RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

阪堺電気軌道  住吉鳥居前で  〔大阪府〕

06 30, 2008 | 阪堺電気軌道

3 Comments
hankai11

阪堺電車、住吉鳥居前電停での賑やかな風景を5枚。

hankai12


hankai13


hankai14


hankai15


名前の通り、住吉大社さんの目の前にある住吉鳥居前。
京都市電が走っていた頃の八坂神社や北野天満宮の風景も
こんな感じだったのかな、と想像できてつい長居してしまう好きな場所です。

1枚目=街並もどこか昭和50年代の京都市内を感じさせます。
2枚目=阪堺線・恵比寿町方面の乗り場。
3枚目=この日(6/14)は御田植神事があったからか余計にぎやかでした。
4枚目=西側の通りの奥には上町線の住吉公園駅と、南海電鉄の住吉大社駅があります。
5枚目=住吉大社側から西を望んだ風景。奥の高架が南海の駅です。

撮影日:6月14日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 5位/291サイト中(29日現在)
おかげさまで何とか踏みとどまれてます ありがとうございます

勝てない…

06 29, 2008 | その他

0 Comments
sanga0525
(※5/25のナビスコ VS神戸戦の写真です)

「デンシャ」と「京都」と、他にも好きなものはいっぱいあるのですが、中でもサッカーは僕には欠かせないもので、地元の『京都サンガF.C.』というJリーグのチームを心から愛してます。

それがここのところ勝てない。この週末も、下位の清水エスパルスに1-2の逆転負けで、順位もついに降格ゾーン一歩手前の15位へと転落…。
リーグ戦中断中にフェルナンジーニョなど強力な補強も済んでゲーム内容も悪くないのですが、5月17日の横浜Fマリノス戦以降勝ちがないので選手たちが自信を失くしているというか、どうも歯車が噛み合ってない感じ。加藤監督の采配も冴えないし、これは何とか浮上のキッカケをつかんでもらわないと…。
来週、7月6日(日)のホーム西京極でのVS大分トリニータ戦には檄を飛ばしに行かねば!

ところでEURO2008の方は日本時間6/30未明に決勝戦!スペイン×ドイツという好カードになりましたね。個人的には美しいサッカーなのにいつも頂点に縁の薄いスペインに優勝して欲しいと思ってます。

何にしても、元々イングランドやスペインリーグなどの展開の速いヨーロッパのサッカーが好きなので、ユーロを堪能したあとにJリーグなんか見るとカッタルいし主審のレベルもほとほとヒドイしイライラするんですが、それでもやっぱり心の底から勝利を喜べるのは京都サンガしか僕にはないのでした。

撮影日:5月25日
カメラ:Nikon D300 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 4位/289サイト中(28日現在) ありがとうございます
今見たら8位でした サンガと同調してズルズルと下がってます

阪堺電気軌道 就役50周年のモ501  〔大阪府〕

06 28, 2008 | 阪堺電気軌道

5 Comments
hankai6

昭和32(1957)年生まれの阪堺電車モ501形。今年で就役50周年だそうで、
この日は501号車がプレートやステッカーを付けた特別仕様で走っていました。

hankai7


hankai8


hankai9


hankai10


501形、就役50周年。実は僕がそれを知ったのはこの日たまたまで(汗)、ネットで調べてみると前の週末(6/8)の阪堺電車「路面電車まつり」で発表&お披露目されたみたいですね。他にも504、505号車が記念仕様になっているようです。
僕の生まれるずっと前からもくもくと働き続けてきたなんてスゴイですが、これからも色んな人を乗せてますます頑張ってほしいです。

1枚目=松虫駅で。このプレートを見て初めて知ったワケです(苦笑)。
2枚目=北畠(きたばたけ)電停から。
3枚目=帝塚山3丁目~4丁目間で。車体側面には記念ステッカーが。
4枚目=帝塚山4丁目駅で。
5枚目=住吉大社の鳥居と。

撮影日:6月14日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 3位/288サイト中(27日現在) ありがとうございます

阪堺電気軌道  天王寺駅前~松虫  〔大阪府〕

06 27, 2008 | 阪堺電気軌道

2 Comments
hankai1

木次線や一畑電車の反動か、また街のデンシャに乗りたくなって
大阪の阪堺電気軌道を訪れました。

hankai2


hankai3


hankai4


hankai5


昨年6月から丸一年ぶりの訪問で、一日乗車券「てくてくきっぷ」
今回は併用軌道区間を中心に周ってみたのですが、やっぱり路面電車はイイですね。
これからしばらく、この日撮影した阪堺電車の写真をアップする予定です。

