RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

13-05-04 #8  地鉄本線 荻生駅と西魚津駅  〔富山県〕

05 27, 2013 | 富山地方鉄道

10 Comments
130504_59.jpg
2013年5月4日(土)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・本線編。
7駅目は、荻生(おぎゅう)駅。初訪問。

130504_60.jpg
大正11年、黒部鉄道の駅として開業。

130504_61.jpg

130504_62.jpg
踏切を渡って、相対する廃止ホーム跡から。

130504_63.jpg
ホームから東を望んだ景色がすごくキレイでした。


130504_64.jpg
8駅目は、少し戻って西魚津(にしうおづ)駅。再訪。

130504_65.jpg
昭和11年、富山電鉄の駅として開業。

130504_66.jpg
あまり滞在時間がとれませんでしたが、5年前と変わらずやっぱり素晴らしい駅でした。

(つづく)

撮影日:2013年5月4日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 13-05-04 #9  地鉄本線 電鉄黒部駅  〔富山県〕 13-05-04 #7  地鉄本線 経田駅  〔富山県〕 »

10 Comments

こんにちは

どれもいい雰囲気の駅
こういう、使われた感が合って生活の沁みみたいのがある駅舎 好きです
自分の・・・ではなくても 何だか故郷のようなそんな気がしたり
レトロらしく作られたものじゃないって いいですね

まだまだこういう風景 日本に在るんだなあと しみじみです

by Jam | 05 27, 2013 - URL [ edit ]

★Jamさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

大半が無人駅ですが、おっしゃる通り正に「生活」が沁みこんだ
ホンモノのレトロ駅舎の宝庫なんですよ地鉄って!
富山県下の私鉄の集まりが現在の地鉄なので、
時代も意匠も様々なバラエティに富んだ駅舎の数々に
再訪した今回もまた狂喜乱舞してしまいました(笑)。

原寸大の「旧き良き時代の鉄道ジオラマ」のような地鉄の風景、
個人的には世界遺産に指定してもいいんじゃないかと思うほどです。

by Kyo-to | 05 28, 2013 - URL [ edit ]

こんばんは
さすが映画の舞台になった路線だけに渋い駅舎の連続ですね~
(映画はまだ観ていませんが・・)

先日の27日、北陸本線の撮影に出かけました。
宇奈月まで足を延ばし地鉄をチラッと見てきましたよ。
埼玉から往復800キロオーバーのドライブは疲れました(笑)

by nori | 05 29, 2013 - URLedit ]

★noriさん

こんばんは。いつもありがとうございます。

何ぃ~~?鉄道に関わっていながらRAILWAYSを観てないですって!?
…僕も観てないんですが(笑)。
でもホントに地鉄はフォトジェニックな駅ばかりで、映像に収めたくなる鉄道ですよね。

何ぃ~~?宇奈月まで行きながら地鉄はチラ見しただけですって!?
しかも往復クルマて、何でデンシャには乗らんのやワレぇ~!(←ガラの悪い関西人)
っていうか、ナゼか驚かれるんですが僕もクルマ持ってますけど、
往復800kmのロングドライブはもう無理です(苦笑)。気力が…。

by Kyo-to | 05 29, 2013 - URL [ edit ]

すみません! 西魚津駅をぶつけさせていただきました!
(URLをクリッククリック♪)

私もRAILWAYSは見ていません(笑)

by どんぶり | 06 04, 2013 - URLedit ]

★どんぶりさん

こんばんは。
僕は写真のウデも撮影に臨む姿勢なども含めて実際のどんぶりさんをめちゃめちゃ尊敬してますけども(ホント)、
拙ブログのコメント欄ではナゼかいつも自らのサイトに誘導するだけで何かちょっと感じ悪いですね(笑)。

拝見しましたが、西魚津みたいな駅をどんぶりさんが撮って悪かろうはずがないんです。
っていうか、予定調和的な流れで逆にどんぶりさんの良さが消えるような気が…。
(鏡のカットは出色だと思います)

