RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-23 #6  流鉄 小金城址駅と馬橋駅 〔千葉県〕

02 05, 2013 | 流鉄

0 Comments
121223_64.jpg
2012年12月23日、流鉄全駅下車の旅もあと2駅でフィナーレ。
ラス前は西日も眩しい、小金城址(こがねじょうし)駅。

121223_65.jpg
全線単線の当路線で唯一列車の行き違いが可能な駅です。

121223_66.jpg
県営住宅の2階が出入り口という、駅ビルスタイル。

121223_67.jpg
ところが、1階のドラッグストアや2階の歯科クリニックなどテナント部が
ことごとく閉店・移転してしまったようで、少なからず廃墟感が漂ってます…。

121223_68.jpg
2階のエントランスには閉鎖された旧窓口も。

121223_69.jpg
現役の窓口&改札口は駅の裏手へ抜ける跨線橋の手前にあって、
実質、橋上駅のような形となっています。

121223_70.jpg
思いがけずワンダーな空間だった小金城址駅をあとに再びデンシャに乗り込み、
最初に乗車した幸谷駅を経てオーラスの馬橋駅を目指します。

121223_71.jpg
流鉄流山線の起点、馬橋(まばし)駅に到着。
JR常磐線(じょうばんせん)馬橋駅の一角にあります。

121223_72.jpg
JRのホームから見た流鉄馬橋駅。

121223_73.jpg
木造のホーム上屋。

121223_74.jpg
窓口もイイ具合のレトロ感です。

121223_75.jpg
再び流山へ折り返していくデンシャ。
日によって違うらしいですが、この日は赤い「あかぎ」号と黄緑の「若葉」号の
2編成が行ったり来たりを繰り返してました。

121223_76.jpg
デンシャを見送る馬橋駅の駅員さん。
路線長5.7kmの流山線しか持たず、大手の鉄道会社の傘下にも属さない流鉄。
小さな一匹狼、だけど変な意固地さもなく、
全駅有人で利用者に優しいところも気に入りました。
流山市内を通る つくばエクスプレスが開業してから苦戦が続いてるそうですが、
3年後の2016年に開業100年を迎える流鉄、これからも頑張って欲しいです。
(つづく)

撮影日:2012年12月23日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 2012-12-23 #7 END  X'masイルミのスカイツリー 〔東京都〕 2012-12-23 #5  流鉄 平和台駅と鰭ヶ崎駅 〔千葉県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。