RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-22 #02  中山道 奈良井宿  〔長野県〕

04 15, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
100322-16.jpg
2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅3日目、第2回
奈良井宿を訪問

100322-17.jpg

100322-18.jpg

100322-19.jpg

100322-20.jpg

100322-21.jpg

100322-22.jpg

100322-23.jpg

100322-24.jpg

100322-25.jpg

100322-26.jpg

100322-27.jpg

100322-28.jpg

100322-29.jpg

100322-30.jpg

100322-31.jpg


中央西線上り便で7:15到着の奈良井駅。次の上りが来る8:38までの時間で駅前から続く中山道・奈良井宿を散策。詳しい情報などは観光協会のHPを見ていただくとして、さすがにこんな時間ではお店も開いていなければ他にすれ違う人の姿もなく、好きに写真を撮り歩けるのは嬉しいのだけれど、ふと何だか現実感のない、時代劇のセットの中にいるような気になったりもした。
中山道・木曽路十一宿の中で最も標高が高いというのもうなずけるほど、空気が冷たかったのは肌で覚えている。

(つづく)

撮影日:2010年3月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト

2010-03-22 #01  中央本線 奈良井駅  〔長野県〕

04 12, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
100322-1.jpg
2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅3日目、第1回
ホテルの部屋からの松本の朝

100322-2.jpg

100322-3.jpg

100322-4.jpg

100322-5.jpg
6:30ごろ、中央本線(西線)上り822M中津川(なかつがわ)行きに乗車

100322-6.jpg

100322-7.jpg

100322-8.jpg
7:15、奈良井駅で下車

100322-9.jpg

100322-10.jpg

100322-11.jpg

100322-12.jpg

100322-13.jpg
奈良井駅舎

100322-14.jpg
1909年(明治42年)12月1日、 国鉄の駅として開業

100322-15.jpg


2010年3月22日(月)、5年前の春の青春18きっぷ旅最終日。
松本駅から朝6:30ごろの中央西線上り始発列車に乗り、奈良井宿へ向かう。また塩尻方面へ戻るから、松本で泊まる意味は全くないのだが、好きな松本で清々しい朝を迎えられたので後悔はない。

7:15、奈良井駅に到着。奈良井宿は中山道六十九次34番目の宿場町。駅前からすぐ古い町並みが続いている。このころ既に中央西線は何度か乗車済みの路線で、かねがね奈良井宿を歩いてみたいと思った末の訪問だったが、さすがにこんな早朝から宿場町を観光に訪れる客は他にはなかった。

(つづく)

撮影日:2010年3月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #04 END  松本  〔長野県〕

04 08, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
100321-63.jpg
2010年3月21日(日)、5年前の春の青春18きっぷ旅2日目、最終回
辰野から16:47の飯田線下り245Mで再び岡谷、17:03の中央本線/篠ノ井(しののい)線下り441M松本行きに乗り換え

100321-64.jpg
前回書いたのは誤り 飯田線119系デンシャとの別れはこのときだった

100321-65.jpg
17:31、松本に到着

100321-66.jpg

100321-67.jpg

100321-68.jpg

100321-69.jpg
松本駅西口(アルプス口)

100321-70.jpg
東西自由通路

100321-71.jpg
松本駅東口(お城口)

100321-72.jpg
東口駅前風景

100321-73.jpg

100321-74.jpg

100321-75.jpg
松本城

100321-76.jpg

100321-77.jpg


ミニエコーを乗り終えた辰野駅から飯田線の列車で再び岡谷駅へ。これで辰野支線を乗り通したことになる。2日目の旅程としてはあとは松本まで行くだけだったので、岡谷から中央本線/篠ノ井線の列車に乗った。3年後の引退が分かっていたらミニエコーで塩尻へ引き返したかもしれないが、もちろんこの時の僕がそんなことを知る由もなかった。

岡谷から30分で松本に到着。いつも観光客でごった返しているイメージだが夕暮れ時の松本駅ホームは静かだった。橋上駅は好きではないのに、松本駅だけはナゼか許せる。ガラス張りの橋上部から北アルプスの山々や中央本線特急が並ぶさま、大糸線や松本電鉄(現・アルピコ交通上高地線)の列車が発着するのを眺めるのは楽しい。というか、2008年の初訪問以来、僕は松本という土地そのものが好きなのだ。
駅前のホテルにチェックインするより先に、その象徴のような存在の松本城まで歩いた。日も暮れて誰もいない。城にも特別興味はないのに、松本城だけは本当に美しいなと見る度に思う。

