RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-06 #10  美しき廃墟、屋島山上駅  〔香川県〕

06 28, 2015 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

2 Comments
150506-163.jpg
2015年5月6日(水)、GW5年ぶりの四国旅最終日 第10回
僕を屋島へと誘った美しき廃墟、屋島ケーブル屋島山上駅

150506-164.jpg
1929年(昭和4年)4月21日、屋島登山鉄道の屋島南嶺(なんれい)駅として開業

150506-165.jpg
2004年(平成16年)10月16日、利用客の減少によるケーブルの営業休止
2005年(平成17年)8月31日、廃止

150506-166.jpg

150506-167.jpg

150506-168.jpg

150506-169.jpg

150506-170.jpg

150506-171.jpg

150506-172.jpg

150506-173.jpg

150506-174.jpg

150506-175.jpg

150506-176.jpg
駅前の両サイドにも廃屋がある

150506-177.jpg

150506-178.jpg
引き続き屋島山上駅
本屋と同じ意匠のトイレ

150506-179.jpg
本屋左手に周ると規制ロープのない藪が

150506-180.jpg
藪をかき分けて乗り場を目の当たりにする

150506-181.jpg

150506-182.jpg


廃ホテル甚五郎を後にして暗く細い遊歩道をさらに奥へと進んだ果てに、僕の屋島訪問の真の目的地、屋島ケーブルの山上駅廃駅舎があった。竣工はケーブルが開業した昭和初期。レトロフューチャー、という言葉がこれほど似合う建物もないだろう。現物を目の当たりにしている喜びをこれほど感じた建物もなかった。来てよかったと心底思った。

ところが駅舎の周囲には、リサーチしていた過去の写真等には見られない立ち入り規制のロープが張られ、脇には石材会社のプレハブ詰所が設置されている。誰もいないので事情を聞くこともできない。実は今回のGW旅の行先を考えていた際、ここは候補のひとつに過ぎなかった。だが、検討を重ねるうちに麓側の屋島登山口駅舎が昨年7月に解体撤去されてしまったことを知り、もしや山上駅も、という危惧から松山メインの旅程に屋島訪問を無理矢理ねじ込んだのだった。2009年に近代化産業遺産に認定もされている山上駅だから、保存に向けた動きならいいのだが…。
ケーブルが廃止になってからも10年。去り難く、いつまでも眺めていたい美しい廃墟だった。

(次回、ようやく最終回) 

撮影日:2015年5月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
+ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト

2015-05-06 #09  屋島山上へ  〔香川県〕

06 27, 2015 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

2 Comments
150506-143.jpg
2015年5月6日(水)、GW5年ぶりの四国旅最終日 第9回
琴電屋島駅前から「ことでん」の屋島山上シャトルバスに乗る

150506-144.jpg
13:45発 運賃は何と100円

150506-145.jpg
屋島ドライブウェイを通る というか車道はこれしかない

150506-146.jpg
上っているのに下り坂に見えてしまう、名物の「ミステリー坂」区間を走行中
(縦断勾配錯視という目の錯覚)

150506-147.jpg
眼下には高松の街と港が

150506-148.jpg
10分ほどで屋島山上駐車場に到着

150506-149.jpg

150506-150.jpg
駐車場からすぐのところに四国八十八箇所第八十四番札所の屋島寺

150506-151.jpg
そこから少し歩くと僕の目的地のひとつである廃墟が現れた

150506-152.jpg
廃ホテル、甚五郎

150506-153.jpg

150506-154.jpg
ガラスの割れ目から撮影

150506-155.jpg
1960年(昭和35年)開業、屋島を代表する老舗ホテルだったそうだ

150506-157.jpg
瀬戸大橋開通時の賑わいを最後に屋島の観光客が激減 ホテルは2002年に倒産、廃業 

150506-158.jpg
ホテル正面の眺望

150506-159.jpg

150506-160.jpg

150506-161.jpg
ホテル甚五郎を後に、さらに奥地へ

150506-162.jpg
僕を屋島へ誘った真打が登場


ことでん志度線で琴電屋島駅に到着、駅前から発着するシャトルバスで屋島山上へと向かう。ことでんグループのバスだけにデンシャとの連絡はすこぶる良好で、おまけに運賃は100円と正に破格の待遇。だが乗客は僕を含めてたったの4人。発車後すぐ、屋島山上へ至る唯一の車道・屋島ドライブウェイを通るのだが、クルマだと往復630円もかかる。我ら乗客4人は賢者だと思う。そしてシャトルバスは神だ。

10分ほどで山上に到着。名前から島なのかと思うが、屋島は地続きの溶岩台地(メサ地形というらしい)で、景勝地であり源平合戦などの史跡でもあり、台地上には四国遍路八十四番札所の屋島寺も在る。昭和47年のピーク時には年間246万人が訪れたという香川を代表する観光地なれど、現在は長期低落傾向が続いている。それを象徴するような、甚五郎という名の老舗ホテルの廃墟の存在が、僕が今回屋島を訪れた動機のひとつだった。同様の物件は他にも数軒あったが、いずれも2011年までに解体撤去されたらしい。こういうものはつまり、情報を感知したとき、見たいと思ったときに訪問しておかないとダメなのだ。

(つづく)

撮影日:2015年5月6日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

GW四国完全巡拝#44 THE 松山観光 〔愛媛県〕

07 07, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

3 Comments
100503-37.jpg
GW四国一周デンシャ旅、第44回。旅5日目。
伊予鉄の路面電車は400円の「1Dayチケット」で一日乗り放題なので、
気軽に松山市内観光もできてホントに便利…なんですが、すごい人!
写真は道後温泉本館前。そういえばこの時、GW真っ最中なのでした。

100503-38.jpg
2年前(08年)松山初訪問時は路面電車ばかり乗ってて松山城へ行けなかったので、
今回こそは、とロープウェイ乗り場へ来てみると長蛇の列(泣)。
暑い日で、2~30分かけて本丸まで歩いて登る気力も起きず今回も松山城、断念…。

100503-39.jpg
ロープウェイ駅舎の2階ではNHKドラマ「坂の上の雲」のスペシャルドラマ館が開館中。
ドラマも見てたので魅力的でしたが入館料600円というのでパネル写真だけ撮影(汗)。

100503-40.jpg
近くにその「坂の上の雲」の主人公、秋山兄弟の生誕地があるというので行ってみましたが
復元家屋だそうで、300円払って見たいほど秋山兄弟ファンでもないのでここも断念…。

100503-41.jpg
そんなワケで松山城最寄りの大街道(おおかいどう)電停から再び路面電車に乗り、
道後温泉駅へ。明治時代の旧駅舎を20年ほど前にかなり忠実に復元した駅舎だそうです。

100503-42.jpg
ホーム側から見ても絵になる、古くないけど好きな駅舎のひとつです。

100503-43.jpg
そして駅前のアーケード商店街を数分歩いて抜けた先に、道後温泉本館。
ちなみに、「水曜どうでしょう」の記念すべき初ロケ、サイコロの旅1で
若き日の大泉サンが滑って転んだのは右手のカドです(笑)。

100503-44.jpg
100503-45.jpg
国の重要文化財であり、夏目漱石も頻繁に通い、宮崎監督のアニメ「千と千尋の神隠し」の
「油屋」のモデルとも言われる道後温泉本館はホントにどこから見ても素晴らしい。
前回08年は夜にお風呂に入りに来て、しかもコンデジで上手く撮れなかったので
デジイチでちゃんと撮影したかった、というのが今回また訪れた理由でした。

100503-46.jpg
というワケで、元々とくに力を入れて観光しようという予定もなく
行きたかった松山城はまたも次回の宿題になってしまいましたが、
路面電車で気軽に名所をブラブラできる松山はやっぱりイイところです。

戦時中、大空襲を受けた街なので、僕の大好物の古い民家が
ほとんど残ってないのが唯一残念なところですけど
時間がゆっくり流れてる感じの、好きな街です。また来ます。


撮影日:2010年5月3日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D      
       + Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D(2~4枚目)
       + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D(5枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

プレイバック高知  〔高知県〕

05 28, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

0 Comments
GW四国一周デンシャ旅の2日目を終え、翌朝には高知市内を去ります。
せっかく龍馬で盛り上がってる高知なのに桂浜しかご紹介できなかったので、
昨年(09年)1月に土佐電鉄を制覇しに来た際に訪問したけど
あまりに月並みで(いつもか)お蔵入りにしていた写真を引っぱり出してきました。
なので今回の写真はすべて2009年1月のものです。

pbk1
夜の はりまや橋。

pbk2
土佐藩初代藩主・山内一豊(やまのうちかつとよ)築城の高知城
龍馬の時代の山内容堂は15代藩主です。

pbk3
高知城天守閣からの(東の)眺め

pbk4
追手筋で毎週日曜に開かれている日曜市。
写真よりずっと賑やかで、高知の特産品や名産品が並んでて見てるだけでも楽しいです。

pbk5
上町2丁目、路面電車通り沿いの病院の脇に建つ、坂本龍馬誕生地の碑。
龍馬の生家があった場所で、いまはこの碑しかないのが残念です。

pbk6
碑の裏手(南側)の通り沿いにある「龍馬の生まれたまち記念館」
グッズ、書籍関係がやたら充実してました。

pbk7
土佐の美味しいものが集まってる「ひろめ市場」
ちなみに「ひろめ」の由来はここに屋敷があった土佐藩家老の名前からだそう。


撮影日:2009年1月10、11日
カメラ:Nikon D700 + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

GW四国完全巡拝 #12  桂浜で  〔高知県〕

05 23, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

3 Comments
100430-34
GW四国一周デンシャ旅・第12回。
天気もサイコーだし、イイ気分で桂浜を歩いていたら。

100430-35
子供たちが砂に半分埋まって寝ていた。

100430-36
「カメラマンのオッサン 何しちゅう?」
「誰がオッサンやねん キミらこそ何してんの?」

100430-37
何でも、高知市内の小学校から遠足に来てるんだそうで、
波打ち際で遊んで濡れたズボンを「こうして砂に埋まってると、はよ乾くき」とのこと。
僕のこと間違って「先生」って呼んでしまったりしながらも(笑)、
みんな龍馬みたいにカッコイイ土佐弁でにぎやかに僕につきあってくれました。
ありがとう!

100430-38
彼らと過ごしたひと時が、桂浜での最も楽しい思い出になりました。


撮影日:2010年4月30日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

GW四国完全巡拝 #11 THE 桂浜観光 〔高知県〕

05 22, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

2 Comments
100430-24
Kyo-toが龍馬の案内で桂浜へやってきたがは平成22年、4月最後の
…あ、もういいですか(笑)。
こうして写真見返しててもテンション上がるので、調子コイててすいません。
GW四国一周デンシャ旅・第11回、当ブログでは珍しくフツーの観光してます。
というワケで、「ザ・桂浜観光」。

100430-25
1枚目の写真は有名な龍馬の銅像なんですが、「龍馬博記念・龍馬に大接近」ということで
脇の高知市観光協会設営の櫓(入場料100円)からの撮影です。
龍馬も「おんしゃぁら、ちっくと騒ぎすぎちや」って言いたそう?

100430-26
入場券のもぎりをされてた、現代の龍馬さん。

100430-27
そして桂浜。土佐は海も空も碧くて気持ちイイ!!

