RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-15 #05 END  旅の終わりは家族で地鉄  〔富山県〕

12 06, 2013 | 富山地方鉄道

10 Comments
13oct15.jpg
2013年10月15日(火)、家族デンシャ旅もついに最終回です。
立山黒部アルペンルートを走破し終え、立山駅から"地鉄(ちてつ)"こと富山地方鉄道に乗車します。
僕自身はGWに訪れて半年も経たずに再訪してるワケなんですけど(苦笑)、奇しくもその際最後に乗った地鉄オリジナル車、14767が出迎えてくれました。愛いヤツ。

131015_51.jpg
地鉄と立山ケーブルが連絡する立山駅。アルペンルートにも含まれる地鉄ですが、長野側からのアプローチだと立山ケーブルを降りた時点で「終わった」という感が大きいのは否めません。

131015_52.jpg
降りしきる雨。残念ですが、室堂で長居して降られるよりは良かったかな…。

131015_53.jpg
立山駅を12:35に出発。「5ヶ月ぶりだけど、もう懐かしいな~」とか感慨にふけりながら車窓を眺めるオレ。手にしてるのは普段は持ってかないビデオカメラで、首からぶら下げてるのがいつものカメラ。案の定、撮影がどっちつかずになってやっぱダメでしたね。(撮影・弟)

131015_54.jpg
GWに降り立った有峰口駅。今回利用の「立山黒部アルペンきっぷ」は立山線内は乗り降り自由だし時間も予定より大幅に巻いてるので、家族に駅舎めぐりを提案してみたんですけど「…んー、別にエエわ」ですと!(号泣)

131015_55.jpg
しかし必死に食い下がり、寺田駅で途中下車を強行!実際にじっくり見てみれば気も変わるハズ。

131015_56.jpg
家族の感想:「へー。」「古いな。」
そうかそうか…。一般のニンゲンの感覚というのはやっぱその程度のものなんだね(ふたたび号泣)。

131015_57.jpg
GWは工事中だった駅前ロータリーの整備が完成してました。これと駅舎の健在ぶりを確認できただけでもよしとします…。

131015_58.jpg
再び車内、常願寺川(じょうがんじがわ)を眺めるオヤジと弟。
今回の旅でデンシャも新幹線から地方の民鉄まで乗りましたが、家族の感想は全部「乗り心地」がすべてでした(笑)。そうかそうか…。一般のニンゲンの感覚というのは…(以下略)。

131015_59.jpg
結局大人しく終点の電鉄富山駅へ、13:42着。右端がホテル等併設の電鉄富山駅。北陸新幹線がらみのJR富山駅高架化工事がGWよりさらに進んでました。

131015_60.jpg
寺田駅のあたりでは止んでいた雨が再び降り出しました。これで富山駅前から路面電車でブラっと散策する案も却下。っていうか、この時点で実はもうみんな一刻も早く帰りたがってるんです。というのも、

飼いネコの19(イッキュー)が恋しいから!(爆)

普段の旅ではネコは両親がみてくれてるんですけど、家族旅行ということで今回は可哀想だけど1ピキで置いてきちゃったんですよ初めて。それがもう、僕も含めてホントは心配で心配で、オカンなどは「イッキュー今ごろどうしてるやろか」などと始終言ってたものの努めて考えないようにしてたハズが、ここ富山からあとは帰るだけという段になって抑えがきかなくなったというワケなのです。

131015_61.jpg
ということで、本来アルペンルートの時間が読めないので17時台の便をリザーブしていたJR北陸本線特急「サンダーバード」を15:22発の34号に変更してもらい、あっさり富山をあとにします。(撮影・弟)

131015_62.jpg
ところが!この10月15日は、伊豆大島に甚大な被害をもたらしたあの台風26号が日本に接近しようとしていた日で、何とその影響で滋賀県内の湖西線の運転が見合わせとなり、サンダーバードは東海道線経由に変更、30分の遅れが発生してしまうというハプニングに遭遇。
よもやサンダーバードの車内から米原の駅名標を目にすることになろうとは。ってか、こんなレアなケースに普段デンシャと縁のない家族が出くわすなんてある意味スゴイ。

131015_63.jpg
30分遅れの18:39ごろ、京都に無事帰着。
そんなこんなで、最後は何じゃそら!な締まらない終わり方でしたが、飼い猫イッキューとの再会(最初ビックリしてしばらくスネてました)も果たし、めでたく久方ぶりの家族旅行は幕、とあいなりました。