1枚目=天王寺駅前で。この日最初に乗ったのは、モ501形。
2枚目=天王寺駅前の駅員さん。お願いして撮らせていただきました。見たままの親切な方でした。
3枚目=天王寺から2駅目の松虫駅近くの歩道橋から。
4枚目=モ503の車内。阿倍野あたりでモ706とすれ違おうとしているところです。
5枚目=松虫駅停車中のモ601形。LED表示ってどうしたらちゃんと撮れるのか教えて下さい…(泣)。

撮影日:6月14日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
  + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) (3、5枚目)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 3位/288サイト中(26日現在) ありがとうございます

D300 と 18-200

06 26, 2008 | その他

2 Comments
D300
■Nikon D40 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMで撮影

5月4日に手に入れて、6日から使い始めたD300。出雲の旅写真も全部これで撮ったのですが、もうすっかり虜になってしまいました。D40より大きくて重いし、当初は「早まってエラいモン買っちゃったな」、と後悔すらしていたのがウソのようです。
視野率100%の見やすいファインダー、ボディの剛性、シャッター音(とボタンの感触)、操作レスポンスの速さが特に快適な部分ですが、他にもD40と比較すると、撮影時に必要な機能をメニューを呼び出さなくてもボディのボタン類だけで設定できる点や、「うーん…」というような色や写りの不満がほぼなくなったことなど、もちろんデジイチ歴たった3ヶ月の僕の意見なので何の参考にもならないと思いますが、そんな僕でも値段が違うとこれだけ違うんだと感じてます。

そうなるとやっぱり、画角や描写力の異なる様々なレンズで「撮る/写す」こと自体を楽しみたくなるし、他の方々のブログ等のそうした写真を羨望の眼差しで見つめる昨今なのですが、僕のように、例えば短い乗り換え時間で「去って行くデンシャを望遠で。あ、駅の全景も!」とあれこれ欲張る撮り方では、元来のドンくささも手伝ってレンズ交換中にシャッターチャンスを逃しまくるのがオチなので、35mm判換算で約27-300mm相当の焦点距離をズーミング操作だけで瞬時に変えられる、僕の常用レンズVR 18-200mmが今のところ最適で、手放せません。
画角によっては歪曲がひどかったり描写力が落ちたり、F値が3.5-5.6と暗かったりと難点も多いですが、D300のキットレンズとしても発売されているだけあって写りや重量のバランスも良いと思います。

そんな感じで、「すごくよく写る高倍率ズームコンデジ」感覚でD300を使っているバカなユーザーですが、これからもせめて「撮りたい」と思った瞬間だけは逃さないように日々精進していきたいです。
D40も、RAWで撮ってピクチャーコントロールを適用するとD300とそんなに変わらない色味になることに気付いたので、暑いのが苦手で集中力が切れる夏場はその手軽な携行性を活かそうかと思ってます。

…っていうか、どうでもいいことをつらつら語ってしまってすいません

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 3位/287サイト中(24、25日現在) ありがとうございます

特急「やくも」で家路へ  〔島根~鳥取県〕

06 24, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

4 Comments
yakumo1

20日間以上も引っぱってしまった出雲の旅、いい加減 今回で終わりです。
出雲市駅17:18発のL特急「やくも」28号で出雲をあとにします。

yakumo2


yakumo3


yakumo4


yakumo5


島根県の出雲市からJR山陰本線で鳥取県の米子を経て、伯耆大山(ほうきだいせん)で伯備(はくび)線へと乗り入れ、終点・岡山へは20:23の到着です。その後、20:33発の新幹線のぞみ54号(N700系)に乗り換え、21:33、京都へと帰り着いたのでした。
僕の旅の最終日はできるだけ現地に長く居たいので、特急を使って帰るパターンがほとんど。ローカル線も速いデンシャも好きなので自分の中で矛盾はなく、この381系「やくも」は平成22年までにリニューアルされるらしいので現行型の乗り納め的な意味も兼ねた楽しい帰路の旅でした。

1枚目=車両のサイドに描かれた「やくも」のロゴ。(この写真のみ5月31日・岡山駅での撮影)
2枚目=発車直前のJR出雲市駅での光景。驚くほど乗る人が少なく、念のため指定席をとっていた僕はバカでした(新幹線への乗り継ぎ割引があるのでまぁいいんですけど)。
3枚目=振り子式特急ということで、カーブで飛行機の旋回かバイクのハングオンぐらいの勢いで車体が傾いているのが車窓風景(宍道湖)からお分かりになるでしょうか。
4枚目=松江あたりまでは宍道湖の南岸沿いを走ります。
5枚目=鳥取県の名峰、大山(だいせん)も麗しい山容を見せてくれました。ホントにいい旅でした。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 3位/286サイト中(23日現在) ありがとうございます

