FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

13-05-06 #5  JR北陸本線 市振駅  〔新潟県〕

07 04, 2013 | デンシャ旅 -北陸(JR)

6 Comments
130506_37.jpg
2013年5月6日(月)、GW旅最終日。
北陸新幹線開通の暁に3セク化され「北陸本線」でなくなる路線の駅を、出来る限り見てまわってます。
6駅目、前回の親不知駅から一駅戻って、市振(いちぶり)駅。
新潟県の西端の駅で、北陸本線3セク化後、新潟の「えちごトキめき鉄道」と、富山の「あいの風とやま鉄道」の営業上の境界駅となるんだとか。

130506_38.jpg
大正元年、国鉄の駅として開業。オーソドックスなスタイルの駅舎が、まったく古いままではありませんが残っています。

130506_39.jpg
駅舎(駅本屋)の建物財産標がちょっとナゾ。竣工年月(日)を表すもので、通常一つなのが二つある点。上の「昭和63年」というのは国鉄がJRに移行した頃なので、改築か増築の証でしょうか。下のヤツにしたって、大正元年の駅開業より以前の日付です。

130506_40.jpg
ここもホームから海が見える駅。

130506_41.jpg
けれども大部分を風除け・波除けの柵が覆っていて、停車中の列車からは案外見えません。

130506_42.jpg
レンガ造りの古いランプ小屋。開通100周年を迎えた北陸本線の歴史を感じます。

130506_43.jpg
改修されて古さは感じない駅舎内ですが、こんな逸品を残してくれてるところは粋です。ただ、いつのものかは不明。

130506_44.jpg
時間があったのでホームから見えた漁港の方へ歩いてみます。線路を渡る道路から駅を振り返ったところ。

130506_45.jpg
漁港のあるこの辺りが市振の集落のようです。

130506_46.jpg
あとで調べると、芭蕉の奥の細道にも詠まれている「市振の関(関所)」が置かれ、その跡を記す碑なんかもあったみたいですが、海と集落をちょっと眺めただけで駅へ戻ってしまいました…。

(つづく)

撮影日:2013年5月6日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト