RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

房総デンシャ旅 #21 いすみ鉄道 大多喜駅のキハ52 〔千葉県〕

02 28, 2011 | いすみ鉄道

4 Comments
110109-69.jpg
2011年1月9日。
いすみ鉄道の旅の途中、大多喜(おおたき)駅で思いがけない出会いに恵まれました。
正確にはネーミングライツにより歯科企業の名が冠された「デンタルサポート大多喜駅」。
この駅は関東の駅100選にも認定されてるそうです。

110109-70.jpg
思いがけない嬉しい出会いのひとつが、駅を去る列車に手を振るこちらのお方。

110109-71.jpg
いすみ鉄道の鳥塚亮(とりづかあきら)社長!
快く撮影に応じて下さって、掲載の許可もいただきました。
いすみ鉄道の「いま」をご自身で綴られている「いすみ鉄道 社長ブログ」もあります。

110109-72.jpg
そしてもうひとつの出会いがこの、キハ52!
車両自体にそれほど執着心のない僕も、コレはグッときます。

110109-73.jpg
いすみ鉄道HPのトップにも記されているように、
昭和40年生まれの国鉄型車両で、昨年(10年)引退が決まるまで
JR大糸線(おおいとせん)で活躍。

110109-74.jpg
いすみ鉄道の存続・再生の目玉として鳥塚社長さんの熱意でこの
いすみ鉄道へやって来ました。

110109-75.jpg
まだスノープラウ(除雪板)が付いた雪国の大糸線仕様のままです。

110109-76.jpg
このキハ52、今春から観光列車として運用されるそうで
それは耳にしていたものの本来なら出会えるはずもないと思ってたんですけど、
この日は何と「キハ52車両オーナー/サポーター」限定の「お色直し撮影会」が催され、
終了後車庫へ戻るまでのタイミングに運良く大多喜駅で目にすることができたというワケです。
(キハ52の写真はすべて駅の傍の道路からの撮影)

下調べしてなかったことが珍しく良い方に作用した、駅名のごとく「大多喜」なひと時でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #20  いすみ鉄道  〔千葉県〕

02 27, 2011 | いすみ鉄道

0 Comments
110109-62.jpg
2011年1月9日。
14:00、上総中野駅からはいすみ鉄道へ。
上総中野は小湊鐵道との共同使用駅で、駅舎から遠い方にいすみ鉄道のホームがあります。

isumi.jpg
いすみ鉄道は、かつて国鉄/JR木原線(きはらせん)だった路線を引き継いだ
第3セクター鉄道。大原を起点に上総中野までの26.8kmを結んでいます。
久留里線と繋がって内房の木更津へ至る計画だった木原線、
外房の安房小湊への延伸を目指していた小湊鐵道が上総中野で手を結んで
半島横断路線の夢を成就させた形ですが、実際その需要は少ないようで
いすみ/小湊の相互乗り入れなどもありません。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110109-63.jpg
国鉄時代からあるんじゃないか、って感じの古レール使用のホーム上屋(うわや)。

110109-64.jpg
経営が厳しいと聞いてましたが、2両編成でお客さんも結構乗るので意外な感じ。

110109-65.jpg
一日乗車券(1,000円)を車内で買って、いすみ鉄道の旅がスタート。
車窓風景は小湊と、っていうか房総半島内陸部はどこも大体こんな感じみたいですね(笑)。

110109-66.jpg
単線をトコトコ20分ほど、いすみ鉄道の中心駅・大多喜(おおたき)が近付いて来ました。

110109-67.jpg
車庫もある大きな駅で…って、あれ!この車両はもしや!?
いや、まだ(この1/9の時点では)走ってないハズなのに??

110109-68.jpg
大多喜駅到着。もともと途中下車予定の駅ではあったんですが、
さっきの車両を早く確かめにいかねば!
うぅ、構内踏切を渡りたいのに列車交換がもどかしい(泣)。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #19 上総中野駅 グッバイ小湊鐵道 〔千葉県〕

02 25, 2011 | 小湊鐵道

8 Comments
110109-56.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり、最後は終点の上総中野(かずさなかの)駅。
(写真は構内踏切より)

110109-57.jpg
五井6:36の下り始発でスタート、行きつ戻りつを繰り返し
7時間後にしてようやく全線制覇です(苦笑)。

110109-58.jpg
半日お世話になったキハ200と上総中野駅。(構内踏切からの撮影)

110109-59.jpg
駅舎全景。西日をまともに受けてるのでフレア/ゴーストが出てますがあえて正面から。
昭和3(1928)年5月開業、この駅舎は平成元年(1989)改築されたものだそう。

110109-60.jpg
起点の五井から39.1km、小湊鐵道線としてはここでおしまいです。
(構内踏切からの撮影)
ただ隣のホームから外房線の大原駅へと いすみ鉄道の路線が伸びてます。

110109-61.jpg
グッバイ、小湊鐵道。(構内踏切からの撮影)


こうして記事にしながら振り返ってみるとなかなかイイ鉄道だったなぁ、
ってしみじみ思えるんですが、正直この時はかなり複雑な気分でした。

普段の僕の旅は、ヘンな先入観を持ちたくないので事前の下調べは
訪問してみたい駅舎とか運行情報のチェックぐらいに留めているんですけど、
こと小湊鐵道に関してはまぁホントに色んなところで取り上げられてて
勝手に目に入ってしまうし、しかも悪く言う人の話も聞いたことがないので、
知らず知らず自分の中で夢のローカル線かレトロ桃源郷か、ってイメージが
膨らみまくってしまって過剰な期待を抱いてたんでしょう。

実際に訪問してみると車窓風景は先日のJR久留里線と判別つかないぐらいで、
駅舎も確かにイイんですが、バラエティーに富んだ僕の一番好きな
富山地方鉄道と比べたら単調な感は否めませんし、
それなりに各地のローカル線を周ってるつもりの僕としては
そんなに他と比較して特別な印象は正直受けなかったので、
ずっと「え?え?」って想像とのギャップにとまどいつつ、
「そんなハズはない、この先にきっと…」みたいな気持ちのまま
終点に辿り着いてしまったというワケです。

ただ、ガッカリしたとかそういうのは全然なくって
何も知らずに訪れてたら「こんな鉄道風景がまだ日本に!」なんて
涙を流さんばかりに喜んでたかもしれません。
沿線の方々に愛されて駅舎はどれも手入れが行き届いて気持ちよかったし、
キハ200みたいな、目にしただけで「小湊鐵道!」ってイメージできる
素敵な車両を頑張って走らせてくれてるのも素晴らしい。
この先もずっと残り続けてほしい鉄道のひとつであることは間違いありません。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #18 小湊鐵道 月崎駅と里見駅 〔千葉県〕

02 24, 2011 | 小湊鐵道

2 Comments
110109-48.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐりも終盤、今回は2つまとめて。
7駅目は月崎(つきざき)駅です。
小湊鐵道開業翌年の大正15(1926)年9月にこの月崎まで延伸したそうで、
そのせいか古いのに里見までの小湊標準形(?)の駅舎と趣きが違います。

110109-49.jpg
夜間イルミ点灯が行われる駅みたいで、電飾がいたるところに。

110109-50.jpg
NOBUNOBUさんという方の写真ブログ「新NOBUNOBU写真談」でよく拝見する駅だったので
すごく期待して来たんですが、勝手に思い描いたイメージと色々ギャップがあって面食らい、
どう撮っていいのか混乱したまま終わってしまいました…。
NOBUNOBUさん上手いなぁ~(笑)。

110109-51.jpg
右手に写ってる方々が、何やら真剣に冊子と駅舎の細部とを見比べて調査されてるので
「な、何をされてるんでしょう!?」とお聞きすると、岡井千聖さんというアイドルの写真集の
ロケ地がどうもこの月崎駅らしく、それを検証しているとのことでした(笑)。
傍目にバカらしいようなことにマジになってる姿が逆に感動的で、
それでいて全然ヲタ臭さのない会話が面白く、思いがけず楽しい時間を過ごせました。

月崎駅は11:52から12:22まで30分間の滞在でした。

110109-52.jpg
かわって8駅目は里見(さとみ)駅。
大正14(1925)年の小湊鐵道開業当初の終着駅。
駅前がすぐ県道81号線で、引きのスペースがないので
全景を収めたい方は広角レンズをお忘れなく(笑)。

110109-53.jpg
デカい杉玉が軒先に架かってるんですが、ナゼ??

110109-54.jpg
ほかにも駅舎内の待合室に古いデンシャのシートとかレトロな灰皿とか、
駅舎の脇には薪が積まれてたりと何か摩訶不思議な空間でした。

110109-55.jpg
でもたたずまい自体は古き佳き時代の鉄道駅の雰囲気が色濃く残るいい駅でした。

里見駅は12:29から13:05まで36分間の滞在でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #17 小湊鐵道 上総久保駅 〔千葉県〕

02 23, 2011 | 小湊鐵道

0 Comments
110109-42.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり・6駅目は上総久保(かずさくぼ)駅です。
この先に上総久保って駅もあってうっかり間違えそうですが
上総鶴舞と高滝の間の、"停留所"といった風情の田んぼの中の小さな駅です。
昭和8(1933)年4月の開業だそう。

110109-43.jpg
僕一人を降ろして上総鶴舞へと向かうデンシャ。

110109-44.jpg
待合室のとても気付きにくい位置に、ひっそりと掲げられた駅名の板。

110109-45.jpg
ホームに待合室と、何でしょうね、改札代わりの屋根つきエントランスみたいのがあります。

110109-46.jpg
ホーム南側(高滝方面)より。シンボリックな待合室背後のイチョウの木。

110109-47.jpg
待合室のベンチから。
駅にも周りにもなーんにもないけど、ナゼか訪問した中で一番気に入ってしまった駅でした。

上総久保駅は11:16から11:38まで22分間の滞在でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #16 小湊鐵道 高滝駅 〔千葉県〕

02 22, 2011 | 小湊鐵道

4 Comments
110109-36.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり・5駅目は高滝(たかたき)駅です。
あ、ちなみに駅舎は写真右側の奥の建物。
駅前の県道81号線からの撮影で、カドのお家が駅舎そっくりの風情で面白かったんです。
関東、もしくはこの地方の昔の標準的な建築様式なんですかね。

110109-35.jpg
高滝駅舎全景。
これもそうなんですが大正14(1925)年3月の小湊鐵道開業(五井~里見)時の駅舎は
デザインが全部いっしょですね(笑)。ただここのは改修されたのかトタン屋根。

110109-37.jpg
高滝駅を訪問したのは、駅舎というよりは僕の別の趣味でもあるバス釣りの名所、
高滝湖(ダム)を見てみたかったから。駅前の県道沿いの家の方がめちゃめちゃ親切丁寧に
行き方を教えて下さって、迷わず辿り着けました。湖のほとりにある、高滝神社の境内から。
何と、僕の地元京都の上賀茂・下鴨神社から平安時代に分祠されたお社だとか。

110109-38.jpg
あー、何か関東の湖らしいたたずまい。っていうか、釣りしてぇ…。

110109-39.jpg
ワカサギ釣りをされてたオジさん。
冷水を好む魚なのでポカポカ陽気だとかえって釣れない、ダメだねぇ、とのこと。
近くにいた同好のバスアングラーのおニイさんも今日はダメだそう。
どうも急激な天候や水温の変化で湖全体がタフってるみたいです。

110109-40.jpg
そろそろ次の列車の時間なので駅へ戻ると、来た時にはいなかったニャンズが!

110109-41.jpg
いや、リラックスするにもほどがあるやろキミ(笑)。

前回の上総鶴舞と打って変わって終始和やかな空気が流れていた高滝駅でした。
高滝駅は10:02から11:13まで1時間11分の滞在。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #15 小湊鐵道 上総鶴舞駅 〔千葉県〕

02 21, 2011 | 小湊鐵道

4 Comments
110109-29.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり・4駅目は関東の駅100選に認定され
映画・ドラマやCMのロケ地としても有名なあの!上総鶴舞(かずさつるまい)駅です。
僕自身は数々の写真ブログで素晴らしい被写体となっているのを目にしてきたので
いやが上にも期待は高まります。

110109-30.jpg
確かにこのホームから見た南側の光景は素晴らしいです。なかなかお目にかかれません。

110109-31.jpg
…が。
駅前、こんなだったの!?すぐそばをダンプとかバンバン通る道路もあるし。
写真で見たイメージはものスゴく秘境感あふれる雰囲気だったのに…(泣)。

110109-32.jpg
なんかバスも来ました。

110109-33.jpg
駅前のイチョウの木は立派でしたね。秋はさぞかしキレイそう。

110109-34.jpg
定番のアングル。っていうかやっぱこう撮りますねフツー(笑)。
だって反対側は生活感あふれる道路が絶対入っちゃいますもん。

いや、僕の期待が勝手に大きすぎただけで
確かに駅自体のたたずまいは素晴らしいですし、
訪れる季節や時間帯でも印象は全然変わるんだと思います。

僕が訪問した時は、会釈してもジロリと睨み返すだけの
感じ悪いカメラマン2人とカチ合っちゃったりしたのもあって
あーもう一刻も早くここを去りたい、って気分で
余計に印象が悪くなったんだと思います…。
上総鶴舞駅ファンのみなさん、ゴメンなさい。

上総鶴舞駅は9:42から9:56まで14分間の滞在でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #14 小湊鐵道 養老渓谷駅 〔千葉県〕

02 20, 2011 | 小湊鐵道

4 Comments
110109-20.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり・3駅目は養老渓谷(ようろうけいこく)駅です。
昭和3(1928)年5月開業の駅だそう。

110109-21.jpg
五井から34.9km、終点・上総中野の一つ手前の駅。

110109-22.jpg
って、あれ!?くずカゴの陰からニャンコが!

110109-23.jpg
いつの間にかホームにも!

110109-24.jpg
あ、なるほど。駅ネコですかぁ。(待合室にて)

110109-25.jpg
ニャンズの動きが急に機敏になったと思ったら。駅のオバちゃん出勤。

110109-26.jpg
毎朝こうしてエサをもらうのかな?
節度をわきまえて敷居のところで肩を並べて待ってます。カワユス…。

110109-27.jpg
次の駅へ向かうデンシャが来たのでニャンズに別れを告げて乗り込もうとすると
車掌さんも何かネコのエサみたいなの手にして相好を崩されてます(笑)。
みんなに愛されてるんやねぇ養老渓谷の駅ネコ諸君。

養老渓谷駅には8:51から9:15まで24分間の滞在でした。

110109-28.jpg
いやー、心あったまる駅でしたが個人的にもう一つツボだったのは駅前のコレ。
レンターサイクル」「ラジュム鉱泉」「ペンツヨン」。
VOW的なネタ大好き人間の僕にはたまりません(笑)。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #13 小湊鐵道 海士有木駅 〔千葉県〕

02 19, 2011 | 小湊鐵道

8 Comments
110109-14.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり・2駅目は海士有木(あまありき)。
海士有木。あまありき。アマアリキ。
この字ヅラと口にした時の妙な心地よさに魅かれて訪れたような駅です。

110109-15.jpg
駅舎全景。前回の上総牛久と同じく大正14(1925)年3月開業。
五井から5.4km・2つ目の駅で、上総牛久から5駅戻ってます。

110109-16.jpg
駅舎内から見た改札口。
僕の他に少年が一人降りて駅を去るとまったく人の気配がなくなりました。

110109-17.jpg
駅舎内、待合室の窓。

110109-18.jpg
改札口脇のベンチ。

110109-19.jpg
下り(上総牛久、上総中野方面)ホームの端で。
この駅の特徴は2面2線・相対式ホーム、駅舎と上りホーム間にスペースと段差、
列車交換可能駅、などなどがありますが、一応そういうのも撮ってはいるんですが
セレクトして残ったのは全然関係ない、ありがちだけど朝の光が印象に残った場面でした。
海土有木駅は7:40から7:58まで18分間の滞在。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #12 小湊鐵道 上総牛久駅 〔千葉県〕

02 18, 2011 | 小湊鐵道

4 Comments
110109-8.jpg
2011年1月9日。
小湊鐵道の駅めぐり、起点の五井を除いて一駅目は上総牛久(かずさうしく)駅です。
五井から16.4km・7つ目の駅で、ここから先は極端に列車の本数が減るという
運行上の分水嶺にあたる駅です。

110109-9.jpg
駅舎全景。イイ感じです。大正14(1925)年3月開業の駅だそう。

110109-10.jpg
顔を出したばかりの太陽に照らされたデンシャとホームのベンチがキレイでした。

110109-11.jpg
駅舎内から改札口を。

110109-12.jpg
駅前風景。
「思いやりのまち牛久」「南市原まちづくりナウ」と書かれた
正面のかなり意図不明な意匠のアーチが萎えます…。
なんでお金かけてワザワザこんなの作るんスか!(怒)。

110109-13.jpg
去り際に見つけた構内踏切の「きしゃにちゅうい」が
荒みかけた心を和ませてくれました。汽車て(笑)。
上総牛久は7:03到着、7:21まで18分間の滞在でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #11  小湊鐵道  〔千葉県〕

02 16, 2011 | 小湊鐵道

10 Comments
110109-1.jpg
2011年1月9日、日曜日。
房総デンシャ旅の2日目は千葉6:00発の内房線快速で16分の五井(ごい)駅から
ローカル私鉄の小湊鐵道(こみなとてつどう)を訪問。

多くのメディアに登場し、特に鉄道に興味のない人さえも魅了してしまう、
銚子電鉄と双璧をなす関東ローカル私鉄の雄、みたいな存在で
天邪鬼な僕は逆に敬遠していたところはあったんですが(苦笑)
いつかは行ってみたいと思っていた憧れの鉄道でもありました。

kominato.jpg
小湊鐵道は五井駅を起点に房総半島内陸部の上総中野(かずさなかの)までの
39.1kmを結ぶ全線単線・非電化の私鉄路線。(青春18きっぷ不可です)
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110109-2.jpg
ガンバって早起きして五井駅6:36の始発列車に乗り込みました。
一日フリー乗車券(1,700円)を有効活用するためにも(笑)。

110109-3.jpg
小湊鐵道を象徴するキハ200形ディーゼルカー。やっぱイイですねぃ。

110109-4.jpg
駅長さん(?)が発車ベルを鳴らして列車が動き出します。
いよいよ小湊鐵道の旅のスタート!

