FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-03 #3   小樽   〔北海道〕

06 21, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120503_17.jpg
2012年5月3日、GW北海道・フリーパスの旅4日目。
函館本線・銭函駅のすぐ先が小樽(おたる)。
唯一、時間に余裕のある一日でもあるし、せっかくなので「観光」してみます。

120503_18.jpg
うわー、ホンマに観光地の駅前風景やなぁ。
いつものごとく何のリサーチもしてないのでテキトーに歩きはじめます。

120503_19.jpg
小樽といえばこの風景、ってぐらい色んなメディアで目にする小樽運河に突き当たりました。
…あれ!?正直に言うと全然感動しない(苦笑)。
人だらけだとか賑やか過ぎる周りの景観とか、何かと色々ギャップが…。

120503_20.jpg
北海製罐小樽工場の倉庫。これはイイ。

120503_21.jpg
旧日本郵船小樽支店。なるほど。

120503_22.jpg
土産物のお店などが建ち並ぶ堺町本通りも、商魂と人や車の多さにちょっと辟易するものの、
佇まいは素晴らしいものが。地元京都を観光客として訪れたらこんな感覚なんだろうか。

120503_23.jpg
だいぶ目が慣れてきた。小樽という街が何となく分かってきた気が。

120503_24.jpg
それより何より。

120503_25.jpg
卯建(うだつ)の油壁、そして瓦屋根!

120503_26.jpg
北前船の寄港地として栄えた小樽は、ゆえに「僕の知っている」文化が根付いている街でした。

120503_27.jpg
北海道に数日身を置いただけで、こんなにも瓦屋根が恋しくなっている自分に驚きました。
それほどまでに「内地」の瓦屋根の文化が染み付いていることを思い知らされました。
だから多分、小樽は半分ぐらい「北海道」じゃないんですきっと。

もちろん小樽は気に入りましたが、北海道全域を周る旅をしてるんだったら
せっかくなら小樽や以前訪れた函館みたいな内地の影響の強い土地以外を
観光すべきだったかな、ともちょっと思ったり、色々考えさせられたひと時でした。
(つづく)

撮影日:2012年5月3日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

スポンサーサイト