RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-06 #2  室蘭本線 終点・岩見沢へ 〔北海道〕

07 21, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120506_9.jpg
2012年5月6日、GW北海道・フリーパスの旅最終日。
苫小牧から室蘭本線の旅の続きを再開、終点の岩見沢(いわみざわ)へ。

120506_10.jpg
お隣の沼ノ端(ぬまのはた)は、北海道初日に訪れた駅。
何といったことのない駅ですが、僕の中では丸一週間かけて戻ってきたという感慨が。

120506_11.jpg
まだ終わりじゃないんですけど、もういよいよなんだな、
という気持ちが大きくなってきました。

120506_12.jpg
フリーパス初日の最初に乗った石勝線と交差する追分駅。

120506_13.jpg
志文駅。
室蘭本線も札幌へ行き来する特急は千歳線経由となるため、
この苫小牧~岩見沢は普通列車のみのローカル色の濃い区間に。

120506_14.jpg
函館本線と合流、室蘭本線終点の岩見沢駅に到着。
残るは札沼線(学園都市線)と石勝線夕張支線の2路線に。
(つづく)

撮影日:2012年5月6日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます





★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

120506s_16.jpg
日高本線2224Dで7:48に到着した苫小牧駅。
室蘭本線1467Dへの乗り換え待ち時間が50分もあったので駅前へ。

120506s_17.jpg
苫小牧駅前風景。都会だ。
ブラブラ歩いてみたが商業施設やホテルが並んでるだけで
特に琴線に触れるようなものには出会えなかった。

120506s_18.jpg
ホームに戻ると上野16:20発札幌行き特急「カシオペア」が8:33に入ってきた。
フツーの人でも記念写真撮っちゃうぐらい、やっぱ人気なんだな。
僕自身はこれはたまたまのことで、ほとんどどうでもいいし、
多分この先乗ることもないだろう。
今回の旅で、僕はデンシャそのものへの興味が
まるで薄いことを改めて認識した。

8:37、室蘭本線下り1467Dに乗車。

120506s_19.jpg
8:47、沼ノ端。
丸一週間前に降り立ったのが遠い過去のことのような気がした。

120506s_20.jpg
千歳線と分岐して最初の駅、遠浅(とあさ)。

120506s_21.jpg
安平(あびら)駅。
雰囲気がさっきとクリソツだ。

120506s_22.jpg
追分駅の手前、石勝線がオーバークロスして
室蘭本線(右手の複線)と並走する様子が見れて面白かった。
こんなに強引なレイアウトにするほかなかったんだろうか。
(車両最後尾からの撮影)

120506s_23.jpg
石勝線が分岐するだけの追分駅構内は線路が入り乱れていた。
かつて夕張・空知炭鉱の石炭輸送拠点だったころの名残りのようだ。
(車両最後尾からの撮影)

120506s_24.jpg
三川(みかわ)駅。

120506s_25.jpg
古山(ふるさん)駅。
この区間の駅舎はどれも意匠がほとんど一緒だった。

120506s_26.jpg
栗山(くりやま)駅を発ってから進行方向左手に
廃線跡のようなものがずっと並走していた。
平成2年の崖崩れで不通になったままだという元の下り線だろうか。

120506s_27.jpg
複線の函館本線に寄り添っていき、10:07、岩見沢に到着。

120506s_28.jpg
岩見沢駅。
平成12年に火災で全焼、平成19年に建て替えられた駅舎なんだそうだ。

120506s_29.jpg
岩見沢駅前風景。

120506s_30.jpg
駅の、コンサドーレ札幌の選手大フィーチャーの特急定期券広告。
自宅から特急で通う方が一人暮らしより年間60万円お得!!だそう。

120506s_31.jpg
ホームにある、ばんえい競馬にちなんだ馬の象。
岩見沢でも開催されていたが、いまは帯広だけになってしまったそうだ。

map (26+)
今回までで乗車済みの区間(赤線の部分)。
「乗りつぶしオンライン」にて作成。

« 2012-05-06 #3  札沼線(学園都市線)  〔北海道〕 2012-05-06 #1  日高本線 苫小牧に戻る 〔北海道〕 »

- Comments
4 Comments

こんばんは。室蘭本線、完乗ですね。
それにしても沼ノ端~岩見沢は地味ですよね~。
地図からいつもローカル臭を感じ取っていたんですが、
魅力的な駅舎は無いようで、そこは残念です。。。

ここで初日に沼ノ端まで往復したのが効いてくるわけですね。
パズルのピースが上手く填まったみたいでスッキリしました!

さぁ残るは札沼線のみ、ですね。
楽しみですが、終わってしまうのが惜しいような…。

by ねじまき | 07 21, 2012 - URLedit ]

沼ノ端の分岐点はワタシ的には北海道らしさを最も実感する光景の一つです。
広大な平原の中、ダイナミックにカーブを描いて分岐する室蘭本線と千歳線。
これぞ北海道っていう一コマです。

by サットン | 07 22, 2012 - URLedit ]

★ねじまきさん

お返事遅くなって申し訳ありません。
さっさと終わらせればいいのに、
急に忙しくなった仕事と暑さにヤラレてバテてます(汗)。

初日の沼ノ端訪問の意図をくみ取っていただけて感激です!
結局最終日は時間的にヤバかったので、
やっぱ初日に押さえといて良かった~、って思いました。

っていうかこんな冗長な旅ブログに
ずっとお付き合いいただいてホントに嬉しいです。
ねじまきさんのブログも毎回コメントしたくなる面白さなんですが、
あぁ身体がもうひとつあれば!(泣)

by Kyo-to | 07 23, 2012 - URL [ edit ]

★サットンさん

コメントありがとうございます。
確かに、分岐点はどこでも独特の雰囲気があったりするものですが、
沼ノ端のそれはおっしゃる通り、北海道でしかありえないような
スケールの大きいジャンクションですね。
札幌駅なみの列車の運転頻度なら一日かじりついててもいいくらいです(笑)。

by Kyo-to | 07 23, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。