RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-17 #6  室蘭本線/石勝線 追分駅  〔北海道〕

11 05, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

6 Comments
120917_46.jpg
2012年9月17日、三連休北海道の旅3日目。
夕張から乗った2634D列車が石勝線用切り欠きホームに到着。
室蘭本線と接続する追分(おいわけ)駅です。

120917_47.jpg
追分駅舎。時間的にもこの旅最後の寄り道先となってしまいました。

120917_48.jpg
室蘭本線と石勝線がクロス、双方に分岐する、「追分」の名に相応しい駅。

120917_49.jpg
駅前にSLの動輪(本物)。昭和51年の車庫火災で焼失した機体の遺物らしいですが、
ここ追分は石炭輸送の拠点として機関区を擁し、SLの煙の絶えない場所だったそう。

120917_50.jpg
その機関区は、現在では見る影もなく広大な空き地へと変わり果てています。
全盛期はさぞ壮観だったでしょうね…。

120917_51.jpg
機関区跡の一番西寄りに、いまだ剥がされずに残る線路と車庫が。

120917_52.jpg
駅員さんにそれが安平(あびら)町鉄道資料館と聞いて訪問したんですが、
駅の案内板には17時までとあったのに、14時で終了していて何も見れませんでした…。

120917_53.jpg
そのかわりと言っては何ですが、追分駅に着いた時、僕は初めて目にする
「ノースレインボーエクスプレス」っていうジョイフルトレインが停車してたんですけど、
時刻表で該当する列車を見つけられず、いまだに何だったのか僕には不明です…。
(※追記 Jamさんからいただいたコメントによると、団体臨時列車だそうです)

(つづく)

撮影日:2012年9月17日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2012-09-17 #7 END  また旅が終わります  〔北海道〕 2012-09-17 #5  JR石勝線2634D  〔北海道〕 »

- Comments
6 Comments

こんにちは

最後の寄り道が
北海道の鉄道の重要拠点・追分というのがなんとも象徴的ですねえ

追分機関区 ほんとにほんとに大きな機関区でした

現役での蒸気機関車終焉がこの北海道・追分で
カマの火が落とされてすぐの火災 子ども心に記憶に在ります
D51465含めて保存車両になるはずだったSLすべてと
この追分機関区もみ~んな焼け落ちてしまいました
SL終焉を 名残惜しむことも許さないぞと言う位あんまりにすぐ後だったので 
放火かと・・・テツじゃない大人たちの間でもうわさされてもいましたよ うわさですけどね

保存予定じゃなかった車両が生き延び それがここの資料館に展示されていると聞いています
いつかは息子たちを連れて行かねばならない場所のひとつと考えております

ノースレインボー 団臨です
時刻表には乗ってませんが鉄道ファンとかの雑誌には載ってまして(^^;) 白滝も通りましたです

by jam | 11 06, 2012 - URL [ edit ]

追分駅の駅名標を見ていると阪急淡路駅のものを思い出しました。

by サットン | 11 07, 2012 - URLedit ]

★jamさん

こんばんは。お返事が遅くなってすみませんでした。

追分駅はGWの旅の際にすごく魅かれて、今回ぜひ訪問したかった駅のひとつでした。
見捨てられたような寂しい場所が好きな僕はもちろん気に入ったんですけど、
あまりにも何も残ってない広大な機関区跡はなかなか衝撃的でした。

昭和51年の火災って、そんなにヒドかったんですね!?
真相も何かミステリアスですけど、現役終焉の地、とかお聞きすると
まるでSLたちが自ら命を断ったようにも思えてきます。
…武士道好きな日本人的な解釈が過ぎますかね(笑)。

ノースレインボー、そうだったんですか!
ありがとうございます、いやースッキリしました(笑)
jamさんのブログ写真でも拝見してたと思うんですが、
まさか石北本線まで乗り入れてるとは思いもしませんでした。

by Kyo-to | 11 08, 2012 - URL [ edit ]

★サットンさん

ホントに遡って見ていただいてるんですね(笑)。
ありがとうございます。

淡路駅(笑)。関西人しか馴染みがないと思いますが
配線関係も感覚的にもこの追分駅と一緒ですね。
僕自身は山科に住んでたとき馴染みのあった、
京阪京津線の追分駅が真っ先に思い浮かびましたけど(笑)。

by Kyo-to | 11 08, 2012 - URL [ edit ]

こんばんは。
過去の記事へのコメント、失礼します。
夕張線だった時代の記憶が、追分駅や夕張への支線にはつまっているように感じますね。
それにしましても、単行の気動車に揺られて着いた夕張駅は、ちょっと拍子抜けしてしまいました。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-1179.html
以前の駅は、大きくて風格があったようですが、小さな簡素な駅ですね。
こちらの記事も楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 05 24, 2013 - URLedit ]

★風旅記さん

こんばんは。
過去記事でも全然ウェルカムですのでお気になさらず(笑)。

いまや石勝線の支線扱いの夕張線、かつてはこちらが「本線」だったんですよね。
そんな栄枯盛衰の物語をたどる、ちょっとセンチメンタルな夕張線ショートトリップのラストが
「なーんちゃって」ってご破算にされるようなあの終着駅と周辺のたたずまいですから、
風旅記さんに限らず拍子抜けするのも無理はないと思います(笑)。

by Kyo-to | 05 25, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。