FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW四国完全巡拝 #6  牟岐線の旅の終わり  〔徳島県〕

05 16, 2010 | デンシャ旅 -四国(JR)

4 Comments
GW四国一周デンシャ旅・第6回。
阿佐海岸鉄道のショートトリップを終えた15:44、
海部(かいふ)から牟岐(むぎ)線を再び徳島へ向けて折り返します。
それでもまだしつこく(苦笑)、往路で気になった駅を2つほど途中下車してみます。

100429-39
牟岐線の線名にもなっている牟岐(むぎ)駅。1942(昭和17)年にここまで開通したのち、
「阿佐線」として建設が進められた現在の終点・海部まで延伸したのは実に30年も後の
1973(昭和48)のこと。(阿佐線の計画は中断、牟岐線に編入)

100429-40
それはともかく、入り口にタイルの装飾や木枠のガラス扉がある
なかなか味わい深い駅舎でした。

100429-41
帰路の車内でもお遍路さんに出会いました。
この方々は、はるばる関東から来られてるそうです。

100429-42
次に降りたのは、海ガメの産卵地(大浜海岸)として有名な日和佐(ひわさ)。
四国八十八箇所23番札所・薬王寺も駅からすぐです。
ここ美波町(みなみちょう)は最近ではNHKの朝ドラ「ウェルかめ」の舞台になったそうで
駅のホームにもその旨を記した碑が建ってました。

100429-43
駅前の通りをすぐのところに日和佐の港と日和佐城。

100429-44
懐かしい感じのする、大き過ぎず小さ過ぎずちょうどいい感じの規模の港町でした。
またゆっくり再訪してみたいです。

100429-45
16:58、日和佐からは特急「剣山(つるぎさん)」9号に乗車。
牟岐線を走る特急は本数が少ないので、ここまでなかなか乗る機会がなかったのでした。
阿南~阿波中島(あわなかしま)間、夕日に映える那賀(なか)川を渡っているところ。

100429-46
17:53、牟岐線の旅も終わり。徳島駅に帰ってきました。

s-map6


撮影日:2010年4月29日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D
 (6、8枚目のみレンズ:Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



GW四国完全巡拝 #4  牟岐線 終点海部へ  〔徳島県〕

05 14, 2010 | デンシャ旅 -四国(JR)

2 Comments
100429-27
GW四国一周鉄道旅・第4回、牟岐(むぎ)線の旅の続きです。
立江駅を13:00に発って、今度は一気に終点の海部(かいふ)を目指します。

途中、阿南(あなん)駅で20分近い停車時間があったので
ひとつでも多くの駅に降りてみたい僕は、昼食の調達がてらデンシャの外に出てみました。

100429-28
牟岐線沿線の町では起点の徳島に次ぐ規模みたいで、ここで徳島へ折り返す便も多いです。
駅舎もなかなかオシャレ。

100429-29
沿線には薬王寺など四国八十八箇所のいくつかの札所があるので
お遍路さん姿の乗客の方もよくお見かけしました。

100429-30
ただこの牟岐線、愛称が「阿波室戸シーサイドライン」という割に車窓は
町→田園地帯→町→ちょっとした山間部、といった具合で
一向に海沿いを走る気配がない(苦笑)。

100429-31
でもいよいよ海が見えたらホントにシーサイドで、キレイな太平洋が。
海が望めるのは残り半分ぐらいの区間でした。

100429-32
14:49、高架駅の終点・海部に到着。この旅3つ目の路線・牟岐線を制覇!

s-map4


撮影日:2010年4月29日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D
 (2枚目のみレンズ:Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

GW四国完全巡拝 #3  牟岐線・羽ノ浦駅と立江駅  〔徳島県〕

05 13, 2010 | デンシャ旅 -四国(JR)

0 Comments
GW四国鉄道一周の旅、第3回。
徳島駅からは南に室戸岬方面へ海部(かいふ)まで伸びる、
「阿波室戸シーサイドライン」の別名を持つ牟岐(むぎ)線の旅です。
徳島11:40発の普通列車で出発。

100429-20
前回までの瀬戸大橋線と高徳線は過去に乗ったことがある路線だったので、
僕の中ではこの牟岐線からが本当の四国旅という感じでした。
なので、出来る限り色んな駅で降りてその土地の空気を感じようと思いました。

100429-21
で、まず降りてみたのが羽ノ浦(はのうら)駅。12:10着。

100429-22
駅前の、この何とも懐かしいような感じの風情がサイコー!

100429-23
通りをちょっと歩いてみると、こんな看板建築(の名残?)の本屋さんがあったり。

100429-24
羽ノ浦12:37発の列車で一駅戻って今度は立江(たつえ)駅へ。12:40着。
ちなみに牟岐線を走る普通列車はこんな感じの車両です。

100429-25
立江駅の駅前で。利用客のチャリンコがいっぱい。

100429-26
立江駅の構内踏切で。
誰もいないし特に何もないけど、見知らぬ土地の
こんな青い空の下に立ってるというだけでシアワセな僕です(変)。

s-map3
牟岐線の旅はまだ続きます。


撮影日:2010年4月29日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
         + Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D(4、6、7枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます