RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12-08-14 #6 JR佐世保線 上有田駅と永尾駅 〔佐賀県〕

09 13, 2012 | デンシャ旅 -九州(JR)

0 Comments
120814_45.jpg
2012年8月14日、お盆の旅3日目。
松浦鉄道の旅を終え、有田駅でLMさん&Kさんと合流。
駅舎好きの僕のためにお二人がまず案内して下さったのは、上有田(かみありた)駅

120814_46.jpg
有田駅の2.5kmほど東にあるJR佐世保線の駅で、
GWの有田陶器市開催中はこの小さな駅がとんでもなく賑わうそうです。

120814_47.jpg
駅舎の竣工日を記す建物財産標には明治30年7月10日とあり、
前々回の大正2年改築の松浦鉄道・蔵宿駅より古いことになりますが…。

120814_48.jpg
「んなワケない!」ってぐらいすべてがキレイです。雰囲気を残しつつ改装されてるんですね。
元の姿が想像つかないようなのに建て替わるよりイイけど、かと言って胸に迫る感動もない。
古駅舎好きには一番ビミョーで悩ましいタイプの駅ですが(笑)、
その辺はLMさんたちも心得てる方で、まずは肩慣らし的な寄り道です。


120814_49.jpg
お次もJR佐世保線、永尾(ながお)駅
ここは個人的にもかねがね訪問したいと思っていた駅なので超ラッキー!

120814_50.jpg
駅舎の出入り口に角度がついてるのが面白いなぁ。
建物財産標によれば昭和22年3月の建築のようです。

120814_51.jpg
前日、列車の交換待ちの際にホーム側から見た時も寸詰まりな駅舎だと感じましたが、
待合室部分を残して駅事務室側の半分を断ち切った形になってました。
固定資産税対策なのか何なのか(笑)、以前、久大本線の善導寺駅にも同様の駅舎が。

120814_52.jpg
出入り口のドアこそサッシに替わってるものの、窓はすべて木枠なのがまたイイです。

120814_53.jpg
フツーの利用者にとっては上有田駅みたいな方がイイに決まってますが、
やっぱりこの湿っぽさというか暗さが日本の古い駅舎には不可欠と申しましょうか。

120814_54.jpg
特急の行き交う佐世保線も普通列車での駅舎訪問となると苦労する路線なので、
LMさんとKさんの案内によって松浦鉄道の旅の終わりからわずか30分ほどで
既に2駅も堪能できているなんて、本当にありがたい話です。
(つづく)

撮影日:2012年8月14日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 12-08-14 #7  JR筑肥線 肥前長野駅 〔佐賀県〕 12-08-14 #5  有田へ 松浦鉄道完乗  〔佐賀県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。