出雲大社と松江城  〔島根県〕

06 23, 2008 | デンシャ旅 -中国(私鉄・三セク)

3 Comments
izumo1

一畑電車の旅、番外編。
BATADEN沿線の観光地の中から、出雲大社と松江城の写真です。

izumo2


izumo3


matsue1


matsue2


僕のデンシャ旅は、その名の通りデンシャとその沿線の日常を感じることを目的にしているので
観光地へは積極的には足を向けないのですが、もちろん興味がないワケではないので
今回は出雲大社と松江城だけは行ってみました。
が、結局はデンシャと観光と気持ちがどっちつかずになってそれほど楽しめず、それならやっぱり
ひとつでも多くの駅に降りて駅前でも歩いていた方がよかったと後悔したりもするのでした。
写真もあまり魂が入ってないと思います(苦笑)。 ←じゃあ公開するなよ

1枚目=たまたま写ってませんが、ものすごくたくさんの観光客であふれてました。
2枚目=本殿は屋根しか見えないのでとらえどころがなく、写真にするのは難しいと僕は感じました。
3枚目=大社の門前町にある老舗旅館。歌手の竹内まりやさんのご実家なのだそうです。
4枚目=松江城。城は大好きなのですが、時間がなくて天守閣には登れず…。
5枚目=城の石垣。松江城は山陰では唯一天守閣の残る城なんだそうです。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 3位(20日)、4位(21日)、4位/286サイト中(22日現在)
すいません サボってたのにありがとうございます

一畑電車 "BATADEN"  〔島根県〕

06 20, 2008 | 一畑電車

6 Comments
ichibata26

一畑電車の旅、第7(最終)回。
"ばたでん"の愛称で地元の方に親しまれる一畑電車。
東の終点、「松江しんじ湖温泉」駅に到着した時点でひとまず僕の旅は終わりましたが、
最後にBATADENでのいくつかのスナップを。

ichibata27


ichibata28


ichibata29


ichibata30


実を言うと旅の2日目、一畑電車を巡った日は風邪が悪化したのもあって
朦朧としたアタマで撮った似たようなカットが多く、写真を選ぶのに苦労しました
そのせいで一畑電車の魅力が上手く伝わらなかったとしたら残念ですが、
宍道湖の北側を走る鮮やかなデンシャの旅は本当に素晴らしいものでした。
ブログをご覧の方々には長々とお付き合いありがとうございました。

1枚目=駅以外の場所でデンシャを撮ることの少ない僕にとっては貴重な写真です(笑)。出雲大社前駅のそばの堀川を渡る3000系。
2枚目=凛々しい運転手さん。
3枚目=松江しんじ湖温泉駅で。時間にならないとホームに入れないので外からデンシャを見つめるチビっ子。
4枚目=隠し撮りのつもりはないんですが、「撮らせてください」と起こすわけにもいかず…。
5枚目=車両最後尾から。津ノ森駅での列車交換後の光景。ボケてる部分は窓の汚れです(笑)。
さようなら、BATADEN。また来ます。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 5位/281サイト中(19日現在)
前日の2位から5位へ 順調に落ちております それでもクリックしていただいてる方にはホント感謝です

一畑電車 スイッチバックの駅、一畑口  〔島根県〕

06 19, 2008 | 一畑電車

4 Comments
ichibata21

一畑電車の旅、第6回。
スイッチバックにこだわった旅ではなかったつもりですが、前日の木次線に続き、
この一畑電車・一畑口(いちばたぐち)駅でもスイッチバックを体験できました。

ichibata22


ichibata23


ichibata24


ichibata25


JR木次線のスイッチバックは急勾配に弱い鉄道の弱点を補うための方策でしたが、
この一畑口駅のものは、かつてこの先に伸びていた路線との分岐点の名残で、
失くした方がスムーズに運行できそうなものですが、線路の付け替えや駅移転のコストを考えると
現状維持が妥当なのかもしれません。が、一畑電車に乗る楽しみの一つでもあるし、
僕個人はこのままずっとスイッチバックのある駅であってほしいと思います。

1枚目=北を望む踏切から撮影。左手ホームが下り(松江方面)、右手が上り(出雲方面)ホーム。例えば前者なら一番左の線路から一旦ホームに進入し、進行方向を変えて右下の方向の線路へと去っていきます。
2枚目=下りのホームに元・南海の3000系がやってきました。
3枚目=3.3km先の一畑駅へと路線が続いていたのが、昭和35年に廃止になってしまったそうです。
4枚目=一畑口駅駅舎。
5枚目=上り線のホーム。レトロな雰囲気のホームでちょっと嬉しくなってしまいました。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 2位/282サイト中(18日現在)
ついに首位陥落 今見たら6位ぐらいまで落ちてました(苦笑) 今までありがとうございました

