RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-22 #7 東急 こどもの国線と田園都市線 〔神奈川県~東京都〕

01 27, 2013 | 東京急行電鉄

6 Comments
121222_65.jpg
2012年12月22日、東急全線走破の旅も残るは3路線。
まずは、田園都市線の長津田駅から分岐する、路線長わずか3.4kmの「こどもの国」線。

121222_66.jpg
車両と施設は「みなとみらい線」の横浜高速鉄道が保有、東急が実際の運行を担う形で、
駅名標のデザインも他の路線とは異なっています。

121222_67.jpg
何と単線!元々は戦時中の弾薬庫への引き込み線(跡を一部利用)なんだとか。
「こどもの国」への旅路がそんな大人の事情で成り立っていたとは。

121222_68.jpg
唯一の途中駅、恩田(おんだ)の手前にある長津田車両工場で。
何ちゅー色のデンシャやねん、と一応撮っておいたんですが、
調べてみたらこの年の2月に引退した東急デヤ7200系っていう電気検測車のようです。

121222_69.jpg
わずか7分ほどで終点の「こどもの国」駅に到着。
駅前はコンビニと新興住宅地、あとは『こどもの国 入り口だよ!』と記された横断幕。
オッサンも童心にかえってしまうような雰囲気は微塵も感じられませんでしたが、
旧日本軍 田奈弾薬庫跡地を利用したという行楽施設「こどもの国」は
行楽シーズンにはそれなりに賑わうんだそうです。


121222_70.jpg
さて、軌道線(路面電車)の世田谷線を除けば実質最後の訪問路線、田園都市線。
渋谷~中央林間の31.5kmを結ぶ東急最長の路線。ラインカラーはグリーン。

121222_71.jpg
行程の都合で、戸籍上の終点・中央林間駅からの乗車です。

121222_72.jpg
南町田(みなみまちだ)付近で一瞬 東京都をかすめた以外、
路線の半分以上の区間、神奈川県内を走り抜け、二子玉川駅で再び東京都へ。
田園都市線には東武鉄道も乗り入れているので、車両を単に訪問先の鉄道会社の
アイコンとして捉えている僕としてはホントにややこしい…。

121222_73.jpg
世田谷線との連絡駅、三軒茶屋(さんげんぢゃや)で。
二子玉川から先は地下に潜ってしまい、駅も何もかも地下鉄の様相です。

121222_74.jpg
路線自体も東京地下鉄半蔵門線(はんぞうもんせん)と相互直通、
東横線の渋谷駅のようなターミナル感はまったくありません。
地下化される東横線もこんな風になるかと思うとちょっと寂しいですねぇ…。

121222_75.jpg
終焉を迎える地上の東横線渋谷駅から始まり、
田園都市線の地下の渋谷駅で幕を閉じた僕の東急全線走破の旅。
地上へ出ると、青ガエルこと東急初代5000系が人ごみに埋もれていました。


※実を言うと、記事のタイトルに「2012-12-22」と銘打ちながら、
今回に限っては12月24日の写真が大半を占めています。
フツーにテキパキとこなせば東急全路線の訪問は一日で可能だと思いますが、
各路線の起終点駅の下車とその駅舎の適切と思われる撮影場所へのこだわりに加え、
スモーカーの僕は喫煙の許される場所を探し回る時間がヒジョーに余計で(苦笑)、
つまりは22日のみで全路線走破を終えることができなかったというワケです。
記事の(つまらない見た目の)整合性を優先して事実と異なる点をお詫びします。

撮影日:2012年12月24日(後半4枚は22日)
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2007-05-19  東急 世田谷線  〔東京都〕 2012-12-22 #6  東急 池上線と多摩川線 〔東京都〕 »

- Comments
6 Comments

こんにちは。

神奈川に住んでいながら東急を殆ど利用したことのない私なので、今回の東急のデンシャ旅、とても楽しく読ませていただきました。池上線がどんな場所を走っているかも実はよく分かっていませんでしたし(汗)、こどもの国線にそんな”大人の事情”があったというのも今回初めて知りました。東急、知れば知るほど興味深い路線ですね。
まだ渋谷駅も撮りに行けてないので、近いうちに東急線の乗り潰しに行きたいと思っています。

