FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

【archive'08】 伊予鉄道 坊ちゃん列車 〔愛媛県〕

07 09, 2010 | 伊予鉄道

3 Comments
【archive】は、僕のコンパクトデジカメ時代のデンシャ旅を振り返るシリーズです。

080211-5.jpg
松山といえば夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台としてあまりに有名ですが
作中で『マッチ箱の様な汽車だ』と表現されている小さなSLが現在、
伊予鉄道の「坊ちゃん列車」として復元運行されています。

080211-6.jpg
明治21(1888)年に軽便鉄道として営業を開始した伊予鉄がドイツから輸入した豆SLを
細部までかなり忠実に復元したのが現在の坊ちゃん列車ですが、動力はディーゼルです。
この写真では写ってませんが、水蒸気によるダミーの煙も出ます(笑)。
客車の屋根からハシゴのようなものが伸びてるのは、分岐点のポイント操作用。

080211-7.jpg
乗ってみるとホントに「マッチ箱のような」サイズの車内。
レトロな雰囲気は最高ですが、足回りもレトロな2軸の板バネ式のため、
分岐点などでは「ガッ!タン!」と板張りの座席がお尻を直撃します(笑)。

080211-8.jpg
当時を再現した制服着用の車掌さんが、坊ちゃん列車の由来や
名所案内などを肉声で適時アナウンスしてくれます。

080211-9.jpg
客車の後部からの光景(上一万付近)。
路面電車のある街はホントにいいです。

100503
GW四国一周デンシャ旅5日目に2年ぶりに再会した時もやっぱり人気者でした。


1回の乗車につき300円、路面電車の1DAYチケットでもプラス100円で乗れます。
運行ルートや乗り降りできる電停は限られていますのでご注意。
ダイヤも夏休みなどは変更があったりするので、詳しくは伊予鉄さんのHP、
「坊ちゃん列車」のページでご確認ください。

撮影日:2008年2月11日(最後の写真のみ2010年5月3日)
カメラ:CANON IXY Digital 900IS
  (最後の写真のみNikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト



【archive'08】  伊予鉄道 三津駅  〔愛媛県〕

06 23, 2010 | 伊予鉄道

3 Comments
080210-1.jpg
GW四国一周デンシャ旅の途中ですが、2年前の写真を。
2008年に初めて松山を訪問したのは、この伊予鉄道・三津(みつ)駅の
素晴らしく味のある古い駅舎が建て替えられてしまう、と耳にしたからでした。

080210-2.jpg
明治21(1888)年10月28日開業。

080210-3.jpg
建築年は不詳ながら、昭和の初め頃からあったと言われていました。
特徴のある装飾が施された、一目で印象に残る駅舎の正面。

080210-4.jpg
木の引き戸を開けて駅舎の中へ。

080210-5.jpg
駅舎内から入り口を。正面の意匠に合わせた明かり取りの窓が目につきます。

080210-6.jpg
待合室。

080210-7.jpg
待合室から改札口を。

080210-8.jpg
駅舎側に高浜(たかはま)方面行きのホーム、
松山市方面行きの島式ホームへは構内踏切を渡ります。

080210-9.jpg
松山市方面行きホーム。

080210-10.jpg
あまりに気に入ってしまって、夕方にもう一度訪れたほど。

080210-11.jpg
駅舎の中から駅前の夕暮れの空を見ていると、
壊されてしまうこの駅舎のこともあって胸が張り裂けそうな気持ちに。

080210-12.jpg
まだデンシャ旅を始めて間もない頃の思い出ですが、
それなりの数の古い駅舎を見てきた今でも、
この三津駅を超える存在はそうはありません。


そして、この1年後の2009年に建て替わったという新しい三津駅舎を、
この度のGW四国一周デンシャ旅でこの目で確かめに来たワケなんですが…。
それについては次回。

i-map.jpg
(クリックでちょっと拡大します)

撮影日:2008年2月10日
カメラ:Canon IXY Digital 900IS

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ ありがとうございます