110109-5.jpg
7つ目の駅、上総牛久(かずさうしく)の手前あたりでやっと朝日が顔を出しました。
今日もいい天気になりそう。

110109-6.jpg
朝日を浴びて鈍く光る車体。
どっから撮ってんだって話ですが、もうデンシャを降りてます。

110109-7.jpg
もちろん最終的には全線を乗り通すつもりですけど、小湊鐵道は車両だけじゃなく
駅舎もシブいのがたくさんあると聞いてるので、まずはできる限り駅めぐりを、と思ってます。
(つづく)

撮影日:2011年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #10 JR東金線 そして千葉へ 〔千葉県〕

02 14, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

6 Comments
110108-68.jpg
2011年1月8日。
JR外房線の旅の途中、夕暮れの築堤上を往くデンシャを
撮りテツする僕がいました。

110108-69.jpg
…なんてのはウソで、外房線と総武本線(そうぶほんせん)とを
大網(おおあみ)~成東(なるとう)で結んでいるJR東金線(とうがねせん)に寄り道。
写真は大網駅。左が高架の外房線ホーム、そして右が築堤上の東金線ホーム。
たたずまいが面白い駅ですね。

tougane.jpg
JR東金線・大網~成東は路線距離たった13.8km、駅も途中3つしかないミニローカル線。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110108-70.jpg
16:48、大網駅を出発。

110108-71.jpg
田園風景の中を東へ。

110108-72.jpg
路線名になっている2駅目の東金で乗客がドッと下車していきました。
この町を中心にした生活路線といった印象です。

110108-73.jpg
さらに2駅進んで17:06、終点の成東に到着。わずか18分のプチ旅でした。
ちなみに西を向いて撮ってますがホーム右側が総武本線。

110108-74.jpg
成東駅。総武本線は07年に乗車済みだし、このまま総武本線で千葉へ行ってしまうと
外房線を乗り残してしまうので再び大網へ折り返します(苦笑)。

110108-75.jpg
17:34に大網に戻り、3分の連絡で外房線の旅を再開。
と言っても25分で千葉に到着して何となく呆気ない幕切れに。
っていうか、房総半島を一周してから見た千葉の街はネオン煌めく大都会です(笑)。

110108-76.jpg
ホントにギャップが激しすぎて、「どんだけ人がおるねん!」ってビックリしてしまいます。
千葉駅前にて。

110108-77.jpg
千葉駅と妖しく浮かび上がる千葉都市モノレール。この日は千葉駅前に投宿。
こうして房総半島のJR路線完全制覇を成し遂げた初日の房総デンシャ旅は終わりました。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
   (4枚目のみ:Nikon COOLPIX P7000)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

★連休の旅から帰ってきました。寒かったけどゲストのお陰でいつにも増して楽しい旅に。
コメントのお返事滞っててすいません(汗)

房総デンシャ旅 #9  JR外房線  〔千葉県〕

02 10, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

2 Comments
110108-60.jpg
2011年1月8日。
安房鴨川 14:47発の列車で外房線(そとぼうせん)を北上します。

sotobo.jpg
JR外房線は千葉から安房鴨川まで主に房総半島の外側(東岸沿い)を
走る全長93.3kmの路線。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110108-61.jpg
209系っていうんでしょうか、とにかくスカ色の113系じゃないことは確かです(泣)。
これに乗ってGO。

110108-62.jpg
癒しの時間をもらった安房鴨川の浜辺にさよならを。

110108-63.jpg
安房小湊(あわこみなと)駅で対向列車の行き違い待ちで数分停車。例によって駅舎拝見。
外房線の駅舎は特に屋根を水色にしたり統一してる感じはありませんでした。
ちなみに私鉄の小湊鐵道はここまで繋げる計画だったので「小湊」と名が付いたんだそう。

110108-64.jpg
外房線沿線の町は「漁村」といった風情の集落が多かったように思います。

110108-65.jpg
勝浦(かつうら)でも列車交換待ち。

110108-66.jpg
長者町(ちょうじゃまち)~太東(たいとう)間。
だんだん海から離れて田園風景がひろがってきました。

110108-67.jpg
気が付けば日も傾いて、そろそろ初日の旅も終わろうとしています。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

★連休はまた旅に出ます(天気大荒れの予報…泣) コメントのお返事など遅くなります
 どうもすいません

房総デンシャ旅 #8 安房鴨川 内房線走破 〔千葉県〕

02 09, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

4 Comments
110108-51.jpg
2011年1月8日。
12:57、館山駅に別れを告げて内房線の終点・安房鴨川(あわかもがわ)を目指します。
(写真は進行方向右手、館山駅西口駅舎を振り返ってます)

110108-52.jpg
南下を続けた内房線は館山から東へ向きを変え、房総半島先端の内陸部をしばし横断、
千倉(ちくら)から今度は北上。外房の大海原が見えてきました。

110108-53.jpg
江見(えみ)~太海(ふとみ)間。ここが一番海に近づいたと記憶してるんですけど
水が青くてめっちゃキレイ!