それにしても、最後に書かれていらっしゃるKyo-toさんの旅へのこだわり、素晴らしいです。アップされている素敵なお写真もそうしたこだわりの賜物なのですね。私なんかは結構適当に写真を済ませてしまいますし、特にポリシーもないので、おそらく東急の完乗には1日もかからないと思います…(苦笑)



by GAN | 01 27, 2013 - URLedit ]

おっこどもの国線行かれたんですね!
小学生の頃、遠足でよく行きましたよ。笑

Kyo-toさんが中央林間に居らっしゃるのも新鮮です。
東急ってよりは地方私鉄がブログネタの主な気がしまして。
大手私鉄の東急を取り上げることに、少し感動いたしました。
この駅はほぼ毎日通学で使ってたりします。

by 片瀬青葉 | 01 27, 2013 - URLedit ]

★GANさん

こんばんは。

何をおっしゃいますやら!GANさんの旅写真は臨場感あふれる、
とても「適当」で済ましていてはモノにできないホントに素晴らしい写真ばかりだと思ってます。
しかもまだお若いのに、しっかりとした「見る目」をお持ちで、ほとんどカンペキです(笑)。

僕のこだわりなんて、歪んだ雑な駅名標写真だけで「乗りました」っていうようなのに対する
アンチテーゼというか批判めいたものに由来するだけで、実のところそんな大したものじゃないです(苦笑)。
もっと沿線の風景やデンシャの運行形態などの知識も織り交ぜて、
立体的な奥深い記事にできたら、と常々思います。

それはともかく、他社線との競合・協調や巨大な街の人の渦にもまれて
歴史を積み重ねてきた大手私鉄の旅も面白いものですね。
ぜひ、GANさんの確かな目で見た東急の旅記事を、拝見できる日を楽しみにしてます!

by Kyo-to | 01 28, 2013 - URL [ edit ]

★片瀬青葉さん

こんばんは。
やっぱり田園都市線沿線にお住まいの方だったんですね。
こどもの国、遠足コースでしたか(笑)。

そうなんですよね、いままでのイメージだと地方のローカル線主体のブログと思われがちですけど、
僕の中では景色の見えない地下鉄以外はそんなに特別な分け隔ての感覚はないんですよ実は(笑)。
母方の祖父の本籍が東京都内というのもあるのか、東京はナゼか懐かしい感じのする街で、
僕自身は大都会(笑)への抵抗は全然ないばかりか、訪問する度に面白いと感じます。
まぁでも、暮らせるかどうかは別で、街と自然のバランスが適度な京都が心地よいのも事実ですが(笑)。

見慣れた風景が思いもかけないところで写真になってたりするのって面白いですよね(笑)。
片瀬青葉さんの京都写真も楽しみにしてますよ~。ぜひお越しやす。

by Kyo-to | 01 28, 2013 - URL [ edit ]

わおー、まさかの田園都市線!
通勤時の凄まじいラッシュのイメージしかないので、
こうして写真で見るのも不思議な感覚ですWW
身近な場所が記事にされていると、
なんだかニヤニヤしちゃいますー!

by linton | 02 06, 2013 - URLedit ]

★lintonさん

こんばんは。お返事遅くなってすみません。

lintonさんも東急沿線の方なんですか!?
やっぱ利用者数が私鉄で最上位クラスの東急、ネット上でも縁のある方が多いですね(笑)。

そんなlintonさんのような方に、拙ブログで不思議な感覚を味わっていただけて光栄です。
僕も、誰かの撮られた京阪電車のマイナーな駅とかの写真だとそういう感じがしますが(笑)、
「京都」となると有名観光地の絵ハガキ写真的なのがほとんどになってしまうのが残念です。
lintonさん、「変な京都」を撮りに来てください是非(笑)。

by Kyo-to | 02 08, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。