(3日目の旅につづく)


撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #03  ミニエコーで辰野支線  〔長野県〕

04 07, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
100321-45.jpg
2010年3月21日(日)、5年前の春の青春18きっぷ旅2日目、第3回
JR中央本線・岡谷駅

100321-46.jpg
岡谷からは15:33の中央本線下り1543Mへ

100321-47.jpg

100321-48.jpg
2日間世話になった飯田線119系デンシャともお別れ

100321-49.jpg
上りの特急「あずさ」24号とすれ違う

100321-50.jpg
15:44、塩尻(しおじり)駅

100321-51.jpg

100321-52.jpg
辰野(たつの)支線上り162M 「ミニエコー」ことクモハ123

100321-53.jpg
16:17発

100321-54.jpg
先ほど通った岡谷からの中央本線「新線」と分岐、「旧線」の辰野支線へ

100321-55.jpg
辰野支線から見た「新線」

100321-56.jpg
辰野までの途中駅は2つ 小野駅

100321-57.jpg
信濃川島駅

100321-58.jpg
左義長(関西では「どんど焼き」)の類かと思ったが、御柱祭のリハーサルのようだ

100321-59.jpg
16:37、162Mの終点・辰野駅

100321-60.jpg
飯田線の戸籍上の終点でもある

100321-61.jpg
辰野駅舎
1906年(明治39年)6月11日、官設鉄道の駅として開業
飯田線の前身・伊那電気鉄道(当時は電車軌道)が乗り入れたのは1916年(大正5年)11月23日

100321-62.jpg
駅前風景


飯田線の旅を終え、岡谷駅からはJR中央本線の未乗区間へ。と言ってもこの2010年の時点では俗に言う中央東線も確か未乗だったが、その前に少しややこしい「辰野支線」というのをやっつけておこうと考えたのだった。何がややこしいかといえば、元々は本線だったのがバイパスの新線が通ったために支線扱いを受け、列車の運行もまったく別系統となったことで、いわゆる「乗りつぶし」の手間が要るといった類の路線なのだ。

そんなワケで岡谷からまずは普通に「中央本線」として乗るとイヤでも通る「新線」を経由して塩尻まで赴き、1~2時間に1本の、別立ての辰野支線の列車に乗り換える。 「ミニエコー」の愛称の付いた、クモハ123という、僕は初めて見る車両だった。2013年に引退してしまったので現在はもう乗れない。塩尻~辰野間の20kmほどの短い距離を1両でピストン運転しているから「ミニ」な「エコー」なのかもしれないが、この個性的な車両のおかげでわずか20分間のショートトリップは存外に記憶に残るものとなった。この旅の本編を差し置いて、2013年の引退直後にミニエコーだけの記事化も済ませている。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D、Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2010-03-21 #02  飯田線、完乗  〔長野県〕

04 06, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

8 Comments
100321-25.jpg
2010年3月21日(日)、5年前のJR飯田線の旅2日目、第2回
飯田駅から11:30の1427Mで飯田線の旅を再開

100321-26.jpg

100321-27.jpg
11:39、元善光寺

100321-28.jpg
市田(いちだ)~下平(しもだいら)

100321-29.jpg
山吹(やまぶき)~伊那大島(いなおおしま)

100321-30.jpg
伊那大島駅付近

100321-31.jpg
上片桐(かみかたぎり)~伊那田島(いなたじま)

100321-32.jpg
12:17、七久保駅

100321-33.jpg
伊那本郷~飯島(いいじま)

100321-34.jpg
13:04到着の伊那市(いなし)駅で下車

100321-35.jpg
伊那市駅
1912年(明治45年)5月14日、伊那電気鉄道の伊那町駅として開業

100321-36.jpg
高校駅伝みたいなのが開催されていた

100321-37.jpg
伊那市駅から14:07の1431Mで伊那北駅 列車交換待ち時間での訪問

100321-38.jpg
14:33ごろ、伊那松島駅

100321-39.jpg
伊那松島~沢  天竜川

100321-40.jpg
14:37ごろ、沢駅

100321-41.jpg
沢~羽場(はば)

