RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2015-04-12 #08   傘松公園   〔京都府〕

05 21, 2015 | 丹後海陸交通

0 Comments
150412-136.jpg
2015年4月12日(日)、京都丹後鉄道(丹鉄)の旅 2日目、第8回
丹鉄をしばし離れて天橋立観光
傘松公園から見た天橋立

150412-137.jpg
丹後海陸交通のケーブルカー 傘松駅

150412-138.jpg
傘松公園

150412-139.jpg
手前がケーブルカー、奥はリフト

150412-140.jpg
海抜130mの傘松公園からの眺望
天橋立は全長約3.6kmの天然の砂州 左手が宮津湾、右手が内海の阿蘇海

150412-141.jpg
さらに北方には、オオミズナギドリの群生地として島全体が国の天然記念物に指定されている冠島(かんむりじま)も見える

150412-142.jpg
カップル向けの「願いの鐘 願いの鍵」

150412-143.jpg
prisoner of love…

150412-144.jpg
傘松公園キャラクター「かさぼう」…

150412-145.jpg
復路はリフトで

150412-146.jpg
復路の観光船「かもめ11号」

150412-147.jpg
一の宮桟橋を振り返る 左手の山上が傘松公園

150412-148.jpg

150412-149.jpg
往路に乗った「かもめ1号」とすれ違う

150412-150.jpg
天橋立桟橋に帰着

150412-151.jpg
天橋立桟橋側の文殊山上にも「天橋立ビューランド」という展望所がある

150412-152-070909.jpg
その「天橋立ビューランド」側からの眺望
北近畿タンゴ鉄道を初めて訪れた2007年9月に立ち寄った際の撮影


観光船とケーブルカーで傘松公園に到着。その場にいると単に松林としか感じられない天橋立も、こうして高みから俯瞰するとやっぱり壮観だな、としばし感慨に耽る。しかし、傘松公園自体に小学生時分の家族旅行の懐かしい感触はまったくなかった。AmaTerrace(展望レストラン)だのスカイデッキだのと色々リニューアルされているようだし、多分、大した工夫もない、昭和な「観光地の展望台」だった頃とは変わってしまっているからだろう。ただ、復路をリフトで降りた時だけは、特有の浮遊感と丸腰で味わう海風、という身体感覚が、ほんの微かに当時の記憶を呼び覚ましてくれたような気がした。

帰りの観光船は、2階部分が丸ごとオープンデッキになっているタイプだった。別に寒くもないのに誰も上がって来ないので気持ちのいい360度の視界を独占。途中で一人旅、それも傷心旅行ではと思わせる影のある雰囲気の女性と、インドな感じの3人の海外旅行客が現れてそれも束の間だったが、後者のうちのインドな感じの一人が、ニコリともしないでiPhoneを僕に渡して写真を撮れという。3人ともニコリともしないで写真におさまったあと、しばらく海と天橋立を眺めてまた階下へ降りて行った。欧米、中韓以外の観光客との邂逅は初めてなのでお国柄とか不案内なのだが、もしや、俯瞰で楽しむことを知らずただの松林の「天橋立」にガッカリしてたのじゃなければいいんだけれど。

(つづく)

撮影日:2015年4月12日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2015-04-12 #07  天橋立 傘松公園へ 〔京都府〕

05 19, 2015 | 丹後海陸交通

8 Comments
150412-116.jpg
2015年4月12日(日)、京都丹後鉄道(丹鉄)の旅 2日目、第7回
天橋立駅から歩いてすぐの観光船乗り場へ向かい、丹後海陸交通の船とケーブルカーで傘松公園を目指す

150412-117.jpg
まずは観光船 これは「かもめ1号」らしい
天橋立桟橋から一の宮桟橋までを約12分で結ぶ 休日は20分間隔の運航

150412-118.jpg

150412-119.jpg

150412-120.jpg
名物の廻旋橋 船を通す際に回転する

150412-121.jpg

150412-122.jpg

150412-123.jpg
右手の松並木が天橋立 航路は並行している

150412-124.jpg
カモメが船から離れない

150412-125.jpg
線内で販売されている「カモメのえさ」(かっぱえびせん)目当てだった

150412-126.jpg
一の宮桟橋に到着

150412-127.jpg
一の宮の観光船乗り場をあとに、ケーブルカー乗り場へ向かう

150412-128.jpg
徒歩5分ほどで昭和な土産店が並ぶケーブルカー乗り場(府中駅)前に到達

150412-129.jpg
ケーブルカー乗り場(府中駅)

150412-130.jpg
正式名称は天橋立鋼索鉄道

150412-131.jpg
経営は先ほどの観光船と同じく丹後海陸交通

150412-132.jpg
僕も含む観光船の乗客がそのまま移って来たのもあって盛況

150412-133.jpg
府中駅を発車 乗車時間は4分

150412-134.jpg

150412-135.jpg
高度が上がり、「斜め一文字」の天橋立の景観が眼下にひろがって来た


天橋立駅で下車した本当の目的は、天橋立観光。僕の旅ではほとんどあり得ないパターンだが、小学生の頃の家族旅行で訪れた傘松公園を再訪してみたかったのだ。当時の記憶と写真によると駅の近くの民宿で一泊、海水浴や釣りを楽しんだあと、レンタサイクルで天橋立を一の宮へ渡り、リフトで傘松公園へと至ったようだが、逐一再現する暇も必要もないから、できるだけ速くて楽しそうなプランを一応考えておいた。お誂え向きに「観光船(往復)+ケーブルカー・リフト(往復)、通常 1,620円 → 割引 1,500円」という内容の「傘松観光券」なるお得な周遊券も販売されている。これだ。

まずは観光船。とはいえ、本当は天橋立の松並木の小径をゆっくり歩いてみたかったと思っていたのだけれど、これはこれで楽しい。船内販売の「えさ」(小袋のかっぱえびせん、100円)を嬉々としてカモメに与えていたおじさんが、「そんな30円ぐらいで買えるモンをわざわざ」と経済観念のシビアなご夫人に咎められていたのも可笑しかった。

ケーブルカーは一応、鉄道の範疇に入る乗り物なので、いずれは全国各地乗り尽くしたいとは考えてはいる。が、しかし、この天橋立ケーブルにしたって地元京都だというのに乗るのは今回が初めてだ。つまりは、何かのついでに乗れたら乗ろう、程度の気概のなさというわけだ。それはそうと、件の家族旅行の際は併設のリフトで登ったハズだが、当時と変わってなさそうなレトロな府中駅を目にしても、何にも記憶が甦って来ない。

(つづく)

撮影日:2015年4月12日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます