FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-08-14 #03  南木曽 土石流のあと  〔長野県〕

09 12, 2014 | デンシャ旅 -信越(JR)

2 Comments
140814-23.jpg
2014年8月14日(木)、お盆休みの旅初日・第3回。
南木曽(なぎそ)を訪れたのは、7月の台風8号で土石流が発生、中央本線も寸断したというニュースに衝撃を受け、その現場をこの目で見てみたかったからでした。

『台風8号の北上に伴い、日本列島上空に停滞した梅雨前線が活発化、長野県南木曽町では7月9日午後、7月としては最大となる1時間当たり70ミリの雨を観測した。同日午後5時40分ごろ、同町読書の川で土石流が発生し、民家が流され1人が死亡した。県や国土交通省中部地方整備局によると、土石流が起きたのは木曽川支流の梨子沢。上流で発生した土石流が現場周辺の100メートル以上にわたって川からあふれ出し、住宅2棟が倒壊、近くを通るJR中央線の橋も流された。(2014年07月10日 時事通信)』

140814-01.jpg
土石流の起きた梨子沢(なしざわ)、奥の橋桁がJR中央本線。橋桁は流され、線路も300mにわたり土砂や流木で埋まったそうです。このため野尻(のじり)~坂下(さかした)間が8月5日まで不通となっていました。

140814-03.jpg
こんなのが土砂と共に押し寄せてきたら、ひとたまりもない…。

140814-04.jpg
ひしゃげた民家…。

140814-26.jpg
沢沿いの鉄工所らしき建物は、通り抜けた土石流のため1階部分が空っぽになっていました。

140814-27.jpg
梨子沢と木曽川の合流部、川幅の大部分が流れ出た土石流で埋まってしまった木曽川。

140814-24.jpg
被害状況を調査されているような場面にも遭遇しました。

140814-25.jpg
土石流発生から約一ヶ月、まだ復旧作業も始まったばかりといった感じでした。

140814-02.jpg
過去にも土石流災害に見舞われ、その流れ下る様子が蛇に見えることから「蛇(じゃ)抜け」と言い伝わる南木曽。その痕跡をこうして目にしただけでも恐怖を感じましたが、このあと、まさか広島でさらにあんな大きな土砂災害が起きるなんて…。そして、9月に入った現在も全国各地で豪雨が多発、災害発生の危険と背中合わせの状況が続いています…。

狭い国土の地形に沿って敷かれた鉄路を始終旅する僕も、いつか巻き込まれるんじゃないかと常々思ってるんですが、ちょっとぐらい不便でもみんなもう少し自然に寄り添う生活に戻って、何とか根本的に気候変動を食い止められたらなぁ、などと夢想しつつ、亡くなられた方のご冥福と一層の復興を祈りながら南木曽をあとにしました。

(つづく)

撮影日:2014年8月14日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + TAMRON 14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます
スポンサーサイト