RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13-05-04 #11  地鉄本線 東三日市駅と音沢駅 〔富山県〕

05 30, 2013 | 富山地方鉄道

6 Comments
130504_89.jpg
2013年5月4日(土)、GWの地鉄再訪駅めぐり旅・本線編。
12駅目は、かなり戻って東三日市(ひがしみっかいち)駅。
大正11年、黒部鉄道の駅として開業。同鉄道駅舎の最高傑作、地鉄全体の中でもトップクラスの名駅舎だと思います。
(駅西端の踏切からの撮影)

130504_90.jpg
5年ぶりの再訪。変わりのない姿を車内から目にして、やはり寄らずにはいれませんでした。

130504_91.jpg
駅舎は大正11年開業時のものという説と、杉崎行恭さんが著書『駅旅のススメ』(JTBパブリッシング)の中で「社史に昭和34年改築という記述がある」と述べられたりもしています。

130504_92.jpg
何れにしても、21世紀の現在にこの駅舎が残ってる事実が素晴らしいです。

130504_93.jpg
いつの時代のものか不明ですが、ホームの駅舎の壁に掲げられた駅名標だけは地鉄共通のものとは全く異なる特徴的なフォント。

130504_94.jpg
駅前の風景も手前のクルマがなければ「昭和の風景」と言っても通じるようなイイ感じ。


130504_95.jpg
13駅目、かなり進んで音沢(おとざわ)駅。初訪問。
この先はもう終点の宇奈月温泉駅です。
大正12年、黒部鉄道の駅として開業。

130504_96.jpg
細いホームに薄い(奥行きのない)待合室があるだけの駅。
行ったり来たりを繰り返して一駅でも多く訪問する過程で、次の駅へ折り返すためだけに下車したような形です。

130504_97.jpg
かつては列車行き違いのできる駅だったみたいで、相対式ホームの遺構ともう1本分の線路スペースが。

130504_98.jpg
前述したように、もう終点の宇奈月温泉も目前だというのに次の訪問駅へ向けまた折り返します。

(つづく)

撮影日:2013年5月4日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 13-05-04 #12  地鉄本線 浦山駅と宇奈月温泉駅 〔富山県〕 13-05-04 #10  地鉄本線 電鉄石田駅と愛本駅 〔富山県〕 »

- Comments
6 Comments

こんばんは
前回コメントの続きになりますが・・・

北陸線の西入善駅付近で撮影していたらドン曇りになってしまい戦意喪失。。。
これからどうしようかとカーナビを見ていたら地鉄が近いと判明!
地鉄駅舎巡りなら天気は関係ないゾととりあえず最寄駅をインプットし出発。

が、しかーし!!
車で駅舎探訪はいかがなモノかと我にかえり(笑)

とりあえず宇奈月までドライブしてトロッコ列車と地鉄車両を見学。
ほいたら天気が回復したので駅前に沸く?温泉に手だけ浸かり
急いで北陸線撮影に戻ったのでした。
音沢駅は傍を通っただけでスルーしました。。

フツーに駅舎巡りしていたらkyo-toさんに何を言われたか、、(恐)
えー長々と失礼しました。

by nori | 05 30, 2013 - URLedit ]

★noriさん

こんばんは。

> フツーに駅舎巡りしていたらkyo-toさんに何を言われたか、、(恐)

当たり前やんけ!ナビ付きのクルマで楽々駅めぐりして何がオモロイねんゴルァ!!
…なんてこの僕が言うハズないじゃないですかイヤだなぁ~、あはは、あは(笑)。

いや、しかし実際、僕自身の考え方としては、ダイヤという縛りをかいくぐって、
あーでもないこーでもないと訪問駅と順序を熟慮した上で計画通り遂行できた時の達成感は、
クルマでは味わえないものがあると思うんですけどね。
もっと長居したいと感じたり、ガッカリで早く去りたいと思っても列車の時間に左右される悲喜こもごもも、
そんな列車での駅めぐりならではの味わいだと思いますし。

っていうか、そもそも僕がデンシャ旅にこだわるのは、あまり前面に出すつもりはありませんが
エコな観点からというのも大きいんですけど、僕がデンシャに乗ってCO2排出を抑えた分、
noriさんのような撮りテツのヒトたちがクルマで同じデンシャを追っかけたりするから
意味あらへんのじゃいゴルァ~~~~!
…あれ?

by Kyo-to | 05 31, 2013 - URL [ edit ]

東三日市の駅名標のフォント、特徴的でしたね。
確かに、地鉄の中でも指折りの名駅舎だと思います。

ここは地鉄巡りで自分が最後に下車した駅というのもあってか、
特に強い印象が残っています。
(ここからJR 黒部駅まで歩きました)

それにしても駅舎を改築しないのは地鉄の方針なんですかね。
単なる経費節約かもしれませんが。
何にせよ、駅舎好きとしては大歓迎です(笑)

by ねじまき | 05 31, 2013 - URL [ edit ]

スイマセン、クルマで無人駅に行って・・・
それはともあれ、写真の青い車が旧車(ダットサンとか古いクラウンとか)だと、とてもマッチしていそうですね。

by mcd | 06 01, 2013 - URLedit ]

★ねじまきさん

こんばんは。睡魔に負けてお返事遅くなってホントすいません(汗)。

ねじまきさんも東三日市駅を訪問されたんですね!
さすがお目が高い。ってか、地鉄でこの駅スルーなんてありえませんよね(笑)。
で、え!?ここから電鉄の方じゃなくてJRの黒部駅まで歩かれたんですか!
でも歩けない距離じゃないですし、僕もこの辺の街並みはそそられるものがあったので、
これはねじまきさんの記事が楽しみです。

方針、とまで強固な意志決定というより経費削減の意味合いが強い方に一票(笑)。
でもそのユルい感じが映画のロケ地として選ばれたり僕らのような類の人間を惹き付けて止まないワケで、
できれば大井川鐵道さんと並んで生きた鉄道博物館のような存在であり続けて欲しいです。

by Kyo-to | 06 02, 2013 - URL [ edit ]

★mcdさん

こんばんは。
そういえばmcdさんもクルマ派でしたね。
鉄ちゃんじゃないとはいえ、そんなことだから鉄道もますます衰退の一途で
…ってこれじゃ完全に小言オヤジですね僕(苦笑)
ってか、こんなコメント欄までご覧いただいててmcdさんにはいつもホント頭が下がる思いです。

そうなんですよね、写真の車がこんなツヤツヤのインプレッサじゃなく
おっしゃるような車種とかミゼットとかだと三丁目の夕日的な光景になったと思います(笑)。

by Kyo-to | 06 02, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。