FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

天浜線フェスタ 天竜二俣駅運転区で  〔静岡県〕

11 12, 2009 | 天竜浜名湖鉄道

5 Comments
t-fes7
11月1日、天竜浜名湖鉄道で催された「天浜線フェスタ」では
会場の天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅の運転区を誰でも自由に見学できたので、
7月の天浜線駅めぐりの際は叶わなかった夢を果たすことができました。
写真は扇形(せんけい)車庫内での一枚。

t-fes8
左の建物が扇形車庫、手前の円形状の施設が転車台。
共に現役ながら国の登録有形文化財です。

t-fes9
京都の梅小路機関車庫以外、こういう場所へ足を踏み入れたのは初めてですが
いいモンだなぁ、と思いました。こうして「テツ」の底なし沼へハマっていくんですね(笑)。

t-fes10
かわってこちらは7月にひと目ボレした運転区事務室。
1940(昭和15)年の国鉄二俣線開業時に二俣機関区の事務室として建てられたものだそうで、
現在も天浜線の事務室として使用されている、古い学校の校舎のように
存在感と温かみのある建物です。こちらも登録有形文化財。

t-fes11
この日は鉄道ジオラマコーナーになっていた2階の会議室への階段の踊り場に、
1987(昭和62)年の天浜線開業時の車両デザインの資料や
かつて走っていたというトロッコ列車のヘッドマークが掲げられていました。

t-fes12
他にも、国鉄二俣線時代のタブレット閉塞機や駅名板などが保存されていました。


撮影日:11月1日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
鉄道総合でも1位にさせていただいたみたいで本当にありがとうございます。
スポンサーサイト