RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12-03-19 #3  美祢線 四郎ヶ原駅/南大嶺駅  〔山口県〕

04 03, 2013 | デンシャ旅 -中国(JR)

0 Comments

四郎ヶ原(しろうがはら)駅

120319_18.jpg
2012年3月19日(月)、青春18きっぷでJR美祢線(みねせん)の駅めぐり旅。
三駅目は四郎ヶ原駅。

mine_3.jpg
厚保(あつ)駅同様、前身の山陽鉄道時代の明治38年9月開業の駅。

120319_19.jpg
四郎ヶ原駅舎全景…を撮りたかったんですが逆光に加え、
あいにく何やら作業をする方とバッティングしてしまいました(泣)。

120319_20.jpg
じゃあ逆にこんな機会もない、と思い直して作業員の方々に注目。
ちょうど駅名の由来を記した観光用看板を据え付けに来られたところでした。

それによると、駅の1.8km北にある江戸時代の宿場名から、という説と
四郎という者が住む広い野原だったという地誌からの説が併記されていて、
つまるところ、もうひとつハッキリした由来は不明のようです。

120319_21.jpg
撮影に快諾くださった作業員の方々、ありがとうございました。
駅前の大きな木がとにかく存在感のある、四郎ヶ原駅でした。

120319_22.jpg
前回も触れた昭和47年刊行の写真記録「日本の駅」掲載時と大きく違うのは
瓦屋根がトタンになってしまってることですが、駅舎全体の姿やこんなたたずまいは
きっと昔からそう変わっていないと思われます。


南大嶺(みなみおおみね)駅

120319_23.jpg
4駅目は南大嶺駅。

mine_4.jpg
どういうワケか、駅名標下部に先ほどの四郎ヶ原駅の記載がありません。

120319_24.jpg
南大嶺駅舎。厚保、四郎ヶ原と並び美祢線で最も歴史の古い駅のひとつですが、
ここだけ駅舎が完全に建てかえられてしまったようです。
前述の「日本の駅」には堂々たる木造駅舎の写真が掲載されています。

120319_25.jpg
ホーム側からの見た目も一緒の、残念なコンクリートの箱です…。

120319_26.jpg
そんなワケで旅行前のリサーチ段階でここはパスしようと考えていたんですが、
数分間の列車行き違い待ちの際に少しだけ降り立つ機会を得ることができました。
いま記事を書くにあたってよく調べてみたら、1997年に廃止になった大嶺支線との分岐駅、
という興味深い事実も明らかになり、もう少し長居しても面白そうだったと少し後悔も。

あんまり念入りにリサーチし過ぎて、それを確認に行くだけの旅になるのもイヤなので、
いつもその辺がジレンマなんですけども。
(つづく)

撮影日:2012年3月19日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 12-03-19 #4  美祢線 美祢駅  〔山口県〕 12-03-19 #2  美祢線 湯ノ峠駅/厚保駅  〔山口県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。