一畑電車 伊野灘駅で  〔島根県〕

06 18, 2008 | 一畑電車

2 Comments
ichibata16

一畑電車の旅、第5回。
宍道湖を望む小さな駅、北松江線・伊野灘(いのなだ)という駅にふらっと降りてみました。

ichibata17


ichibata18


ichibata19


ichibata20


何がある、というワケでもなく、逆に何もなくただ宍道湖が見えたから、というだけで衝動的に降りてみただけの小駅です。そんなことができるのも、一日フリー乗車券を購入していたからです。
本当に何もなかったけど、でも得てして旅の記憶に残るのはこういう場面だったりします。

1枚目=片面ホーム1面と待合室があるだけの駅。
2枚目=僕以外は地元の学生さんが数人降りただけでした。
3枚目=待合室からは、田んぼと穏やかな宍道湖が。
4枚目=湘南の海じゃないけれど、それほど光景に差はないのに江ノ電との人気の違いは…
5枚目=駅の裏手の民家に、出しっぱなしの鯉のぼり。でも瓦屋根に似合うなぁ、とか思いました。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 1位/279サイト中(17日現在)
1週間1位でした 感謝を伝えるボキャブラリーが乏しくて情けないですが本当にありがとうございます

お見舞い申し上げます

06 17, 2008 | その他

2 Comments
6月14日午前、深度6強を記録したという岩手・宮城内陸地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

kuriden07


そして、栗原市・栗駒の温泉旅館で地震による土砂崩れに巻き込まれ亡くなられた方の中に、
岸 由一郎さんという、さいたま市・大宮の鉄道博物館学芸員の方がおられるのを新聞で知りました。

何でも、個人として全国の廃線となった鉄道車両や駅舎の保存運動に取り組まれていたそうで、
昨年廃線になった宮城県の「くりはら田園鉄道」の資産の保存・活用を考える、今年2月発足の
「くりでん検討委員会」の委員にも就任、同じく亡くなられた地域プランナーの麦屋弥生さんと共に
くりでん跡地の視察などで栗駒市を訪れていた際に被害に遭われたようです。

僕も昨年3月、廃線間際のくりでんを訪れましたが、ただデンシャに乗って
写真を撮り、「寂しいなぁ」と嘆いていただけの自分を恥じるばかりです。
とても惜しい方を亡くしました。ご冥福をお祈りします。


2007年3月10日撮影 くりはら田園鉄道・若柳駅で留置されていた栗原電鉄時代のM15形車両(M153)
■Canon IXY800IS
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 1位/279サイト中(16日現在) ありがとうございます

一畑電車 雲州平田駅で  〔島根県〕

06 16, 2008 | 一畑電車

6 Comments
ichibata11

一畑電車の旅、第4回。
松江へ向かう道中、一畑電車の車庫がある雲州平田(うんしゅうひらた)駅で途中下車。
来年3月引退のアナウンスのある、日本最古の現役車両・デハニ50形を見ておきたかったのです。

ichibata12


ichibata13


ichibata14


ichibata15


一畑電車のデハニ50形車両は、昭和3(1928)年と4年製の2両ありますが、常に貸し切り用お座敷電車としてしか運用されておらず、この日僕が乗ることは叶いませんでした。今回、一畑電車訪問の動機の一つはこのデハニ50形でしたが、でも静態保存などとは違っていつでも動き出せる「生きた」状態の姿を目に焼き付けることができたので満足です。
現在、一畑電車のHPでも買えるDVDや、島根出身の映画監督・錦織良成さんの『BATADEN』で走る姿が拝めるようなので、どちらもぜひ見てみたいと思っています。

1枚目=映画『BATADEN』のヘッドマークをつけて静かにたたずむ、デハニ53。
2枚目=デハニ53の奥には52も顔を覗かせています。ちなみに左手の一直線の線路が北松江線。
3枚目=なので、走行中の車両からも見ることができました。
4枚目=やはり地方鉄道などのローカルな路線の乗客はどこも学生やご老人の方々が主体。ちなみに、無人駅を除いて一畑電車の駅は列車到着までホームが締め切られ、数分前でないと改札業務が行われません。
5枚目=車庫の奥では洗車作業が行われていました。手作業だからか、どこかのどかで車両への愛が感じられました。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) (3、4枚目)
  + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 1位/278サイト中(15日現在)
気付けば大元の「鉄道ブログ」ランキングも7位と泣きそうなほど光栄です ありがとうございます