100321-42.jpg
14:47ごろ、飯田線終点の辰野(たつの)駅に到着

100321-43.jpg
15:00ごろ、1431Mの終点、岡谷(おかや)駅

100321-44.jpg
岡谷駅跨線橋から 雪が舞っている


飯田の町歩きの間に霧によるダイヤの乱れも解消されたようで、飯田駅から11:30の下り1427Mで飯田線の旅を再開。ひたすら南信地方、伊那谷とも呼ばれる天竜川沿いを北上する。途中、伊那市駅で下車して1時間ほど過ごしているのだが、不本意に乗り継ぎ待ちが生じるような運転系統の変わる駅でもないし、いまとなっては動機は不明。駅前からアーケード商店街がひろがる昭和な町の雰囲気を当時何かで見て、寄ってみたいと思ったのかもしれない。もっとも、町は高校駅伝(いま調べてみたら「春の高校伊那駅伝」という、かなり知られた大会らしい)で大賑わいで、ゆっくり町歩きを楽しめるような状況ではなかったのだけれど。

伊那市駅から次の下り1431Mで再び飯田線の旅に戻る。この1431Mは、理由は不明だが撮影データと当時の時刻表が合致しないので遅れていたと思われる。何れにせよそれから1時間もしないうちに飯田線の終点・辰野駅に辿り着き、あっさりと飯田線の旅は終わりを告げた。列車自体、ほぼすべての便が中央本線に乗り入れて岡谷まで直通しており、僕もそのまま岡谷まで乗ったものだから、心の区切りをつけたり達成感を味わう間もなく、余計にそう感じた。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2010-03-21 #01  飯田の町歩きと飯田線 桜町、鼎  〔長野県〕

04 02, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

4 Comments
100321-1.jpg
2010年3月21日(日)
お蔵入りになっていた5年前のJR飯田線の旅2日目、第1回
歩いて桜町駅へ向かう途中にすり寄ってきて離れない人懐こいネコ

100321-2.jpg
桜町駅 飯田駅の0.8km東隣の駅

100321-3.jpg
1923年(大正12年)8月3日、私鉄の伊那電気鉄道の桜町停留場として開業

100321-4.jpg

100321-5.jpg
桜町駅から9:15ごろ、上りの1424Mに乗車 霧のためかなり遅れていた

100321-6.jpg
飯田駅方面へ戻っている

100321-7.jpg
9:24ごろ、鼎(かなえ)駅で下車

100321-8.jpg
鼎駅

100321-9.jpg
1926年(昭和2年)12月17日、伊那電気鉄道の駅として開業

100321-10.jpg
駅前風景
これから町歩きを兼ねて飯田駅まで戻る

100321-11.jpg

100321-12.jpg

100321-13.jpg
天竜川の河岸段丘の上に飯田の町がある

100321-14.jpg

100321-15.jpg

100321-16.jpg
先ほど見上げていた段丘の上から鼎駅方面を望む

100321-17.jpg
坂を登り切ると何やら厳めしい建物が現れた

100321-18.jpg
飯田市立追手町小学校校舎 1929年(昭和4年)竣工、登録有形文化財

100321-20.jpg

100321-21.jpg

100321-22.jpg

100321-23.jpg

100321-24.jpg
飯田駅
1923年(大正12年)8月3日、伊那電気鉄道の駅として開業 現在の駅舎は1992年(平成4年)改築の3代目


2010年3月21日、5年前のJR飯田線、青春18きっぷ旅2日目。
宿泊した飯田駅前のホテルをチェックアウトしたのは、撮影データを見ると朝9時前となっている。随分とのんびりしていて自分で驚くが、濃い霧のためにダイヤが乱れていたのを思い出した。もともと飯田の町歩きを考えていたこともあり、急いでも仕方ないと考えたのかもしれない。

