FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-03 #3   小樽   〔北海道〕

06 21, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120503_17.jpg
2012年5月3日、GW北海道・フリーパスの旅4日目。
函館本線・銭函駅のすぐ先が小樽(おたる)。
唯一、時間に余裕のある一日でもあるし、せっかくなので「観光」してみます。

120503_18.jpg
うわー、ホンマに観光地の駅前風景やなぁ。
いつものごとく何のリサーチもしてないのでテキトーに歩きはじめます。

120503_19.jpg
小樽といえばこの風景、ってぐらい色んなメディアで目にする小樽運河に突き当たりました。
…あれ!?正直に言うと全然感動しない(苦笑)。
人だらけだとか賑やか過ぎる周りの景観とか、何かと色々ギャップが…。

120503_20.jpg
北海製罐小樽工場の倉庫。これはイイ。

120503_21.jpg
旧日本郵船小樽支店。なるほど。

120503_22.jpg
土産物のお店などが建ち並ぶ堺町本通りも、商魂と人や車の多さにちょっと辟易するものの、
佇まいは素晴らしいものが。地元京都を観光客として訪れたらこんな感覚なんだろうか。

120503_23.jpg
だいぶ目が慣れてきた。小樽という街が何となく分かってきた気が。

120503_24.jpg
それより何より。

120503_25.jpg
卯建(うだつ)の油壁、そして瓦屋根!

120503_26.jpg
北前船の寄港地として栄えた小樽は、ゆえに「僕の知っている」文化が根付いている街でした。

120503_27.jpg
北海道に数日身を置いただけで、こんなにも瓦屋根が恋しくなっている自分に驚きました。
それほどまでに「内地」の瓦屋根の文化が染み付いていることを思い知らされました。
だから多分、小樽は半分ぐらい「北海道」じゃないんですきっと。

もちろん小樽は気に入りましたが、北海道全域を周る旅をしてるんだったら
せっかくなら小樽や以前訪れた函館みたいな内地の影響の強い土地以外を
観光すべきだったかな、ともちょっと思ったり、色々考えさせられたひと時でした。
(つづく)

撮影日:2012年5月3日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

120503s_34.jpg
銭函から15:20、函館本線上り3440M、
区間快速「いしかりライナー」に乗車。

120503s_35.jpg
銭函~小樽築港(おたるちっこう)間は海沿いを走る。

120503s_36.jpg
15:39、小樽着。

120503s_37.jpg
小樽運河の脇にある、運河プラザ(小樽観光協会)。明治時代の倉庫。

120503s_38.jpg
運河プラザ入り口脇の消防犬「ぶん公」の像。
昭和初期に消防本部で飼われ、消防車に乗って一緒に出動するなど
おちゃめな愛された犬だったんだそう。

120503s_39.jpg
旧大家倉庫。石川県出身の海産商・大家七平によって建てられたんだそう。
以下、本編で取り上げた建築物を中心に。

120503s_40.jpg
北海製罐小樽工場第3倉庫。大正時代の建築。

120503s_41.jpg
案内板にも昭和初期の写真に現在と同じ姿で写っている。
運河が半分ほど埋められて道路になってるのは残念だ。

120503s_42.jpg
小樽の桜も花盛りだった。

120503s_43.jpg
旧早川支店。
新潟出身の川又健一郎が、お茶や文房具を商う早川商店からの
暖簾分けで開設、後に川又商店と改称。現在は雑貨屋さん。

120503s_44.jpg
京町屋みたいに奥行きのある様式だが、母屋の部分が贅を尽くした建築で圧巻。

120503s_45.jpg
洋館も多い。昭和8年建築の小樽商工会議所。
鳥避けか工事のためか、ネットに覆われてた。

120503s_46.jpg
旧三井銀行小樽支店。昭和2年建築。

120503s_47.jpg
旧名取高三郎商店。明治39年築。現在は小樽大正硝子館。

120503s_48.jpg
明治26年築の旧第百十三国立銀行小樽支店。
現在はオルゴールのお店。

120503s_49.jpg
明治40年築、旧北海雑穀株式会社。
現在はガラス工芸品を扱うお店に。

120503s_50.jpg
小樽運河、定番のアングルで。
午後6時ちかくになり、ついに雨も落ちてきて人波も消えるとそれなりに情緒も。

こうして記事にするためにネットで色々調べてたら、
僕の好きな小説家、京極夏彦さんはここ小樽のご出身だった!

« 2012-05-03 #4 END  手宮線と小樽駅  〔北海道〕 2012-05-03 #2  函館本線 銭函駅へ  〔北海道〕 »

2 Comments

こんにちは
小樽駅 改装終わってきれいな面になったんですよね
確か・・・

北のウォール街と呼ばれたオタル
ハコダテ同様、北海道の中では比較的古くからの和人文化があるから(^^;)内地の色が濃いですね
私みたいに道東に住んでいる道産子にとっては 
富良野よりもこっちのほうが一度は行ってみたい観光地かもしれません

・・・が 私は 運河近辺のほうはあまり興味がない(^^;)人ごみ苦手なので

昔 ここのマチに住んでた貧乏学生の友人と 
駅前に近いアーケードの喫茶店や お団子のお店やら行きましたけど
そのころはまだ運河も整備されてなくって汚くって
潮の香り(生臭いともいう)がむやみに漂うところでしたねえ・・・
無理やり作られたもののない、昭和の良い時代だったかもしれません(臭かったけど 笑) 

いまは 小樽行くなら旧手宮駅跡・小樽交通記念館に直行です(^^) 







by jam | 06 21, 2012 - URL [ edit ]

★jamさん

コメントありがとうございます!
やっぱりそうですよね、内地の色が濃い小樽、函館。
それにつけても、今回の小樽で瓦屋根に遭遇した喜びといったら、
ホントに自分でもビックリでした。
アタマではそういう風土なんだ、って分かってても、
「渇望」といえるほど屋根瓦のある建物を欲してた自分は
骨の髄まで瓦屋根文化が染み付いてたんだな、と思い知りました。

それはそうと、整備されてない頃の運河のお話(笑)。
確かにキホン、水が動かないから色々滞留して臭かったり汚かったり、
古い写真からは思いもよらないことになってたんですね(笑)。
それでもやっぱり、そんな頃の小樽を見てみたかったですね一度。
「ぶん公」にも会ってみたかった…。

旧手宮駅跡・小樽交通記念館!行ってないんですよ僕(泣)。
廃線跡があんなに残ってることだけで満足してしまって完全にツボを外してました。
もし行かれる際は、ぜひ僕も呼んで下さい(笑)。

by Kyo-to | 06 22, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)