なので、建て替わってしまった越中荏原駅とか電鉄魚津駅をどう料理されるか、
なんてのをどんぶりさんにはつい期待してしまうんです(苦笑)。

「駅の写真館」の地鉄駅写真の中では、東新庄が僕は最も好きだと感じました。
改修前の貴重な2番線ホームとか、ホームの小さな花のカットなんか特に。

by Kyo-to | 06 05, 2013 - URL [ edit ]

洪水のように毎日UPされるので
拝見したり感想を記すのが追いついていないのが実情ですw

言いたいことはいっぱいあるんですけどね。。。
Kyo-toさんのブログを拝見する場面は
朝の通勤時の電車の中でというパターンがいちばん多いです。

>>越中荏原駅とか電鉄魚津駅

残念ながら撮っていないんですよ・・・

いま富山地鉄関係でストックとしてあるのは、
釜ヶ淵と榎町、それに電鉄石田駅くらいです。
(ストックとしてもかなり鮮度が落ちてますが)

集中してこれだけの駅めぐりができるKyo-toさんを
いつもうらやましく思っているわけです。

by どんぶり | 06 05, 2013 - URLedit ]

★どんぶりさん

こんばんは。
いや、感じ悪いっていう表現はストレート過ぎで失礼でしたね。謝ります。
でも、「僕も同じ被写体撮ってます」とだけ書かれても、それが仮に著名な写真家の方でも何かちょっとイヤな感じしません?(笑)
実際のどんぶりさんがそうじゃなくて純粋に写真を追求されてる方だと知ってる分、そのギャップがすごく違和感あったんです。
コメント欄を読まれる方もおられるし、どんぶりさんファンの僕としては他の方にそんな風に映るのがイヤだな、っていうのもありました。
何かちょっと上から目線な感じでまたも失礼な気がしますが、偽らざる気持ちです。

今回のどんぶりさんのコメントで、ブログを見ていただいてる状況・環境が人それぞれだという当たり前のことにも気付かされました。
接し方も違えばレスポンスのスタイルも異なることをいつの間にか忘れてました。
改めて、ネットって難しいですね…。

by Kyo-to | 06 07, 2013 - URL [ edit ]

21時過ぎ、仕事帰りの東武伊勢崎線は久喜付近を走行中の電車から打ってますw

こちらこそ変な表現失礼しました(汗) でも、Kyo-toさんが思っているほど写真追いかけてないですよw 気分が乗らないと撮らないし、天気で行き先変えるし、他のお仲間さんたちに比べればポリシーもへったくれもなし・・・。

#だからファンだなんて照れるから言わないで・・・

でも「これだけは!」ということは心がけています。撮影チャンスはできるだけ作り出すこと。だから、きょうも仕事で遅くなることは分かり切っているのに。一眼と70-200のレンズと一脚を持参し、まだ行ったことがない東武野田線をどこかで撮るという暴挙にでてます・・・

今後はできるだけ感想投げるようにしますね。言いたいこと、つまり伝えたいことはいろいろあるのですよ。

by どんぶり | 06 07, 2013 - URL [ edit ]

★どんぶりさん

こんばんは。
あ、よかった~僕の知ってるどんぶりさんが還ってきた(笑)。
僕はやってないので思い至りませんでしたが、そうか、僕が「??」って感じるコメントは多分、
ツイッター感覚でポストされてたんじゃないかという気がしてきました。

いや、でも僕はどんぶりさんのファンなんですよ実際(笑)。
初めて写真見た時もそうですが、それ以上に、初めてお会いした時、
こんな楽しそうに写真撮る人見たことない!って衝撃受けました。
他にも、機材の性能とかレンズのボケ具合みたいなウルサいこと言わないところとか(笑)。
実際はこだわりもおありでしょうけど、カメラのウンチク垂れるヒトに限って写真がしょーもない、
と僕は思ってるので、撮った写真がすべて、っていう姿勢が潔くて尊敬してますマジで。

あと、忙しくてもやっぱそうやって撮影に出る、根っから鉄道と写真が好きなんだな、っていうのが伝わる点。
好きでもない被写体をアートぶって撮ってるヒトも僕はイヤなので、どんぶりさん見てると気持ちがいいです。

by Kyo-to | 06 08, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)