RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ネガスキャン  ひとの記憶

04 27, 2013 | その他

2 Comments
nega05.jpg

これは僕が中学一年の時に釣ったブラックバスの写真。撮影も僕。
こう断言できるのは、釣りを始めた当初でやたら嬉しかったのと釣り日記をつけていたから(笑)。
今となっては大したサイズじゃないんですが、釣り上げるなり飛んで帰って親父のカメラを借り、喜び勇んでシャッターを切ったのを覚えています。ネガスキャンでこのコマが出てきた時には、当時のドキドキ感まで甦って嬉しかったものですが、すぐにある真実が僕を愕然とさせるのです。

つじつまが合わない!

冒頭で断言したように、鮮明な記憶と確かな記録から、これは紛れもなく中一の6月に釣った魚の写真のハズだったんです。
ところが、ネガはこのコマの前に正月の初詣、後ろに春休みの家族旅行が記録されていたんです。ネガの前後は動かしようがありません。目を疑い困惑しながらも該当する時期の釣行をもう一度釣り日記にあたってみると、どうも記憶の翌年、中二の2月に釣ったものらしいのです。釣行記を読み返してもまるで記憶にのぼらないほどで心外ですが、ネガが教える真実でした。

つまり僕は長年、勝手に鮮烈な記憶とこの写真を結び付けて中一の6月の思い出の一匹だとホントにいまのいままで信じ込んでいたワケです。
で、まぁこんなのはホントに些細でどうでもいい事例ではあるんですけども、ひとの記憶っていうのは、強烈で忘れもしない、と思っていたことでさえも、こんなに不確かであっさり都合よく書き換わってしまってたりするものなんだなぁ、と痛切に感じたという次第です。


nega06.jpg

お前がアホなだけやろ!という核心をついたツッコミはこの際置いといて、現在のデジタル写真なら、ExifデータやGPSデータから日時も何もかもがすぐに判明し、こんなマヌケな独りミステリーは起こり得ないことです。でも、ひょんなことからネガスキャンに手をつけたおかげで、デジタルのありがたみも、アナログなりの事実を厳然と主張するネガの妙味も知ることができて、僕はまた写真がちょっと好きになりました。


あ、清水寺は本題とは関係ありませんが、前回のバカじゃないかってぐらいヘタクソな親父の名誉回復のためにも、彼の比較的マシな一枚を(笑)。
今回の2枚、どちらもネガの劣化が激しい部類です。スキャンしたそのままだと真っ黄色で、ソフトの退色補正などをかけて何とか色を戻してますが、もはや簡単には誤魔化せないレベル。
老婆心ながら、古いネガをお持ちでデジタル化をいつかは、とお考えの方には、それこそ「今でしょ!」ってぐらい、一刻も早い対応をオススメいたします。


カメラ:何でも、ミノルタだったらしいです
スキャナー:EPSON GT-X820

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 12-04-07 #1  東京、錦糸町、新宿、大月  〔東京都~山梨県〕 ネガスキャン »

- Comments
2 Comments

いやぁ、ヒトの記憶って曖昧で、知らぬ間に自分で脚色したりしちゃいますよね~。
自分も幼稚園児の頃に住んでいた公営団地でものすごい階段落ちをしたと思っていたのに、
大人になってから現地を訪れてみると4~5段くらいのプチ階段で驚きました。

写真は常に客観的ですからね。
撮影して残していくのは良い事だと思います。
が、自分でも驚く記憶の補正というのも面白いもんですよね。
何でもかんでもキッチリ残すより、曖昧さを残すのも一興かも…?

by ねじまき | 04 28, 2013 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

ホントに記憶ってあんまりアテにならないっていうか、
人間の脳というヤツは美化したりすり替えたり、都合よく色んな改ざんを平気でやらかしますね。
ねじまきさんのエピソードも、あるある!って感じで可笑しいですね(笑)。

でもおっしゃるように、確かに何でも逐一正確に記憶してたら
そんなヒトはもう人間じゃなくてロボットみたいなもんですよね。
曖昧さは生きていく上で結構重要な要素なのかもしれません。
僕もブログをもっと、写真も行程も抽象的にしてみようかと思います。←もはや旅ブログじゃないぞコレ

by Kyo-to | 04 29, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。