100430-28
桂浜より先に、「龍馬記念館」にも寄りました。
写真はその前で、MY遊バスの中で出会ったご夫婦を。
関東にお住まいですが、奥サマが京都ご出身ということで
いつもながら旅の縁って面白いなぁと思います。

100430-29
「龍馬記念館」には筆マメだった龍馬が残した手紙などの資料が
こじゃんと展示されていて、しかもNOフラッシュなら撮影可なのが嬉しいです。
写真は、勝海舟の弟子になったことを姉に「エヘン」と自慢する有名な手紙のひとつ。

100430-30
でも館内は混んでてゆっくり見れないのが残念(泣)。龍馬ブームを実感。

100430-31
館内(と屋上)からも土佐の海が望めてイイところです。
MY遊バスの乗車券を提示すると入館料500円が400円に。

100430-32
館内の、ロウ人形の龍馬さん(怖っ)。実像もこんなだったかもしれませんけど、
大河の福山龍馬さんファンは見なかったことにした方がよさそうです(笑)。

100430-33
桂浜の土佐闘犬センター前で。闘犬は見なかったんですが、
「勝手に観光協会」高知県編で、みうらじゅん御大が笑いを噛み殺しながら
カメラに収めていたこの看板を僕もゲットできて大満足。
(結局最後はマニアックな話ですいません)





撮影日:2010年4月30日
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D(2~4、8枚目)
   :Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D
   :Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D(1、6、9枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

GW四国完全巡拝 #10 MY遊バスで桂浜へ 〔高知県〕

05 21, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

3 Comments

 Kyo-toが土佐に入ったがは平成22年、4月最後の日のことじゃった。
 以来、アイツが生きて京の都へ戻ることは、なかったがじゃ…

  (「龍馬伝」、岩崎彌太郎=香川照之のナレーションで)

100430-16
いや、帰って来てますけど(苦笑)、そんなウソついてまで劇的に盛り上げたくなるのは
高知駅前でずっと流れていたNHK大河ドラマ「龍馬伝」のテーマソングのせいです(笑)。
駅前の「土佐・龍馬であい博」のメイン会場には「こじゃんと」人だかりもできてます。

っていうか、元々 龍馬を好きな僕なので、高知に居るってだけで
やっぱりどうしたって盛り上がるワケですよ!

そんなワケでGW四国一周デンシャ旅・第10回ですが、
しばらく「バースデイきっぷ」によるデンシャ旅から離れて
龍馬の生まれた街と桂浜をバスで周ります。

100430-17
一日乗り放題で路面電車(市内均一料金区間)も乗り降り自由という観光周遊バス、
「MY遊(まいゆう)バス」(900円)を利用することにします。
「MY遊=まいゆう、は土佐弁で「まわっている」という意味だそうです。

100430-18
でも何か、車両自体は吊り革もついたフツーの路線バス(笑)。

100430-19
ともかく、高知駅を出発。以下、すべてバス車内からの車窓風景です。

100430-20
駅から南下してすぐの川沿い、いかにも「南国」土佐といった光景。

100430-21
土佐電鉄と、はりまや橋。

100430-22
一年前に訪れた時はこの土佐電に乗りに来て、ちょっとヘコんだ事件もあったりしたのですが
再会の喜びと、やっぱり路面電車の走る街はイイなぁ、という思いがこみ上げてきます。

100430-23
そしてバスは高知市街地を抜け、桂浜へ!
駅から結構遠いので、前回の高知訪問時は断念しただけに嬉しさもひとしおです。


撮影日:2010年4月30日
カメラ:Nikon D700 + Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

"こんぴらさん" 金刀比羅宮  〔香川県〕

01 03, 2010 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

5 Comments
konpira1
ことでん琴平線の終点、琴電琴平駅まで辿り着いたらやっぱり、
「こんぴらさん」こと金刀比羅宮(ことひらぐう)へのお参りは欠かせません。
重いカメラとレンズを抱えて石段を登り切れるか一抹の不安はありましたが(苦笑)、
ともかく歩き出してみました。

konpira2
石段がはじまる前から麓の参道沿いには店が建ち並び、
この時は獅子舞なんかが披露されてて早くも賑やかな雰囲気。

konpira3
石段を登りはじめてしばらくは土産店が両脇にひしめく
まだまだ余裕のたたずまい。

konpira4
「はぁ…もうだいぶ登ったんちゃう?」と思った頃に、ようやく金刀比羅宮の大門。
門のところで365段目だそうです。

konpira5
「無理!でもお参りはしたい…」という方には
有料ですがカゴで担いでいってもらうこともできます。

konpira6
大門を抜けたところに「五人百姓」と呼ばれる、金刀比羅宮の境内で唯一
土産物の販売を許されているという名物の飴を売る5人の女性がおられます。
帰りに購入してみた際に撮影させていただきました。

konpira7
もう思い残すことはない、ってぐらい登ったところに本殿
…かと思ったら「旭社」という重要文化財の大きな建造物。
まだもうちょっと先があります。

konpira8
石段の幅が狭くさらに急になってきてくじけそうになった頃、
ようやく空が開けてきて…

konpira9
今度こそ本殿です。ここまで785段。
金刀比羅宮は全国の金刀比羅/琴平/金比羅神社の総本宮なんだそうです。
ご利益は海の安全、五穀豊穰、商売繁盛などなど。

konpira10
実はまだこの先、計1,368段を登り切った先に「奥社」があるんですが、
まだこの時点では「ことでん」全駅下車の旅も道半ばで
「時間がないな…やむをえない」と苦しい言い訳を胸に、
本殿脇から讃岐平野の大パノラマを眺めてから引き返したのでした。

でもバッグ含め総重量3kgぐらいのこのカメラセットで
これからさらにどこでも行けそうな自信だけはつきました(苦笑)。


撮影日:09年11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (最後の写真のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

うどん 二十四万石   〔高知県〕

03 13, 2009 | デンシャ旅 -四国(私鉄・三セク)

3 Comments
shikoku51

四国の旅、2日目。目的の土佐電はまぁそんな具合でしたが、
高知という街まで寂しい思い出になってしまったかというと、そんなことはありません。
お昼ごはんを食べに入ったうどん屋さんが、身も心も温めて下さいました。

shikoku52

shikoku53

shikoku54

shikoku55

以前、CS放送で見た路面電車の番組内で紹介されていて、「飾らない雰囲気がいいなぁ、高知へ行ったらぜひ寄ってみよう」と思ってたのですが、実際行ってみたら うどんはもちろんホントに美味い上に、おばちゃんがまた親切で、遠いトコから来たんだからと肉うどんまでサービスして下さったり、色々お話を聞かせて下さったりともう今すぐにでもまた行きたくなるほどステキなお店でした。

お話の中で高知出身の女優・広末涼子さんも帰省の折には寄られると伺いましたが、別に自慢げに写真やサインが飾られてたりするワケでもないところにおばちゃんのお人柄がうかがえました。
近年、創業者でもあるダンナさんが亡くなって娘さんとお店を切り盛りされているそうですが、いつまでもお元気で美味しいうどんを振舞い続けて下さい。

土佐電「高知城前」電停を降りて百十四銀行の角を南に一筋目の通り沿いにあります。
最初、場所が分からなくて通りかかった方に聞いたらすぐ教えていただけたので有名なお店なんですね。

1枚目=外観は蔵みたいな、こじんまりしたお店です。立派な看板。
2、3枚目=お店が開いたばかりで他のお客さんがいなかったので、お願いして
調理されているところを撮らせていただきました。
4枚目=ハイカラゆだめうどん+おにぎり。何と!お話に夢中になってたら
「冷めたらおいしくない」と新たに温かいのと替えて下さいました(感涙)。
5枚目=近所の方が連れて来られた土佐犬の仔犬を抱いて離さないおばちゃん(笑)。

撮影日:1月11日
カメラ:Nikon D700 + TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。