FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-04 #1  函館本線 札幌~倶知安  〔北海道〕

06 25, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120504_1.jpg
2012年5月4日。
GW北海道、一週間のフリーパスの旅は5日目へ。
函館本線、小樽からの続きを、宿の都合で逆戻りした札幌から再スタート。

120504_2.jpg
小樽へ向け、再び海岸沿いを西へ。予報通り朝から雨です。

120504_3.jpg
50分ほどで小樽に到着。

120504_4.jpg
旭川から続いた複線電化区間もここ小樽で終わり、
運転本数激減の単線を行くディーゼルカーに乗り換えです。

120504_5.jpg
余市(よいち)から南下を始め、まだ雪の残る山越えに入ります。
長万部(おしゃまんべ)までの区間が「山線」と呼ばれる由縁だそうですが。

120504_6.jpg
室蘭本線経由の「海線」が函館~札幌間を結ぶメインルートになった現在、
雨雲をかぶったニセコアンヌプリ(左端の山)も寂しそう。

120504_7.jpg
小樽から80分ほどの倶知安(くっちゃん)で8分間の停車。
北海道新幹線開通の暁には停車駅になる予定だそうで、
この駅の未来の姿も、「海線」の将来もまた変化するのかもしれません。
(つづく)

撮影日:2012年5月4日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

2012年5月4日(金)
フリーパスの旅5日目。

120504s_1.jpg
朝から雨。
ホテルを出た角から見える札幌駅まで、折りたたみ傘はあるが面倒なので
地下鉄の通路で向かったのだが目標が視認できないためヤケに遠く感じた…。

120504s_2.jpg
札幌7:15発の函館本線上り126M小樽行きに乗車。
昼間ほど混んでないので海側のボックス席を占有できた。

120504s_3.jpg
7:35、札幌運転所の隣接する稲穂(いなほ)駅。

120504s_4.jpg
7:43、前日降り立った銭函(ぜにばこ)駅。

120504s_5.jpg
奇岩やなぁ、と前日も往復目を見張ったが恵比須(えびす)島っていうらしい。

120504s_6.jpg
今日も穏やかな日本海。

120504s_7.jpg
7:56、小樽築港(おたるちっこう)。
大規模な商業施設は築港ヤード跡にできたものだそう。

120504s_8.jpg
8:03、小樽着。
8:07、長万部行き2932Dに乗り換え。
ここで何と!旭川駅で写真を撮らせていただいた四国の方と再会。
満席で困っていたが相席させてもらえてさらにラッキー。
あれからの互いの旅程などを告げ合うが、
その方はこのあと函館からのトワイライトエクスプレスで
北海道旅を終えるんだそう。寂しい…。

120504s_9.jpg
地図上では余市まで日本海沿いを走るように見えたが、
塩谷(しおや)駅あたりで一瞬チラッと見えたきりでさよならだった。

120504s_10.jpg
8:25頃、蘭島(らんしま)駅で1927Dと列車交換。

120504s_11.jpg
8:32、余市。
看板の観光スポット最寄り駅のようで、乗客が結構降りていった。

120504s_12.jpg
8:43、然別(しかりべつ)。
明治38年全通の古い路線で、ローカル線になり下がった区間ゆえに
期待してたんだけど、味のある古い駅舎がほとんどなかった…。

120504s_13.jpg
銀山(ぎんざん)駅のあたり。天気は悪いが眺めはよかった。

120504s_14.jpg
相席の四国の方が「あれがニセコアンヌプリちゃうかな」と教えて下さった。
過去にもこの「山線」の乗車経験があるそうだ。

120504s_15.jpg
8:20、倶知安。結構たくさん乗客が降りた。
8:28の発車まで駅前に出てみる。

120504s_16.jpg
いたるところに「北海道新幹線」の文字が躍っていた。

120504s_17.jpg
小樽行きの下り1931Dと列車交換。

« 2012-05-04 #2  函館本線 倶知安~長万部  〔北海道〕 2012-05-03 #4 END  手宮線と小樽駅  〔北海道〕 »

2 Comments

こんばんは。

朝から雨とは気の毒ですね。
僕も711系乗りましたが国電時代の復刻カラーのS114編成
に当たりました。

余市は小樽に近いのに直通列車がないのが以外な気がします。
倶知安まで来ると道内にいつもある街に来たような感じがしますね。看板がありますが新幹線は必要かそうじゃないかという議論はこれから必要のような気がします。





by burning s | 06 25, 2012 - URLedit ]

★burning sさん

こんばんは。
同じ旅人として同情して下さってるんだとは思いますが、
列車の運行に支障の出ない限りは雨の雰囲気は僕は嫌いではないので、
一概に「気の毒」と決め付けるのはよくないと思います(笑)。

北海道新幹線は、議論も何も、もうかなり工事が進んでて驚きましたが、
完成後の札幌以西の路線事情がどうなるかは僕も大いに気になるところです。

by Kyo-to | 06 26, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)