---------------------------------------------------------------------------
ところで6/14、東北地方で大きな地震がありました。昨年、くりはら田園鉄道を訪れたりと知らない土地でないだけに余計心配です。被害に遭われた方をはじめ、心からお見舞い申し上げます。

旧JR大社駅  〔島根県〕

06 15, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

5 Comments
t-st1

一畑電車の旅、第3回。
ですが、今回は一畑電車・出雲大社前駅から南へ徒歩15分ぐらいのところにある、
既に廃線となってしまったJR大社線の終点、旧JR大社駅のお話です。

t-st2


t-st3


t-st4


t-st5


JR大社線は明治45(1912)年に開業、平成2(1990)年に廃線になってしまったので
この大社駅(大正13年築の2代目)も廃駅、つまり鉄道の駅として機能することはもうありませんが、
素晴らしい状態で保存され、平成16(2004)年には国の重要文化財に指定されています。

にもかかわらず、入場料を取ったり妙なアトラクションを設置したりせずに
雰囲気を残したまま誰にでも解放されているところがまた素晴らしいと感じました。
どうして僕はデンシャに乗ってこの駅に降り立つことができなかったのだろう、
鉄道に興味を持つのがもっと早ければ…と嘆かずにはいられませんでした。

★開館時間 11~3月 9:00-16:00 / 4~10月 9:00-17:00

1枚目=駅舎正面。全景はネット上で多々紹介されているので割愛しましたが左右にさらに広がりがあります。
2枚目=駅舎内。国鉄時代の往時は相当の人であふれ返ったのでしょう。
3枚目=「通票閉そく装置」など運行に欠かせなかった設備も当時のまま残されていました。
4枚目=JR出雲市駅まで続いていた線路は、今ではホームの先で道路に変わってしまっています。
5枚目=今にも煙を上げて走り出しそうな蒸気機関車D51(774号機)も置かれています。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 1位/278サイト中(14日現在)
まだ1位のままなのでちょっと怖くなってきました(小心者) でも心底ありがとうございます

一畑電車 出雲大社前駅  〔島根県〕

06 14, 2008 | 一畑電車

3 Comments
ichibata6

一畑電車・大社線終点、出雲大社前駅。
出雲大社とまったくイメージの繋がらない、昭和5年築の風変わりな駅です。

ichibata7


ichibata8


ichibata9


ichibata10


この駅へは出雲市に着いた5/31の夕方と、翌6/1の2回訪れました。
最初はエキセントリックな風貌にちょっと面食らってしまうのですが、築80年近い時間の経過がそうさせるのか、そのうち出雲大社の門前町に馴染んで欠かせない建物に思えてくるのです。
そして駅前のタクシーの運転手さんたちは気さくで商売っ気なく色々教えてくださるし、はるばる千葉からここを見に来たという女性の方とお話しできたりと、出雲大社の「縁結び」の力は建築様式など関係なくこの場所にも息づいている気がしました。

1枚目=大社参拝客の姿も消えて静かなたたずまいの、夕暮れの出雲大社前駅。
ちなみに出雲大社は左手の道路の突き当たりにあります。
2枚目=駅のエントランス。一瞬、島根どころか、どこの国にいるのか分からなくなりそうです。
3枚目=ステンドグラスと、瓦と、時を重ねた壁。
4枚目=土・休日は、急行「出雲大社号」が松江しんじ湖温泉との間を1往復します。車両は元・京王電鉄5000系。
5枚目=駅舎正面。ちなみに駅は観光案内所も兼ねています。

撮影日:5月31日(1・2・5枚目)、6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 1位/274サイト中(13日現在)
まだ1位のままなんて信じられません 何か恐縮してしまいます ありがとうございます

夕暮れの一畑電車  〔島根県〕

06 13, 2008 | 一畑電車

3 Comments
ichibata1

一畑(いちばた)電車の旅、第1回。
出雲市に着いた僕は、翌日ゆっくり周る予定だった一畑電車を目の前にすると、
乗りたい衝動を抑えることができずに、とりあえず出雲大社前まで乗ってみることにしたのでした。

ichibata2


ichibata3


ichibata4


ichibata5


一畑電車は、島根県出雲市の電鉄出雲市駅~松江市の松江しんじ湖温泉駅を結ぶ33.9kmの北松江線と、途中の川跡(かわと)駅~出雲大社前駅を結ぶ大社線8.3kmを有する、山陰地方で唯一の私鉄です。
電鉄出雲市~出雲大社前をひとまず往復してみただけでも、出雲平野の田園風景の中を走るこのデンシャの魅力が伝わってきて、翌日の旅への期待が膨らみました。

1枚目=列車揃い踏み!イベントでも車庫でもありません。川跡駅では北松江線の上り下りと大社線が連絡するダイヤになっているので、日常の光景のようです。カッコイイ。
2枚目=この時間に乗って良かった、と思えた愛しい光景。でもやっぱり乗客は学生が主体なのです…。
3枚目=元・南海電鉄21000系の一畑電車3000系。電鉄出雲市から最初に乗った車両でした。
4枚目=出雲大社が麓にひかえる山の向こうに夕陽が沈んでいきました。
5枚目=出雲大社前駅到着。特徴のある駅舎については次回お伝えします。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 1位/274サイト中(12日現在)
引き続き1位でありがたさが身に染みました ホントに感謝してます

ありがとうございます!

06 12, 2008 | その他

3 Comments
kinkaku


参加していた『にほんブログ村』にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へブログランキング、お陰さまで1位になることができました!
ホント嬉しいです。上の写真、金閣寺の屋根上の鳳凰みたいな気分です(調子乗りすぎ)。
訪問していただいた上にクリックまでしてくださった方々のおかげです。ありがとうございます。
3月にこのブログを始めて、一時は120位とかそんな位置にいたのに(苦笑)、
まさかこんな日が来るとは思いもしませんでした。

鉄道車両の写ってない写真もいっぱいあるので、中には「どこが鉄道写真やねん!」と
お怒りの方もおられるかと思いますが、そういう写真は、その内また1位に返り咲かれるであろう
「§ rWeb LOG」さんをはじめ、既に多くのエキスパートの方々がおられるし、
僕はその補足的な役割というか、沿線や鉄道にまつわる風景なんかを主体に
これからも撮っていけたらいいなと思っています。

といっても、無理に差別化を図ろうとしているワケでもなく、
結局、僕はデンシャの旅で出会った「あぁいいなぁ…どうしても持って帰りたい」と感じた瞬間を
カメラにおさめることしかできないので、僕は多分、これから何位になったとしても
やることも写真も特に何も変わらないと思います(笑)。
よかったら、これからもお付き合いどうかよろしくお願いします。

最後に、これまで被写体となってくれた素晴らしい鉄道と、そこで出会った方たちにも感謝します。

thanks
記念に(笑)

撮影日:5月18日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 1位/271サイト中(11日現在) ホントにありがとうございます

出雲へ最後の乗り換え 宍道(しんじ)駅で  〔島根県〕

06 11, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

4 Comments
shinji1


出雲への旅、第7(最終)回。
この日の最終目的地・出雲市へ向け、最後の乗り換え。山陰本線(と木次線)・宍道駅での5コマです。

shinji2


shinji3


shinji4


shinji5


陽が沈みはじめる時間帯は僕にとってどこにいても気持ちの洗われるひと時ですが、
京都を発って11時間、木次線を乗り通した充足感も手伝って、
この宍道駅で最後の列車を待つ38分間は、ひと際印象深いものに感じられました。

1枚目=まだ行き先表示は「宍道」のままですが、18:00に 1457D列車となって出雲横田へ折り返す、僕が乗ってきた木次線キハ120。家路に着く少年たちの一人が、僕のカメラにお茶目なスマイル。
2枚目=宍道駅の駅舎は正面はあまり特徴がなく、山陰線ホームからの方が味がある気がしました。
3枚目=3番線、木次線の起点を示す0キロポストと、今は使用されていない4、5番線ホーム。
4枚目=長く伸びた影、宍道駅のエントランス。18:15に窓口業務は終了とのことでした。
5枚目=この日最後に乗車したのは列車番号 141D、2両編成のキハ47形。18:14発、出雲市18:31着。

出雲への旅、長々とお付き合いありがとうございました。
次回からは出雲路をめぐる一畑(いちばた)電車の旅をお伝えしたいと思ってます。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 2位/270サイト中(10日現在)
今見たら一瞬 1位になってました!ありがとうございます!!! もう思い残すことはありません

木次線の旅の終わり  〔島根県〕

06 10, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

5 Comments
kisuki11


出雲への旅、第6回。
15:08出雲横田着、16:06発の1460D列車(車両は同じ)で宍道(しんじ)へ。木次線の旅が終わります。

kisuki12


kisuki13


kisuki14


kisuki15


そんなこんなで、僕の人生初のスイッチバック体験は散々でしたが、
出雲横田からの車内は再び元の木次線の落ち着きが戻りました。
3段スイッチバックは確かに魅力的でしたが、もしそれがなかったとしても、
木次線は奥出雲の美しい車窓を味わえる、美しいローカル線でした。

1枚目=どこの神社?と驚くような本格的な建築の、昭和9年築という出雲横田駅の駅舎。
2枚目=何度も見る光景だけど、こんな山中に線路が敷かれていることに何か感動してしまいます。
3枚目=すごくキレイだと思った光景。前回と同じ車内とは思えません。
4枚目=亀嵩(かめだけ)や下久野(しもくの)、この出雲八代など降りてみたい駅がたくさんありました。
5枚目=山を降りたんだな、と実感する平坦な線路。17:36、木次線終点、宍道着。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 3位/267サイト中(9日現在)
ずっとこんな上位にいられるなんてホント光栄です ありがとうございます

アンビリーバボー!木次線 涙のスイッチバック  〔島根県〕

06 09, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

4 Comments
出雲への旅、第5回。
いよいよ木次線のハイライト区間にさしかかった三井野原で、まさかの展開!
突然、信じられないほど大勢の人たちがドッと乗り込んできたのです。

kisuki6


聞くと、世界遺産の石見(いわみ)銀山など島根の名所を巡るバスツアーの人たちでした。

kisuki7


kisuki8


kisuki9


kisuki10


そもそも僕がナゼ、青春18きっぷシーズンでもないこんな時期に木次線を訪れたかといえば、
鉄道ファンや観光客の賑わいを避けて、普段の木次線を味わいたかったからです。
魅力的な観光トロッコ列車『奥出雲おろち号』さえ念入りに避けたというのに、
まさか観光バスツアーの一団が途中から合流してくるとは、僕には思いも寄らなかった展開でした…。

1枚目=それまで僕を含め5人しかいなかった車内が一変、この有様…。
2枚目=ループ式の道路では日本一の規模という、奥出雲おろちループ…は辛うじて見えました。
3枚目=進行方向を変え、最初のスイッチバック。色めきたつツアーの方々。
4枚目=出雲坂根駅へ向け、降りていきます…って、見えねーって!
5枚目=二度目のスイッチバックは間隙を縫って何とか撮影(泣)。右手から降りてきて左へ下ります。

ハイライト区間を存分に堪能されたツアー御一行は、
出雲横田へ先回りしていたバスに再び乗り込んで去っていかれました。
いや、この人たちを恨むのは筋違いです。
興味あろうとなかろうとツアーに組み込まれているのですから。

おいしいところだけつまんで消費する旅行会社の商魂、そういった旅の形態に対する疑問、
そして何時間もかけて列車を乗り継いできた自分のやり場のない気持ちを抱えたまま、
次の宍道行きの列車を1時間待つために僕も出雲横田に降り立ったのでした。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 3位/266サイト中(8日現在)
3位再浮上 木次線なんてどうでもいいし飽きたとおっしゃる方もあるかもしれませんが ありがとうございます

ついに木次線へ  〔広島県~島根県〕

06 08, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
kisuki1


出雲の旅、第4回。この日の最大の目的だった、木次(きすき)線乗車をついに果たします。

kisuki2


kisuki3


kisuki4


kisuki5


JR木次線は、広島県の備後落合~島根県の宍道(しんじ)を結ぶ、81.9kmの路線。
1日3往復しかない区間もある超のつくローカル線なのですが、
国内で数箇所しか残っていない3段スイッチバックなど見どころの多い路線で、
最近『最長片道切符の旅』が復刻された、かの鉄道紀行作家、故・宮脇俊三氏の著書にも
何度も登場するので、僕にとっていつしか憧れの路線となっていたのでした。

1枚目=備後落合14:10発の1456D列車、キハ120-3に乗り込みます。
2枚目=ディーゼルカー1両で山間を快調に走り出しました。
3枚目=視界が開けると、小さな集落。
4枚目=雲は多いものの、すっかり青空。
5枚目=ありがちな写真ですが、やっぱりトンネル+単線は旅情をかきたててくれます。

そしていよいよ木次線のハイライト、三井野原~出雲坂根にさしかかります。
が、僕を待っていたのはまさかの展開でした…

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 3位(6日)→4位/266サイト中(7日現在)
しつこい風邪で一日更新トチってる間に再び4位 こんなのでも楽しみにして下さってる方 ホントすいません

芸備線で備後落合へ  〔岡山県~広島県〕

06 06, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

2 Comments
geibi1


出雲への旅、第3回は伯備線・新見駅を発ち、備中神代(びっちゅうこうじろ)から分岐する芸備(げいび)線へ。
木次(きすき)線の南の起点、備後落合(びんごおちあい)を目指します。

geibi2


geibi3


geibi4


geibi5


JR芸備線は備中神代から三次(みよし)を経て広島までを結ぶ、159.1kmの路線。
乗るのは今回が初めてなので、乗り残した備後落合以西が気になりましたが、
いずれまた訪れたいと感じた、のどかな山間の路線でした。

1枚目=新見駅12:36発443D列車、キハ120-336。ついにディーゼルカー登場でローカル線に乗り込むことを意識させられます。
2枚目=土曜の昼下がり、学校帰りの学生たち。熱気にむせるほど大勢乗っていました。
3枚目=野馳(のち)あたりで学生たちがみんな降りてしまうと、閑散とする車内…。
4枚目=ずいぶんと山奥まで来てしまいましたが天気も回復、旅の実感もようやく湧いてきます。
5枚目=13:56、備後落合駅到着。いよいよ木次線へ!

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 3位/266サイト中(5日現在)
3位に再浮上 何とお礼を言っていいのでしょうか とにかくありがとうございます

伯備線で新見へ  〔岡山県〕

06 05, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

7 Comments
hakubi1


出雲への旅、第2回。
0系新幹線で岡山に着いた僕は伯備(はくび)線に乗り換え、新見(にいみ)を目指します。

hakubi2


hakubi3


hakubi4


hakubi5


JR伯備線は正式には倉敷~伯耆大山(ほうきだいせん)を結ぶ138.4kmの路線を指すようですが、
時刻表と実際の列車の運用は岡山~米子という括りになっています。
今回は木次線に乗りたいので、芸備(げいび)線への乗り換えのため途中の新見で下車します。

1枚目=岡山駅で381系特急「やくも」を見送ります。
 出雲市へ直行する列車なのでこれに乗れば話は早いのですが(苦笑)。
2枚目=やくもが去った後に滑り込んできた10:14発の847M普通列車に乗ります。
 4両編成で後ろ2両は備中高梁(びっちゅうたかはし)どまり。
3枚目=雨で水量の増している高梁川(たかはしがわ)沿いに列車は進みます。
4枚目=備中高梁で車両の切り離し。
 作業自体より、このご年配の車掌さんの動作の方が面白かったです(笑)。
5枚目=新見駅で。折り返していく213系電車を見送りながら、
 乗り換え時間48分間をどう過ごすか、ちょっと途方に暮れたり…。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 4位/265サイト中(4日現在)
4位転落 これからはどこまで落ちるかが見モノです が、クリックしていただいてる方にはホントに感謝します

白青ボディの0系新幹線

06 04, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

5 Comments
0kei1


5/31、旅の初日。木次(きすき)線経由で出雲市を目指すため、まずは西へ。
岡山まで、今年11月で消えてしまう0系新幹線、それもラストランに向けて開業当時の色に塗り替えられた車両に乗りました。

0kei2


0kei3


0kei4


0kei5


昭和39年の開業当時にはまだ生まれてなかった僕ですが、
新幹線といえばやっぱりこの0系のフォルムを思い浮かべる世代ではあります。
普通に姿を見たり乗ったりできるのも今年限りというのも寂しいですね。
この塗色の0系の運転予定日は限られているようなので、こちらを参考に出かけました。

1枚目=丸いダンゴ鼻と、つぶらな瞳が可愛い。
2枚目=新大阪駅に入線する、僕が乗った こだま639号。
3枚目=西明石駅で。各駅停車の新幹線版鈍行なので、何度もホームに出て撮影できます(笑)。
4枚目=姫路駅で。駅に着くたびにファンが群がります。が、乗る人はわずか…。
5枚目=途中から雲行きが怪しくなり、まるで涙雨のように…。

撮影日:5月31日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 2位/264サイト中(3日現在)
今見たら3位に落っこちてました(笑) 束の間いい夢見させていただきました ありがとうございます

楽しい旅でした

06 03, 2008 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
at_yonago_st


土曜・日曜と2日間、島根県へ行って来ました。
木次(きすき)線、一畑(いちばた)電車を訪ねるのが主な目的のデンシャ旅でしたが、
これまで以上に色んな人と触れ合えた楽しい旅でした。
たとえば、帰りのJR米子(よなご)駅での今回の一枚。

出雲市から乗った電車の停車中、反対のホームにいた彼らに
車内からカメラを向けると、こんな素敵な笑顔でこたえてくれました。
旅の最後まで心があったかくなる出逢いに満ちていました。


★この写真のナイスガイのお二人さん、もし万が一見てたら連絡ください!
手を振って別れたけど、窓もあかず、ありがとうも言えなかったのが心残りです。


旅の最中に風邪をこじらせてしまって体調がイマイチなので
今宵はこの一枚で失礼します…。明日から更新がんばります。

撮影日:6月1日
■Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ→ 2位/264サイト中(2日現在)
旅に出てたので落ちてると思ったのに2位のままでビックリしてます
陳腐だけどホントに感謝という言葉しか浮かびません ありがとうございます