RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13-05-04 #10  地鉄本線 電鉄石田駅と愛本駅 〔富山県〕

05 29, 2013 | 富山地方鉄道

0 Comments
130504_77.jpg
2013年5月4日(土)、まだつづくGWの地鉄再訪駅めぐり旅・本線編。
10駅目は、電鉄石田(でんてついしだ)駅。初訪問。
昭和15年、富山電鉄の駅として開業、駅舎も当時のもののようです。

130504_78.jpg
前回の電鉄黒部駅の隣駅で、あの巨大な車寄せ部分だけを駅舎にしたようなイメージ。

130504_79.jpg
タイル貼りの車寄せ。

130504_80.jpg
ホーム側から見ても三角な駅舎。

130504_81.jpg

130504_82.jpg
当時はかなりモダンな感覚だったと思われる駅舎と、「停車場」という言葉が相応しいホームの取り合わせが面白い駅です。


130504_83.jpg
11駅目も初訪問、愛本(あいもと)駅。iPhone(アイホン)じゃないですよ。
大正12年、黒部鉄道の駅として開業。
関西電力新愛本変電所の脇に付属物のように建つ小駅。それもそのはず、元は発電所の建築資材輸送のための駅だったそうです。

130504_84.jpg
細部の意匠も凝った大正モダンなイイ駅舎なんですが、まぁ雪対策もあるんでしょうけど全体的にかなり安っぽく改修されてて風格が失われた印象を受けます。

130504_85.jpg
駅舎内の待合室。味のある靴屋さんの広告。

130504_86.jpg
ホームには木造の待合室。かつて列車の行き違い可能駅だったころの旧ホームと線路跡も。

130504_87.jpg
ホーム待合室で。

130504_88.jpg
雰囲気はかなりイイ愛本駅ですけど、変電所が常に「ブーン」って耳障りに唸ってて居心地はあんまり良くないのが玉に瑕…。

(つづく)

撮影日:2013年5月4日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 13-05-04 #11  地鉄本線 東三日市駅と音沢駅 〔富山県〕 13-05-04 #9  地鉄本線 電鉄黒部駅  〔富山県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。