飯田駅から800mほどしか離れていない桜町駅まで歩き、遅れていた上りデンシャで鼎(かなえ)駅まで乗った。これでまずは見たかった2つの駅舎の訪問を済ます。そして鼎駅から町歩きを楽しみながら飯田駅まで戻る。飯田駅と鼎駅は河岸段丘に沿ってΩカーブを描く飯田線の対称の位置にある。面白いのでぜひ地図で見ていただきたい。
ただ、これは逆のルートを辿るべきだった。飯田駅と飯田の町は河岸段丘上の台地、鼎駅はいわば谷底にある。同じ歩くなら降りていく方が楽に決まっている。
ともあれ、かつて飯田藩の城下町として栄えたという飯田の町は古く、こんなことならもっと早起きして周るべきだと後悔するほど僕には楽しい場所だった。

(つづく)

撮影日:2010年3月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


2010-03-20 #05 END  飯田線 伊那八幡、飯田  〔長野県〕

03 30, 2015 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
100320-80.jpg
2010年3月20日(土) 5年前のJR飯田線の旅、第5回
16:42ごろ、平岡駅で上り24M、特急「ワイドビュー伊那路4号」との列車交換

100320-81.jpg
門島(かどしま)~唐笠(からかさ)間

100320-82.jpg
17:16、天竜峡駅 17:18発の251Mに乗り換え

100320-83.jpg
17:32、伊那八幡で下車

100320-84.jpg
対向の上り1514M

100320-85.jpg

100320-86.jpg

100320-87.jpg
伊那八幡駅舎
1926年(大正15年)12月17日、私鉄の伊那電気鉄道の駅として開業

100320-88.jpg
駅脇の通り

100320-89.jpg

100320-90.jpg
18:04、下り253Mに乗車

100320-91.jpg
18:15、飯田駅に到着

100320-92.jpg

100320-93.jpg
飯田駅舎
1923年(大正12年)8月3日、伊那電気鉄道の駅として開業

100320-94.jpg
駅前風景

100320-95.jpg

100320-96.jpg

飯田線、初日の旅も終盤。再び小和田駅を過ぎると長野県へと入る。運転系統の大きく変わる天竜峡駅での乗り換えを経て、この日最後の訪問駅、伊那八幡へ。化粧直しされてはいるものの、大正レトロな洋館風建築のイイ駅舎が迎えてくれた。

18:15到着の飯田駅が初日のゴール。起点の豊橋から129.3km、全体の2/3ほどを乗り終えたことになる。寄り道しなければ一日で乗り通すことも可能な飯田線だが、寄り道できた駅も10かそこらに過ぎず、何れにせよ長くて運転本数が少ない。筋金入りのローカル線だ。

(2日目の旅につづく)

撮影日:2010年3月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-08-15 #05  信越本線 高田駅、そして再び直江津  〔新潟県〕

09 23, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
140815-58.jpg
2014年8月15日(金)、お盆休みの旅2日目・第5回。
北陸新幹線開業に伴って3セク鉄道になる信越本線、長野~直江津間の駅めぐり中。
春日山駅から乗った10:17の上り3324M「妙高」4号長野行きを、わずか一駅で下車。
時間的にも最後の訪問駅となりそうです。

140815-59.jpg
高田駅。10:21着。
1886年(明治19年)8月15日、官設鉄道の駅として開業。所在地は上越市。来春は3セクの「えちごトキめき鉄道」、妙高はねうまラインの駅となります。

140815-60.jpg
高田駅舎…と言いたいところですが、駅および駅前の再開発事業で構築された、江戸時代の高田藩城下町をイメージした雁木型アーケードで駅舎自体も覆われてるんです。

140815-61.jpg
その雁木型アーケードの内側。駅舎は前回の新井駅のような国鉄コンクリート平屋型のままのようで、つまり「ガワ」だけ替えるという、なかなか大胆な発想で面白いと思いました。

140815-62.jpg
駅前風景。長野~直江津間の途中駅では最も「都会」なんじゃないでしょうか(笑)。駅前ホテルも数軒あるし、直江津に泊まるより便利だったかも?