もっと家族旅行ならではの、何かこう、悲喜こもごものエピソードなど期待された方には申し訳ありませんが、こんな感じで終始淡々と進んで行ったような気がします。子供の頃の、「連れて行ってもらってた」旅とはもちろん違いましたが、普段の自分のデンシャ旅とも全然勝手が違うし、「やっぱ家族はいいな」と思うこともあれば「ああ鬱陶しい」と感じることもあり、何だか自分でもまだこれがどんな旅だったかイマイチ心の整理ができてない、というのが正直なところです。
とりあえず、オカンは「また行きたい」と言ってますが(笑)、問題はネコやなぁ…。

(おしまい)

撮影日:2013年10月15日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト

13-05-05 #15 END  地鉄本線/不二越線 稲荷町駅  〔富山県〕

06 25, 2013 | 富山地方鉄道

4 Comments
130505_137.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・最終回。
最後の途中下車駅は地鉄本線と不二越線(ふじこしせん)の分岐駅、稲荷町(いなりまち)。再訪
大正3年、富山軽便鉄道の駅として開業、昭和6年には富山電鉄が路線を併設、共同使用駅に。

130505_138.jpg
3面あるホームと駅舎は地下道で結ばれています。

130505_139.jpg
駅舎を含め、5年前と変わらぬ駅の姿を確認しに来たのもあったんですが、駅前のショッピングセンターで翌日のための買い物をしておこうかなと(笑)。ペットボトル飲料にしたって自販機で150円のものが90円前後で買えるんですから、旅費をちょっとでも浮かせたい僕のような貧民トリッパーにはこうした商業施設はありがたい存在です。大抵は駅から遠い幹線道路沿いにあったりするので、駅前だとなおさら。

130505_140.jpg
買い物を済ませ、再び稲荷町駅ホームへ。都合3日間お世話になった地鉄の、僕にとってこれがラストトレイン。カボチャ色(あんま好きじゃないんだけど・苦笑)の地鉄オリジナル車両でした。

130505_141.jpg
電鉄富山駅に到着。地鉄再訪駅めぐり旅もこれにて幕。


130505_142.jpg
あ、この写真、気に入ってたのに織り込み損ねたので最後に載せときます(汗)。
立山線・千垣~有峰口間、千垣橋梁からの眺め。

130505_143.jpg
そんなワケで、初日の路面電車を除いて2日間合計で39駅、連日スタート&ゴール駅の電鉄富山も含めると40駅訪問することができました。これで5年前とあわせて、地鉄の、それも古い駅舎のある駅はほぼ訪問が叶ったと思います。
ただ、たった一つだけとてつもなく大きな心残りが…。それは、立山線・五百石駅。2011年3月に100年近い歴史を誇る駅舎がもうまったくの別物に建て替わってしまっていたのです。それまでに訪れておかなかった自分を呪いながら、訪問リストから外すよりありませんでした。

130505_144.jpg
わずか5年の間にもいくつか消えたとはいえ、まだまだ地鉄は古く素晴らしい駅舎の宝庫です。これほど多様で歴史的な経緯にも富む古駅舎群を擁する鉄道は本当に貴重な存在で、世界遺産になってもいいぐらいだと思うほどですが、それこそそうしたお墨付きや保全義務でも与えられない限り、変化を止めることはできず僕の思いはノスタルジーのままなんでしょう。
まぁいつか消えてしまう儚さを感じるからこそ追い求めたくなるとも言えるので、僕はまたこの先も地鉄を訪れることになるハズです。

ともあれ、いつにも増して冗長な、中には毎度古い駅舎しか出てこず業を煮やして見るのをやめた方もおられるかもしれませんが、最後までお付き合いいただいた方には本当に、心より厚くお礼申し上げます。

(おわり …ですが、今回の旅の最終日につづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
     Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (2、6枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #14  地鉄本線 越中泉駅  〔富山県〕

06 24, 2013 | 富山地方鉄道

2 Comments
130505_131.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編は終わったんですが。
この日の訪問17駅目、ナゼか地鉄本線の越中泉(えっちゅういずみ)駅。初訪問。
昭和6年、富山電気鉄道の泉駅として開業した、ご覧の通りホームとプレハブの待合室しかない駅なので駅舎を目当てに降りたというワケではないんです。