110108-54.jpg
太海(ふとみ)駅を発車して振り返っているところ。
もう何か、南房総って「ひと足早い春」を通り越して「常夏」の世界って感じですね。

110108-55.jpg
そんなこんなで13:36、内房線の終点・安房鴨川駅に到着。めでたく内房線走破です。
右がここまで乗ってきたデンシャ、左手の外房線特急「わかしお」18号は13:40発と
すぐの連絡で、しかも勝浦まで普通列車として運転されるので18きっぷOKだったんですが
ちょっと迷った挙句、予定通り見送ることにしました。

110108-56.jpg
移動そのものが目的の僕の旅ですが、乗り継ぎの都合で止むを得ず、という場合以外は
やっぱり最低でも走破目標路線の起点駅と終点駅ぐらいは降り立ちたいじゃないですか。
というワケで、改札を出て安房鴨川駅の駅舎を拝見。外房線の終点でもあります。

110108-57.jpg
次の外房線普通列車の発車時間まで1時間ほどあるので
駅から徒歩数分の海岸まで行ってみます。

110108-58.jpg
前原海水浴場っていうんだそうですが、レンズに収まらないぐらい
広い海と砂浜と空がひろがってて気持ちイイ!デンシャを降りてみてよかった…。

110108-59.jpg
この日は全国的にも暖かかったみたいですが、浜辺にいて風も結構あったけど
全然寒くなくって、時々シャッターを切ったりしながらずーっとボーっと海を見てました。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #7  内房線 館山へ  〔千葉県〕

02 08, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

4 Comments
110108-44.jpg
2011年1月8日。
木更津から11:39、安房鴨川行きのデンシャに乗って内房線の旅を再開します。
今度は特急じゃないですよ(苦笑)。

uchibo.jpg
JR内房線は蘇我から安房鴨川まで主に房総半島の内側(西岸沿い)を
走る全長119.4kmの路線。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110108-45.jpg
特急も走る幹線ですが君津(きみつ)から先は単線に。
その君津から3駅先の佐貫町(さぬきまち)駅で列車の行き違い待ちの時間を利用して
駅舎拝見。通りすがりに見た他の駅舎もそうでしたがイメージカラーなのか屋根が水色に。

110108-46.jpg
しばらく進んで保田(ほた)駅でまた列車交換。
っていうかデンシャ、もう全部コレなんですか?
房総デンシャ=国鉄型スカ色113系っていうイメージが崩壊…。

110108-47.jpg
時折ひろがる海の景色がホントに気持ちいい。富士山もずっと見えてました。

110108-48.jpg
12:49、館山(たてやま)着。8分ほど停まるので駅の外へ。

110108-49.jpg
館山駅の駅舎(西口)。地中海風というかスペイン風というか、近頃は一般住宅もホテルも、
猫も杓子もこんな感じですけど、さすが南房総の青い空と海には似合いますね。悪くない。

110108-50.jpg
だって駅前風景がこれですもん(笑)。改めて記しておきますが撮影日は1月8日です。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #6 久留里線終点・上総亀山駅 〔千葉県〕

02 06, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

2 Comments
110108-36.jpg
2011年1月8日。
10:15、JR久留里線の終着駅・上総亀山(かずさかめやま)に到着。
起点の木更津から片道1時間の旅でした。

110108-37.jpg
キハ30もお疲れ様。ホントに似合いますねぇ、久留里線に国鉄色のキハ30は。

110108-38.jpg

110108-39.jpg
昭和11(1936)年開業当時のままではもちろんなさそうですが、
その頃の雰囲気が感じられる、なかなかの駅舎でした。

110108-40.jpg
駅前で見かけた昭和チックな観光案内図。僕はバス釣りも趣味(プロフ写真参照)なんですが、
バス釣り界で亀山ダムは有名スポットなので関西人の僕でも知ってます。

110108-41.jpg
現いすみ鉄道の旧国鉄木原線と繋がって房総半島横断路線となる計画は遠い昔に潰え、
上総亀山で行き止まりの久留里線。

110108-42.jpg
なのでまた1時間かけて木更津まで戻ります(苦笑)。折り返しの便は10:28発。

110108-43.jpg
11:31、ふたたび木更津。
キハ30みたいな車両との別れは名残惜しくて、つい何度もありがとうお疲れ様とか
胸の中で呟いちゃいますが、さて、気分も新たにここから内房線の旅を再開です。
(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

房総デンシャ旅 #5  JR久留里線  〔千葉県〕

02 05, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

8 Comments
110108-27.jpg
2011年1月8日。
安易な解決策でしたが(汗)特急「さざなみ」に助けられて計画が元に戻ったので
木更津9:14発の列車でJR久留里線(くるりせん)に寄り道旅。

kururi.jpg
JR久留里線は木更津から房総半島の内陸部へ向かって
上総亀山(かずさかめやま)までを結ぶ全長32.2kmのローカル線。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110108-28.jpg
千葉県内のJR線唯一の非電化路線だそうで、車両も当然ディーゼルカー。
この時は国鉄色のキハ30と久留里線色キハ37の2両編成でした。