140815-63.jpg
ただやっぱり、僕が見たいのはこういう町並み。駅前通りからちょっと脇にそれると、昔ながらの通りが残ってました。

140815-64.jpg
これが駅アーケードのモチーフになっている、雁木造(がんぎづくり)と呼ばれる雪よけの屋根。各戸の軒が連なってアーケード状になり積雪時の往来を可能にしている、雪国の知恵。

140815-65.jpg
こんな洋館風の廃墟(?)もあったりして、やっぱ古い町を歩くのは楽しいですなぁ。

140815-66.jpg
けれども、もうそろそろ信越本線の駅めぐりもタイムアップ。直江津へ戻るため、高田駅ホームへ。島式ホームの上屋が大きいのが印象的でした。

140815-67.jpg
駅舎側の1番ホームに、僕は写真でしか見たことのなかったジョイフルトレイン、「彩(いろどり)」が停まってました。前回の「くびき野」と同じ485系電車を、引くほどカッコ悪く 改造した車両だそう。臨時列車か何かだったんですかね。

140815-68.jpg
高田駅10:48の下り343Mで終点、直江津駅に10:58帰着(3分ほど遅れてた)。高田では雨もパラついたし、出発時とはほど遠い重い空に…。

140815-69.jpg
信越本線の普通列車や来春廃止になる北陸本線/北越急行特急「はくたか」。

140815-70.jpg
こちらも来春廃止が決定している、新潟~金沢間を走る特急「北越」。こんな直江津駅の風景も、あと半年限りなんですね…。

140815-71.jpg
この時までまったく気が付かなかった、2番ホームにあるゼロキロポストを示すプレート。明治19年(1886年)8月15日、直江津~関山間に鉄道が初めて通った「新潟県鉄道発祥のゼロ地点」を記念したものだとか。

140815-72.jpg
ちょっと早い昼食をとったあと、まだ時間があったので、これまで見たことのなかった駅南口へ。新潟労災病院や住宅地があるだけで、観光客はまず用がない出入口。

140815-73.jpg
なのにナゼか、かつて信越本線で活躍したD51のものだという動輪がこんなところにポツンと…。

140815-74.jpg
南口側の駅構内では車両整備の最中。ベテランが新入りさんに技術の継承、といった光景だったりするんでしょうか。

140815-75.jpg
南北自由通路の窓から。
本来の2泊3日の旅に一日追加できたことで信越本線の駅めぐりが叶ったワケなんですが、全ては周り切れなかったものの、充実した時間を過ごせました。さて、このあとは北陸本線へ。

(つづく)

撮影日:2014年8月15日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-08-15 #04  信越本線 新井駅と春日山駅  〔新潟県〕

09 22, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

0 Comments
140815-43.jpg
2014年8月15日(金)、お盆休みの旅2日目・第4回。
北陸新幹線開業に伴って3セク鉄道になる信越本線、長野~直江津間の駅めぐり中。
妙高高原駅から8:55の3321M、普通列車「妙高」1号で5つ目の訪問駅に到着。

140815-44.jpg
新井(あらい)駅。9:18着。

140815-45.jpg
1886年(明治19年)8月15日、官設鉄道の駅として開業。所在地は新潟県妙高市。
来春は3セクの「えちごトキめき鉄道」、妙高はねうまラインの駅となります。

140815-46.jpg
妙高高原駅と同じような国鉄型のコンクリート駅舎。

140815-47.jpg
妙高市の中心駅だそうで、乗降客も多く、客待ちタクシーや送迎の車で賑わっていた駅前風景。

140815-48.jpg
ホームも賑わっていましたが、この時はまた別の理由。

140815-49.jpg
ここ新井は快速「くびき野」の始発駅。僕がこれから乗る9:37発の3373M、快速「くびき野」3号新潟行きと先ほどの「妙高」の2大スター(?)が登場、ということでカメラを手にした人たちでごった返してたんです。

140815-50.jpg
新井駅で発車を待つ、国鉄カラーの特急形485系「くびき野」。
来春の北陸新幹線開業に伴って廃止になるなんて、ホントに悲しいですね…。

140815-51.jpg
「くびき野」で新井駅を発って、9:41の北新井(きたあらい)駅。待合室しかない駅で、今回の駅めぐりでは割愛しましたが、ここも来春は「えちごトキめき鉄道」の駅に。