130505_132.jpg
駅から南へ、ちょっとした集落を抜けると…。

130505_133.jpg
一面の水田と、その向こうに剱岳(つるぎだけ)を中心に立山連峰が広がっています。

130505_134.jpg
剱岳をクローズアップ。

130505_135.jpg
前回の立山線・本宮駅からの帰路、夕日を浴びる剱岳があまりにキレイで、どこかでさっさと降りればよかったんですが踏ん切りがつかないまま寺田駅まで戻ってきてしまい、やむなく本線に乗り換えてこんな日没寸前の越中泉で何とか夕映えの剱岳を拝むことができたというワケなんです。

130505_136.jpg
駅へ戻る途中とっさに撮ったものであまりイイ写真じゃないけど、夕陽と本線をいく地鉄のデンシャ。

(次回、ようやく最終回)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #13  地鉄立山線 本宮駅  〔富山県〕

06 22, 2013 | 富山地方鉄道

2 Comments
130505_121.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
16駅目、予定していた最後の駅は立山線、本宮(ほんぐう)駅。初訪問。

130505_122.jpg
昭和12年、富山兼営鉄道の駅として開業。

130505_123.jpg
現在は無人駅。

130505_124.jpg
この先は終点の立山駅、というところまでまた戻ってきたワケなんですが。フリー切符なればこその愚行。

130505_125.jpg
かつては列車の行き違い可能駅で、先ほどの写真にも相対式ホームと線路スペースの残存が認められます。いまや意味を成さない番線表示。対面ホームへの案内は駅舎内にうちやられています(左隅)。

130505_127.jpg
構内踏切だけでなく2番線の枕木の跡もまだ見受けられます。

130505_126.jpg
駅東側の踏切にも線路の痕跡が。

130505_128.jpg
踏み切りのところから常願寺川の河原が見えましたが、水辺には遠そうでした。

130505_129.jpg
朽ちそうに古い木造駅舎でも異彩を放つ駅でもありませんが、佇まいに何とも言えない雰囲気があって僕の中では気に入った駅のひとつです。

130505_130.jpg
これにて立山線の駅めぐりも終了。電鉄富山駅へ戻るデンシャを待ちます。

(でもつづく)


撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #12  地鉄立山線 釜ヶ淵駅  〔富山県〕

06 21, 2013 | 富山地方鉄道

4 Comments
130505_111.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
15駅目は立山線、釜ヶ淵(かまがふち)駅。初訪問。

130505_112.jpg
大正10年、立山鉄道の駅として開業。
地鉄本線の浜加積駅西魚津駅と瓜二つと言えるほど似た意匠の駅舎です。が、それらは昭和10年代の富山電鉄の駅だったので、設計者が同じか当時の流行りでなければ富山電鉄がマネしたことになりますねぇ。この釜ヶ淵こそがこの型の駅舎のオリジンだったのかも。

130505_113.jpg
ただ、前述の駅舎たちと違い近年リニューアルされて端正すぎるせいか、正直に告白すると僕にはグッとくる感じがなかった駅舎でした…。全面改築されたといっては嘆き散らし、いたわりで改装されてもコレジャナイと難癖をつける…。まったく難儀なヤツですね僕は。

130505_114.jpg
前回の下段駅とホームの光景はほとんど一緒です。列車の行き違い可能駅だった頃の痕跡以外は。

130505_115.jpg
かつての相対式ホーム上に、「花ぷらっと 釜ヶ淵駅をよくする会」の看板と共にプランターが並んでいます。駅を大事にされてる方々の努力には頭が下がります。駅舎がイマイチとか言ってゴメンなさい。

130505_116.jpg
駅舎から回廊でホームに繋がる光景も下段駅と同じ。

130505_117.jpg
無人駅ですが、とても手入れが行き届いてます。

130505_118.jpg
駐輪場の長さや自転車の数を見ても利用客が多めな駅だということがうかがえます。僕に帰る田舎はありませんが、帰省して降り立つ駅がこんなだったらなと夢想してしまう、好みのタイプの駅前風景。

130505_119.jpg
駅舎脇の、平成5年度に当時中学3年生(!)が描いたという力作の環境美化啓発看板。

130505_120.jpg
さて、延々続くかと思われた今シリーズも、いよいよクライマックス。次回が訪問を予定していた最後の駅となります。もっとも、記事の構成など考えずダイヤの都合で巡ってただけなので、劇的な終わりとかそれに相応しい駅舎とか用意してるワケじゃないんですが。

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
      Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (4、5、7、9、10枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #11  地鉄立山線 下段駅  〔富山県〕

06 20, 2013 | 富山地方鉄道

4 Comments
130505_101.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
14駅目は立山線、下段(しただん)駅。初訪問。
建て替えられてしまわないか心配な、古さと「木造」感の素晴らしい駅舎。

130505_102.jpg
昭和11年、立山鉄道の駅として開業。無人駅。

130505_103.jpg
げだん、じゃないんです。

130505_104.jpg

130505_105.jpg
ホームから見える、トタン波板のつぎはぎがハンパない駅舎の裏手。これぐらいになって初めて"老朽化"って言えるよね。

130505_106.jpg

130505_107.jpg
ホームと駅舎を結ぶ回廊の窓。

130505_108.jpg
駅舎正面右手、花壇…でもないし、トイレでも建ってた跡でしょうかね。ちなみに現在この駅にはトイレはありません。

130505_109.jpg
駅前で、次に乗るのと逆方面行きのデンシャを撮影。線路脇でデンシャだけを撮るようなことはまずない僕なので、こんな風に接するとデンシャってデカいなぁ、って今さらながら感じます。

130505_110.jpg

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
          Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (1枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #10  地鉄立山線 榎町駅  〔富山県〕

06 19, 2013 | 富山地方鉄道

0 Comments
130505_92.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
13駅目は立山線、榎町(えのきまち)駅。初訪問。

130505_93.jpg
大正10年、立山鉄道の駅として開業。

130505_94.jpg
色々と補修/改修は施されているものの、オリジナルの姿を留めていると思われる駅舎。

130505_95.jpg
駅舎とトイレの間に、駅舎の長さ分はあろうかという大木。榎…じゃないみたいですが。
余談ですが、地鉄ではトイレのない(もしくは使用不能)駅も多いのでご注意を。

130505_96.jpg
木製ラッチの残る改札から一段高いホームへ。

130505_97.jpg
ホームとそこから見える風景。

130505_98.jpg
駅前から見える煙突が気になってそちらへ少し歩いてみることに。近付くとどうも廃屋のよう。

130505_99.jpg
回り込んでみてもよく分からず、誰とも出会わないので何か訊くことも出来ず、正体は不明のまま…。どなたかご存知の方はぜひ教えて下さい。ずっと気になってます。

130505_100.jpg
駅へ戻る途中の民家の軒先で。ちょっとしたものを洗ったりするんだと思いますが、こういうのを見るとやっぱ富山は水に恵まれた土地だなぁと感じます。

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #9  地鉄立山線 横江駅と田添駅  〔富山県〕

06 18, 2013 | 富山地方鉄道

2 Comments
130505_82.jpg
2013年5月5日(日)、まだまだつづくGWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
11駅目は立山線、横江(よこえ)駅。初訪問。
ホーム側から見た駅舎の姿は、よくぞ残ってくれてると感動すら覚えるほどの、現役木造駅舎としては類を見ないほどのボロっちさ。ここも訪問を楽しみにしていた駅舎です。

130505_83.jpg
駅舎正面。
昭和6年、富山県営鉄道の尖山(とがりやま)駅として開業。地鉄統合後の昭和40年に現駅名に改称。

130505_84.jpg
駅舎右側面(南面)。
よく見ると庇の下の一部は固定スタンド式の駐輪場になってます。

130505_85.jpg
駅舎待合室。無人駅ですが比較的キレイに保たれています。

130505_86.jpg
駅舎からホームへは構内踏切を渡る。

130505_87.jpg
近年まで列車の行き違いの出来る駅だったそうですが、現在は駅舎側の線路は剥がされ構内踏切も島式ホームも意味を成していません。

130505_88.jpg
ホームの木造待合室越しに立山方面へ去る列車を。
この数100m先に、大正10年開業・のちに上横江駅と改称され平成9年に廃駅になった旧・横江駅があったそうです。


130505_89.jpg
12駅目、田添(たぞえ)駅。初訪問。
昭和6年、富山電気鉄道の駅として開業。

130505_90.jpg
ホームと木造の待合室があるだけの駅。
(脇の踏切を渡った先の田んぼの畦からの撮影)

