RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-25 #6 END  JR気仙沼線 柳津駅  〔宮城県〕

01 11, 2013 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
121125_65.jpg
2012年11月25日、東北被災路線を巡る旅最終日。
JR気仙沼線の不通区間をBRTで辿り着いた柳津(やないづ)駅。
この先は列車が運行されていますが、気仙沼線全体(72.8km)の3割にも満たない距離です。

121125_66.jpg
柳津駅全景。
BRTバスの隣はトイレで、左手の建物が駅舎と待合室も兼ねた観光物産館「ゆうキャビン」。

121125_67.jpg
デンシャが時間通りに駅にやってきます。
そんな当たり前のことが、とてもありがたく幸せに感じました。

121125_68.jpg
草木が覆いはじめている気仙沼方面の線路。
再びこの先に列車が進める日を願って、ひとまずさよならを。

121125_69.jpg
先ほど到着した列車に、そろそろ乗りましょう。

121125_70.jpg
16:21発の前谷地(まえやち)行き。
前谷地が上り方面の気仙沼線終点です。

1211_7.jpg
このあと前谷地と小牛田(こごた)で乗り換え、仙台へ。
仙台では初日に乗り残していた仙石線の仙台~あおば通に乗車したり、
東北新幹線で東京に戻ってからは夜の東京駅丸の内駅舎を撮影したりと
あと一、二回分の記事ぐらいは作れそうな分量の写真も残っています。

が、被災路線の現状を体感したあとでは いずれも瑣末なことに思え、
この時もいまも、気分的には今回の旅はここで終わった感覚ですので、
今回の旅記事もこれでおしまいにさせていただこうと思います。

年までまたいで長々とお付き合い、ありがとうございました。
(おわり)

撮影日:2012年11月25日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
     (4枚目のみDXモードで撮影)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2012-11-23~11-25    2012 三連休東北旅 index 2012-11-25 #5 気仙沼線BRT 志津川を経て柳津へ 〔宮城県〕 »

- Comments
4 Comments

kyo-toさんにブログをのぞいてもらっていただなんて、とても感激しています。私は駅舎よりも車両にこだわるタイプで、kyo-toさんとスタンスが違うからのぞいていただけるとは思ってもみませんでした。私の両親の故郷は、弘南鉄道弘南線の終点黒石です。駅から15分ほどのところに、kyo-to
さん好みのこみせと呼ばれる木造のアーケイドがあります。機会があったら行ってみて下さい。

by オバ鉄 | 01 11, 2013 - URLedit ]

こんにちは

夕空がきれいですね
車窓に映ったひかりがあたたかそうで
なんだかちょっと ほっとしました

線路が繋がっているってことは 遠くにいる自分と その地に住んでる誰かと繋がってる気がしてます

いつかまた・・・必ず そう願わずにはいられませんね

by Jam | 01 11, 2013 - URLedit ]

★オバ鉄さん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

確かに僕は車両にはほとんど興味がないのですが(苦笑)、
オバ鉄さんのブログはそれほどマニアックでもなく、
またご自身がすごく楽しまれているのが伝わってくるので
僕も楽しく拝見させていただいてます。

弘南鉄道は2011年の秋に全線訪問したんですよ!
そうですか、黒石にそんなステキなアーケードが…。
割と微妙な滞在時間だったので特に何も見ずに引き換えしてしまったのが悔やまれます。
再訪の際は、必ず訪問してみます。

by Kyo-to | 01 16, 2013 - URL [ edit ]

★Jamさん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

画像編集ソフトで夕焼けをことさら強調したりもできるんですけど、
この時の夕空はホントにこんな色で、なおさらすごく印象に残ってるんです。

線路が彼方の誰かと繋がってる、っていうのはホントにその通りだと思います。
それが鉄道のイイところだと思うし、だからこそ廃線とかでそれが断たれてしまうのが
僕のような者でさえ最近は身を切るような痛みに感じてしまうほどになってしまいました。
ふるさとを諦めた人もいつかまた戻れるように、鉄路が繋がっていて欲しいです。

by Kyo-to | 01 16, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。