140815-52.jpg
もちろん「くびき野」に乗るのが目的ではなかった(ちょっと惜しいけど)ので、次の訪問駅で下車。

140815-53.jpg
6つ目、9:56到着の春日山駅。所在地は上越市。
ここも来春は3セクの「えちごトキめき鉄道」、妙高はねうまラインの駅となります。

140815-54.jpg
1928年(昭和3年)10月26日、国鉄の駅として開業。2002年(平成14年)12月1日に直江津寄りの位置に駅を移転した際に建てたという、まるで仮設のようなプレハブ駅舎。トイレもコンテナを改造したようなのだし…。
(背後の建物は上越市役所とガス水道局)

140815-55.jpg
ただ乗降時とも利用客の数は多かったです。

140815-56.jpg
駅前風景。上杉謙信の居城・春日山城など観光スポットも点在するみたいですが、訪ね歩くほどの時間はなく、この上越市春日謙信交流館で涼ませてもらいましたが、異邦人の僕が本来目にするはずもない上越市の広報誌などを閲覧できたのは、信越本線の3セク化の話題なども豊富でちょっと楽しかったです。

140815-57.jpg
次の列車を待つ春日山駅の棒線ホームにやって来たのは、直江津で折り返してきた冒頭の妙高号でした。

(つづく)

撮影日:2014年8月15日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-08-15 #03  信越本線 黒姫駅と妙高高原駅  〔長野県/新潟県〕

09 21, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
140815-28.jpg
2014年8月15日(金)、お盆休みの旅2日目・第3回。
北陸新幹線開業に伴って3セク鉄道になる信越本線、長野~直江津間の駅めぐり中。
関山駅から上り342M長野行きで3つ目の訪問駅に到着。

140815-29.jpg
黒姫(くろひめ)駅。
所在地は長野県、信濃町(しなのまち)。7:57着。

140815-30.jpg
1888年(明治21年)5月1日、官設鉄道の柏原(かしわばら)駅として開業。1968年(昭和43年)10月1日、現駅名に改称。
来春は3セクの「しなの鉄道」、北しなの線の駅となります。

140815-31.jpg
ホーム上屋に掲げられていた、昭和っぽいウェルカムボード。俳人・小林一茶の故郷だそうで、ホームにも駅前にも句碑がありました。

140815-32.jpg
待合室に像もあるナウマンゾウの化石が発掘された野尻湖(のじりこ)の最寄り駅。僕みたいなバス釣り好きには福島県の桧原湖(ひばらこ)と並ぶスモールマウスバスの聖地としても知られてます。

140815-33.jpg
黒姫駅前でひときわ目を引いたのが、この旅館「ふじのや」さんの建物!

140815-34.jpg
1910(明治43)年創業、ちょうど100年経った2010年(平成22年)には国の登録有形文化財に。いつか泊まってみたいですね。ちなみにHPなどの表記は「藤野屋旅館」となってるみたいです。

140815-35.jpg
黒姫8:20の下り2375Mで8:28着、訪問4駅目の妙高高原(みょうこうこうげん)駅。

140815-36.jpg
1888年(明治21年)5月1日、官設鉄道の田口(たぐち)駅として開業。1969年(昭和44年)10月1日、現駅名に。

140815-37.jpg
妙高高原駅舎。所在地は新潟県、妙高市。
来春は3セク鉄道、長野側の「しなの鉄道」北しなの線と、新潟側の「えちごトキめき鉄道」妙高はねうまラインの境界駅となります。駅の管理は後者となる模様。

140815-38.jpg
跨線橋で結ばれた計2面3線のホーム、特に古レールも活用した島式ホーム上屋が印象的でした。

140815-39.jpg
かつては特急「あさま」、「白山」、「みのり」(現在は全て廃止)などが停車したという、妙高観光やスキー・スノボの拠点駅。

140815-40.jpg
跨線橋の幅も団体客対応で広い。突き当りの昭和な看板を見ると、温泉もたくさんあるんですね。

140815-42.jpg
駅舎内にあった、田口駅と呼ばれていた昭和30年代の頃の駅前風景写真。

140815-41.jpg
次の駅へ向かうために乗る8:54の下り普通列車は、3321M、「妙高」1号でした。

(つづく)

撮影日:2014年8月15日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。