RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12-08-15 #6  "点と線" 西鉄香椎駅  〔福岡県〕

10 06, 2012 | 西日本鉄道

0 Comments
120815_38.jpg
2012年8月15日、お盆の旅4日目の西日本鉄道。
貝塚線(旧 宮地岳線)の途中に、西鉄香椎(にしてつかしい)という駅があります。

120815_39.jpg
松本清張の代表作『点と線』に、鍵となる舞台のひとつとして登場する駅です。
『点と線』はトラベルミステリーとか時刻表トリックの走りみたいな、
昭和32年(1957年)発表当時としては画期的な推理小説でした。

120815_40.jpg
しかし。やっぱり半世紀も経っちゃうと、作中のとある人物が「ずいぶん寂しい所ね」と
のたまったような雰囲気は微塵も感じられなくなってます(笑)。

kashii2.jpg
作品が描かれた時代の西鉄香椎駅。
2006年に現在の高架駅になるまでこの駅舎は残っていたんだそうです…。

120815_41.jpg
そして同じく作中で舞台となっている、JR(当時は国鉄)鹿児島本線の香椎駅。
やはり「博多につく三つ手前に香椎という小さな駅がある」と書かれた面影は何処へ(笑)。

kashii1.jpg
かつての国鉄香椎駅。イイ駅舎だなぁ。

ちなみに『点と線』は昭和33年に映画化もされており、
以前CS放送で観た僕は、当時の西鉄&国鉄香椎駅がカラーで記録されてる!
と興奮したものでしたが、調べてみると何と!どちらも現地ロケではなく、
西鉄香椎駅は西武新宿線の東伏見駅を、国鉄香椎駅は総武本線/成田線の佐倉駅を
それぞれ手を加えて演出したものだったらしいです。おーい…。
まぁ化けさせられたそれらの駅舎も今となっては見ることの出来ない貴重な存在ですけども。

120815_42.jpg
西鉄香椎駅の高架ホームを出て行く、たった一編成しか残ってない西鉄315形電車。
(つづく)

撮影日:2012年8月15日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 12-08-15 #7 END  福岡市地下鉄と旅の終わり  〔福岡県〕 12-08-15 #5  西日本鉄道 貝塚線  〔福岡県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。