FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-05 #1  函館本線 砂原回り  〔北海道〕

07 04, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120505_2.jpg
2012年5月5日。
GW北海道、一週間のフリーパスの旅も6日目。
翌日夕方には帰るので、道内で終日過ごせるのもこの日が最後です。
そう思うと寂しくなってきましたが、まずは森駅から、
朝6:14発の函館本線・砂原(さわら)回りの列車でスタート。

120505_3.jpg
森駅を函館へ向け出発するとすぐ線路は二手に分かれます。
右手が特急も走るいわばメインルート、左がこれから訪問する「砂原回り(砂原線とも)」。
鈍行主体の遠回りのルートですが、輸送力増強のために後から敷かれた路線だとか。

120505_4.jpg
駒ケ岳の東麓を行く砂原回り。雨も上がって前日よりは見え方がマシです。

120505_5.jpg
渡島砂原(おしまさわら)駅。
「砂原回り」っていうぐらいだから路線の中心の町の大きな駅だと思ったら、
駅舎は確かに大きいものの、漁港の前に建つ廃墟のよう(に見えた)な無人駅でした。

120505_6.jpg
内浦湾沿いを走るように地図上では見えるけど海はあまり見えず、
林の中を進んでは時々思い出したように駅に停まる、といった感じでした。

120505_7.jpg
2両編成なのにガラ空きで心配しましたが、
鹿部(しかべ)駅でようやく通学生のまとまった乗車が。

120505_8.jpg
大沼駅でメインルートと合流。50分ほどの砂原回りの旅が終わりました。
路線や駅舎の雰囲気もなかなか好みで、また再訪したいと思った路線でした。

120505_9.jpg
函館本線でまだもう一つ乗り残している「藤城線」制覇のために、
小沼を眺めながらそのまま函館(またか…)へ向かいます。

120505_10.jpg
渋いレンガ造りのランプ小屋のある渡島大野(おしまおおの)駅に停車。
ここは北海道新幹線の新函館駅(仮称)に生まれ変わる予定で、駅舎も解体済み。
このランプ小屋の運命は…。

120505_11.jpg
前日は特急ですっ飛ばした上に反対側の座席にいたので気付きませんでしたが、
新幹線の高架工事も木古内に劣らずバリバリ進んでます。
(つづく)

撮影日:2012年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます


続きを読む »

スポンサーサイト