130505_91.jpg
次の訪問先へ折り返すための短い滞在時間で済む駅として選んだとはいえ、すぐ南(写真と逆方面)を北陸自動車道がオーバークロスしていて、見た目と裏腹に騒々しくて落ち着かない駅です…。

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
          Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (1、7枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #8  地鉄立山線 有峰口駅  〔富山県〕

06 17, 2013 | 富山地方鉄道

0 Comments
130505_72.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
10駅目は立山線、有峰口(ありみねぐち)駅。初訪問。
ご覧の通りの、僕好みの素晴らしくボロい駅舎を擁する、今回の地鉄再訪で最も楽しみにしていたと言っても過言ではない駅。訪問し損ねたことを気に病み続けたこの5年の間にもし建て替わってたりなんかしてたら悔やんでも悔やみきれませんでしたが、健在でホントによかった…。

130505_73.jpg
昭和12年、富山県営鉄道の小見(おみ)駅として開業。「見」が欠落した旧駅名表示が残っています。現駅名に改称されたのは、地鉄に統合後の昭和45年のこと。

130505_74.jpg
1枚目の写真と反対の角度から。正面からは一見、切妻屋根をシンメトリーに配した様式かと思いきや、ナゼかこちら側の一方だけ入母屋(いりもや)造。

130505_75.jpg
左右で異なる妻面装飾の意匠。ホーム側も同様で、見れば見るほど不思議で味のある駅舎です。

130505_76.jpg
木枠の窓。

130505_77.jpg
出入り口と改札の戸がサッシなのが残念。無人駅ですが手入れは行き届いています。

130505_78.jpg
出札窓口上部に、音声案内用の新旧のスピーカー?
旧い方はヴィンテージのギターアンプとかラジオみたいな味わいのルックス。

130505_79.jpg
駅舎から見たホーム。

130505_80.jpg
構内踏切で島式ホームへ。

130505_81.jpg
かなり長い島式ホーム。終点の立山駅方面を望む。
左手のホーム跡ともう1本ぶんの線路スペースは、有峰ダム建設用資材を搬入していた頃の名残りだそうです。

めちゃめちゃイイ駅やなぁと感動しっぱなしだったのに、それをどう表現すれば得心がいくか見出せず、結局ありきたりのアングルの写真しか撮れなかったことにしばらくヘコみました…。

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
          Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D (2、5、7枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

13-05-05 #7  地鉄立山線 立山駅と千垣駅  〔富山県〕

06 16, 2013 | 富山地方鉄道

2 Comments
130505_64.jpg
2013年5月5日(日)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・支線編。
8駅目は立山線の終着駅、立山(たてやま)駅。再訪

130505_65.jpg
昭和29年、立山開発鉄道の仮駅→翌年、現在地に千寿ヶ原(せんじゅがはら)駅として開業。
次の訪問駅への折り返し点として寄ったに過ぎず、滞在時間は数分だったので5年前と違う出入り口(西口)に出てみてこんな中途半端な写真を撮っただけですぐまたデンシャに戻りました。
いずれ立山黒部アルペンルートでここから室堂(むろどう)・黒部ダムを経て長野県の信濃大町(しなのおおまち)へ抜けてみたいと思っています。


130505_66.jpg
9駅目は、千垣(ちがき)駅。初訪問。
大正12年、延伸した富山県営鉄道の終着駅として開業。

130505_67.jpg
立山へ向かうクルマや観光バスがひっきりなしに行き交う県道6号の脇にひっそり佇む駅舎。

130505_68.jpg
県道側から見た駅舎。道路のせいで駅舎が削られたようにも見えますが、金属系サイディングを施される以前の写真をネットで見る限り、駅名を記した切妻部との連続性が壁面にうかがえるので、元からこうだったみたいです。

130505_69.jpg
ホームも狭いし、イイ感じに全景を収めるのが難しい駅舎です。
立ち位置が非常に限定されるため、ネットで見かける他の方の写真も上の3点のどれかになってる率が高いですね(笑)。

130505_70.jpg
妻面は3面とも丸い換気口とハーフティンバー(柱や梁をあえて露出させる様式)風の装飾が施されていて、遊び心のある設計のイイ駅舎です。それだけに、合理性だけで処理した現在の道路側の壁面が残念でなりません。

130505_71.jpg
待合室も、雰囲気よくキレイに保たれているのでなおさら。

(つづく)

撮影日:2013年5月5日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。