RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13-05-06 #3  JR北陸本線 呉羽駅と東富山駅  〔富山県〕

07 01, 2013 | デンシャ旅 -北陸(JR)

0 Comments
130506_19.jpg
2013年5月6日(月)、GW旅最終日。
来年度中の北陸新幹線開通の暁にはJRじゃなくなっちゃう北陸本線の駅を、今のうちに出来る限り見てまわってます。
3駅目、呉羽(くれは)駅。明治41年、官設鉄道の駅として開業。
名前から連想する、クレラップなどの「クレハ」の母体だった呉羽紡績の創業地です。

130506_20.jpg
改修はされているものの、外観も内部も古い駅舎の面影をよく留めていると思います。
呉羽紡績(現・東洋紡)の工場があった頃は駅員数十名、駅前も映画館なども存在し賑わったそうです。

130506_21.jpg
ホームから富山方面を望むと、オーバークロスする北陸新幹線が城壁のごとく立ちはだかっているようにさえ見えます。

130506_22.jpg
詳しい方はもうお気づきでしょうが、前回の高岡駅からまた富山駅方面へ戻ってきてます。呉羽駅は富山駅の西隣の駅。北陸本線の急行列車として力走していた頃のカラーをまとったデンシャで何とまた富山駅へ。

130506_23.jpg
再びの富山駅を過ぎ、前日までお世話になった地鉄のデンシャと並走しながらなおも東へ。

130506_24.jpg
晴れてるのにちょっと見通しが悪いですが、剱岳をはじめ立山連峰の雄大な姿をこの日も拝めました。


130506_25.jpg
4駅目、東富山(ひがしとやま)駅。
文字通り富山駅の東隣の駅ですが、明治41年、官設鉄道の東岩瀬駅として開業、昭和25年、富山港線(現・富山ライトレール)の越中岩瀬駅が同名に改称されたため現駅名に。

130506_26.jpg
呉羽駅にしてもそうですが、高架化され北陸新幹線駅にもなる富山駅の両隣が古色蒼然とした駅舎を持つ駅だったという事実に今さらながら驚きます。

130506_27.jpg
若く愛想のいい駅員さんが駅舎内の掃除から列車案内のアナウンスまでテキパキとこなされていました。JR西のグループ会社による委託業務だそうですが、「あいの風とやま鉄道」としての3セク化後がどうなるのか気になります。

130506_28.jpg
駅舎側のホームに、レンガ造りの古い灯室(ランプ小屋=電気がない頃の信号灯やその燃料などの保管庫)。建物財産標には明治41年とあり、駅開業当時のもののようです。

(つづく)

撮影日:2013年5月6日
カメラ:Nikon D3s + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« 13-05-06 #4  JR北陸本線 親不知駅  〔新潟県〕 13-05-06 #2  JR北陸本線 高岡駅  〔富山県〕 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。