FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

高月町ふるさとまつり=仏像マニアの夏フェス  〔滋賀県〕

08 06, 2008 | その他

2 Comments
takatsuki15

第24回 観音の里たかつき『ふるさとまつり』が催された8月3日は暑かった!
それでも、普段はなかなか拝めない貴重な仏像の姿を求めてお堂を巡る人々の姿は、
目当てのアーティストのステージ間を移動するフジロックやサマソニと変わらない、
静かだけど熱い、さながらブツ(仏像)マニアのための夏フェスだと思いました。

takatsuki16

takatsuki17

takatsuki18

takatsuki19

僕は今回が始めての参加だったのですが、過去23回、どうして知らずに過ごしてきたんだろうと地団駄踏んで悔やむほどの素晴らしいイベントでした。本当に真剣にお参りに来られている年配の方もおられるので、すべてを仏像マニアとひとくくりにするのはいささか乱暴ですが、老若男女問わず仏サマを縁に、この湖北の小さな町に1万人を越す人々が集まることがすごいと感じました。
そしてまた、高月町の方々がみなさんイイ!暖かくて飾らなくて、でもお堂の観音サマを紹介する時だけはちょっと誇らしげで。観音サマもたくさんの人の前で、ちょっと嬉しそうに見えました。
また来年も行きたいです。

1枚目=メイン会場の、渡岸寺境内のようす。
2枚目=そして何と!『仏像ガール』さんにお会いできました!サプライズゲストとして登場されましたが、「高月町が大好き」とおっしゃってたのが印象的でした。ちょっとお話をさせていただいたのですが、仏像への愛が笑顔から伝わってくるキュートで素敵な方でした。
3枚目=雨森地区で屋台を出されていた方々。小さい女のコの呼び込みの切実さが可愛くて可笑しくて。
4枚目=西野の千手千足観音を守っておられるおじさん。「(観音の)写真撮らしたるけど、下手クソに撮ったら承知せえへんぞ」と笑顔で凄まれました(笑)。
5枚目=片山観音堂のある神社から見る琵琶湖。

撮影日:8月3日
カメラ:Nikon D40 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ← 9位/345サイト中(5日現在) ありがとうございます

« JR北陸本線 高岡から富山へ  〔富山県〕 第24回 観音の里たかつき ふるさとまつり  〔滋賀県〕 »

2 Comments

どもども。


色々な場所に行けるときに行っとかないとダメですね~

自分なんて最近は仕事が忙しくて、
まとまった休みも取れず、色々な場所に行って
写真を撮ってるKyo-toさんが羨ましいです。


撮りたい場所は沢山あるんですけどね。

by まさとん | 08 06, 2008 - URLedit ]

まさとんさん、こんばんは。
いやいや、D700を手にされた まさとんさんこそ僕は羨ましいったらありゃしませんよ(笑)。

夕暮れのデンシャとホームがあんなに美しく撮れる(可能性がある)なんて、
そして今回のような暗いお堂の中の仏像なんて、
まさにD700の高感度性能を必要とするシーン!

…などなど、最初は まさとんさんのブログをさらに楽しむキーワードだったハズの「D700」が、
日毎に僕の中で大きくなってます(苦笑)。

お忙しそうですが、暇を見つけて
羨ましくなるような写真をこれからもお願いします。

by Kyo-to | 08 06, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)