FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-04-04 #03  惜別・江差線 終点、江差駅  〔北海道〕

05 26, 2014 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
140404-33.jpg
2014年4月4日(金)、JR江差線惜別訪問・第3回。
起点の五稜郭(ごりょうかく)駅から79.9km、江差線の終着駅、江差に到着。
京都からは1,436km、先日まで掲げていた「江差まで鈍行旅」というお題目もこれにて一応カタがついた形です。

140404-34.jpg
江差駅。昭和11年(1936年)の江差線全通時に開業。
「ありがとう江差駅」のモニュメントは北海道建築士会 檜山(ひやま)支部寄贈とあり、廃線が決まってから設置されたもののようです。

140404-35.jpg
駅名標。

140404-36.jpg
駅舎全景。

140404-37.jpg
駅舎内。窓口業務は9:00~17:00でしたが、廃線までは道内最西端の有人駅でした。

140404-38.jpg
駅前風景。

140404-39.jpg
駅前の道路(道道215号線)から見た江差駅。

140404-40.jpg
駅舎を出て右手、2年前の訪問時は「Sellers」というコンビニだった店舗が「えさしおもてなしプラザ」になってました。

140404-41.jpg
店内の一角には、「さよなら・ありがとう江差線 特設コーナー」も。グッズ類は集めてもいないし荷物になるしで普段まず買わない僕も、今回は記念に江差線車両のサボ「江差-木古内-函館」のミニチュアプレートと江差の町の歴史をまとめた小冊子なんかを購入。

140404-42.jpg
気さくに撮影に応じて下さった上にお茶目なポーズまで決めて下さったお店の方。江差のイイ思い出になりました。ありがとうございました!

140404-43.jpg
蒸気機関車C56牽引の一番列車を町民総出で小旗を振って見送ったという開業の日から78年、江差駅は終焉の時を迎えることとなってしまいました…。

(つづく)

撮影日:2014年4月4日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
           + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

スポンサーサイト