110108-29.jpg
キハ30の車内。お客さんはそこそこ乗ってました。

110108-30.jpg
横田(よこた)駅で列車の行き違い。

110108-31.jpg
いきなりイイですねぇ、久留里線。
月並みな表現ですが車両にも駅にも人の温もりが感じられて。

110108-32.jpg
キハ30の前面窓から。ローカル線おなじみの単線です。

110108-33.jpg
天気もいいし景色も長閑だし、眠くなる…かというと僕の場合、
久留里線が期待通り素晴らしくって、嬉しくて逆に目が冴え冴えです。

110108-34.jpg
途中駅ですが線名にもなっている久留里駅。
「くるり」といえば僕も大好きな同郷(京都出身)のバンド、くるりもヨロシク。
(Voの岸田氏は鉄道ファンですがバンド名は特に久留里線に由来してるワケでもないそうです)

110108-35.jpg
先の横田駅でもそうでしたが、この久留里駅でもタブレット交換が行われます。
(タブレット=単線での対向列車同士の正面衝突を避けるための通行手形のようなもの)
ちなみに僕の後ろにもシャッターを切っている男女数名がいます(笑)。
お約束とはいえ、やっぱこの光景はみんなカメラに収めたいですよね。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #4 救世主、内房線特急さざなみ 〔千葉県〕

02 04, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

2 Comments
110108-20.jpg
2011年1月8日。
内房線(うちぼうせん)が特急の走る幹線でよかった…。

寄らずもがなの東京駅でのささいなミスから旅の端緒で計画を狂わせ、
肝心の房総半島めぐりの起点駅、蘇我(そが)で勝手に窮地に立った
マヌケな京都人1名を救ったのは、内房線を走る特急「さざなみ」でした。
青春18きっぷ旅なのに余計な出費(運賃+特急料金)はイタイですが、
これならプランを取り戻せます!

110108-21.jpg
蘇我8:46発、館山(たてやま)行き内房線255系特急「新宿さざなみ1号」、9両編成。
「新宿」とあるのは、土休日だけ東京じゃなく新宿始発の臨時便だからだそう。
最初からコレに乗ってればこんな苦労もなかったようなモンですが(苦笑)。

110108-22.jpg
走り始めてほどなく、五井(ごい)駅に停車。ご存知、小湊(こみなと)鐵道の起点駅です。
いるよ、小湊鐵道のキハ200が!とテンション上がりますが今は乗りません。

110108-23.jpg
内房線の上り(千葉方面行き)普通列車とすれ違います。
「一般庶民のみなさ~ん、僕ぁ特急ですよぉ」ってイヤなキャラになるぐらい快適です。

110108-24.jpg
最初は窓に何か映りこんでるのかと目を疑いましたが、キレイな富士山!
東京湾の向こうにこんな鮮やかに見えるんですね。内房線の旅って素晴らしい!

110108-25.jpg
あぁ素晴らしき内房線…と浸りかかったところで9:09、特急の旅を20数分で終えます。

110108-26.jpg
降り立ったのは木更津(きさらづ)駅。
まさか肝心の房総半島の旅を特急列車で始めることになるとは思いませんでしたが、
これでここから分岐する9:14発の久留里線(くるりせん)の列車に間に合います!
それを逃すと次は10:06。旅のプランが完全崩壊するところでした。
というワケで始まったばかりですが内房線の旅は小休止、久留里線に寄り道です。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #3 JR京葉線 〔東京都~千葉県〕

02 03, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

12 Comments
110108-13.jpg
2011年1月8日。
東京駅からJR京葉線(けいようせん)で房総へ向かう計画でしたが、
とんでもない(しょーもない)ミスで予定のデンシャに乗り損ねます。

っていうか、計画段階で京葉線のりばの位置すら確認しておらず、
大慌てで探し回って辿り着いたのは、駅舎を見に外に出た丸の内北口からはるか南の、
しかも地下4階でした。地上にあるのが東京駅ホームのすべてだと思ってました…。
とりあえず、直近に発車する7:45発の蘇我(そが)行き普通列車に飛び乗りました。

keiyo.jpg
JR京葉線は東京駅から千葉県の蘇我駅を結ぶ全長43.0kmの路線。
途中に武蔵野線/総武本線と接続する西船橋への支線もあるんですね。
この時は知らなくて、全線乗り通したつもりになってました(つくづくバカ)。
(地図は「白地図MapMap」に手を加えて作成 クリックで拡大)

110108-14.jpg
平成2(1990)年に全線開通したそうで、昨年の20周年記念ヘッドマークを付けた列車も。

110108-15.jpg
潮見(しおみ)駅の手前で地上に出て、新木場(しんきば)駅のあたりで
進行方向左手に東京スカイツリーが。ホントにどこからでも見えるんですね。

110108-16.jpg
っていうか、ずっと高架で眺めはいいし海は見えるしで
めちゃめちゃイイじゃないですか京葉線!ディズニーリゾートも通り過ぎました。

110108-17.jpg
海浜幕張(かいひんまくはり)駅付近。ここかぁ、幕張メッセのある場所って!
とか、完全におのぼりさん状態。

110108-18.jpg
進行方向左手、千葉みなと駅から伸びる千葉モノレール。
乗りたかったけど今回の旅には組み込めませんでした(泣)。また来ます。

110108-19.jpg
8:33、終点の蘇我駅に到着。
Jリーグ・ジェフ千葉のホーム、フクアリの最寄り駅なんですよね。
今年は我が京都サンガもJ2なので、お手柔らかにお願いします(泣)。

さて、ようやく何とか目的地である房総半島の付け根まで辿り着きました。
計画では蘇我8:31発の内房線の列車に乗ってないとダメなんですが、2分差でアウト。
東京駅での失敗は大きく尾を引き、予定が完全に狂いました。どうする!?
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #2 東京駅の失敗 〔東京都〕

02 02, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

8 Comments
110108-7.jpg
2011年1月8日。
房総半島めざしてまずは中央線で東京駅へ。
新宿からJRで千葉方面なら御茶ノ水で総武本線なんでしょうけど、
復元改築中の東京駅の駅舎がどうなってるかな、ってちょっと寄ってみたかったんです。

110108-8.jpg
7:13、東京着。

110108-9.jpg
09年の東北旅の時はまだ半分ぐらい元の駅舎が見えてましたがご覧の通り。
予定では2010年度末完成…なんですけど間に合うの?? でも楽しみです。

110108-10.jpg
現場の扉がガラーっと開いたので思わずカメラを向けたら、右のオジさんが
「どうぞどうぞ」ってしばらく開けたまま中を撮らせて下さいました(感涙)。

110108-11.jpg
それにしても朝からめっちゃエエ天気!嬉しいなぁ。

110108-12.jpg
7:30、じゃあそろそろホームに戻って本題の房総の旅へいざ。
2番のりばから32分発のデンシャ、2番のりばから32分…って、え?アレ?

中央線ホームやん、ココ!(ガボーン)

もちろん京葉線(けいようせん)に乗るつもりだったんですが、
メモってた「京葉線快速 2番(のりば)7:32(発)」ってのと
改札電光掲示板でチラと見た「7:32 快速 武蔵小金井」をまったく別の列車と感じず、
夢遊病者のように中央線ホームへまた上がって来てしまってたのでした。
前夜、深夜バスに乗る数時間前まで仕事してたしバスでもあんまり眠れなかったし
ホント言うと全然旅モードになってなくてアタマが回ってませんでした。

で、一気に目が醒めたんですけど、乗ったことないから知らないぞ、
京葉線2番ホームってどこだ!?間に合うのか!?(間に合うワケない)
…と、いきなり計画が狂ってしまった東京駅での一幕でした。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
   (1枚目のみ:Nikon COOLPIX P7000)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

房総デンシャ旅 #1 今年2度目の旅のはじまり 〔東京都〕

02 01, 2011 | デンシャ旅 -関東(JR)

10 Comments
110108-1.jpg
2011年1月8日、土曜。
中国地方デンシャ旅の4日後の朝、僕はここに立っていました。
コクーンタワー、っていうんでしたっけ。そう、新宿です。

110108-2.jpg
前夜、京都駅前から深夜バスで新宿駅西口へ。
僕と同様にバスから降り立った人たちや何やで、朝7時前だというのにエラい人込みです。

110108-3.jpg
日本一利用客の多い駅だというのを実感します、新宿駅。

110108-4.jpg
中央線(快速)のりばへ。
東京は駅の規模の割にホームが狭いなぁ、っていつも思います。

110108-5.jpg
さて、まずは東京駅へ向かいますよ。

110108-6.jpg
御茶ノ水駅のあたり。
神田川のお陰か何かホッとする好きな場所です。

買ったはいいが、昨年12月はまったく使う機会がなかった冬の青春18きっぷ。
年明け早々の中国地方の旅で2回分何とか使用し、残り3回分をどう消化するか、
10日で期限切れなのでもうチャンスは8~10日の3連休しかない。
行先は?今年の冬はことに寒いので雪の心配のないところへ行きたい。
それでまだ乗ったことのない路線となると………あ!房総半島!
銚子電鉄と総武本線以外、丸っきり手付かずのエリア。決まり!

というようなことを、あーでもないこうでもないと悩みながら
年初から2週連続で泊りがけの旅に出るやてアホやなぁ、とも思いつつ、
房総半島目指して東へ向かうことになった僕なのでした。
(つづく)

撮影日:2011年1月8日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
   (6枚目のみ:Nikon COOLPIX P7000)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます