函館本線で札幌へ向かう9:30発の特急「北斗」5号が7番ホームに。
札幌にも行ってみたいなぁ。

090921-8
駅の改札口天井の垂れ幕。
今年(2009年)、函館は開港150周年を迎えたんだそうです。
そういえば横浜もそうでしたね。

090921-9
知らない街に初めて一歩を踏み出す、駅の出口へ向かう瞬間が好きです。

090921-10
函館駅の駅舎。青函連絡船の頃とは全然変わったそうですが、
僕にとっての函館駅は、以降どんなに変わっても
この光景がまず浮かぶことになるんでしょうね。



撮影日:9月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます